退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1439: 2035年日本は無くなる

2020-07-08 11:37:10 | アメリカ便り

北海道をはじめ日本中の土地が中国人によって買い漁られています。

1995年、中国の李鵬首相(当時)がオーストラリアのキーティング首相(当時)に「日本という国は40年後にはなくなってしまうかもわからぬ」と述べたと言うから、その40年後は2035年です

その言葉を裏付けるように2019年に北海道だけでも静岡県に相当する土地を上回る土地がが中国人によって買われています。

更には今度は尖閣諸島は戦後日本に奪われた中国領土と言うことになり、中国公船は尖閣周辺をわが物顔に航行するようになった。

しかし私が何に対して一番腹が立つかと言うと、ボケの混じった81才の爺さん2Fを筆頭に国会にうごめく親中議員なのです。

大高さんが言っていたように中国の4トラップ(ハニー、マネー、サイバー、メディカルトラップ)ひっかかった国会議員、地方議員、市長、知事が日本を日本人を売っているのです。

ちなみに確認はしていませんが聞いた話では、2Fの奥さんが中国で臓器移植を行ったとのこと。

なるほど、メディカルトラップですね、2Fさんよ。

日本が無くなってそのあとにどうなるかと言うと、ウイグル人チベット人がたどっている運命を日本人もたどるのです。

政治家は中国共産党の日本略奪が成功したら、真っ先に無用のものとなり臓器提供者になりえるでしょう

そう言ったことも知らず、親中派となっている政治家は先が見えていない。

政治家はそして国民は日本だから今の自由が存在していると言うことを理解するべきである。

先日自民党の外交部会が習近平国賓来日に反対する決議書を提出したら、二階と河村がものすごい勢いで反対し、❝先人が作り上げた日中関係を台無しにする❞とかなんたら言って、この決議文に修正を入れなければならなくなったとか。

中国人に日本の領土をわが物に買い占めさせること、尖閣で中国公船が日本漁船を蹴散らさせることが先人の偉業なんですが

本当にバカでないの、この人たち❓

昔々、私はある漫画で日本人が一人残らず、鬼ヶ島の鬼退治で殺された鬼の子孫に殺されると言うのを見たことを今でもはっきり覚えています。

20年くらい前でしょうか、仕事仲間が❝サイエンティフィック・アメリカ❞と言う記事を実験中の私の目の前において、❝日本人はダイナソアだってよ❞、と言ってきたのです。

私はこの時、この鬼のことを思い出しました。

❝やっぱり、あの漫画は当っているかも❞。

今はその恐怖を確実に抱いています。

これでトランプが負けたら日本の運命も終わりと思います

日本はアメリカに頼らず、独り立ちしなければいけない

アメリカ高官が、❝先頭に立たずアメリカの影にいる日本を、いつまでも守りはしない❞、ような内容のことを言った。

当り前ですよ。

自分で自分の国を守ろうとしない国のため、アメリカが自分の若者の命を奉げるわけがない。

日本しっかりしてくれ。

在日が日本人に対してヘイトを言っても許されるが、日本人が在日にヘイトを言うとだめと言うへんてこな日本だけど、何でも言える日本の自由を守りたいんだろ。

幼稚園児が一人で電車に乗って学校に行ける安全な国を守りたいんだろ

武漢ウイルス感染のまっさ中でも最高の医療を安い治療費で受けられる国を守りたいんだろ

どの国も信頼する高い水準の技術を持っている日本を守りたいだろ

先日紹介したけど、これだけ広く知れ渡ったと思っていた中国共産党によるウイグル人に対する迫害なんだけど、未だ知らない人がいたと言うことは私にとってショックでした。

こういった人たちって、洞窟で生活しているわけではないでしょうが。

知ると言う権利を放棄しているとしか思えない。

だから、マスゴミの捏造、偏向報道にも疑問を持たないでいる。

知る権利を駆使せず、疑問を持たないでいる日本人の先は見えています

ハブグレジュンタのマミー

 

コメント (4)

#1438:

2020-07-06 21:31:38 | アメリカ便り

娘の帰郷で多忙の日々を送りましたが、今朝またまた9時間の運転をし帰っていきました。

娘のいない人には悪いですが、やっぱり娘はいいです。

10月に2週間の休みがあるそうなので、その時また帰って来るそうです。

でもその前に来年4月の結婚式に向けてウエディングドレスを選ばなくてはいけないので、私(花嫁の母)とピッツバーグに行って一緒に探すそうです。

これも私が知らなかったアメリカのしきたりだそうです。

息子の婚約者も先日これをやって、無事ドレスを選んできたそうです。

何でもオーダーしてから5,6か月かかるそうです。

東京都知事選が終わりました。何の公約も果たさなかったケロンパ小池さんが再び選ばれたそうです。

誰かの動画で、❝変動を望まない人は何もしない人を選ぶが、闘争を望む人は極左極右を選ぶ❞とのこと。

当り前の考えですが。

昨今の中国問題、武漢ウイルス問題、朝鮮問題を考えると、東京人はこれ以上の変動は受け入れることができない。

とそこまで考えている人はまだいいかも、私が考えるに平和ボケ東京人(日本人)は、❝良いんでないの~❞的浅はかさで選んだと思います。

が、悲しいことに他に誰がいますか?!

山本太郎、宇都宮、立花は絶対嫌だし、小野さんさんは良いけどなんかまだ弱弱しい感じがしたし。

私は桜井さんになってほしかったのですが。

でもメディアの桜井さん無視は徹底していましたね。

開票結果の時でさえ、桜井さんの顔写真だけは見せていませんでした。

これって問題にならないんでしょうか?

私が桜井さんが良いと思うのは徹底して日本、日本人を一番に考えてくれそうだから。

少なくとも桜井さんだったら、東京都民のための防護服、マスクを都民が必要としている時に、二階に頼まれたからと言ってホイホイ中国に送ったりしないだろう。

桜井さん、まだ在特会の悪いイメージを背負っているし、今回も虎ノ門ニュースでのトラブルがありました。

日本日本人一番と言う考えを保持しながら、もう少し丸みを持ったらいいのではないかと思います。

さてアメリカ大統領選、ラッパーのカニエ・ウイエストさんが加わるとのこと。

これできっとバイデンへの票がウエストさんへ流れると思います。

と言うことはトランプにはいい知らせと、政治ど素人の私は思いますが。

私がトランプさんを推す一番の理由は、とにかく今、中国をつぶさなくてはいけないから、そして中国に強い姿勢でいられるのはトランプさんしかいないからです。

バイデンになんてなったら、またオバマの時みたいに中国寄り政策が始まります。

更にあの調子じゃ現在78才のバイデン、一期さえも務まらないのでは。

あのおじさん、ちょっと???、危ういです。

先週末は日本は天皇誕生日、アメリカは独立記念日で祝日でした。

アメリカの独立記念日では毎年あちらこちらで大きな催し物があるのですが、今年は武漢ウイルスのため中止となったところがたくさん。

恒例の花火大会も中止。

その分、個人家庭での花火打ち上げが多かったようです。

私の通りでもあちらこちらの近所で花火を打ち上げていました。

と言うことで、ジュンちゃん、キキちゃんは震えあがっていました。

花火大会が中止となった分、拳銃発砲があちらこちらで起き、シカゴではなんと89件の拳銃発砲が起こり17人が殺されたそうです。

ニューヨークも77件の発砲事件が起き14人がなくなったそうです。

その他、多くの都市でも同様な発砲事件があり多くの人が殺されました。

こんな状況下で、警察解体、予算削減を叫んでいる人達、何考えているの❓❕

過信しているんじゃないですか?、

でもこういったガンヴァイオレンスはほとんどが黒人街で起きているのです。

つまり黒人が黒人を殺している場合がほとんどなのです。

BLM運動は黒人に向かって叫んだ方が良いと思います。

プレーリーの写真

 

 

ハブグレジュンタのマミー

コメント (4)

#1437:

2020-07-03 08:31:52 | アメリカ便り

おはようございます。

先週木曜日に娘が帰ってきて以来、毎日忙しい、でも楽しい日々を送っています。

昨日は、先日娘が欲しかったけど高かったので買わないでいたショルダーバッグが、やはりほしいと言うことでまた戻って買ってきました。

私と違ってお金をあまり使わない娘は、店へ行く車の中でもまだ考えている、買おうか買わないかと。

私は主人に電話して、❝娘の誕生日のプレゼントまだ大したものあげていないから、欲しがっているショルダーバッグを買ってあげてもいいでしょ?❞。

ぐちぐち言っている主人が、❝そうだな~、まだ大したものあげていないな~❞、と言うのを聞くや否や、心変わりしないうちに電話を切りました。

めでたく娘にバッグを買ってあげました。

娘と主人は金に関しては用心深い。

その反対に私は❝金は天下の周り物。宵越しの金は持たない❞的使いっぷり。

これは親父から見事に引き継いだ遺伝子によると思いますが。

かといって、お金がなくても借金をしてまで飲み歩いていた親父と違い、私は金がなかったら使いません。

だから借金はありません。

息子は極まともな使い方をします。

さて、シアトルにできたCHOPだか何だかの、コミューンに警官が入り開放しました。

このコミューンでは二人が殺され、その他略奪、喧嘩、暴行、ショバ代要求などの無秩序社会と化す現象が起きていました。

当り前のことです、拳銃4億丁が出回り、殺人年間17000件を含んだ凶悪犯罪が年間130万件起きるアメリカ社会で、警察無用なんて言うこと自体が自信過剰なんですよ。

もう何回も書いていますが、私はアメリカでは一般的に警官でさえも過剰に信用しないことにしています。

勿論大変信用できる良い警察もいるのですが、今まで警官に世話になったことは速度違反で4回つかまった時と(そのうち2回は泣き言を言って見逃してもらいました)、車にカギを入れたままロックをした時、駐車場でカチンした時ぐらいです。

車にロックアウトした時は、警官が窓ガラスを壊しそうな勢いで❝頭脳なし的ガチャガチャ❞をやり始めたので、❝もう壊れるからやめてくれ❞と言って引き取ってもらいました。

このガチャガチャをやる前に、ちゃんと誓約書にサインをするんですよ、❝警官は壊しても責任は取らないけど良いか?❞、と言う書類に。

カチン、の時は我が町の暇な警察はサイレン慣らして5台もやってきました。

おまけに消防車2台と、救急車が1台もやって来ました。

いくら、35年住んでいて殺人が起きたのは2,3件と言う警官にとっては暇な街でしょうが、これはないでしょう、パトカー5台、救急車1台、消防車2台なんと、おまけにサイレンを鳴らしてくるとは。

ぶつけた相手(とろそうな中年男)に、❝あんた何番に電話したんだ❞、と聞くと。日本の110番にあたる119番に電話したとのこと。

バカか、なんで緊急じゃないことに119番通報したんだ。

ひまな警官たちはこぞってやって来るのに決まっているだろうに。

警官たちは大したことないとわかっても、すぐに引き返さないで今度は世間話を始めていた。

サイレンの音で、やじ馬が集まって来るし、そしたら今度は道路から腕を振り上げ、髪を振り乱した中年女が裸足で走ってやってきた。

どこからどうやってきたかわからないが、その中年男のそばにくると怒鳴り始めた。

❝私がいない時になんてことした❞、てな感じだったと思う。

とろこい中年男は黙って女にたたかれていました。

どうやら、この男と女は離婚協議中の夫婦で、トロイ中年男が一人息子と車に乗っていたところを私がカチンとしたようです。

それで中年女が子供のことを心配したようです。

私がこの時思っていたことは、❝え~、これでこの中年女が心臓発作か脳卒中で倒れたたら、私の責任になるのかな~?、そしたら、告訴されて賠償金を払わなくちゃいけなくなるのかな~?❞と言うことでした

雨が降っていたと言うことで車がスリップしブレーキが利かなくなったと言うことで、違反切符ももらいませんでした。

アメリカと言うところは、このように警官が暇で暇でしょうがないところもあれば、常に殺される覚悟で現場に向かわなくてはいけないような場所があるのです

そしてその両極端がセントルイスの様に一つの町に同時に’存在するのです

そして、その警官が殺される覚悟で現場にむかわなくてはいけない場所と言うのはほぼ100%黒人街です

これは黒人たちが無視しようとするけど事実なんです。

それは差別ではない現実なんです。

そして警官が常に拳銃を使わなくてはいけないかもしれないと言う区別をして仕事に接しているのです。

 

害リスの写真です。

鳥の餌を狙っています。

人間様を威嚇しているリス

目の前でくつろいでいます。

ハブグレジュンタのマミー

 

 

コメント (3)

#1437:言いたいこと、アメリカ人の馬鹿さ加減を見せる動画発見、尖閣その他

2020-07-01 09:15:10 | アメリカ便り

一昨日の朝方、43年アメリカに住んでいて、Top3に入るぐらいの激しい雷が鳴り家も振動。

その中で娘は何も気づかず熟睡。

あ~、私も若い頃はこうだった。

その前日は遥か海の向こうのサハラ砂漠から、砂嵐がここアメリカ中西部までやってきて、陽が沈むときには空が赤く染まりました。

中国では洪水が続いているし、更にはヒトからヒトに感染する可能性がある新型豚インフルエンザウイルスも見つかったとのこと。

武漢ウイルス、大気大地汚染、大量ゴミ、その他多くの人工災害を生み出している中国、更には今回の80年ぶりの大洪水、世界最大の三峡ダム崩壊に直面しています。

習近平さんよ、領土拡大、世界的支配なんて淡い夢を持たずに中国国民のための政治をそろそろ始めなければいけないんでない!?

じゃないと、噂されている失脚が間近だよ。

先日見た日本の動画で、アメリカ議会が❝尖閣は中国の領土ではない❞と可決したそうですが、ここで問題なのは❝尖閣は日本の領土❞とも明らかにしていなかったとのこと

これは台湾も尖閣所有を主張しているため、単にアメリカが台湾の感情を逆なでしたくないからとのこと。

でも台湾は尖閣が日本の領土であることはある程度認めているので、そのために日本と争うことはないだろうとも言ってました。

しかし、あるアメリカ高官が、❝アメリカは日本が先頭、または一緒になって戦うのなら援助するが、アメリカの後ろにいる限り、つまりアメリカにだけに戦わせるつもりならは援助しないだろう❞、と言ったそうな。

ごく当たり前なことです。

私が心配することは、この数か月尖閣諸島の領海を堂々と行ったり来たり、横切ったり、日本の漁船を追い散らしたりしている中共に対して日本は海保を出して中国公船に平行に走るだけ、と言う実に情けない行動をとるだけ。

中共に舐められるのもしかないです。

日本の領地は盛んに買い漁られるし。

4つの中共トラップに罹った親中派の議員たちに聞きたい、日本が中共に属する国となってほしいのですか❓

今の自由な日本は無くなるんですよ。

まったく何考えているんだか、先が読めない馬鹿な親中派議員、そしてそれに対して何もしない一般議員。

何年、何もしないでいるんですか❓

さて話はガラッと変わって今朝、武漢ウイルスさなかアメリカ人のバカさ加減を表す動画を見つけたので紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=YiYdsX0yzQU&t=613s

私がいままで❝アメリカ人は馬鹿❞と何度も皆さんに伝えていますが、❝そんな馬鹿な❓‼❞と思っている人たち、これを見ると納得すると思います。

アメリカ経済はトップ1%の人で支えられていると言われるぐらい、アメリカ社会は差が激しい

教育面でもその通り

引き算ができない人がいる、字が書けない人がいるのが世界をリードしているアメリカなのです

私がアメリカに最初に来た時(43年前)、❝お釣りで苦労しました❞。

アメリカ人って引き算が頭の中でできないのです

お店で買い物をしてお釣りをくれる時、日本人だったら頭の中で引き算をしてくれますが、アメリカではほぼ100%足し算をするんですよ。

例えば1ドル出して63セントの物を買うとする。そうすると店員はまず2セントをくれて65セントとする。

次にニッケル(5セント)をくれて70セントとする。

それからダイム(10セント)を3枚くれて、めでたく1ドルとなる。

たまに頭のいい店員だとクオーター(25セント)とニッケル(5セント)をくれて1ドルとします。

今はレジ機械ですべて計算してくれるので、そういったことは無くなりましたが。

1ドルから63セントを引くと37セントと言うことが、日本人だったら光の速さで計算できますが、アメリカ人はできないのですよ。

それだけ馬鹿なんです、と言うか教育がなされていない。

日本人じゃ考えられないくらいのバカがいます。

こう言った背景が今のBLM運動の基礎となり、今のバカげた激怒を増した広がりとなっていると思う

別に黒人が殺されたことだけが問題ではではないのです。

教育がちゃんとされていないから常識がないのです

知的とまでは言わないにしても(そこまでアメリカ人に要求はしていません)、ある程度常識を使ってほしいのですがその日本人が思う常識が多くのアメリカ人にはない。

キリスト像を黒く塗れとか、町の名前を変えろとか、はっきり言わなくても馬鹿です。

私の知り合いで、同じ会社でしばらく働いていた人がいます。

2,3年たってアメリカのある大学に教授として引き抜かれましたが、結局は計10年で日本に帰っていきました。

どうしてですか?と聞くと、❝10年が良いところ❞。

最初の10年はアメリカの良いところばかりが見えますが、それ以後はアメリカの現実が見えてくるのです。

ハブグレジュンタのマミー

 

 

コメント (8)

#1436: 親父の回顧録

2020-06-29 17:36:34 | アメリカ便り

娘との買い物は楽しいですね。

こういう時も娘がいてよかったと感じます。

オとかアとかゴリラ語しか話さない息子、と言うかたいていの男の子はあまり話さないようですが、ばかりだったらどうしよ、です。

やはり女の子は良い。

さて今日は続きの親父の話にしましょうか。

おっとその前に。

BMLデモがすっかり何のためのデモか分からなくなってきた今日この頃ですが、先日主人が、❝セントルイスの名前も変えろと言ってるぞ❞、と言っていました。

更には、私の見たニュースではキリストさんは白豪主義だからとかなんとか言って、❝黒く塗っちゃえ❞、と騒いでいます。

リミットを知らないと言うか調子に乗り過ぎたと言うか。

私がいつも言っているように、アメリカ人はやはり賢くなく乗せられやすいのです。

ちなみにこの馬鹿さ加減は黒人に関して言えばなおさら感じることです。

ここまで要求してくると、今までなんとなく同調していた人たちでさえ見限るでしょう。

BMLデモ、今は反トランプ民主党にオイショされたバカ者たち、反社会、国内外テロ組織のただの暴動と化しています。

さて親父です。

兎に角、一般的アル中と同様、常に❝いかに酒にありつけるか❞と言うことに精神を集中していました。

用事を作って飲みに行くんです。

銭湯に行くと言って洗面道具を番台においてそのまま飲みに行く。

犬の散歩と言って犬を電柱につないで飲みに行く。 

母が小さい私と一緒だったらまさか飲みに行くまいと思って、私を親父のお供につけてもそのまま飲み屋に直行。

一度は最終バスに間に合わず、夜中に何キロも二人で歩いてきたこともありましたっけ。

自分の兄貴が白血病で死んだときでさえ、見事に酔っぱらいました。

良くこんなのが警官になれた、と思いましたが当時は戦後のどさくさでエイゴがちょっとできると言うことで、進駐軍相手として雇われたようです。

でもこんなオヤジでも私が誇れる時がありました。

剣道をしている時です。

実力はある人で数々の大会で’優勝しましたが、優勝祝いの席では優勝したことが台無しになてしまうぐらい酔っぱらう。

この人から酒をとったら、ひょっとしてすごく立派な人になれるだろうに、とも一瞬思いもしたけど、いやダメだ。

この人の欠点は酒だけではない。

タバコは10代から始めて50代までは一日2箱近いヘビースモーカー。

大酒のみ、ヘビースモーカー、上顎癌、大腸癌、脳卒中、心筋梗塞等々数々の病気をしたけど、結局死んだのは84才で誤飲性の肺炎のためでした。

まーよく生きましたよ、厳寒の北海道の寒さの中、道端で倒れて凍死してもいいようなアル中が、死にもせず84才まで生きたんだから。

亡くなる3か月ぐらい前ですか、その時は毎日アメリカから電話していたのですが、母曰く❝お父さんちょっとおかしいふらついているんだから❞と。

私は即ケアーマネージャーに電話して、家に行ってもらいました。

そしたら、ケアマネ―が即救急車を呼んだそうです。

脱水に高熱、肺炎にかかっていたそうです。

母はもうこの時期には少しボケも入っていましたが、もともとが家にいるのが好きでない性格だったため、親父を置いてあちらこちらに出かけていました。

だから親父がこのような状態でもたいして気にはしていなかった。

しょうがないことです、自業自得なんで。

私もそのあと1か月ぐらいして帰りましたが、まずそうな病院食に母が持ってくるのは梅干しとせいぜいつくだ煮ぐらいと言う食事が非常に哀れに感じました。

私がいる時には少しはおいしいものを食べさせましたが、特に石狩鍋を作って持っていった時、誤飲に気をつけなければいけない親父がそれを息もつかずに口にかき込んでいました。

母は本当に家事がまるでダメな人でした。

続きは次回です。

娘のために夕食を作らなければいけないので。

昨日はシメサバに揚げ出し豆腐。

今日はバーベキューリブです。

タダの鳥

ドカタ作業中の主人、気温35度ですよ。

自家栽培のキュウリ

蛾です。

ハブグレジュンタのマミー

 

コメント (3)