一韶の俳句ブログ

詠うのは、私・人間・社会そして自然・・・俳句は映像のように17文字からどんなイメージが浮かぶか? それは読み手の問題

2168  椎茸の育つ時間や小夜時雨  雲水

2020年11月27日 | 

 毎年、年が明けると4,5本の小楢の榾木に椎茸菌を打つ。2年後の秋から冬にかけて、ある日突然椎茸の芽が出始める。椎茸の成長は、雨によるところが大きい。折角成長している椎茸も雨が降らなければ、小さいまま干し椎茸になってしまうし、雨が続けば一晩で巨大な椎茸になる。

 従って、夜雨音が聞こえると、「今頃、椎茸が大きくなっているだろうな」と思い、明日の朝見に行くのが楽しみになる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2167  畑道を静かに揺るる草紅葉  イヨ

2020年11月27日 | 

 ここ数日のニュースでは、京都や日光など全国各地の紅葉の観光地に多くの観光客が集まり、混雑している。政府が遂行している、ほぼ半額で行ける「GO TOトラベル」の影響が大きい。

 ところが、北海道を初め、都市圏のコロナウィルス陽性者、重症者が増えつつあり、危険な状況らしい。そして再び「GO TOトラベル」の見直しが始まった。

 そんな人間社会を笑うかのように、畑道の草草は、悠々と秋を迎え、紅葉を始めている。来年の春まで、養分を地下の根に蓄えるためなのだ。

食用菊「もってのほか}

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2166  尽くしたる色の饗宴枯葉降る  雲水

2020年11月21日 | 

 家から少し遠いが、車の通らない国有林の林道で、毎日デンと散歩をしている。 国有林には、杉檜が大量に育っているが、林道脇には落葉小木や野草も沢山あり、風が吹くと枯葉が降るように舞って、目を楽しませてくれる。

  林道には、キウイにそっくりだが3センチほどのサルナシの実が毎日決まったところに落ちていて、デンの大好物である。猪の掘り返した後もあるから、猪も大好きなのだろう。

 今年の夏から、楢の木が大量に枯れる「楢枯れ」が始まったから、猪たちは、ドングリが少なくて食料に困っているかもしれない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2165  モーツァルト聞きつ菜虫の捕らわるる  雲水  

2020年11月17日 | 

 ミニトマトにいた、メンガタスズメの幼虫。ナスやトマトを食害する害虫ですが、成虫の蛾の羽根に、人の顔に似た模様があり、それで名付けられたそうです。ドクロ蛾、骸骨蛾とも呼ぶそうですから、

冬は地下に潜り、サナギ(蛹)となって越冬するらしい。

 成虫は、蜜蜂のフェロモンに似た物質を出して、蜜蜂の巣を襲い、穴を開けて蜂蜜を食害するそうですから、見つけたら直ちにハサミでちょん切った方が良さそうです。

トリカブト(鳥兜)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2165  熟柿なら貰って行くわ大好きよ   雲水

2020年11月10日 | 

 先日、湯河原農協で柿を買った。「ずくし柿」と書いてあった。「熟柿」は、「じゅくし」と読むから、柿の字はいらないと思ったが、「熟した柿」の意ならば、間違ってはいない、と納得。「じくし」とも呼び、各地の方言らしい。

 当日、客人が来たので塾柿を出すと、湯呑に柿を逆さにして、果物ナイフでへた(蔕)を三角に取り除き、スプーンで食べていた。通の食べ方だそうである。

 美味しかったので、種を瓶に入れ、冷蔵庫に保存した。来年蒔くつもりだ。芽が出たとしても、食べられる頃には生きていないだろうが。

キチジョウソウ(吉祥草)家に植えて花が咲くと、縁起がいいそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2164  建売の買い手なきまま赤のまま  稱子

2020年11月09日 | 

  赤のまま(赤まんま)は生命力が強く、各地にのさばっている雑草である。新築したばかりの建て売りの庭に、あっという間にはびこってしまったのだ。

  子供たちがままごとで、この粒の花をしごき、赤飯に見立てて遊んだので赤い御飯、赤まんまと呼ばれるそうである。

 赤のままは、イヌタデ科のイヌタデ(犬蓼)が正式名。辛みもなく食べられないので「イヌ」がついたという。

 一方、刺身に添えられる紫の辛みのある蓼は「柳蓼」で、「蓼食う虫も好き好き」の蓼である。「自分にはよく理解できないけれど、好みは人それぞれだ」という意味である。

スイフヨウ(酔芙蓉)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2163  草紅葉口紅つけぬ半年間     洋子

