退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1279: 韓国歴代大統領と文さんの予想末路

2019-08-29 15:18:30 | アメリカ便り

つよしさんのユーチューブ(https://www.youtube.com/watch?v=FviNXWBw140)で韓国での文大統領弾劾デモを見せていました。

ま~、この国はなんと申しましょうか。

私の年代より古い人にしかわからない漫才師あちゃこの得意言葉、”もう、むちゃくちゃやがな”。

韓国歴代大統領がどれだけひどいものかちょっと調べてみました。

さすが、韓国!!!

1~3代目大統領(リ ショウバン):独裁政治を行う。不正の限りを尽くし投票率100%で大統領就任。国民が暴動化したため、ハワイに逃避

4代目大統領(ユン ボソン):軍事クーデターが起こり辞任。その後野党第一党の党首

5~9代目大統領(ボク チョンヒ):軍事クーデターで大統領に。最貧国韓国を豊かにした。1963年から1979年までの長期にわたり大統領に就いたが中央情報部長により暗殺される。

10代目大統領(チェ キュハ):ボクチョンヒの穴埋めで1年弱の大統領。軍事クーデターで辞任

11~12代目大統領(チョン ドゥファン):軍事クーデターの後大統領。不正蓄財で無期懲役刑、その後死刑判決を受けたが特赦を受け釈放

13代目大統領(ノ テウ):不正蓄財発覚後懲役刑。その後’特赦を受けた

14代目大統領(キム ヨンサム):自身の不正では追及されなかったが、次男が収賄と脱税で逮捕される

15代目大統領(キム デジュン):自身の不正では追及されなかったが、長男、次男、三男が不正蓄財で逮捕される

16代目大統領(ノ ムヒョン):在任中、兄が斡旋収賄で逮捕され、自身は在任中弾劾訴追を受ける。退任後、不正献金疑惑で飛び降り自殺

17代目大統領(イ ミョンパク):国会議員だった兄が斡旋収賄で逮捕。家族の政治資金’不正使用

18代目大統領(パク クネ):友達に国政介入させたことで弾劾。18件の容疑がかけられている

19代目大統領(ムン ジェイン):16代目ノ ムヒョンの生き写しと言われているそうです。以下の記事は昨日紹介したIRONNAから抜き出したものです。この記事は文さんが就任した時に書かれたものですが、ずばり当たっています。

 最後に新大統領の国政運営について予測してみたい。クリーンで民主的だが、実務経験に乏しく、国際感覚が欠如しており、民族至上主義で親北朝鮮である、という文氏の姿は盧氏の「生き写し」である。

恐らく文氏は公約にあるように旧政権の不正追及や財閥への規制、厳しい対日姿勢、融和的な対北朝鮮政策、過去史清算などでしばらくは点数を稼ぐだろう。過去に盧氏がそうだったように。来年2月の平昌五輪が終わる辺りまでは、そうした手法が人気を博するに違いない。

 

 問題はその後である。良好な対米関係を維持できず、北朝鮮の挑発を抑えきれなければ保守派の激しい反発を招くだろうし、雇用や福祉、格差解消に失敗すれば進歩派の支持も失うだろう。中韓関係の改善が望めなければ、中国依存度の高い韓国経済には負担とならざるを得ないし、北朝鮮に対して圧力を加えてもらうこともできない。こうした懸案に対して新政権が有効な手を打てるか、と問われれば甚だ心もとないと言わざるを得ない。「クリーンで民主的」というだけでは解決できない問題ばかりだからである。
 
 数年のうちに内政、外交、経済、福祉で目立った成果がなければ、たちまちのうちに進歩派の「ロウソクデモ」や保守派の「太極旗デモ」が発生し、政権を窮地に追い込むということは、過去の政権において立証済みである。
 
 最後に大胆な予言をしてみたい。数年の後に韓国人は文政権に失望し、「すべては文大統領のせいだ!」と叫び出すだろう。かつての盧政権末期がそうであったように。
 
動物園から
 
 
 
 
 
 
 
ハブグレジュンタのマミー
コメント

#1278:高野連って?

2019-08-28 14:15:43 | アメリカ便り

高野連、喝!!!

なんだって?!、子供の安全が一番?!。

おいおいおい、そんなの韓国に限らず、どんな国に行ったって当り前のことだろう!

