俳女モニカの俳句日和

十七文字のあそび、そして日々のいろいろ

千葉新人句・4月~俳句は一瞬の驚き

2019年04月29日 | 俳句
関東ではソメイヨシノが終わり

八重桜が満開の季節になりました

八重桜が咲くと

例年ならもうコートはいらなくなるのですが

今年はまだコートどころか

ショールまで欲しくなる寒さがあります

衣替えはまだ先でしょうか




さて主宰の言葉です

・俳句は一瞬の驚きを云う。意味を云う必要は全くない!

・わからないくらいの方がいい

・動詞は説明。多用しない

・朧は夜と決まっている。「夜の朧」というのはない

・俳句は解説するものではない




詠むときも

読むときも

出会った一瞬の勝負!

ああだこうだ説明や解説するものではない

俳句は短いですからね

そういうことには不向きなのですね







コメント

千葉県俳句大賞受賞

2019年03月28日 | 俳句
「響焔」の山崎聰主宰が

今年の千葉県俳句大賞を受賞されました

この賞は

千葉県に在住する作家の

昨年一年間に刊行された句集を対象に

表彰されるものです

第四回の千葉県俳句大賞に

山崎聰主宰の「流沙」が選ばれました





ここに主宰の自選二十句をご紹介します



「流沙」


童心のかすかなゆらぎ花筏

全景はほたるぶくろの中にこそ

寒蟬の鳴き尽したるあとの空

蓑虫のきのうをいまだひきずりて

にっぽんのうすぐらいところから蝶

戦争と敬老の日の三輪車

晩節は花野に眼鏡置くような

火男もいる十一月のカレンダー

正月というはさびしき紙の舟

刃物屋に少年二人雪が降る

蛇穴に入りたるあとの人のくらし

すこしいびつこれが昭和のおぼろ月

父の日の父と活断層の真上

しかしあるいはそれゆえに重信忌

炎天の崩れる音として加齢

それからのおとこのくらし赤とんぼ

流星の墜ちゆくさきを修羅という

ほのあかきいのちも見えて檀の実

落葉焚縄文すでにして滅ぶ

雪国を出てからおもう雪の山





最後に私が好きな句を...


花残り人残り雨残りけり


主宰近影(釜山にて)




写真...

「あれ?!なんかいつもの主宰と違う」

と思われた方

いつもの主宰はオフィシャルスタイル

こちらはプライベートスタイルです(^^

コメント (1)

千葉句会3月など~言葉を惜しむ

2019年03月24日 | 俳句
またまた永らくブログの更新を怠けてしまいました

その間、句会にはきちんと行っていましたのです

ですがいざブログに纏めようとすると

ついつい明日明日と延ばしてしまい...

そろそろ更新しないと

このブログの存在自体が忘れられてしまう~

なんて思っていたら

先日、読者の方から嬉しいコメントをいただきました

単純なもので

待っていて下さる方がいると思うと

俄然書く気がモリモリとわいてきます




前置きはこのくらいにして...

主宰の言葉、一気にいきますよー




・否定より肯定。否定は意味が出てきてしまう

・作者は結論は言わない

・作者は言葉を惜しむ

・一番言いたいことは言わない

・理由付けができてはダメ

・俳句は黙っていれば自分のこと。人のことではなく自分のことを詠む

・言っている内容が際立っているときは、表現は控えめに

・具体的なことを少し言わないと伝わらない

・俳句は断定の詩。予想の詩ではない

・寓意がわかりすぎてはダメ

・俳句は創造力の産物。事実はどうでもいい

・行為をあまり出さない方がいい

・助詞は丁寧に使う。ひとつ違うと意味が変わってきてしまう

・人間そのものを出さない方がいい。心情ならいい

・複数にする必要ないことが多い。俳句は詩だから事実にこだわることはない

・「~や」や切れ→下は逃がす。名詞で止めない




溜めていたのでこんなに沢山...




