一韶の俳句ブログ

詠うのは、私・人間・社会そして自然・・・俳句は映像のように17文字からどんなイメージが浮かぶか? それは読み手の問題

2274  ふんわりと産毛残して巣立ちたり  歩智  

2022年06月14日 | 

(ふんわりと うぶげのこして すだちたり)

  以前私は、野鳥のための巣箱を作った時山雀が入り、その子育てを遠くから見守ったことがある。又、犬柘植など、木を剪定していて巣を発見したこともある。しかし、巣立ったばかりの鳥の巣を驚かしてはいけないと思い、覗いたことは、一度もない。

 さてこの句、産毛を残した動物はなんだろうか。鳥類と考えるのが普通だろうが、毛のある哺乳類なども候補ではある。一応鳥類として考えると、第一候補は燕、二番目は雀、三番目は鴉、つまり私達の身近にいる鳥達である。つまり、こういう俳句が作れるのは、身近に野鳥がいるということだ。

 最近は、巣箱に小型カメラを付けて、パソコンで観察できるようになったらしい。便利になったものだ。

タツナミソウ(立浪草)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2273  五月雨や熊本城の天守閣  沙会  

2022年06月12日 | 

 この句、作者は「五月雨」「熊本城」「天守閣」という名詞を、助詞の「や」と「の」でつないだだけである。副詞も形容詞も動詞もない。作者の感情や理屈など一切の修飾や説明がない。

 しかし、読み手である我々は、数年前熊本地震があり、熊本城が大きな被害を受け、最近ようやく天守閣の修復が終了したのをニュースで観て知っている。作者が、その復旧した天守閣を仰いで、熊本市民の安堵の気持ちや加藤清正の築いた城の歴史などに思いを馳せたであろうことが、想像されるのである。そして、修理された屋根に、滂沱たる五月雨が降っている。

 6年前の2016年4月、熊本地震が発生した。震度7が1回、6強が2回、6弱が3回。計測震度は、東日本大震災(6,6)を上回り、熊本は(6,7)だった。関連死を含めて273人が亡くなっている。負傷者2800人、避難者18万人。被害額4.6兆円という大災害だった。

 俳句は、短詩であり省略の文学と言われるが、この句のように作者の言わんとすることを具体的な物だけを提示して、読者にその投げかける。これが俳句の原点なのだ。

タツナミソウ(立浪草)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2272  第309回 岩戸句会   五月 

2022年06月04日 | 

五月雨や熊本城の天守閣         沙会

濃淡の阿蘇の新緑描く筆         〃

 

ふんわりと産毛残して巣立ちたり     歩智

梅雨どきとはいえ昨夜の豪雨かな

  

あじさいやエンディングノート書き直す  洋子

夏みかん唇指もしたたりて 

 

夏空や右折車線は渋滞中         光子

蜥蜴居て一オクターブ上がるキャー    〃

 

鶯もお国訛りや三千院          凛

ガーベラに見つめられてる昼下がり    〃 

 

トマトの輪切りボヘミアガラスの皿    炎火

紫陽花の国道を切る配管工 

 

遠き日の我と行きかふ夕焼雲       さくら

回り道して万緑の中に入る         〃

 

蝶の口出水の後の土を吸う        薪

販売車の弾む音楽万緑へ

 

さえずりに揺れて応える若楓       鯨児〃

麦嵐波涛につるむ風の神 

    

野原でスキップランラン夏来たる     一煌

花間近為朝ユリの息づかい

 

夏の蝶屋根越す毎に裏返る        豊春        

万緑や森に溶け込む石仏         〃

 

静けさの万緑の寺鐘の音         イヨ

穀雨来て野道賑わい風渡る        〃

 

初夏になり鮎川戻り海静か        鞠

一面に蜜柑の花や香水瓶         〃

 

公園の泉水跡に八重桜          余白

妻拝す月下美人に何願う

 

日が暮れて命のかぎり蝉時雨       忠人

雨に濡れ香り色付く牡丹かな       〃

 

万緑や赤傘野点沢求め          黄玉

野薔薇道越えて歓声溢れけり       〃

   

逃げ延びた金魚を売って下さいな     雲水

新茶汲む二煎三煎八雲もち        〃

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2271  今宵も雨ながめせしまの小町の忌  鯨児

2022年05月28日 | 

 (こよいもあめ ながめせしまの こまちのき) 

 世界三大美女に数えられている小野小町。平安時代9世紀の女流歌人としても有名であるが、出生、死亡等は一切不明である。しかしどういう訳か、旧暦3月18日が忌日とされている。日本各地に「小野小町」があり、それぞれ小町の出生地、生活した地、墓地(17か所)があり我が町こそ本命などと主張している。小町の代表歌

