退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1357:5年ぶりに飾りました。

2020-02-25 17:25:01 | アメリカ便り

今日は一日中曇り時々小雨の天気。

どんよりとした世界社会を反映しているような感じ。

ジュンちゃんキキちゃんの散歩中に聞いていた百田さんのコメント、2050年には日本は中国の属国となる。

だんだん真実となりそうな勢いで日本は衰退していっている感じがします。

どうしてそれが政府行政にはわからないのか。

本当に中国の土地の買い占めはすごい勢いです。

政府はどうしようとしているのか?

日本にどうなってほしいの?

まるっきりわからない。

相変わらずコロナに対しても土地買収に関しても危機感はまるっきりなし。

私はアメリカに住んでいる身だし子供たちもみんなこちら、このまま第3者的に日本の将来を見つめていくことはできますよ。

もう日本に住んでいる身近な家族と言えば先が見えない兄だけだし。

でも43年年間アメリカに住んでいても日本国籍を捨てないのは、日本が恋しいから。

その日本が将来、私が死んだ後に中国の属国となるとは考えたくもないけど、実現する気がしますね。

日本は一体どうなったんでしょうか。

やはり安倍首相ばかりではなく優れたリーダー、政治家がいないということは、国民は不幸を背負うことになるだけなんでしょうか。

 

と言う暗い気持ちの中で、今日は5年ぶりぐらいでお雛様を飾りました。

娘が高校ぐらいまでは毎年飾っていたんですが。

私の母が娘が生まれた1989年に郵便小包で送ってきたものです。

モルモット、グレーシー、ハブちゃん、ジュンちゃん、と様々な同居者にかじられ、だんだん部品が少なくなったり、かじられた跡があったりしていますが、やはり日本の伝統文化は良いものです。

継承すべきものです。

ちなみに目の前で、キキちゃんが烏帽子を口の中に入れてくちゃくちゃやっていました。

手を口の中に突っ込んで取り出したけど、、、

また一つ部品がだめになった。

このお雛様もいずれは娘の所に行くでしょうが、5年に一回でも飾ってくれればいいですが。

私が小さい時は、父曰く、‟誰もが貧しい時だった”。

まるで、自分の大酒のみのせいで給料もろくに家に入れなかったから、とは言いませんでした。

だから母が毎年一段づつそろえていきました。

台はどういうわけか買わなかったため、タンスの引き出しを引き出して台の代わりにしました。

先日実家の押し入れを整理していた時に箱に入ってありました。

もう何十年も箱にしまわれたまま。

でも今考えると、このお雛様、家が火事になった時どうやって生き延びたんだろうか。

かわいそうですが、今度帰った時にでも虫干しをしたいと思います。

ハブグレジュンタのマミー

コメント (2)

#1356: ヒーローは作られる

2020-02-24 15:41:02 | アメリカ便り

コロナ感染者、ますます多くなっています。

それでも安倍首相は日本の鎖国をやろうとしない。

どうしてここまで意地を張っているのでしょうか。

まるっきり理解不能。

先日、全身がんのための手術を終えたばかりの高須医院長が、中国人入国禁止を求めた署名を提出しても良いかどうか政府に尋ねたところ、‟倒政につながるようなことは受け付けられぬ”と冷たくあしらわれてそうです。

そりゃー、モリカケ、更にはこういう日本の世界的地位を失いかねないコロナウイルスの真っ最中で‟桜、桜”で党の質問時間の100%を使っている立憲民主党なんてあほな等を相手に、‟もうやってられない、どうなってもいい”と言う気落ちになるのもわかりますよ。

と言うか、安倍首相がいつそういう気持ちを持つか心配でならなかった私は、コロナ対策で意固地になって、高須医院長やその他有識者たちの意見をまったく聞こうとしない安倍首相に対し、”ついに切れた”

