退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1098: 16 shots: 加害者が被害者になる。

2018-09-28 22:11:24 | アメリカ便り
台風がまたまた日本列島に襲いかかっているそうです。
大雨、強風でまたまた災害が起こるとのこと。
一難去ってまた一難の日本列島。
遠くアメリカから被害が最小限にとどめられることを願っています。

今日は10月末の日本行きのために、旅行代理店へインターナショナルドライバーズライセンスをもらいに行ってきました。
パスポート用の写真と、ネットからダウンロードした申込書を持っていくと20ドルで5分とかからず出来上がり。
これで、また1年間日本で運転できます。
そのあとは昨日の車検の続きで、マフラー交換。
3時間かかりました。
かわいい息子のためとはいえ、、、
日曜日はかわいい娘のために、家を朝4時半に出て、6時20分の飛行機に乗り、ピッツバーグです。
今回は娘のインタヴュー用の服を買うためのショッピングといつもの家政婦です。
母が60歳ぐらいのときは、‟私の年で孫がいないのは私だけだ”、とぐちをこぼしていたっけ。
64歳の私はいったいいつになったら孫が見られるやら。

16shots ‟加害者が被害者に”の続きです。
このポリス、どうしてナイフしか持たない男に16発も打ち込んだんでしょうか。
以前にも、道でドラッグを売っていた黒人の男を5,6人のポリスで抑え込んだため、その男(大男)は心臓発作をおこして死んだなんてこともありました。

白人の犯罪者にも同じことをしたでしょうか。
私はたぶん同じことをやったと思います。
ポリスという地位/職業、そして公的に拳銃を所持してそれを使う権限を持たされている故と思います。
つまりアメリカではポリスは歩く権力そのものである気がします。
日本の交番で働く優しい警察官とは違います。
たまに、私のスピード違反を見逃してくれるような優しいポリスもいますが。
とにかく、 Don't mess with the US police なのです。

‟加害者が被害者になる”です。
車上荒らしがポリスに撃たれたことにより被害者となる。
泥棒に入った家のガラス張りの天井が壊れ、下に落ちけがをした泥棒が、家主を告訴したこともありました。
‟丈夫な天井じゃなかったからけがをした”って。
こういう‟加害者が被害者になる現象”がしばしば起きるのがアメリカ社会です。

今日はこの辺で。

ハブグレジュンタのマミー








コメント (1)

#1097: 16 shots: 加害者が被害者になっちゃった。

2018-09-27 22:38:54 | アメリカ便り
アメリカ最高裁候補のカヴァノのセックス疑惑。
今日は1日中議会での公聴会の模様をテレビでやっていました
先日のFoxテレビのインタビューで、カヴァノは‟俺は高校出てからもずーとバージンだった”と発言しました。
そのコメントが、あちこちのテレビ番組で面白おかしく話されています。
私としては、多くの人が見ているだろうテレビインタビューで、‟俺は高校出てからも長らく、ずーとバージンだった”なんて平然と言ってのける男が非常にクリーピー(気味悪)に感じられます。
いくら最高裁判事の職がかかっていると言え、男がこんなはじっさらしのことをテレビの前で言ってはいけない。
下ネタですよ、最高裁の判事になるかもしれない男が。

絶対こんな男が終身雇用最高裁判事となってはいけないと思います。

今日の公聴会、あのサウスキャロライナ選出議員のリンジー グラム、中間選挙を控えた‟民主党の裏工作だ”と腹を立てていました。
わたしゃ、この人も嫌いですね。
典型的、共和党員です。

今日の公聴会はソープオペラ(昼メロ)だ!!
面白かった。

そんな公聴会を私は、息子の車検のために行った車検場で見ていました。
息子の車182000マイル(約300000キロ)という高走行距離車。
やはり車検は通りませんでした。
マフラーの交換が必要だそうで、部品が来るのは明日になるそうです。
600ドル(約65000円)かかりました。
また明日車検場に車を持っていかなくてはいけません。

夜6時から9時までは自己防衛術(セルフディフェンス)のクラス。
飽きっぽい私が1回だけのクラスということでとりました。
沖縄の志道館という派だそうで、年に1回沖縄に指導を受けに行くという4段のインド系アメリカ人でした。
3時間、おばちゃん4人と若い子1人で無駄口のほうが多かった気がしましたが、楽しく時を過ごしました。
でも絶対覚えていないだろうな。
襲われたら、相手の目を狙うのが一番だそうです。
今、隣で、キキちゃんがパプリカとなんかわからないものを吐き出しました。
きっと私がいないときに主人だ食べ残したものをテーブルに残しておいてたものでしょう。

