退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1322: エイゴトラフィッキング(?)と宗教

2019-12-05 19:26:00 | アメリカ便り

昨日は2時間2杯2アッペぺタイザーのハッピーアワー。
べヴの3匹いる猫のうち、片目で保護された黒猫ジャックのもう一方の目もダメになり、完全に盲目となったそうです。
我が家ではキキちゃんのやきもち焼きがひどいですね。
私がジュンちゃんを見ただけで、間に入ってきます。
ジュンちゃんを触ろうものなら、寝転んだりジュンちゃんに乗っかったりと体を張って阻止します。
トランプ大嫌いの民主党員、ジュディーとロビン、トランプが大統領になって以来、ハッピーアワー時には絶対トランプの悪口が出るけど、この2,3回の聞きませんね。
今までトランプをぼろくそに言っていたのに。
それだけ、昨今の民主党の大統領弾劾がばかげているのだと、私は勝手に受け取っていますが。
今回の弾劾、証人喚問でも確たる証拠も出てこない。
来年の大統領選ばかりでなく、コングレス選での票集めのためにやっていると日本の評論家が言ってました。

私は最初はジュディー達の影響でトランプは好きではなかったですが、この1年ほどは‟良いじゃん”なのです、と言ってもジュディー達には言ってませんが。
ジュディーとロビンと弁論大会やっても絶対言い負かされるだけだから。

かっこばかりのオバマと違って、トランプは有言実行です。
何よりもオバマ政権で野放しにされていた対中国策。
良いですね、もっともっとやってほしい。

イチローが日本の野党とメディアは醜いと言ったそうですが、アメリカもやっていることは同じです。
少しアメリカ議員たちのほうが程度が高いけど。
本当に日本の野党は知能の遅れがひどい、そしてそれに混ざって二階さんみたいなコウモリ自民党議員もいるし。
‟あんたたち何のために議員になったの?”
こういうのばかりだから、議員数半数にしろ!!と言っているのです。

バカを100人集めても馬鹿ですから。

昨日のブログ、きっと文句が来るだろうと思って書いたけど来ませんでした。
私のブログの読者は大体同じようなことを考えているんだな~、私ってそれほど変なことを書いていないんだね、と安心。

さて、これから別なことを書き始めると長くなるので、今日ははしりだけ。
後は次回のお楽しみ(?)と言うことに。

時は1977年、6月。
場所はイリノイ州の片田舎。
北海道育ちの私が23歳で住み始めた大学付属のドーム(寮)。
来るときに乗ったパンアメリカンの飛行機内で、ビールを頼んだのにミルクが来たというぐらいひどい英語を少しはましにするため、そして大学入試に受かるため通いだした英語学校で、引っかかったんですよ。
白人のおばあちゃんと呼んだ方が良いぐらいの年寄りに。
❓❓❓でしょうね。
アメリカの学校には当時の私の様に素直な純情な外人のカモを、‟英語の勉強になるわよ”と、言葉がわからない外人にとっては‟蜜の言葉”を使って教会におびき出す人たちが(絶対?)いるんです。
セックストラフィッキングならず、エイゴトラフィッキングとでも言いましょうか。
私の場合はバプティスト教でした。

to be continued...

次回をお楽しみに。

ハブグレジュンタのマミー

 

コメント

#1321: ローマ法王(教皇?どっちでもいいけど)、ユーは何しに日本へ?!

2019-12-04 22:21:25 | アメリカ便り

ある方のブログでアフガニスタンでご活躍中だった中村医師が銃弾によって亡くなったことを知りました。
先ほど見たNHKワールドと言う日本からのニュースでもこの話をしていました。
この方のドキュメンタリーを秋に日本に帰った時にちょうど見たところでした。
私利私欲を顧みない中村医師の汗にまみれた活躍を見て、私の生きざまが恥ずかしい気がしました。
アフガニスタンの干ばつ地を、川から水を引くことによって穀倉地に変え、住人が収入を得る手段を確立したりと、同じ日本人として大変誇りに思います。
ご冥福をお祈りいたします。

日本のカソリックの占める割合は0.3%でクリスチャンのそれは1.1%程度だそうです。

と言うことで、日本の人口に対するクリスチャン/カソリックの数は非常に非常にマイナーです。
そんな国になぜ法王がお越しになられたのかわかりませんね。

それも大嘗祭等の忙しい行事がようやく終わった時期に。

核兵器禁止を訴えるため?
どうして核を持たない国で核兵器禁止を訴えるのかわかりませんね。
核兵器を持っている国、中国、北朝鮮、ロシア、インド、アメリカ等々、ほかにたくさんあるでしょう、そういった国で核兵器反対を訴えてほしい。
それに、アメリカの核で守られている日本(そのことがわからない日本人がたくさんいますが)に向かって、こういったことを言われても、、、
法王が本当に人々のWell-beingを望んでいるなら、平和な国日本に来て戦争反対核兵器反対を唱えるなんて野暮なことはせず、中国に行って、ウイグル人、チベット人のための人権保護、臓器狩阻止を訴えてほしい。 
天皇陛下と対談するより、習近平と対談してほしい。

更に私が”❓❓❓”と思ったことは法王と天皇陛下の会談の時、法王が天皇陛下に言った言葉、‟日本の人たちに心を込めて寄り添っていただいていることに感謝します”。
これって、目上からのたまっている言葉じゃないですか?

どうして天皇陛下が法王から感謝されなければいけないのですか?
私/ほぼすべての日本人は、法王とは何も関係がない、だから私/国民のことで天皇陛下に感謝なんかしてほしくない。

天皇陛下のお仕事は日本国民のWell-being を祈ることなのですよ、そんな上から目線でかんしゃなんかしないでください。

地べたで国民と一緒に汗水流して、自分の命も顧みずアフガニスタンの人たちのために生き、そして死んでいった中村医師のような人もいる。
法王の様に関係ない国に行って関係ない演説をし、その国の神たる天皇陛下に対し上から目線で感謝を述べる人もいる。

私自身宗教は持たないから法王に対して、カソリックの人たちが聞いたらびっくりするようなことが言えるのだろうけど、宗教あるなし、カソリックかどうかは関係なく、やはり変なことは変なのである、と私は思う。

でもこれはすべて私の考えですから。

ハブグレジュンタのマミー

 

 



コメント (6)

#1320: Mom and Dadとshort sharp war

2019-12-03 21:23:22 | アメリカ便り

Mom and Dadと書いたので何かな❓‼と思ったでしょうね。
と言うのも、今日は絶望感にさいなまれているので、主人が見つけたキキちゃんのママとパパの写真だけも載せようかと思ったからです。

私は今朝ほど、危機感の薄いというかまるっきりない、日本の未来を心配したことはありません。
ジュンちゃんキキちゃんの朝の散歩中に、虎ノ門ニュース(12/3)百田尚樹氏(作家)と江崎道朗氏(安全保障・ インテリジェンス・近現代史研究)の会談を聞いていたら、”もう日本あかんわ”とつくづく感じたのです。
百田氏はもうおなじみですが、江崎さんは初めて知った方です。
散歩が終わってもずーと聞き入っていましたが、実に暗い。
アメリカでさえも中国の戦力には勝てないと言ってました。
と言うのも、一つの理由としてオバマが製造業をアメリカからなくしたからであり、今のアメリカ、中国の軍備に追いつこうにも潜水艦を作るにしても材料のスチールがないそうです。

だから中国、日本から輸入をしなくてはいけないという、大国にしてはあるまじき状態だそうです。
おもしろいことに、先日私が‟アメリカは白黒しかない”、と書きましたが、この方達は、‟アメリカは良いか悪いしかない国”と表現していました。
つまり私流の解釈では‟アメリカ人は単純である”、と言う様に置き換えることができると思います。
これは別に何かを読んだり聞いたりして知ったことではなくて、43年間のアメリカ生活を通して身をもって知ったことです。
江崎さん、日本の潜水艦は演習で年間何発の大砲を撃ってるか知ってますか?
模擬弾1発。
実弾ではないのですよ、模擬弾模擬弾です。
日米演習では実弾を使うそうですが。
かわいそうですよ全く、日本の自衛隊が。
桜やらシュレッターとか幼稚園児みたいなことをやってるような議員、与党も野党も入れて議員数を半分にしてほしい。

そしてその分お金を防衛費に回してほしいですよ、まったく。

中国ロシア北朝鮮、特に中国は脅威です。
もう韓国は自滅するだろうからうっちゃってほしい、そして日韓会談なんて無意味なものもうやめてほしい。
何を決めても、無効にする国、どうして信じられるのですか、会談するだけ無駄でしょう。
このままでは日本海が中国に取られるのも時間の問題なのでは。

中国はShort Sharp War (短期・高強度戦法)で日本、台湾領土を攻めてくるとも江崎氏は言ってました。
つまり、本土に上陸してくる訓練を行っているそうな。

もう知らんわ、ですよ。

空では去年1年間で自衛隊機が999回の緊急発進をしたと伝えられている。

空からも海からもハイエナは狙っている、裸のサルたちが住む楽園を。

キキちゃんジュンちゃんを見て平和に浸ってよ。

キキちゃんのパパ

キキちゃんのママ

キキちゃん

こう見るとキキちゃんはママにそっくり。

そのキキちゃんは私の隣で、舌を出して足をぴくぴくさせて寝ています。

癒される、まったく。

ハブグレジュンタのマミー

 

 

コメント

#1319:香港人権民主主義法案

2019-12-02 11:58:37 | アメリカ便り

水曜日からサンクスギビング休暇で来ていた娘、昨日の朝、また9時間運転して帰っていきました。
あちらこちらで、荒れた天候だったので心配でしたが、雨と強風だけだったそうです。
雪が降らなくてよかった。
サンクスギビングの次の日はブラックフライデーと言って、‟アメリカ国民がショッピングに狂う日”と先日書きましたが、私と、娘、息子、息子のガールフレンドもアメリカ国民と化してしまいました。
ブラックフライデーはクリスマスショッピングの幕開けと言われていて、‟買い物しなくちゃだめだよ”とみんなが暗示にかけられてしまうのです。
と言うことで、私と娘は9時15分にモールに着き、息子とガールフレンドと合流し、4件ほど(Sachs, Columbia, Eddie Bauer, Etc.)回りました。
娘は厚いジャケットが欲しいと言ってたけど、まだ高かったのでクリスマスの後にしてもらい、息子はどうしても厚いジャケットが欲しいということで高かった(私から見たら)けど買ってしまいました。
”これで、クリスマスプレゼントは終わり”と言うことで。
私は何も買わず、ガールフレンドはジム用の服を買ったそうです。
2時間ぐらいいて帰るときには、あの広い駐車場で駐車場所を探すためにうろうろしている車がたくさん。私たちが出る時、もう2,3台が空いた場所を狙っていました。
いつものブラックフライデーのモールでの風景でした。

今日月曜日はサイバーマンデーです。
お店に行ってショッピングしないで、ネットでショッピングをする日です。
おうちゃくものには最適です。

さて、アメリカ議会で香港人権民主主義法案が全会一致で可決したそうです。
もし人権弾圧が見られればアメリカは中国に対して制裁を加えるとのこと。

こういうところはアメリカらしいです。
つまり白黒しかない社会。

でも一人だけ、ケンタッキー議員が反対票を入れたともききました。
内政干渉だということで。
内政干渉Vs.人権弾圧阻止。
これはよく考えれば難しい問題です。
中国のような国に対して、こういった法案を立てることは私としては大賛成、国にかかわらず、どしどし中国のウルグアイ人、チベット人に対する人権弾圧を制圧してほしいですが、でもこれって本当は‟国連”と言った国際機関が果たす役割ではないのですか?

と言っても私は現在の偏った国連の存在自体が無意味と思っているので、アメリカが国連にとって代わって動いた感じがします。
でも、常識で考えればアメリカのような一つの国がやる役割ではない気がします。

それこそ内政干渉と言われても言い返せない。
例えば、1960年代の黒人差別反対運動する前のアメリカを見ると、黒人に対する差別はひどかった。
そこで、どこかの国がアメリカに対して‟黒人人権民主主義法案”をおったてて、アメリカに対する制裁が執行可能になったらどうでしょうか。

または、ある国が、例えば隣国2か国、イギリスなんかが思いつくけど(国連も仲間になるでしょう)、日本に住む反日在日に対する人権が守られていないとクレームをつけてきて、これまた”(反日)在日人権民主主義法案”なんか成立したらどうなるでしょうか。
私は今回のアメリカの香港人権民主主義法案が引き金となり、あちらこちらでこういったことが起こりかねないと思います。

それこそ、あちらこちらで内政干渉に近い、人権民主主義法案が発生してきます。

国同士が、お互いの国、その国民を思いやる気持ちは大事です。
思いやりと内政干渉、難しい。

香港では今度は中学生高校生がデモを始めたそうです。
15,6歳の子供ですよ。

遺書を書いて大学に立てこもった学生も尊敬しますが、この中学生高校生にも感心させられます。

この子たちは未来を見据えて戦っているのです。

日本の学生とは全く違うね。
平和とはそれを維持することを考えさせずに、ただ人間を骨なしにするだけなのかしら。

ハブグレジュンタのマミー

 

 



コメント