と思いました。

その他2Fのような古だぬきも相手にしなくてはいけなかっただろうし。

でもそういったあほ相手はやめて、国民のことだけを考えるべきです。

私は安倍首相はそれをできる人だと思っていました。

今は、もう思っていません。

安倍首相は終わったと思います。

と言っても次期首相(石破鹿、小泉)と言われている人を見ても、‟こりゃ、だめだ”。

アメリカと一緒だよ。

今のところサンダースが民主党から大統領選に選ばれる確実が高くなっているようです。

私はサンダースもポカハンタ、いやウオーレンも好きではありません。

器ではないからです。

オバマの時代まで、選挙権はなかったものの民主党支持者でしたが、今はもう支持していません。

かといってトランプを支持しているかと言うと、‟それしかないでしょう”、と言う感じの支持者です。

今の安倍首相支持と同じで、’他に良いのがいないから”。

安倍首相が中国寄りになる前までは100%安倍首相支持でしたが。

安倍首相は変わった、そして終わった。

クリントンの時もオバマの時も、名もない地方の政治家が大統領候補となり大統領となる。

正に、‟ヒーローは作り上げられて行く”、のがアメリカの大統領選、いやアメリカ社会と思います。

大統領と言ったって自分で政策を決めるというより、回りを相談役やら専門家で固め、その人たちの意見を取り入れて政治をすると言った感じがアメリカの大統領とおもいます。

トランプの場合、その取り入れ方がワンマンに走り気味ですが、

更にはそういった相談役屋良専門家を気分次第でしばしば入れ替えていますが。

以前聞いたことがありますが、‟大統領にはストレスがない、回りがストレスになるだけだ”と。

アメリカは多分トランプがまた勝つでしょう。

日本はどうなるかまるっきりわかりません。

ハブグレジュンタのマミー

 

 

コメント (2)

#1355:

2020-02-23 17:30:56 | アメリカ便り

最近の日課はまずヤフージャパンで新規コロナ感染者の情報を得ることで始まります。

そして毎日見るのは、”新たに、、、”ばかりです。

そしてついに、渡航要注意国の一員となってしまった。

アメリカは日本を渡航注意国レベル2に引き上げたそうです。

私が恐れていた、‟アメリカに入国できない”状況となるのもまじかかも。

しかしアメリカももうすでにインフルエンザ感染者が2千4百万人、死亡者1万4千人なんていうひどい数字を出していますが。

コロナウイルス対インフルエンザウイルス、感染者と死亡者で言えばインフルエンザのほうが恐ろしい数字を出していますが。

やはり‟未知”に対する恐怖が数字が表す恐怖より大きいとなるのでしょう。

日本人が開発したRNA依存性RNAポリメラーゼ阻害剤、アビガン、が先日から使われ始めたそうですが効果への期待は大きいです。

アビガンは細胞内でのRNA ウイルス遺伝子の複製を阻止することでウイルスの増殖を防ぐそうで、既存薬に耐性を持ったウイルスが蔓延した場合でも効果が破棄できるそうです。

妊婦が使用した場合は奇形児を生む可能性が高いそうなので、妊婦へのこの薬の使用は禁止だそうです。

この薬は2014年に富士化学が製造販売承認を獲得しましたが、RNAウイルス、インフルエンザ感染の最後の砦的薬として厚生労働大臣の要請を受けて製造を開始するという特別な薬です。

最も今の段階で‟最後の砦”と言われていますが、毎日進歩している科学、この先も新しい薬は見つかるでしょう。

と、私は信じています。

海外からダイヤモンド プリンセス号に対する日本の対応がいろいろ非難されています。

昨晩は例の神戸大学教授、船内でいろいろ支持し始め、混乱を招いたということで2時間もしないで追い出された人、がCBSのニュースに出ていました。

ユーチューブで行ってたのと同じようなことを言っていました。

こういう人の言うことを海外に住む人は(最初の私も入れて)丸呑みするのでしょうが。

後から来てぐちゃぐちゃ文句を言うのは簡単なことです。

アメリカが所有し、イギリスの会社が運営するクルーズ船と言う、日本がまるっきり関与も権利も有していない船の中で、3700人と言う人間を相手にまるっきり新種のウイルス感染の蔓延を防げなかったからと言って日本が文句を言われるのは腹が立ちます。