そんなんで何を子供に教えるんだい。

‟問題から逃げよう、避けて通ろう、波風立てないのが一番” だろうね。

根性なし、試合に出る前から負けてます。

日本の草食男子諸君、晴れの舞台に日の丸を背負っていけないことに疑問を感じないのかい。

大人が決めることに黙ってついていくだけでしたら、あなたたちの先は見えてるよ。

郷土愛が野球少年達の原動力となっているのなら、祖国愛は世界試合での原動力となるはず。

その祖国愛の象徴となる、‟日の丸”を着用せず試合に臨むとは。

嘆かわしい、の一言。

高野連って絶対反日組織だと思って、どんな組織か調べました。

案の定、朝日新聞、毎日新聞、NHKの3バカトリオです。

でもこれは私が好きに選んだサイトなので、私だけが満足すればいい、と言う独断と偏見にとんだものです。

他にも別な見解を示すものがあるかもしれません。

このサイトの執筆者の中に(https://ironna.jp/bloggers/)、櫻井よしこさん、‟恥を知れ”の三原じゅん子さん、元在韓大使武藤正敏さん、ロバート エルドリッチさんなどの名前があったので、いいかな~と思いました。

でも池上彰、福島みずほ、岡田克也なんて名前もあり、月とすっぽん的な人選がいいんでな~い。

でもほとんどの人は聞いたことがない人です。

みなさまがどういう様に感じるかは知ったこっちゃないです。

さてこのサイトには、

高野連の運用を実質的に掌握している4名の最高顧問には、従軍慰安婦捏造報道問題で謝罪せずに逃げ回っている木村伊量(株式会社朝日新聞社代表取締役社長)と、朝比奈豊(毎日新聞グループホールディングス・毎日新聞社代表取締役社長)の名前があります。歴代の最高顧問にも、夏の甲子園を主催する朝日新聞社の現役社長と、春の甲子園を主催する毎日新聞社の現役社長が、必ず指名されています、何が公益財団法人なのだか、副会長4人の中にも、高橋順二(元朝日新聞名古屋本社代表)とか朝日関係者がごろごろいるわけです。
 そもそも高野連は自分たちの方が伝統がある歴史が古いというわけのわからない理由で、高野連は高体連(全国高等学校体育連盟)にも何度もの加盟依頼を蹴り続けて、所属していないのです。
だから、「高校野球は延長の文化があり、数々の名勝負が生まれた」などの精神論・根性論が幅をきかせ、「高校野球ばかりが地域の代表的な扱いをされるけど、結局は(主催の)朝日新聞や、(長時間放送する)NHKがつくり上げたもの」「メディアも高野連も、高校野球は球児が酷使されるのをドラマとして崇(あが)め成り立ってる」という批判を真摯に受け止めることなく、上記のような延長50回という「虐待」に近い試合を見ても「考えられないことが起きた」と他人事なのです。この高野連や朝日新聞社の前近代的な体質の問題は、さまざまな批判的論説がこれまでも上がっていましたが、高野連並びに主催の朝日新聞社はこれを無視し続けてきたのです。

もっと長いのですが、大体、私が知りたいことはわかったので、勝手ながら、ここまでにしておきます。

動物園の写真





ハブグレジュンタのマミー

 

コメント (7)

#1277

2019-08-27 13:01:49 | アメリカ便り

 

 

昨日はカメラをもって久しぶりの動物園。

朝は雷を伴った豪雨。

あちらこちらで、洪水警報が出てました。

でも11時ぐらいにはなんとなく晴れてきたので行ってきました。

2年ぶりぐらいでしょうか。

ところどころ見違えるようになっていました。

2時間半歩き回ってすっかり疲れ、帰ってから書こうと思ったブログも書かずじまい。

ところで、動物園、美術館はタダです。

次は美術館に行こうと思っています。

今、バン ゴー(ゴッホ)の作品を展示しているので。

先ほど朝の散歩で聞いていた虎ノ門ニュースには我が北海道出身Kazuyaと百田さんが出ていました。

相変わらず百田さんは‟歯に衣着せず”でした。

居島一平さんが一生懸命百田さんを抑えようとしているところが面白いですね。

お隣国はもう漫才だ!

自傷してるブスだ!!