2020年10月23日 | 

  秋彼岸もとうに過ぎ、今日は二十四節気の霜降。霜が降りるにはちと早いが、いよいよ紅葉の季節が始まった。今年は、新型コロナウイルスに始まり、一年がコロナ・コロナで終わりそうだ。

 パンデミック、発熱、感染、PCR検査、擬陽性・偽陰性、マスク、アルコール消毒、三密、外出自粛、自宅待機、ソーシャルディスタンス、リモートワーク、テレワーク、休業要請、など様々な言葉が飛び交った。近頃は、go to travel 、go to eat、 go to 商店街、県別のgo to キャンペーンが花盛りだ。

 その中でも、典型的なものがマスクである。この句の、外出しないから口紅はいらない。外出してもマスクをするから口紅はいらないのである。

 紅葉の季節が始まり、作者は口紅をつけないこの半年間と言ったが、まだまだマスクは外せそうにない。これから冬に向かい、インフルエンザとコロナウィルスの混交感染が始まるからだ。

トウガラシ(唐辛子)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2162  十月のさて鶯の狂い鳴き  雲水

2020年10月13日 | 

 この2,3日ウグイス(鶯)が、8月以来再び鳴いている。原因は、台風14号の接近に伴い、北風が吹いて、12~13度の低温が続いたのに、再び22~23度に上昇。だから鶯が「春が来た」と勘違いしたのではないだろうか。とても珍しい現象である。さすがに蝉は、死んでしまっているから鳴かない。

 そこで、草花はどうかと思い、庭を回ってみた。あった、あった、ハハコグサ(母子草)と白のシモツケ(下野)が可愛く咲いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑シモツケ(下野) ↓ハハコグサ(母子草)とホトトギス(杜鵑草)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2161  雨の色陽の色加え初紅葉  雲水

2020年10月09日 | 

 今年の10月初旬、キブシ(木五倍子)の紅葉に気付いた。気付いたことも初めてのことである。桜や櫨よりも早く、キブシが紅葉したのだ。

 キブシは3月に、ヤシャブシ(夜叉五倍子)と共に、最も早く花が咲くから、とても目立つが、更に紅葉の楽しみも増えた。

 今年は梅雨が長く、その後の高温が長く続き、植物の生育がとても悪かったし、消滅したものも多かったから、得した気分である。

キブシ(木五倍子)、別名キフジ(木藤)とも

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2160  待つわなど軽く言ひしが秋の雨  さくら

2020年10月06日 | 

 秋彼岸が過ぎて、夏が終わった。これからは、一雨ごとに寒くなる。そして、室内の気温が18度を下回ると、薪ストーブを点けるのが、我が家の習わしである。

  それよりも、気掛かりなのが、昨日台風14号が発生したことだ。進路はまだ定かではないが、たぶん発達して関東方面に来るだろう。

 さてこの句、「1時間ほど遅れる」と言われ、何気なく「待つわ」と言ったものの、寒くさえ感じられる秋雨の中、どこで時間をつぶせば良いか、迷っている作者が目に浮かぶ。喫茶店とか図書館とか、デパート、まあ色々あるけれど、近くに適当なものがないのだろう。

タムラソウ(田村草)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2159  ドーナツの穴から見える彼岸花  洋子  

2020年10月05日 | 

  人は見えないものを見るために、双眼鏡や天体望遠鏡、そして電子顕微鏡などを開発してきた。実際、遠方の銀河や極小のウィルスを見ることができたが、それは宇宙全体からすれば、ゼロに等しい。

 アメリカのトランプ、中国の習近平、ロシアのプーチン、トルコのエルドアン、北朝鮮の金正恩、ベラルーシのルカシェンコ・・・・・世界が良くなる可能性は、ゼロに等しい。

 さてこの句、お子さんか、お孫さんか、はたまたご本人か分からないが、ご本人だったら、猶更茶目っ気が感じられて可笑しい。観光地で顔を入れて写真を撮る、そんな光景も思い浮かぶ。

 ミスタードーナツ?のドーナツを、手に掲げてその穴から何かを見る。それが、彼岸花というのが実に可笑しい。記憶にはないが、私も子供の頃、そんなことをして親に叱られたことがあったかもしれない。食べ物で遊ぶことは、食べ物を粗末にしている、として叱責の理由になりそうだからである。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2158   第289回 岩戸句会 9月

2020年10月04日 | 岩戸句会

肴には古漬胡瓜月の庭       裕

山盛りの胡瓜漬け込む白き腕

 

草紅葉口紅つけぬ半年間      洋 子     

ドーナツの穴から見える彼岸花 

  