それだったら、てめーたち(イギリス)がやればよかったんだろ。

きっと日本よりひどいことになっていただろうに。

だから私はクルーズ船で働いていた人達皆さんに、感謝とねぎらいの言葉をかけたいです。

日本のために命を張って働いてくれてありがとう。

先ほど主人がノースキャロライナ介護施設の移ったばかりの両親の所に電話したそうです。

そしてこの両親なんていったと思います。

‟この場所はいやだ。メイン州に行きたい”だって。

メイン州には妹夫婦その子供と孫が住んでいます。

これから改めて介護施設を探さなくてはならないとは。

新しい場所を見つけた時には死んでしまっていた、なんてことになるかも。

91才と93才の長年不健康で通してきた両親ですから。

主人、まだ妹にはその話をしていませんが、妹、頭にくるでしょうね。

主人もだいぶ腹が立っています。

自分たちでは何もしようとしない人たち、部屋に閉じこもってテレビを見るだけの生活、どこにいても同じと思いますが。

メイン州に住む妹たちだって自分たちの生活があるから、同じ州に移ってきたからと言ってどのくらい訪ねてることができるか。

でもメイン州に移ったら主人がこれほどまでしばしば両親を訪問しなくても良くなるかも。

いや、あの妹達だったらそうもいかないだろう。

主人に輪をかけて、機敏性に欠けた、とろい人たちだから。

わたしゃ、知らんこっちゃない。

ハブグレジュンタのマミー

 

 

 

コメント (2)

#1354

2020-02-20 22:53:46 | アメリカ便り

おはようございます。

今日も4時起きです。

と言っても4時に目が覚めたから起きたというのではなく、1時半ごろから起きたりうっつらしたりして、4時ぐらいになって、”もうやってられない” ってな感じで起きるのです。

私の頭の中は常に考え事をして休まっていない、のだと思います。

かといって退職者の身、娘息子ももうかたずきそうで、ストレスなんて全くないのですが。

おまけに去年半ばから最高のストレスの原因だった翻訳の仕事も断り続けています。

自由を満喫している身なのですが。

あえてストレスと言えば、愛国者としてコロナウイルス、対中韓関係の問題がストレスでしょう。

先日、関西生コンの辻元が安倍首相に向かって、‟魚は頭から腐るんです”とか何とかいいましたが、昨今の安倍首相、を見ているとその意見にまるっきり反対とはいいません。

まるっきりトップとしての覚悟がなっていない。

習近平の国賓招待決定以来、中国忖度思考一辺倒。

中国人の入国、日本人の渡航禁止(ビジネスを除いて)、つまり水際対策をしっかりやっておいたら清潔日本、これほどコロナ感染が広がることもなかったと思います。。

国民を危険にさらしてまでも中国忖度です。

更には東京オリンピックが目前なのにです。

目先の観光収入のためにこれほどまでに感染を広め世界中から信用を失い、おまけに東京オリンピックまでもが主催できるかどうかも分からなくなった日本。

政治家ばかりではなく人間としてやっちゃいけない、その場しのぎの対策でまるっきり先を考えていませんでした。

‟魚は頭から腐る”と言う表現がぴったりの昨今の安倍政権。

愛国者、右翼の私としてはこれが今の寝れない原因なのです。

国として、いや政治家として強くなくては世界を相手にした時、舐められるだけです。

日本は世界から舐められる理由がないのですが、その理由を作っているのは日本の政治家どもです。

私がいくらアメリカに来て、一人、‟なめんなよ”態度で臨んでいても日本がこれでは。

中国忖度、以前は韓国忖度までしていたんですから。

今朝読んだ記事です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200214-00010000-socra-soci

いまから125年前、日清戦争が終わり、コレラやチフスが荒れ狂う中国大陸から帰還する兵士23万人余をわずか3カ月あまりで検疫した壮大な水際作戦。

125年前の日本でこれほどまでの水際対策を指揮した人、後藤新平がいたということをご存知ですか?

是非読んでみてください。

さて、昨日のブログで神戸大学教授のプリンセス号検疫に関することを書きましたが、‟この人には裏がある”ような見解をコメントで受けたので、少し調べたのですが、本当にそのようでした。

私でも影響を受けたので、この人の1日の動画再生数100万回と言う数字を考えると、ものすごい数の人達も感化を受けたに違いないと思います。

その感化を受けた人たちの中にはイギリスBBCなんかも含まれているそうです。

でもさ~、もとはと言えばイギリス所属の船なんで、たまたま日本に寄港したと理由だけで日本が責任を押し付けられたんです。

と言っても初段階で日英間でどのような話し合いがもたれたかは知りませんが。

最初からイギリスの責任で対策を取ってくれたらよかったものなんですが、それを日本にすべてを押し付けてイギリスは逃げた。

きったない国だよ、イギリスは。

でも昨日も言ったように世界中、責任のなすりあいが当り前なんですから。

それを人が良い日本がしなかったんではないですか。

この神戸大学教授、確かに感染症専門医であることには間違いがないようですが、プリンセス号には1時間ぐらいしかいなかったようで、それも船内のDMATさんたちに迷惑をかけた訪問で退船させられたようです。