もうずばり的を得たお隣国に対する表現力。

でも、お隣国の方を持つわけではありませんが、こうなるまでお隣国(ダダっ子)のわがままを聞き続けてきた日本政府のせいなんですよ。

技術やら金をふんだんに貢いで。

貢いだぶんを日本国民のために使っていたら、と思うと腹が立ちます。

おまけに外国に対して、慰安婦問題、徴用工、中国の南京問題とかはっきり‟ねつ造”と断言していない。

未だ韓国中国のいいようにさせている。

ここまで我が物顔にさせていなかったらこういう状態にならなかったか?、と聞かれると、これまた、‟どうかな~”とも思いますが。

しかし、こういう状態でも韓国とは友好関係を保とう!!、とか政治と友好は違うとか馬鹿な事を言っている地方自治体が存在してますね。

なんと我が北海道もそれのようでした。

元北海道知事の下、中国人に北海道の土地を爆買いされ、ようやっと元知事がいなくなったな~と思ったら、今度は若者知事が韓国との観光促進”。

この考えは住民によってダメになったようですが。

住民のほうが常識があるんじゃないですか?!

韓国人は1日1万円ちょっとしか金を落とさない、中国人でさえその3倍ぐらいだそうです。

そしてこの状態でも、韓国からの旅行者は7.5%ぐらいしか落ちていないそうです。

オーストラリア人だったかイギリス人が最もお金を落としていくそうです。

私が今、恐れているのは日本政府がまたお隣国を助け始めることです。

‟またホワイト国に戻してあげる”とか。

9月に安倍首相が内閣改造を予定しているとのこと、はてさてどんなのが入閣するか。

ちなみに百田さん、‟顔で人を判断”と。

私もです。

私は人を先ず顔(と目の動き)で判断して、その人なりを判断します。

別にブスとかじゃなくて、人の素質と言うのは顔に出ると思います。

そして、目の動き。

例えば、話し相手を見て話さないとか、上目を使って人を見るとか。

私の昔々のボスがこれでした。

女性差別、異教徒差別、離婚女性差別、従順でない女差別等々、ま~信じられないくらいひどかったです。

絶対人の目を見て話さない、そして時々、チラッチラっと上目で人の顔を見る。

ま~卑屈な人でした。

そして、もっと信じられなかったことはこの人、毎朝仕事前に教会に行ってたんですよ。

別に教会に行くことを否定しているのではなく、何のために行ってるの?、と。

何お祈りしていたんだか。

カトリックだったんですが、‟カトリックはリベラルすぎる”と言ってルーテランに変えました。

この人だったら何を信仰しても同じなんじゃない。

イスラム国でもいいでな~い。

少なくとも女性に対する考えはイスラム国の男が持つような物。

 

 

さて、動物園からの写真です。

この動物たち何を考えて毎日を暮らしているんでしょうか。

コメント (5)

#1276:私も若かった

2019-08-25 12:04:16 | アメリカ便り

時は1985年、私は5年間自転車で過ごした学生生活におさらばして、就職と共についに買った黒のボルクスワーゲン ジェッタGLIを軽快に運転していた。

仕事帰り、我が家への道は静かな田舎道。

気をつけなければいけないのは、鹿やシルバードライバー、または免許取りたての高校生ぐらい。

その日も片道一車線の道を、‟小難しい主人と二人だけの晩御飯、何にしよう”とか考えながら運転していたら、突如後ろにガキ二人の乗った真っ赤なスポーツカーがピタッとくっついた。

親に買ってもらったピカピカな車、そんな運転したらダメなんじゃない?と思いました。

‟ちゃんと、法定速度+9マイル/時を守って(?)いるのに”。

私はこういう時は余計に遅くいくことにしています。

そしたら追い越しをかけてきた。

‟あれま!!、もうすぐ上り坂が始まるというのに、あぶな~”。

そして追い越した後、今度は私の前にぴったりくっついて、前をふさぐようにした。

赤の日本車と黒のドイツ車の戦い。

卓球で鍛えた高い運動神経(関係ないか)を持つ道産子、あほなアングロサクソンのガキに負けてたまるか!!