花の色は移りにけりないたづらに我が身世にふるながめせし間に 『古今集』『小倉百人一首』

(桜の花が長雨に打たれて色褪せてしまったように、私の美貌もぼんやり暮らしているうちにみっともなく老けてしまった)

この歌からイメージされたのであろう。能や歌舞伎、ミュージカル、アニメの演目、小説の題材などに幅広く使われている。特に、死体が朽ちてゆく経過を9段階に分けて描いている「九相図、九想図」に「小野小町九相図」があり、現存している。

ノゲシ(野芥子)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2270  春眠や目覚めよ畑が待っている  洋子  

2022年05月27日 | 

  春の畑は、堆肥などの肥料の投入、春耕、種蒔き、苗作り、支柱立て等々、やるべきことが山ほどある。我が家の猫の額のような菜園でも、小松菜・チンゲン菜・ルッコラ、ニラなどの葉物野菜、アスパラ、ジャガイモ、キュウリ、トマト等の夏野菜、唐辛子、ししとう、ピーマンなどいずれも少量ながら多品種と欲ばっている。農家ではないとしても作者も同様であろう。

「春眠暁を覚えず」などとのんびり寝ている暇などないのだ、と思いつつも半覚醒の夢の中で、我が身を叱咤激励しているのであろう。

ヒナゲシ(雛罌粟)、虞美人草、ポピー、コクリコ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2269  戛々といくさ近づく春の果  雲水

2022年05月21日 | 

(かつかつと いくさちかづく はるのはて)

 いったい、これから世界はどうなるのか? 新型コロナ、医療逼迫、格差拡大、社会不安、デフレ、低賃金、自殺、子供たちの未来、人間社会の未来、ウクライナ、シリア、ミャンマー、アフガン、イエメン情勢、予期せぬ大洪水、首都直下地震、東南海地震などの自然災害、どれを取っても明るい材料はない。

 近代の人間は、生物兵器、原子爆弾、大陸間弾道ミサイル、戦車、AI、ドローンなど、様々な殺戮武器を開発してきた。しかし、そういう高度な科学技術を獲得しながら、戦争を回避する思想と方法には極めて無能無策である。

 最近の日本政府は、アメリカに加担し、ウクライナへの軍事援助やロシアへの経済制裁に協力している。又、中国、ロシア、北朝鮮を仮想敵国として、防衛予算を増やし、敵基地攻撃能力、防衛能力の強化に注力している。

 しかし日本は、中国やロシアと比べてあまりにも国土が小さいから、例えば日本の54基の原発にミサイルを落とされれば、あっという間に死の国土になってしまう。政権の無駄な計らいによって、戦争という亡国に近づいているような気がしてならない。

ハルジオン(春紫菀)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2268   第308回 4月 岩戸句会

2022年05月16日 | 岩戸句会

久かたの七尾の今朝の新樹道      凛

囀りやエリちゃんカズちゃんトモコちゃん

 

春眠や目覚めよ畑が待っている     洋子

秘めやかに山にとけこむ藤の花

 

光風や手から離れし赤風船       鯨児

今宵も雨ながめせしまの小町の忌   

 

薄氷に時流れゆく青き空        一煌

相模湾大きすぎたる春の月

 

ゾヨゾヨと覗いてるよな空豆の花    さくら

街並の朧々の小糠雨         

 

ミニスカの足の白さや春の果      豊春

目の前を過ぎる燕の白き腹 

 

寒戻る真白き峰と青空と        沙会

主なき家跡に散る桜かな       

 

ぶり返す寒さしのぐや中華そば     余白

街路樹と庭木の花の鑑賞会

 

こでまりや右へ左へ遊ぶ風       光子

れんげ草花かんむりのお姫様     

 

箱根山楚々としている豆桜       鞠

釈迦堂も摩崖仏にも花まつり     

 

夕ぐれて行く春慕う風の音       イヨ

常ならば山のあること春霞      

 

囀りや透き通った海に献茶       黄玉

東寺や夜桜心に光りけり    

 

クリームパンとろりと割れば春の果   薪 

二分の一カットキャベツの薹立ちぬ

 

ロキソニン腰に四枚山笑う       炎火 

往く春にハービーマンはいかが哉

  

海胆割って潮で洗ってスプーン     雲水

いつもの林道ふらふら歩き春惜しむ

コマツヨイグサ(小待宵草)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2267  囀りやエリちゃんカズちゃんトモコちゃん  凛