1日で100万回の再生数を獲得したこの人の動画は自身が排除したそうです。

何か言いたかったら、もっと早くに言ってくれていたらよかったんでない、とは思いますが。

更にこの人は豊洲移転の時にもいろいろ問題を勃発させていた人だそうで、要するにプロ市民的要素を持っていた人のようです。

と言うことで、裏表を見る必要性を改めて感じました。

 

白頭鷲(ボールドイーグル)がまた戻っていました。

急な坂を転げながら行ったのに、5分もしないうちに頭上を飛んできたオスに呼ばれてどこかに飛んでいきました。

15分くらい待っていたけど戻ってきませんでした。

‟卵、冷え切っちゃうんじゃない?”と思ったけど。

鳥を見ていると嫌なことを忘れます。

 

ハブグレジュンタのマミー

コメント

#1353: 今日知りました、クルーズ船がイギリス所属と。

2020-02-19 13:09:02 | アメリカ便り

私の睡眠パターンは相変わらずめちゃくちゃです。

全然寝れません。

コロナ感染症対策としては睡眠休息が一番と言われているのに。

今朝布団の中で聞いていたユーチューブ(だから寝れないんだ)では、例のクルーズ船はイギリス所有なので、船の中でのすべての行動はイギリスの管理下であったとのこと。

最初に感染者が出た後での船中での対応もイギリスの監視下、責任下にあり日本政府にはそういった権利も責任もなかったそうな。

日本政府はイギリス政府とこの時点でどのような会話をしていたのか。

アメリカは以前から責任を擦り付ける国と言っています。

だから弁護士がはやるのですが。

この、‟責任の所在を明確にする”、と言うことの大事さを一国の政治家が知らなかったはずがないと思いたいのですが。

知らなかったんじゃないでしょうかね。

だから感染者が出た後もしばらく、いつも通りのクルーズ旅行的環境が船内では保たれていたそうな。

バンケットやらショーなどが普通に行われていたとのこと。

危機管理もへったくれもあったもんではない。

どうしてイギリスの関与が何もなかったのでしょうか。

それだったら最初からイギリスに返すべきだったのでは。

クルーズ船の人達の下船が始まったと聞きましたが、毎日のように感染者が出ている現在下船した人たちからも感染者が出てくると思います。

このままでは日本は世界中から感染国とみなされ入国渡航禁止をくらいます。

アフリカのエボラ等の感染症専門医の神戸大学の教授をして、”アフリカよりひどい”と言わしめた船内環境、‟感染地区、非感染地区を分ける”、言った感染に対する基本的対処もとられていなかったそうです。

更にはこの専門医がアフリカでも感じなかった恐怖をこの船内では感じたそうです。

でも’どういうわけか、この専門医は1日もしないで入船禁止に遭ったそうな。

おかしいですね。

このような状態なのに最初に感染症専門医が呼ばれなかったということも。

私はこのクルーズ船がイギリス所属とは知りませんでした。。

と言うのもイギリスのイの字も出てこなかったからです。

なんなんでしょうね、この日本の対処。

最初から間違っていたと思います。

今、日本政府がしなければならないことはこれ以上の混乱を防ぐため、中国からの入国、渡航を禁止すること。

いまさらと言う気もしますが、事態をこれ以上悪化複雑にさせないためにも。

そしてまずは日本一番と言うことを忘れないこと。

議員一人5000円なんている中国に対するセコイ義援金集、マスク防護服支援などをやめること。

中国にはこんな状況でも尖閣に爆撃機を飛ばす金と力があるんだから援助なんていらない。

成田で食べたうな重。私は並で主人には上を頼んだのですが、恐れたことが起きました。主人はウナギの皮部分をことごとく残したのです。

梅がわずかに残っていました。

 

 

 

ハブグレジュンタのマミー

コメント (9)