goo

研究発表会へのお誘い

 各学校の先生方へ

 7月上旬に各教育委員会を通して案内状の配布をお願いしましたが、届いているでしょうか。平成17年度から3年間文部科学省指定事業を受けて研究を進めてきましたが、いよいよ最終年度になりました。大勢の先生方の忌憚のないご意見を頂きたいと考えております。2学期が始まってお忙しい中ですが、ご案内申し上げます。

案内状はこちらからどうぞ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

二学期スタート

 37日間の夏休みが終わり、26日には2学期の始業式が行われました。
 本校にとって2学期は体育祭や文化祭などの学校行事の他にも、3年間の研究の成果を披露する「学力向上拠点形成事業発表会」が9月28日に開催されるなど、大変忙しい日々が続きそうです。教職員一同力を合わせて頑張っていきますので、みなさんよろしくお願いします。


 さて始業式で校長先生からこんなお話しがありました。

 今年も夏の全国高校野球大会が開催され、連日のように熱戦が繰り広げられましたが、その高校球児の憧れ甲子園に、本校卒業生の馳平直也君が出場しました。馳平君は城南中学校を卒業後、四国は香川県の尽誠学園に進学、野球部で日夜練習に励んできました。残念ながら甲子園では一回戦で敗退しましたが、彼の活躍ぶりに私達教職員は鼻高々。テレビに映る彼の頑張っている姿に目を細めるばかりでした。本当によく頑張ってくれました。

 その甲子園で優勝を遂げたのは佐賀北高校。特待制度もなく、なんの変哲もない公立高校の1クラブなのだそうですが、この佐賀北高校の快挙に、佐賀県の古川知事は「全員が普通の高校生。“隣のお兄ちゃん”が日本一になったという気持ちで、多くの県民が喜んでいる。これまでの努力に感謝します」と選手をたたえ、県民栄誉賞を与えたそうです。
 なんだか嬉しくなってくるニュースでした。普通に生まれ普通に暮らす私達のような凡人でも、頑張ればこんな大きなことも成し遂げることができる。そう教えてくれているようでした。そしてそれは、言い換えれば城南中学校で学校生活を送る諸君の誰にでも何か大きな事を為し遂げる可能性があると言うことではないでしょうか。そう言えば、馳平君だって、自分達の隣のお兄さん、普通の高校生です。自分達もあきらめずに頑張り続ければ、彼のように夢を叶えることができる。そう信じて2学期も頑張っていきましょう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

高校体験学習

 毎年恒例の各高等学校による体験学習(オープンスクール)が今年もこの夏休みに開催されました。
 まず8月10日には新翔高校。周知の通り旧新宮商業高校は学科改編に伴って総合学科となり、校名も一新して新たにスタートをきっています。城南中学校は男子10名女子21名教員3名の計34名が午後の部に参加しました。受付をすませ冷房の効いたパソコン室に案内された子ども達は、学校の概要や学習の内容などについてわかりやすく説明を受けた後、まず建設技術の体験学習をさせてもらいました。総合学科の学習系列の中には旧新宮高校建設工学科が移行された建設技術系列がありますが、その体験学習です。最新の測量機器を使って実際に測量する実習をしました。その後、校内を見学させてもらいました。体育館でのクラブ活動、紀南唯一の50mプールでのカヌー部の練習参加、図書館、パソコンによる実習など様々な体験をさせてもらうことができました。

 8月24日は新宮高校のオープンスクールが開催されました。本校からは男子33名女子32名教員3名の計68名が参加しました。全体では昨年よりも多い399人の参加があったそうです。
 子ども達はまず体育館に集合、オリエンテーションが行われました。公務出張で不在の中谷校長にかわって東巌副校長から 「百聞は一見にしかずで、 聞くよりも自分の目で確認するのが一番わかりやすい。 つぶさに自分の目で確かめて新宮高校への入学の励みにしてください」 とあいさつがありました。体育・文化のクラブ活動には生徒の8割が加入し勉強と両立しているという同校。 中谷校長のビデオレターの中でも、 文武両道は新宮高校の伝統としたうえで 「ぜひ新宮高校でハイレベルの学力を身につけ、 クラブ活動との両立をはかってほしい」 と激励していました。また進路指導担当教諭からは、 同校が難関大学や公務員試験で高い合格率を維持しており、 それらを可能にするため早くから進路別にクラス編成していることなどが紹介されました。その後、実際に行われている授業や補習・クラブ活動などを見学させてもらいました。

 来るべき進路決定に向けて、他の高校でも今後まだまだいろいろなイベントが企画されているようです。中学校に案内がくればホームルームで紹介するほか掲示板にも張り出しますので、興味のある人は良く注意しておいて下さいね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

甲子園出場決定!

 本校卒業生の馳平直也君が夏の高校野球で甲子園出場を決めました。

 馳平君は城南中学校を卒業後、四国は香川県の尽誠学園に進学、野球部で日夜練習に励んできました。この間、腰の故障などに悩まされた時期もありましたがこれを克服し、正捕手の座を勝ち取り、この日の決勝戦の舞台に立ちました。1点先行された2回裏、5番打者の馳平君が打った打球はぐんぐん伸びてレフトスタンドに飛び込む同点ホームラン。その後6回裏に逆転し、ついに強豪の高松商業を破って3年ぶり10回目の甲子園出場を決めました。

 馳平君、おめでとう! 甲子園での活躍も祈っていますよ。

朝日新聞に掲載された関連記事
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )