退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#421:帰ってきました。

2014-12-29 20:27:27 | アメリカ便り
昨晩、無事我が家に帰ってきました。
友達が空港まで迎えに来てくれ、そのうえ晩御飯まで作って待っていてくれました。
感謝です。
肉じゃが、漬物など、“日本人に生まれてよかった”です。
飛行機に乗りながら、“夕食の支度したくないな~”と思っていた私にとっては、本当に助かりました。
しかし、義母は良くないです。
性格もよくないですが、考え方が良くない。
“死にたいとか火葬にしてくれ”、言い始めたら、先が短いと思います。
もうたぶん何回も言ったと思いますが、昔からすべてにネガティヴ志向なのです。
それが年とともに悪化しています。
顔が良くない。
笑うということを知らない。
いつも苦虫をつぶしたような顔をしている。
と、ここまで言ったら少しは気が晴れたので、いい加減やめておきます。
でも、親戚がいるということは感謝をしています。
少しは、笑って、楽しく老後を過ごしてほしいです。
ストレスは万病のもとです。
そのメカニズムと言うのははっきりわかっていませんが、事実です。
だから、苦しくても明るく過ごしましょう。

家に着いたら、クリスマスカードが来ていました。
30年来のドイツ人の友達からです。
この人、グンディーと知り合ったきっかけと言うのも面白いものです。
私が勤め始めて間もなく、面白半分大学の夜学で、“生化学”と“微分積分”を取り始めました。
そのクラスで、ドイツで学校の先生をしていたグンディーと知り合ったのです。
年も同じくらい、お互い、外国人で仲良くなりました。
クラスが終わった後、近くのタバコ屋で、“ダンヒル”のタバコを一本づつ(ひと箱ではないですよ)買ってそれを吸いながら、たわいのない話をしながら、お互いの家路につきました。
目的がなく、クラスを取っていた私と違って、グンディーは医学部に入るためにクラスを取っていました。
私はこの2クラスの後、学校をやめましたが、グンディーはその後も頑張り、見事に34歳で、医学部に入りました。
その後も時間が許す限りあっていました。
医学部の卒業式に、ドイツから両親が来た時には我が家で、夕食をご馳走しました。
メイン州で行われた、結婚式には一家で参列しました。
その後、子宮癌、乳癌を患ったけど、子供を2人アダプトして幸せに暮らしていたし、仕事もローチェスター大学医学部婦人科のインストラクターとなり、忙しそうにしていました。
しかしながら、昨日来た手紙には、坊主頭となったグンディーの写真が入っていました。
15年前の乳癌が再発し、今回は、リンパに転移もあるとのこと。
ステージ3C、5年生存率は50%。
自分のことを、“森の女”と言ってました。
私としては、“先が見えない”と言う風にとらえました。
今、化学療法の真っ最中。
でも、グンディー曰く、毎年マンマグラフィーはしていたそうです。
でも、毎年正常だったそうで、去年ぐらいからおかしいということになり、今年になり生検をしたら、乳腺癌と分かったそうです。
すぐに、両方の乳房を取って化学療法を始めたそうです。

グンディーとの思い出は、本当に懐かしい良い思い出ばかりです。
お互い、外人と言うこともあって、たどたどしい英語を話していました。
あの、恥ずかしげに上唇をちょっとまくって笑う、顔が思い出されます。
日本に一緒に行こうねと言っていたのです。

様子を見て会いに行きたいと思います。

まだ50%チャンスがある。
と言うことは、100人いたら、50人は助かるのです。
その50人に入るよう、明るく(難しいですが)暮らしてほしいです。
ストレスは良くない。
年が明けたら、電話します。
ドイツ訛りの激しいグンディーの英語、懐かしい。

ハブグレジュンタのマミー

隣人のキャシー、ハブちゃんグレーシーの面倒をよく見ていてくれました。
二人とも非常に元気です。



コメント (1)