2022年05月13日 | 

 この句の上五の季語「囀り」は、春の子育て真っ最中の、様々なオスの野鳥たちの囀りである。しかし、エリちゃんもカズちゃんもトモコちゃんも、人間の女性であろう。

 ということは、野外ではオスの野鳥がやかましいくらい囀り、室内では女性三人がやかましく囀っている。ということになる。

 実は以前私は、「囀りやヤマちゃんシジュちゃんメジロちゃん  雲水」という句を作ったことがある。囀っているのは、あくまで本物の野鳥で、山雀、四十雀、目白のことであった。しかし人によっては、ヤマちゃんとシジュちゃんの意味は分からなかったかもしれない。

 そこで考えた。どちらが面白いだろうか。判断はそれぞれあるだろうが、私の軍配は、おふざけの上手いリンちゃんに上がった。

友人が日本蜜蜂の巣箱を持ってきた。

春になって、巣に新しい女王蜂が生まれると

母親の女王蜂は、半分の働き蜂を連れて巣から出てゆき

4~6月ごろ新しい巣を作るという。

入ってくれるといいなあ!?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2266 蓮華田や湿りて遊ぶ少女等は  薪

2022年04月05日 | 

 レンゲソウ、ゲンゲ(蓮華、紫雲英)は、マメ科、中国原産の二年草。蓮の花に似ているので、蓮華と言われている。マメ科特有のレンゲソウの根粒菌は、窒素を固定させるので、土壌が肥沃になり、さらに花が終わったレンゲソウを田植え前に土壌に漉き込んで米の肥料とした。しかし、化成肥料の使用によって、激減し現在ではほとんど見かけることがない。

 私の子供の頃の田んぼでは、見渡す限り一面に紅色の蓮華田が広がり、学校帰りの姉たち少女は田んぼに座りこんで、大きな蓮華の首飾りを 作って遊んでいた。

 一方、レンゲソウによく似たアカツメクサ(ムラサキツメクサ、アカクローバー)やシロツメクサは、ヨーロッパ原産の多年草で、繁殖力が強く野山に野生化している。

シキミ(樒)の花

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2265  七度五分咽痛かりし春の風邪  雲水  

2022年04月02日 | 

 2月の句会の前日、熱っぽいので体温を計ったら7度5分あった。万一新型コロナだったら、皆さんに迷惑をかけるので急遽中止にし、郵便、メール、Faxによる通信句会に変更した。

 保健所の指示に従い発熱の3日後、咽は痛かったが熱は既に平熱に下がっていたが、指定病院の発熱外来で、30分で結果が分かる抗原検査を受けた。陽性だった。

 厚労省の指示とやらで、抗原検査で陽性になった場合、PCR検査はしない、という。抗原検査陽性の場合の擬陽性(陽性ではない)の確率は、1/3だという。つまり私は、1/3の確率で新型コロナではなかったかもしれないのだ。当然、オミクロン株かどうかも分からない。

 発熱してから10日間、感染者として自宅待機するよう指示された。保健所の保健師、病院の事務員、医師、薬局の薬剤師さんなどから毎日調査の電話があった。咽の痛みは2.3日で治り、熱も平熱に戻った。

 その後、県から大きな段ボールに、10日分のトイレットペーパー、ティッシュペーパー、アルコール類、パルスオキシメーター、食料品などが送られてきた。外出できないからだろう。電子レンジで温める御飯、カップラーメンやレトルトの粥・カレー・中華丼・スパゲティの具材などである。

 私は、ワクチンを打っていない。しかし、不快感も後遺症もないし全くいつもと変わらない。風邪が新型コロナだとしたら、私は自然免疫を得たのかもしれない。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2264  クシャクシャが目クシャ鼻クシャ春来たる  光子  

2022年04月01日 | 

  この句、顔がクシャクシャのお年寄りが、スギ花粉症で目も鼻もクシャクシャなのだ。実に可笑しい。私も若い頃、ひどい花粉症になったが、年と共にいつのまにか治ってしまった。過敏症から鈍感症になって、免疫力が下がったからかもしれない。お年寄りの花粉症、体力がないだけに気の毒でならない。そういえばこの作者、繰り返しをうまく使った句が、前にもあった。昨年の12月の

一人居のチャチャチャのチャッと大掃除    光子

この二句、同じパターンの句だから、作者に専用特許権をあげたい気分である。

薹の立った「蕗の薹」

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2263  第307回 岩戸句会 3月

2022年03月27日 | 岩戸句会

ホワイトデー駅階段を急ぎ足       光子

クシャクシャが目クシャ鼻クシャ春来たる

 

珈琲の膨満雪崩注意報          さくら

彼岸桜見知らぬ人と立ち止まり

 

蓮華田や湿りて遊ぶ少女らは       薪

葦の角大気吸い込む鯉の口

 