「作者は言葉を惜しむ」

つまり語りすぎないということかと思います

俳句はとても短い詩

事実を語ることに終始してしまうと

大切な詩情が出せず勿体ない

だから「俳句は体言の詩」だと言われる所以もここにあるのでしょう

極力、動詞や形容詞などの

説明する言葉を使わず

物に言いたいことを託す...

そこで活躍するのが季語や切れ字

季語で日本人が共通してもつ詩情を

切れ字で余韻を演出してもらうのです

だって、たった十七文字なのですから

便利なそういうツールに助けてもらいながら

感性を振りかけて

俳句という詩にしていきます

作者がああだこうだと説明してしまっては

読者は

「ああ、そうですか」

で終わってしまいます

「どういうことかな?こうかな?それともこういうのもいいな」

なんて

自分の句で色々と想像してもらって

印象に残った方が

作者冥利につきませんか?




事実をわかってもらいたいなら

俳句という方法は適当ではありません

十七文字ですよ

何ができますか?



俳句ってささやかなものなのかもしれませんね



ホテルのロビーも春爛漫
コメント (2)

千葉句会・2月~意味からはじまって意味を消す

2019年02月11日 | 俳句
2月に入ってから雪の日が続いています

雪って

積もってしまうとあとが大変なのですが

降りだしてくるとすこし

わくわくしてしまいます

そんなこと、ありませんか?




今月の句会での主宰の言葉は

「意味を消す」

ひたすらこの一言に尽きていました



・作者が意味を思いながら、意味を消そうとしているか(努力しているか)

・意味を消そうとしているほど、ストレートに読者にくる=インパクトがある

・俳句になったときには意味を消さないといけない

・意味づけて言ったらつまらない

・意味を言ってはいけない

・意味からはじまって意味を消す




どうですか?

ベテラン揃いの千葉句会ですが

「意味を消す」ということについて

これだけ色々と言われています

つまりそれだけ難しいということなのでしょう

そしてとても大切なこと

主宰がどうしても伝えたいことなのですね




NHKの朝の連ドラ「まんぷく」でも

こんなシーンがありました

主人公の義理の兄である画家の絵(抽象画)に対して

「意味がわからない」

という妻

それに対して画家の夫は言います

「意味なんてない!どう感じるかだ!」




俳句を文の芸「文芸」と捉えるならば

私達も意味を伝えるのではなく

出会った瞬間に感じる何かを求めて

インパクトのある句を作りたいものですね


塗り絵もインパクト重視!

コメント (4)

響焔ポケット版句集第3弾

2019年01月25日 | 俳句
響焔俳句会の句集のひとつ

ポケット版句集の第3弾が上梓されました

3名の方から送っていただきました



それぞれ品があって素敵

やっぱりこのデザインいいわ、と自画自賛

拝読させていただきましたが

心に響く句が多く

改めて皆さんの力量を感じました

こんな方達と句会をご一緒できるというだけで

俳句のハウツー本の何十冊にも匹敵すると感謝です



並べてみるとまた素敵

皆さん、ありがとうございます

(名前やタイトルの位置が不揃いなのは気になるけど...細かく何センチ!って指示したはずなのにな~デザインを勉強していたから、こういうのすごくイヤなのです)




ではお一人ずつ句をご紹介させていただきます

私が勝手に三句ずつ選びました




「三面鏡」河村芳子


ジェラール・フィリップ「赤と黒」夏の茱萸

あくまでも檸檬のみどりなみだつぼ

たいらかに七日正月古語辞典





「セロリとパセリ」河津智子


われよりもさびしい地虫先にでて

残像のみんなくずれて黒葡萄

にんげんに飽きセルを着て海を見て





「水の音」中野充子


冬薔薇ときおり吐息はきにけり

木の実落つ縄文の世のごとく落つ

新巻の骨の髄まで塩と風





このシリーズは響焔が存続する限り

4名が揃った段階で

いつまでも続いていきます

そろそろ句を纏めておきたいな、と思ったら

いつでもお申し付けくださいね




ハードカバーの句集でなくても

文庫本サイズの句集だって

自分の句が一冊にまとめられたら

素敵だと思いませんか?

響焔はこんなこともしていますよ



塗り絵もまた楽し♪









コメント