私も追い越しました。

そしたら、そのガキども私の住む10軒ぐらいしか家の建ってない住宅地(こういった集合住宅地をサブディビジョンと呼びます)にまで私を追っかけて入ってきた。

‟家にはまだ(いてもいなくても同じぐらいの役に立たない)主人は帰ってないし、これはやばいことになった”、と思ったけど、考えると‟そうだゲーブルがいる”。

‟家には主人よりは防犯に役立つ、タイヤかじりまくりのゲーブルがいる”。

ゲーブルは女の子なのですが、どういうわけか、母が好きだったクラークゲーブルから名前をいただいた、2歳のオーストラリアンシェパードがいました。

今まで、ゲーブル、スピリット、グレーシー、ハブ、そして現在のジュンタ、キキと、多くのオーストラリアンシェパードを飼っていますが、このゲーブルは牧場から来たため、とびぬけてウルトラ級のハイパーな子でした。

なんせ動くものは車でも子供でも何でも追っかけるという、牧童犬そのもののでした。

一度、友達とその妹が札幌から遊びに来たことがありますが、びっくりしてました。

未だにそのことを話しています。

牧童犬特有の‟にっぴんぐ”と言って、突っつくようにかじるのです。

それを走っている車のタイヤに向かってやるのです。

これはこの種の犬の本能で、大なり小なり、私の飼った犬は全員やりました。

話はそれましたが、家に帰ってすぐにゲーブルを家から出し、近くにやってきた、あの赤い車を差し、‟Gable, Get it” 。

この時とばかり、ゲーブルはその車を追いかけ、タイヤをかじりまくりました。

そして、このガキの運転する車は逃げていきました。

どこまで、ゲーブルが追いかけていったか分かりませんが、しばらくして帰ってきました。

と、35年後の今考えると、若気の至りとは言えども私も恐ろしいことをしていたんだな~。

それ以来、煽り運転を煽ったことはありません。

こういう場合、ぜったいやってはいけないことを二つほどやりました。

1.自宅に帰ってきてはだめ。

そのまま警察に行くべきで、どんな時でも相手に自宅を教えるようなことをしてはだめなのです。

2.やはり、あおり運転をするという段階で、相手は精神異常者と思うべきであって、それを相手にしちゃダメなんです。

以上、私が若気のいたりで、煽り運転を煽った話です。

ハブグレジュンタのマミー

 

 

コメント (7)

#1275: GSOMIA とグリーンランド購入

2019-08-23 09:46:01 | アメリカ便り

おはようございます。

皆さんはお隣国のGSOMIA破棄をどのようにとらえたでしょうか?

私はどうして韓国とこんな条約を最初に成立させたのかわかりません。

こういう条約って、信頼できる国と結ぶものですよね。

この条約、1916年11月に集結したそうですが、アメリカからの圧力があったんでしょうかね。

この条約、日韓間での情報交換を目的とするよりも、情報を第3国への流出をふさぐために交わされたものだそうです。

と言うことで、まるっきり無意味な条約なのでは、と思います。

Moon大統領になってから(2017年5月)この大統領の北と中国寄りが目に見えてきたし。

日本やアメリカにとって最も情報流出してほしくない、こういった国への軍事情報、筒抜けなんじゃないですか?

破棄してよかったですよ。

これで、MOONさんお望みの南北朝鮮統一がより近くなったのではないでしょうか。

犬の散歩中に聞いていた虎ノ門ニュースでは、トランプさんのグリーンランド購入示唆について述べていました。

へ~そうなんだ、と。

この考え、別にトランプが初めてではなかったそうです。

1946年にトルーマンもこの考えを抱いていたそうです。

グリーンランドは一応デンマークの領土なんですが、人口6万人にも満たないこの国は独立をしたがっているそうです。

独立には金が要る。

そこで、金のないグリーンランドに中国が歩み寄る。

グリーンランドも中国からの援助を望んでいる。

相見互いでグリーンランドで、アフリカみたいな中国との共存が起きつつある。

グリーンランドの主要空港はもうすでに中国の援助で建設され、中国の触手はさらに旧デンマーク軍の使われなくなった軍事基地にも伸びたそうです。

この中国の計画はデンマーク政府に気づかれ、破棄となったそうですが。

もし実現していたとしたら、グリーンランドの位置を考えると大変なことになっていたでしょうに。

それらを考慮したうえで、トランプさんはグリーンランド購入を考えたようです。

トランプさんは結構考えているのでは。

そう言った裏話を伝えず、アメリカメディアも日本メディアもまるで、トランプを‟奇人変人ノータリン暴君”と伝えています。

‟トランプさん好き”、とは言いませんが、こういった先見的考えができることはいいんでない。

ノータリンなのはメディアなのでは。

 

ハブグレジュンタのマミー

コメント (10)