♯420:年は取りたくないです。

2014-12-26 22:50:32 | アメリカ便り
ノースキャロライナのキースの両親のところに来て早、4泊目。
今11時PMです。
先ほどコンドに帰ってきました。
今日は晴天、ビーチ日和だったのですが、クリスマスの翌日は買い物の日と言うのが決まり(?)なので、人込みの多いアウトレットモールに行ってきました。
今年は特に中国人が目立っていましたね。
私たちがここに来始めた20年ほど前は、中国人なんてほとんど見なかったのですが。
この5年ほど年々確実に増えてきています。
日本のお正月の福袋が中国人に買い占められている昨今、中国人のセール買における貪欲さに拍車がかかってきましたね。
先日言った私たちが泊まっているコンドがある広大なヴァケーションタウンが中国の会社に買われた今、先が恐ろしいですね。
きっと今住んでいる人たちはみんな出ていくのでは。
そして、中国街と化すのも時間の問題でしょう。
でもこの町、退職者がほとんどです。
義理の両親が、“隣のボブが娘の近くの施設に移った”とか、“むかえのロンが死んで、家が空き家になっている”とか、とにかく、“死んだ”、“病気になった”とかの話が多いので、還暦を迎えた私としては気がめいります。
この辺も母よりさんの家がある、町内会みたいに空き家が多くなっているようです。
と言うことは、中国人による土地の買い占めに拍車がかかるでしょう。

義理の両親と知り合って、もう30年たちます。
と言うことは、当時、私の今の年より若かったのです。
その義理の両親が、“死体は火葬にしてくれ”とか“墓はペンシルバニアに買ってある”とかいうのだから、歳月と言うものは本当に過酷で、無慈悲です。
義理の母の状態ははっきり言って良くないです。
精神的にも落ちいっているし、肉体的にはその精神状態より、もっとひどいおちいり方を感じます。
何となく、“もう生きているのがめんどくさい、もうこれ以上周りに迷惑をかけてまで生きたくない“というのが体全体から漂ってきています。

立っていられるのも5分間が精いっぱいとのことで、一日のほとんどを座っているか寝て過ごしています。
義理の母は自分が動けない分、義理の父をこき使うのを心苦しく感じているようですが、義理の父にしてみれば、それでも、そんな義理の母に生きていてほしいのです。

これで、もしどちらかが先に逝くようだったら、残されたほうの先行きも目に見えます。

義理の母としてみれば、長男の私の主人と細かい、今後の段取りを話しておきたいのでしょうが、大事な時にはよう足らずの主人、私が戒めたにもかかわらず、相変わらず、無駄なことに時間を注いでいます。
すべてのことに無計画でおよぼうとする主人、義理の両親あきらめたほうがいいでしょう。

今回の旅行で、“更に”わかったことがあります。
私は自分の身内、特に子供の自慢をすることは好きではありません。
と言うのは仕事をしているとき、それをさんざん仲間から聞かされてきたからです。
アメリカ人は家族、特に子供の自慢は聞いている私が恥ずかしくなるぐらい、良くします。
それがまるっきり普通なのです。
日本人は、謙虚でどんなに立派な身内、子供がいようと、控えめに言いますよね。
“うちの子はまるっきり勉強をしないで困っています”と言いながら、有名大学を一発で入ったりとか。
今までも何となく、私の息子娘は良い子だとは思っていたけど、今回、義理の両親に対する気遣い、本当に良い子だと感じさせてくれました。

ありがとう。
その気遣い、実の母の私にも向けてくれるかしら。
ちょっと心配です。

ハブグレジュンタのマミー
コメント (1)

♯419: 一日中雨、雨、雨

2014-12-24 23:34:02 | アメリカ便り
ハワイで雪が降りました。
ミシシッピーでは竜巻で死傷者が出ました。
あちらこちらで悪天候のため飛行機に遅れや欠航が出ています。
クリスマスブに空港で足止めを被った人達大変です。

昨日のセントルイスの空港も混雑していました。
幸運なことに、友達が空港のそばに住んでいるので、そこに車を止めて、空港まで送ってもらえたのでたいへん助かりました。
そうでもしてもらえなかったら、あの混雑、ちょっとあまりにもぎりぎりだったと思います。

旅行で、何が嫌いかと言えば、時間ぎりぎりで旅行をするということ。
すべてに余裕をもって旅行をしたいですね。
だから、すべてに時間がかかる、急ぐと言うことを知らない主人と旅行をすると本当に疲れます。
私が日本に帰る時、、一応“一緒に日本に行くかい”とは聞くけど、行かないことを願って聞いています。
以前も言いましたが、主人を除いた家族が車の中で、主人が来るのを待つのはいつものこと。
本当にどうしてすべてにこうも時間がかかるのか、わかりません。
ちなみに、主人の家族、お父さんを除いたみんなが同じです。

今日は朝から、雷を伴った豪雨でした。
夕方から小雨になりましたが、結局は一面砂浜の海岸を歩くことができませんでした。
ここの海岸ところどころ、“鳴き砂”があり、歩くとキュキュと小気味の良い音を立てます。
この“鳴き砂”って、人があまり入らないところにあると聞きましたが、この辺は夏なんかは、大勢の人に踏みにじまれています。

主人の両親が住むこの辺は退職者が多いコミュニティーで、夏はあちらこちらから、海を目当てに人がたくさん来ます。
ゴルフ場もたくさんあり、ゴルフ場内に家もたくさん建っています。
ゴルフとは無縁の両親の家も、18ホールに建っています。
南に20分くらいおりると、有名なマーダルビーチがあります。
コンド、バケーションホームがあちらこちらに建っていますが、主人の両親曰く、その一角を中国の会社が買ったそうです。
そして、なんとアメリカ国旗の上に中国国旗を掲げると言っているそうで、近隣の人たちから非難を浴びているそうです。
当たり前でしょうね。
本当に中国って協調性がない国です。

今、中国の資産家は、中国国内の地価が急激に下がっているため、海外の土地を買い占めているそうです。
オーストラリア、ニュージーランド、ニューヨーク、カリフォルニア、あのグランドキャニオン周辺も買い占められたと聞いたことがあります。
どうしようもないですね、あの国の人は。

白人コミュニティーの静かなこの辺も、変わっていくみたいです。

ハブグレジュンタのマミー

コメント

♯418: 大西洋のそばにいます。

2014-12-23 23:45:31 | アメリカ便り
満杯の9時発ラーレイ(ノースキャロライナ)行きの飛行機に乗り、さらにレンタカーで3時間半運転してようやく主人の両親の家に着きました。
2時間ほど前に、コンドに落ち着いたところです。
今回は初めて両親の家に泊まらず、コンドとなりました。
と言うのも、今までも健康にすぐれなかった母の調子が、今年になって急に悪くなり、面倒をかけたくなかったからです。
今日は、“火葬にしてくれ”とか“お父さんに私の葬式は任せないように。ケチだから、安くしようとするから”とか言ってました。
関節炎、腎臓病、心臓病、痛風などなど、病気の問屋さんみたいな人で、私が知る限り、常にどこかが悪いと言っている人です。
持ち直してくれればよいのですが、もしだめだった場合、少々ボケが始まった(お母さん曰く)お父さん、下り坂でしょう。
長男の主人はどのように対処するでしょうか。
と言うと、“長男の嫁のくせに“とおしかりを受けるかもしれませんが、主人の下に、妹二人もいるので、私が口を出さないほうが良いのです。
嫁と言っても、他人は他人なのです。

と都合よく聞こえるかもしれませんね。
主人に任せます。

子供が高校生ぐらいまで、私たちはセントルイスから両親の家まで、16時間車を運転してきたものです。
家、車のローン、保育園代、安給料でお金のなかった当時、どこへ行くのも車でした。
それも広大なアメリカ、ちょっとどこかへ行こうと思っても10時間15時間の車の運転は当たり前です。
子供が小さい時のこの手の旅行と言うのは、親(母親)にとってはまさに地獄です。
まずは用意が大変。
10時間以上狭い車にいても飽きない、喧嘩をはじめない、叫びださないよう、おもちゃやら、食べ物やら、いっぱい車に詰めて出発。
当時は、DVDプレイヤーなんて言うものがなかったし。
大抵は朝早く暗いうちに出発するので、子供たち(私も)は2,3時間は静かに寝ていますが、あたりが明るくなるにしたがって、起きだす。
一人が起きると必ず、もう一方も起こされる。
そして30分ごとに“まだ?”が始まる。
主人はそんな子供たちの面倒を見たくないから、ひたすら運転に励む。
運転と、子供の面倒、どちらが大変か経験者はわかりますよね。

もうやりたくないです。

もう12時近く。
明日は、大西洋の海岸を歩いてみよう。
でも明日も雨の予報なのでどうなるやら。

ハブグレジュンタのマミー

コメント

#417: いろいろあります。

2014-12-21 20:09:02 | アメリカ便り
娘が金曜日の夜、ミネアポリスから9時間運転して帰ってきました。
25歳になった娘でも、親にとっては子供は子供。
子供の行動、蔭ながら全部が心配です。
9時間も一人で運転してくるんだから。

先回の続きです。

オバマが、ソニーが北朝鮮の脅しに屈して、映画“インタヴュー”の放映を取りやめたことに対して“遺憾”声明をテレビで言ってました。
これに対してソニーは“ソニーが決めたのではなく、放映するはずだった映画館が中止にしたんだ”と言い返していました。
当たり前です。
“ライアビリティー”告訴花盛りの国アメリカで、映画館を爆発するみたいなことを言われたら、どんな会社だって身を引くでしょう。
喜ぶのは、ピラニアみたいに告訴のにおいをかいで、集まってくる弁護士ぐらいでしょう。
でも、オバマもおかしいです。
ソニーが放映中止を発表する前に行動を起こしていればよかったんじゃないでしょうか。
いくら大きな会社でも、一国を相手に喧嘩ができるわけないし。
だから、このハッキングが始まった段階で、すぐにでもアメリカが国として介入すべきだったのです。
他国の悪事を見過ごすことは、悪事を助長させていることと同じことです。
でも、これって、日本が中国や韓国に対して行っている政策と同じみたいですね。

理研の“小保方さんの検証実験失敗”インタービューを見ましたが、ちょっときづいたことを一言二言。
結果として、小保方さんが作ったSTAP 細胞、結局はES細胞だったようです。
検証リーダーの相沢さん、インタヴューが終わった後、再度あらわれて、自分たちが犯罪者扱いされているように感じると憤慨していました。
“科学者がこんな形で犯罪者扱いされるべきではない”とかなんとか。
これが、その考え方が理研のそもそもの間違いなのです。
理研と言うのは、年間900億近くの予算の90%を国民の税金で賄っているのです。
その税金で、理研の科学者はサイエンスを行っているのです。
理研のお金ではないのです。
科学者が実験をして失敗をするのは当たり前です。
何年も前に進まないのはしょうがないことです。
進まないから、または名声がほしいからと言って、嘘をつきそれだけではなくそれを隠そうとして責任のなすりあいのような行動ををとっている理研組織に犯罪性があるのです。
そのことを理解していない相沢さん。
やはり、理研そのものに問題があります。
小保方さんはそのような組織を社会に明らかにしたという点では良かったのでは。
900億円ですよ。
デザイナー椅子やらソファ、をこの金で使っていたんです。

今日はこの辺で。

ハブグレジュンタのマミー


コメント