Inoueinterior Room Blog

報道されない福岡の危機を伝えます。気分転換は山の話題。

山口県で初感染者、九州で感染か(3月5日更新)

2020-03-04 14:40:00 | 災害

今朝(4日)、山口県ではじめて新型コロナウイルスの感染者が確認された。未感染地域は中国地方だけだったが、これですべての地域で感染者が確認されたことになる。4日午前10時半現在、国内感染者数は1000人(国内294人、クルーズ船706人)となり、中国を除くと韓国、イタリア、イランに次ぐ多さとなった。(下マップ参照)

山口県によると、感染者は下関市に住む40代の会社員(営業)の男性ということで、先程、下関市は男性の症状や行動歴など公表した。それを見ると、福岡県(福岡市)と熊本県(熊本市)で1例目の感染者が確認された、先月20日、21日に福岡、熊本、大分へ出張し、なおかつ、15日から福岡県内の実家に滞在したのちに出張先へ向かっている。山口県へは21日に戻り、23日に発熱症状が出ている。27日のPCR検査では陰性だったが、昨日(3日)深夜の再検査で陽性が判明した。福岡県の実家や詳しい出張先は公表されていない。

これまでの行動歴を見ると、やはり九州で感染された可能性が高いのではないか。というのも、九州ではじめて感染が確認された頃、それらの場所へ出張されているからである。出張先を詳しく調べていけば、そこから感染源が割り出せるのではないだろうか。もしかすると、点と点が結びつく可能性もある。感染を拡大させないためにも、山口県や下関市には、できる限り情報を公開してほしい。なお、山口県では、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」からの下船者が2名いるといわれているが、居住地や下船後の交通機関など公表されていない。保健所による経過観察は明日(5日)までだが、こちらも気になる。

福岡と山口を頻繁に行き来している身ゆえ、他人事とは思えない。とにかく自分が感染源になってはいけないと、福岡では外出を必要最小限にとどめている。何はともあれ、今週末から山口なので、また地元の様子など報告できればと思う。

 

《追記 2020.3.4.19:20》

先月21日、大分県から下関市に戻る際、同僚1人が車に同乗し、病院に通院した際には妻が運転する車に乗っていたという。そのため、山口県は同僚と妻が濃厚接触者とみている。今のところ2人に発熱などの異常はないとのことだが、検査結果はまだ公表されていない。

 

《点と点が結びつく 2020.3.5更新》

点と点が結びついた。下関市の男性感染者は、先月20日、大分県に出張した際、3日、感染が確認された大分市の30代女性が務める都町のバー「ラウンジサザンクロス」に知人と3人で行っていた。店には2時間ほど滞在し、その日、女性もいた。大分県は、男性がここで感染したのか、その前から感染していたのか現時点ではわからないとしているが、下関市は、飲食店で感染が広がった可能性も否定できないとして感染の経緯を調べるという。なお、男性の妻と子どもの感染が確認された。これで山口県の感染者は3人となった。

山口の感染男性 大分で女性従業員感染の飲食店利用(NHKニュース 2020.3.5)

感染確認の男性 妻と子も感染(NHK 山口ニュース 2020.3.5)

下関の感染男性 大分の店を利用(NHK大分ニュース 2020.3.5)

  

 

冷静に行動してほしいと呼びかける、村岡知事 (写真:FNNニュースより)

 

 

 

日本国内の感染状況(累計)(NHK新型コロナウイルス特設サイトより)

 

2月17日頃から急速に増えている

 

 

 

日本国内の感染状況(1日ごと)

ピークは2回、1回目は2月21日前後、2回目は2月27日前後 

 

 

 

世界の感染状況(日経新聞 新型コロナ感染世界マップより)

中国は少し落ち着き、韓国とイタリアは増減を繰り返し、イランは増加の一途、日本はどうなるか、、

 

 

 

《関連記事》

中国地方で初 男性会社員が感染(NHK山口ニュース 2020.3.4) 

新型ウイルス 山口県で40代男性感染 中国地方で初 ( NHKニュース 2020.3.4)

クルーズ船の下船者に県在住者2人 新型コロナ陰性、体調は継続確認(宇部日報 2020.2.26)

 

 

《関連資料》

下関市。新型コロナウイルス感染症患者の発生について(第1例)(3.4)

 

 

コメント