田舎で農業をしています。毎日が感動です

都会で34年暮らしていましたが、田舎に帰って20年に成ります。今は米と菊と野菜を作って産直市に出荷しています。

かぶを出荷しています

2010-10-31 21:14:32 | 日記
菊の田んぼで、8月咲きの出荷が終って、キャベツ・白菜・広島菜・高菜・かぶ・大根・じゃが芋を植えました。
白菜は10日位前から出荷していましたが、今かぶの出荷が出来る様に成りました。品種はタキイの耐病ひかりでコカブから大カブまで同じ品種で対応できます。今はまだ小さいので直径5Cm位ですが、もう少しすると10Cm以上に成ります。
猟期まであと15日
コメント

手造りコンニャク

2010-10-30 19:28:00 | 日記
私のうちでは年中手造りコンニャクを造って居ます。
コンニャク芋が出来たら、庭で大きな鍋に湯を沸かして、コンニャク芋を何キロも茹でておきます。250gずつ小分けにして、冷凍します。造りたい時に解凍して、芋250gに水700gを入れてミキサーで潰します。ボールに出して2時間くらい放置しておくと、芋の粒が水を吸って大きくなりゲル化します。凝固させるには、4gの炭酸ナトリウムを50ccの熱湯で溶かし、全部ボールの中に入れて、芋とよく混ぜます。鍋に湯を沸かしハンバーグを作るように、コンニャク芋を丸めて茹でます。沸騰して20分位すると中まで火が通り出来上がりです。
コメント

箱ワナの製作中②

2010-10-29 21:05:43 | 日記
昨日はキンサイ館の2階で焼肉レストランをやっていたのが辞めて、今度食べ放題の居酒屋「きんさい屋」に成りました。プレオープンに招待され飲み放題・食べ放題に挑戦してきました。主な料理は鍋で3種類あるそうで、唐辛子が沢山入ったなべと味噌味の鍋を食べました。ビールを何杯も飲んだので少し酔って、帰ったらすぐ寝ました。
イノシシの箱ワナが大分出来ました。
猟期まであと17日
コメント

チャグリンキッツ

2010-10-27 21:24:46 | 日記
三次小学校で5年生70名が、今年6月から丹波黒大豆の栽培を始めたそうです。三次農協の女性指導員が栽培の指導に当たり、種蒔きから定植・草取り・収穫までを一緒に作業をしたそうです。ところが7月から雨が極端に少なく、丹波黒の実が殆ど入らず、枝豆で食べる事ができません。私のところに話が有って、丹波黒枝豆を提供して欲しいとの事でした。もう枝豆としては硬く成りすぎて良品が出せないといったんですが、あるもので良いからといわれ12~13本抜いて差し上げました。
講師として生徒の前で話して欲しいといわれ、10時半から1時間位生徒たちと一緒に枝豆の栽培について話したり、質問に答えたり、豆をむしったりしました。生徒たちは茹でて食べたのですが、私は少し早く帰りました。
コメント

麹を作りました

2010-10-26 21:30:55 | 日記
これから寒くなると外の仕事が出来なくなるので、少しずつうちで出来る仕事が増えてきます。
麹を作りました。朝早く起きて米を蒸して、テーブルに拡げ種麹を混ぜます。フードコンテナーに入れて温度をかけると麹ができます。
今回は5Kgの米を前の日に研いで、水にかして置きました。朝6時に起きて米を蒸して、テーブルに餅布を敷き、その上に蒸米を出して温度が40度位まで冷まし、種麹を米1Kgに1gの割合で混ぜます。良く混ぜたものを、フードコンテナーに2.5Kgづつ分けて、電気毛布にサーモスタットをつけ32度で24時間保温します。1日過ぎたものを出して餅布に拡げまぜます。これを「手入れ」といい蒸気を飛ばし酸素を入れてやります。これを後2回行い3日が過ぎると出来上がります。
朝早く作業をしたのは、深夜電力が3分の1くらい安いからで、それ以外のわけはありません。
猟期まであと19日
コメント

イノシシの捕獲用箱ワナの作成 ①

2010-10-25 21:25:41 | 日記
今年はイノシシに農作物を荒らされ、大変な被害が出ました。特に稲では大変な目にあいました。電気牧柵ではとめる事が出来ず、ネットを張っても5アールほどの田が殆ど食べられてしまいました。、紫芋は600本植えたのに全部食べらた。
11月15日から今年の猟期が始まります。敵討ちをしないと、つじつまが逢わないので今年はイノシシを沢山捕ります。そのためにネズミ捕りの大きい箱ワナ(2メートルΧ1メートル)を作って居ます。昨年ひとつ作ったのですが、1月の終わり頃出来上がって、猟期の終る2月28日までに1匹も取れませんでした。今年は早めに取り掛かり猟期までにふたつ作る積りです。
チャチャッと作れると思ったのですが、昼間は菊の後始末などが有り、ワナは夕飯後に夜なべで作って居ます。
猟期まであと20日
コメント

ふるさと祭り

2010-10-24 21:57:51 | 日記
近くの元小学校で毎年ふるさと祭が有ります。今日のふるさと祭りは、地元のプロ歌手「茜あきこ」とアマチュア歌手「久保まさあき」さんの歌謡ショーがありました。ビールや酒や境港から持って帰った魚が」売られました。ビールを飲みながら魚を焼いて食べ、歌謡ショーを観ました。
帰りにハマチとアジ・ワニを買って帰りました。ワニの頭を貰い帰ってからさばきました。子供の頃ワニの頭で作った煮コゴリが美味しかったのを懐かしく思っています。
コメント

近所の天日乾燥はでぼし稲収穫の手伝い

2010-10-23 21:47:50 | 日記
はでぼし稲の収穫があって手伝いに行きました。昔からはで20日というそうで、稲刈りをしてから20日が経過したのかもわかりません。
今は殆ど使われていないハーベスターという機械を使って、はでに干してある稲をこぎました。稲をこぐ人・籾を運ぶ人・ワラを束ねて軽トラで駄屋の2階あまだに積み重ねる人およそ10名での作業と成り、毎年あるイベントのひとつです。終ってからおでんや刺身の盛り合わせ、まき寿司、稲荷とご馳走責めにあいました。当然ビール・酒・焼酎も頂き満足の1日でした。
コメント

超簡単広島菜漬け

2010-10-22 22:20:28 | 日記
広島菜の漬物をしました。広島菜10株を畑からとって帰り2日間干します。株のところを切って、悪い葉っぱも取って目方を量ります。その後よく洗って半分に切ります。、漬物樽に塩3パーセントを降りながら広島菜を1段ずつ並べていきます。蓋をして重石を乗せ、広島菜の3分の1くらいの水に塩3パーセントを入れて、樽の中に入れます。1週間して漬け直して本漬けします。
しお1パーセントを用意しておき、広島菜を搾って樽に並べ塩・こぶ・唐辛子又広島菜・しお・こぶ・唐辛子と積み上げていき、蓋をして、重石をして出来上がりです。1週間したら食べられます。
写真は干している所です。広島菜は畑で取ったとき、葉っぱがスグ折れてしまいます。少し干すと折れなくなるので、干してから洗います。葉っぱと葉っぱの間に泥が入っているので、洗ってから漬けます。塩水を入れるのは、なかなか水が上がらないので、呼び水として入れています。
スグ食べるので本漬けのとき塩1パーセントにしていますが、夏を越すようなときはもっと増やしてください。10株で12Kg有りました。
コメント

じゃが芋の土寄せ

2010-10-21 21:44:30 | 日記
8月30日に菊の後をすいて、じゃが芋を植えました。
今年の夏は雨が降らず、じゃが芋の芽が出ず諦めていました。9月の終わり頃から少しずつ芽が出てやっと今日追肥と土寄せが出来ました。もうスグ寒くなって霜が降りるようになるので、芋が出来るかどうか心配しています。
コメント