木の芽風鉢植え椿名札消え        豊春

ため口のナースの肩へ朧月

 

揺するなら陽のある時に春鯰       鯨児

春愁ひ茶殻を撒きてひと掃きし 

 

さようなら握る手強き春の雨       沙会

泣きべそが袴姿で卒業す

 

いくつもの雲をくぐりて鳥帰る      凛

カーテンにワルツのやうな春の風

 

オードリーヘップバーンや春の夢     炎火

ミサイルに吹っ飛ばされた花見かな

 

鳥集う彼岸桜へ夕陽射し         イヨ

一日ごと色増すつぼみ桜かな

 

春の海日の出を迎え万物流転       黄玉

初音とも一日始まりワクワクす

 

春光となり翡翠の番翔く         雲水

巣籠りや春子の無垢の白き襞

オオアラセイトウ(別名 諸葛菜、紫花菜、花大根)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2262  白菜をメリメリと割り厨事  さくら  

2022年03月22日 | 

  この句は、白菜を裂く時に発する音を擬音語「メリメリ」と表現することによって、説得に成功している。作者のもう一句

ザリザリと我先潰す霜柱  さくら

 人が靴で、霜柱が踏み潰される時に出る音を、擬音語「ザリザり」と表現して成功している。経験者なら誰でも分かる適切な表現が高得点の理由だ。

➀人や物の動き、➁音や声、③人の感覚や気持ちを表現する言葉を、擬態語、擬音語、擬声語などという。

➀ぐずぐずしている、ころころ転がる、➁ざあざあ降る、げらげら笑う、③いらいらしている、ぼんやりしている・・・などである。フランス語では、オノマトペともいう。

 「ホーホケキョ」「ワンワン」なども一種の擬音語で、日本に育つとそう聞こえてしまうから実に不思議である。

ハコベ(繁縷)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2261   第306回 2月 岩戸句会 

2022年03月16日 | 岩戸句会

翁逝く春耕の鍬壁に立つ        豊春

辻地蔵毛糸マフラー布マスク

 

ザリザリと我先潰す霜柱       さくら

白菜をメリメリと割り厨事

 

大福の中の苺の薄あかり        凛

目覚めゆく大海原に風光る

 

タンポポのソーラーパネル発電所   炎火

枯れた草枯れない草もありにけり

 

丸窓から「おばんです」と春満月    鯨児

ひらひらと朽ちゆく国に春の雪

 

春の海密状態の魚元気         鞠

お籠りの三回接種春寒し

 

あれやこれ話半分狸汁         沙会

黄砂舞ふ世界の果ての果てまでも

 

逢えました二夜続いて春の夢      光子

風光る伊豆稲取の吊るし雛

 

春めくや若いつもりの服を買う     稱子

まんさくや義父に感謝をして足りず 

 

紅白の梅てんでんに膨らみし      裕

梅仰ぎ犬の散歩は千歳川

 

梢揺るさえずる小鳥東風の波      イヨ

静かなる巷の夕を春の雨

 

春立つと龍頭雲に乗り日の出      黄玉

佳2➀春の月レースドレスを着て踊り

 

独り居に息吹いただく蕗の薹      洋子

春隣海見入るだけの旅気分

 

単身赴任の赤鬼戻り豆撒けり      薪

霊山の馬酔木の蕾蠢けり

 

冬日ざし山王草堂野良の猫       余白

凍て路に足を取られて空を見た

 

二月尽何か切らんと刃物研ぐ      雲水

焚火からこの世に戻る半ひねり

ウメ(梅)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2260  翁逝く春耕の鍬壁に立つ  豊春

2022年03月14日 | 

 ある時、岩戸窯に八十代の妙齢の女性が現れました。「私、三十五才で夫を亡くし、二人の息子を必死で育てました。お陰様で息子たちは、私から独立して家庭を持ち、問題なく立派に生活しております。私もそろそろあの世が近づいております。あの世に行ったとき夫は、こんなおばあさんになってしまった私のことが分かりますでしょうか。」

 初対面の女性から、こう質問された時、私に答える術はありませんでした。初対面の私に、突然こんな大問題を質問するこのおばあさまは、頭がおかしいんじゃないか、と思いましたが、笑い事では済ませられません。

 あれから十数年経ちました。結論は出ていませんが、明らかになったことがいくつかあります。「あの世はあります。天国はありますが、地獄はありません。おばあさまは、ご主人に必ず会えます。二人が一番若かった、結婚した頃の二人になって、会えます。天国で、一番会いたかった人には必ず会えます。勿論ですが、会いたくない人には絶対に会いません。ご安心ください。」私はたぶん、そう答えるでしょう。

ルッコラ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする