退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#:1003:成田空港で、日本人でよかった。

2018-03-28 03:08:36 | アメリカ便り
今、28日朝2時です。
昨日4時に成田のアパホテルに入りました。
部屋に入った途端 “狭い!、なんだこの狭さは”ベッドとテーブルの間を歩くのもやっと。
この狭さは昔泊まった、サンフランシスコ日航ホテルの部屋見たい。
日本人として、アパをサポートしたいと思って予約しましたが、、、
寝るだけだから良いのだけど、もう少し息をする空間が欲しかった。
でも多分次回も利用するでしょう、日本人なので。

アメリカ時間、朝6時にジュンちゃんとキキちゃんを残し家を出ました。
“私がいない5週間、ミーファーストのお父さんだけど、どうにか生き残ってくれよ“、、、
今週いっぱいで退職する主人です。
だから今週はキャシーに日中3回、ワンちゃん達のお世話をしてもらいます。
“来週からは君達とミーファーストのお父さんだけだからね”。
早いせいかセントルイスの空港はガラガラ、おまけに二十四時間前にチェックインをしていたので、楽々、ゲートへ。
そしてシカゴではスターウオ一ズのANA便。
一旦ゲートを離れた飛行機、アナウンスが入り、“荷物の数が1つあいません。またゲートに戻ります”、だって。
初めてです。
以前飛び立ってから、15分くらいして“機内圧の調整ができないので、引き返します“とのアナウンスがあり、低空飛行で、セントルイスに引き返したことがあったっけ。
それでも、計40分遅れで無事離陸。
さす日本の会社。
アメリカの会社だったら、2ー3時間は遅れたでしょう。
食事もまーまーでした。
でもCAの質がだいぶ落ちた。
例の韓国コンスと同様、見かけだけで、心のこもっていないサービス。
おまけにへんな日本語を話す、“日本人に見えるから雇ってしまえ”的な会社の方針で雇われたCAの多いこと。
トイレをカートでふさいでも、お客にぶつかっても何も言わない。
なんか、アチャラ的のCAですね。

40分遅れて旅立っても。成田にはちゃんと予定通り着きました。
飛行機を降りて、イミグレーションに向かうと、“なんだ、この列は”。
こんな日本のイミグレーション’初めて見ました。
関空の紅葉時期のイミグレーションよりシカゴの何倍もひどい。
いくら桜見かどうか知らないが、“これじゃ来年の桜見になっちゃうよ”、(これは大げさなアメリカ的表現ですが。
イミグレーションのフロアーを全部覆うぐらいの人人(非日本人)。
日本人の列は、いつも通り、5、6人ずつしか並んでいない。

ということで、今日のお題です。
イミグレーションんで何時間も並ばなくて良いから、やはり日本人でよかった。
でも、ということは、いかに日本の日本人が少なくなってきたかですよね。
日本は危ない。

ハブグレジュンタのマミー
コメント (1)

#1002: タイトルがないのがタイトルです。え、意味わからない?!

2018-03-25 22:05:25 | アメリカ便り
ブログを書こうと思って開けてみると、“メインテナンス中”とのこと。
ワードに書いて明日の朝にでもブログのサイトにコピペをすればいいんだ!!
ということで、“ラッキー、今日は書きたいんだけど書けないや”。
なんて言い訳をしないで、ちゃんと書きま~す。
明日朝早く、日本へ旅たちます。
今回は5週間。
そのうち2週間はホテルという帰国です。
なんとなく母のいなくなった家にいたくないから、理由を探してホテルに泊まるといった感じがあります。
母の友達のレイちゃんに、しばらくは母親(といっては年齢的に失礼ですが)になってもらいます。
と自分で勝手に決めています。
着いたその日は早速泊まってもらいます。
よろしくお願いしますよ。
母のこと、きっとあの世で、“遊び足りない”と嘆いていることと思います。
葬式が終わってからあわただしく日本を旅立ったため、仏教的儀式はミニマムでした。
初七日でお骨をお墓に入れて、その後は何もなし。
帰ったら“入魂式”はあげないと。
お寺に頼むときには“葬式に来たくそ坊主だけはよこさないようにしてください”と頼まなくては。
また戦争やら、原爆の話をされたたまらん。
でも魂は本当にあるのでしょうか?
見える人には見えるといいますが。
東北大震災の後、いろいろと“現象”が起きていると聞きます。
あまりの突然の死で、自分が死んだと認識できないから出てくるんでしょうか。
となると、母の場合はそんなことはないでしょうね。
自分の葬式を心配して亡くなったんだから。

友達の母親が“見える人”だそうで、街とかに出かけると、いろいろな人が見えたとか、のっかかってきて重かったとか言ってたそうです。
私は何も見えない人。
母親が枕元に立っても絶対見えないでしょう。
それでいいです。
あの世でアル中親父と喧嘩して暮らしてください。
いずれは私もいくので。

コメント

#1001:イミグレーション

2018-03-23 22:35:57 | アメリカ便り
先日イミグレーション(移民局)に行ってきました。
一言で言えば、50年ぐらい前の日本の公務員みたいな、愛想も何もあったもんじゃない白人ばばあ、デブの黒人女が働いていました。
苦虫を噛み砕いたような(サワーフェイスといいます)、笑ったら損をするといった顔つきの人ばかり。
もっともこんな閉鎖的なところで、一日中わけのわからぬ人種を相手に同じ事を聞いていなくてはいけないのだから、そんな顔つきになるのもわからないではないけど。
本当に“微笑み”を忘れた人ばかりでした。
私の相手をした白人おばばは、“まともな知能を持った人はこんなところでは働かない”と思わせる人でした。

私が移民局に言った理由は10年ごとにリニューしなければならないグリーンカードのためでした。
以前来たのは10年前。
当時の移民局は今回よりもっとひどかったです。
今回はある程度、ネットでフォームを記入しそれを送るのですが、2ヶ月以上たってもなしのつぶて。
友達が、“グリーンカード申請中はアメリカの外には出れないよ”というので、“そんな馬鹿な”と思いネットで調べると、スタンプを押してもらわなければいけないとのこと。
それでこれまたネットで時間を予約し、移民局にいきました。
2週間前にいったときは“日本に帰るまでまだ時間があるからぎりぎりまで待て”だって。
ぎりぎりということが嫌いな私(勉強、仕事以外)なのに。
それで火曜日にまた行ったら、この白人おばば、なんていったと思います。
“今はリニューでも1年近くかかる”だって。
何でこの間来たときに、出直せといったんだ。
と頭にきたけど、移民局員を相手に文句を言っても無駄だということを40年アメリカに住んでいる私にはわかっているので、何も言わないでいると、今度は“あんたの名前が載ってないからどうにもできない”だって。
“どうにもできないといったって、どうすればいいんだ”と聞くと、“あー、あった一番最後にあった”。
日本の皆さん、アメリカ人の一般人って本当に頭が悪いんです。
考えるという思考回路が発達していないし、常識的認識もできない。
やはり、おつりを足し算でしか渡すことができないアメリカ人は馬鹿です。

これで月曜日に日本に帰れます。
でもこのスタンプは6ヶ月しか有効ではないので、その間にグリーンカードが来なければまたまた、あの白人おばばに会わなくてはいけないかも。

余談ですが、ダウンタウンについて移民局の建物がわからなかったので、ちょうど通りがかった黒人女のシェリフに道を聞くと、まるっきり反対方向を教えてくれました。
しばらくして今度は黒人男のポリスがいたのでその人に聞くと、やさしく途中まで道案内をしてくれました。
黒人女はアジア系を“自分より下”と見て差別するのが多いので要注意です。
といっても私の意見ですよ。