ということで16 shotsは次回です。

ハブグレジュンタのマミー

コメント

#1096: 16 shots 加害者がいつの間にか被害者

2018-09-25 09:42:49 | アメリカ便り
アメリカ中西部はようやく‟あー、夏もおわったかな~?”と言う涼しさとなってきました。
でも、まだ安心するのは早い。
絶対、毎年ながら、90度を超す暑さが‟来年の夏の暑さを忘れさせないぞ~”といった感じで2,3日やってくるのです。
これをアメリカでは‟インディアンサマー”と言います。

それが終わると雪がほとんどないけど、寒~い冬(-10’C-20’C)がやってきます。

3、4、10月が一番よい季節です。

さて今日のお題を見て‟あのことか”とわかる人は、日本では余りいないでしょうね。
今のアメリカの話題は、というか私が関心を持っていることは、

1.トランプが弾劾されるか、
2.トランプが推薦した最高裁判事候補のキャヴァノのセックススキャンダル、
3.シカゴで起きたポリスシューティングで、車上荒らしのナイフを振り回した黒人が16発撃たれて死んだ。
4.南北朝鮮が統一して一緒に無くなれ。

と言ったことです。

この#3が今日のお題です。
アメリカのポリスは年間2000件のシューティングをするそうです。
1日に6件近くのポリスシューティングがアメリカ国内で発生しているのです。

懲戒免職覚悟の拳銃使用である日本国警察官にとって拳銃はお飾り同然ですが、、アメリカのポリスは拳銃を使用するために持っています。

そんなシカゴポリスが、車上荒らしの通報を受け現場に行くと、ナイフを持った黒人が警官の阻止を無視して歩き出したたため、警官はこの黒人に対して16発放ったそうです。
もちろん黒人は亡くなりました。

本当にいつも感じることですが、白人黒人に対してとは関係なくアメリカポリス、アメリカ人は拳銃を使いすぎる。
これも最低で、4億丁の銃が出回っているアメリカ社会ならではでしょうか。

でもここで今、問題になっているのは‟ポリスが16発打った、それも黒人に対して”、だけなんです。
その元凶が問題視されていない。
どうしてポリスが登場しなくてはいけなかったか。
この黒人は車上荒らしという犯罪を犯し、被害者が実際に出ているのです。
だからポリスの出場となったのです。
それを打たれたのが黒人で、それもポリスが16発も必要以上に打ったことだけが問題とされていない。
私は別にシカゴポリスの方を持つわけではないし、犯罪を犯す黒人(白人)は打たれて当然とは思わない。
ポリスもテイーザーがあるし、ナイフ相手だったら何人も、でかいデブのポリスが来ているんだから取り押さえたり、あるいは手足を打つということもできただろうし。

ここで、黒人だけが被害者となっているがこの16発打ったポリスもある意味被害者だったと思う。
だって、この黒人が最初に車上荒らしをしなければこのポリスが16発打つことも無かったろうに。
私はこの黒人が白人だとしても、ポリスに打たれていたと思う。
16発かどうかは判らないが。

この続きは次回です。

日光華厳の滝













もののけ姫に出てきそう



ハブグレジュンタのマミー

コメント

#1095: どうしてアメリカ人は貯蓄が少ないの?

2018-09-24 08:12:43 | アメリカ便り
それはですね、当たり前の話、使うからですよ。
もちろん収入が少なくて貯蓄ができないという人もたくさんいますが。

先回のブログで、いかにアメリカ人がお金の蓄えをしてないか書きました。
この理由を私流に考えてみました。

親からの甘い汁を吸って大学へ行っている日本の大学生と違って、こちらの大学生のほとんどは自費で行ってます。

もちろん我が家は母親が日本人(私のこと)なので、親が払いました。

でも自費と言ったって、高校を出たばかりの子供が学校に通えるほどたくわえがないので、自分で国からローンをするのが一般的です。
そのローンが積もり積もって、2017年に卒業した人は平均450万円ほどの借金を抱えていることになっているそうです。
ということは働き始めると中間値で月々25000円(平均値で32000円程度)ほど国に返さなければいけないそうです。

学校卒業したばかりの若者がそんなに給料をもらえるはずがないので、貯蓄ができないのも納得できますが。

でも、ごく一般な良い年をした大人の貯蓄が数百ドルとは考えられませんが。
でもリーマンショックの国、考えられるのです。

リーマンショックだって〝エイ、借りちゃえ”と言った感覚で返せもできないぐらいの高額な金を、銀行(強欲)が貸してくれるという理由だけで、後先考えず借りたアメリカ人のせい(馬鹿)で起きたものなんのです。

馬鹿なアメリカ人、そして強欲なアメリカの投資銀行(リーマン)が世界的な恐慌がおこしたのです。
そういえばアメリカ社会って、馬鹿(借金まみれの貯蓄ゼロ)と1%の強欲(金持ち)から成り立っている、ちょっと極端ですが。

金は何とかならないのです。
冬のキリギリスになってはいけないのですよ。

我が家の近所には1億円以上の家が、この10年くらいで5,6軒建ちました。
ちなみに我が家は36年前に1500万円ほどで買った、今はもう築50年ほどのぼろ屋です。

建ってすぐに、改築したり、プールを付けたり、〝どこから金が湧き出てくるんだろうか?、建ったばかりなのにどうして改築してるんだろうか?、エー、この家の人なにをしているの?”と思わせる家ばかりです。
返せないだけ、または返すのに一生働かなくてはいけないような高価な家をどうして建てるのでしょうか。

それはですね、アメリカ人の多くは見かけを大事にするからですよ。
そして物欲。

家も財産、と言うけれど。
財産に振り回されている感じがします。
車にしてもしかりです。
みんないい車に乗っていますよ。

もちろん〝働けど働けど我が暮らし楽にならず”と、石川啄木の歌のような人はどこにでもいますが。

アメリカ人家庭が持つクレジットカードへの借金は60万円ほどだそうです。
つまり、毎月返せないだけの金を使っているということです。
そしてその返せない借金への高利子(15%ぐらいでしょうか)もどんどん加算されていくのです。

〝あれば使う、なくても使う”のがアメリカ人の貯蓄の低さを表していると思います。

ハブグレジュンタのマミー





コメント (1)

#1094:アメリカ、ウソのようで本当です。

2018-09-21 08:26:33 | アメリカ便り
隣で、キキちゃんが引綱を咥えて恨めしそうにこちらを見ています。
ですので、今日は短めに。
主人、朝は絶対にコーヒーを飲み新聞を隅から隅まで読まなくてはいけないので、ワンちゃん達もその間は、〝遊んでコール”は私にしか発しません。
と書いたところで、新聞を読み終わった主人がワンちゃんたちと遊びに行きました。
これで少しゆっくりブログをかける。

昨日のニュースでアメリカ人の貯蓄高の話をしていました。
中央値で4000ドル、つまり45万円程度だそうです。
そのうちの50%程度の人は1000ドル程度しかないそうです。
一般的に、非常時のために4,5か月分の給料の蓄え(25,000ドル程度)が必要だそうですが。
ちなみにアメリカ人の平均収入は55,000ドル/年程度だそうです。
平均収入なので、上位1%の年収1億円以上の人も計算されていますが。
事実上の中央値はわかりません。

しかし〝え、うっそー”と言いたくなる貯蓄高ですね。

ということで、日本ではどうなっているか調べると、以下のように書かれていました(Mylife Money Onlineより)。

2017年度の家計調査「貯蓄・家計編」では、1世帯あたりの平均貯蓄額が平均値1,812万円、中央値で1,074万円となりました。前年より5%減りましたが5年ぶりの減少です。
そうは言ってもこれだけみるととんでもない貯蓄額ですが、一部のお金を持っている人や高齢者などがこの平均値の数字を引き上げています。
同じ統計で下の図の勤労者世帯になると数字が少し下がります。平均貯蓄額の平均値が1,327万円、中央値が792万円です。
こうした統計を見るときは平均値だけでなく、中央値まで見なければ実態が見えてきません。

だそうです。
どちらにしてもアメリカ人の貯蓄高がいかに低いかわかります。
勤労世帯中央値(これが一番現実味をおびた値と思うので)を見ても、それがわかります。

今日は事実をお届けしましたが、次回はこれに対する私感による、偏見に富んだ意見を述べたいと思います。

ハブグレジュンタのマミー



コメント