うろこ雲ガラスのビルをパッケージ 炎 火  

鶏頭の他にもいろいろ牛舎跡 

 

すれ違うたばこの香り鰯雲     余 白

神の手が水振りまいて秋はじめ

 

ガラス戸の逆さ懸垂いぼむしり   豊 春 

古鞄蟷螂這わす蚤の市

 

今年米片手でたりぬ配り先     歩 智

にぎやかにお墓の話敬老日

 

護摩をたく僧の緋ころも赤トンボ  稱 子

口笛の少年が吹く「里の秋」

 

翅畳み閑かな交尾秋の蝶      薪

谷筋に添う稔り田の黄金かな

 

松虫を夜風が闇に誘い入れ     沙 会

一望を一筆にする雨の秋

 

秋黴雨正体不明のもの怖し     凛

小鳥来る今も絵本の愛読者

 

待つわなど軽く言ひしが秋の雨   さくら

かと言って何事もなし敬老日

 

秋麗にFM熱海我が家から     一 煌 

敬老日孫の手型とひとり酒

 

朝は白徐徐に徐徐にと酔芙蓉    パ ピ

台風の目の中は静かだと言うが

 

菊活けて貴き一会とぞなりぬ    鞠

秋霖のこころ透きたることばかり

 

朝明の窓打つ風は秋の音      イ ヨ

雲の中見上げて寂し後の月

 

長雨が晴れて高まる秋の空     貴 美

秋霖や窓ふきその他あと回し

 

雨の色陽の色加え初紅葉      雲 水

イタリアンシェフ居酒屋で新さんま

ヤモリ(守宮、家守)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2157  肴には古漬胡瓜月の庭  裕

2020年10月03日 | 

(さかなには ふるづけきゅうり つきのにわ) 

 肴(さかな)の語源は、室町時代にお酒のおかずを「酒菜(さかな)」と呼んだことに始まる。字だけが肴に変わった。あてがうが語源の「あて」、手でつまむが語源の「つまみ」と同義。

 「月の庭」は、中秋の名月の出ている庭のことで、夜とはいえ月光に照らされ秋草もはっきり見えるだろう。そんな庭のテーブルで、月を愛でながら酒を酌み交わすのである。

 この時期の肴には、芋名月とも呼ばれるから第一に里芋の衣被、芋茎(ずいき)、そして枝豆など。

魚は、秋刀魚、秋鯖、鰯、鮭などが旬である。ところが、作者はとりあえず古漬け胡瓜で一杯始めた。味のしっかり滲みた古漬け胡瓜は、歯ごたえもよろしく、実に美味い。

ツリガネニンジン(釣鐘人参)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2156  背のまろき己れを糺す風の萩  仁

2020年09月18日 | 

 夜明けの庭に出てみると、ようやく咲き出した萩が、昨夜の雨に崩れて地に触れている。けれども蜜蜂や花蜂、蝶が舞っている。

 年を取ると、ついつい猫背になってしまう。猫背は、心臓や胃、内臓に悪いことは周知しているから、背筋をピンと伸ばすのが良いのだが、気が付くと猫背になっている。崩れ萩を見て、作者は猫背の己を顧みる。我が人生を顧みる。そして身を糺す。

ヒルガオ(昼顔)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2155  台風の余波は遠くのわたしにも  雲水

2020年09月11日 | 

この2,3年の台風は強力で、日本列島各地に多くの被害を出している。去年の15号、19号は、本当に恐ろしかった。

今回の10号は、九州地方を襲った。920HP以下と強力で特別警報を出すクラスだったが、上陸接近する頃には勢力がやや衰え、特別警報を出すには至らなかった。原因は、9号が同じコースを通り、海水をかきまぜて海水温を下げたからだ。

 強力台風発生の原因である地球温暖化は、人間の活動によって排出された温室効果ガス、二酸化炭素などが主因となって海水温を押し上げている、というのが大方の意見のようである。

  いずれにしても、これからの台風は大型、強力となって、東海、関東地方に上陸するに決まっている。明日は我が身だ。

   国別の二酸化炭素排出量を調べると、中国がダントツの1位、アメリカが2位、インド、ロシアに続いて、日本は5位である。

国別 二酸化炭素排出量(2017年)

1      中  国             28.2%

2      アメリカ             14.5

3      インド              6.6

4      ロシア              4.7

5      日 本           3.4

6      ドイツ           2.2

7      韓 国           1.8

8      カナダ      1.7

9      インドネシア        1.5

10     メキシコ            1.4

ヒメギボウシ(姫擬宝珠)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加