コメント

#1000: うっそー

2018-03-22 21:01:44 | アメリカ便り
今日はお祝いすべき日です。
なんと、私の、この3日坊主の私のブログが1000回となりました。
私自身、こんなに続くとは思ってもいませんでした。
やはり読者がいるということは、張り合いができるもの。
がんばらなくっちゃーと思います。
でも好きなことを書いているだけなので、それほどがんばらなくてもいいですが。
これが一番。
人生がんばらないこと、そして好きなことをする。
いや、若いころはがんばらなくてはいけないけど、、私みたいにシニアーになったらがんばらないで好きなことをするのが一番。
なんていってるけど、1月から翻訳、がんばったねー。
次から次と送られてくる。
もうしばらくやらない。
少なくとも日本から帰ってくるまでは。
でもこうやって、2ヶ月とか休むとまたしばらく仕事が来なくなるんですよね。

今日のアメリカの株、700ドル以上下がったので、株の成績で収入が変動する年金暮らしの私には心配です。

だからパートタイムの仕事でも翻訳は続けなくてはいけないのです。

昨今のトランプの行動、ますます心配です。
次から次と周りの人を首にしていってます。
600人以上の重要職務につく人を任命しなくてはいけないのに、1年以上たった今でもいまだ半分任命したかどうかといったところ。
さらには、任命する速度よりも首にしていく速度のほうが早いといった感じ。

イグザキティブ オーダー(大統領命令)を発令して、中国のプーさんみたいに終身独裁者になるんじゃないかと心配してます。

では今日は、がんばらないで軽く
ちなみに日本はどうなるんだ。

ハブグレジュンタのマミー




コメント (4)

#999: 日本良いとこ一度はおいで。の一例

2018-03-18 20:51:01 | アメリカ便り
今日も私とキキの戦いは限りなく続きました。
あい変わらず、目を放した隙におしっこ、うん子。
15分おきにおしっこをしているのではないでしょうか。
ケージの中では夜通し大丈夫。
注目してほしいから目の前でやるのでしょうかね。
一応検査に出したおしっこは異常なしとのこと。

夕食は残飯整理で、皿の上に残り物をのっけて“チン”。
主人とソファーに座って食べようとしたら、“超活動期”のキキがソファにジャンプ、残飯夕食が乗った主人の皿の上にランディング。
皿の上の食べ物はソファーの上に散らばり、それをジュンタとキキが食べまくる。
普通だったら、こんなときの主人の反応は“皿を流しに投げつけて、沈黙する”なのですが、さすが、私の意見を聞かず自分で選んだキキちゃんがやったことなので、文句も言わず、散乱した夕食をかたづけました。
その後私が食器を荒い、カウンターの上に置くと、それを狙って、ジャンプしたキキちゃんがかたづけた皿、その他がのっかった布巾を引っ張り、その上に乗っかったものがすべて床の上。
もちろん割れ物も出ました。
今度は私がそれを片付けました。
こうやってブログを書いている間中、キキはコントロールのきかない、リモコン車のようにキッチンを駆け回っています。

先日、誰かのブログで見たことです。
昨年のお金の落し物は、その前年より8000万円も多く、37億5000万円にものぼったそうです。
これは1985年以降最高となったそうです。
そして、この値は毎日1000万円ものお金が落し物として届けられるということです。
そのうち27億円は落とし主に返されたそうです。

日本っていいね。

反日在日朝鮮人、真っ黒いずぶずぶの在日野党員を排除したら、もっと良くなるんだけど。

来週の月曜日には日本に帰る飛行機の中。
それを夢見て、翻訳がんばっています。
これが終わったら、日本から帰ってくるまで絶対やらないぞー。

今、どういうわけか勝新太郎の座頭市のメロディーを聞いています。
今日は一日中翻訳をやっていましたが、津軽三味線、バック、コロッケなどなど、気の向くままいろいろの音楽を聴いていました。
いやー、しかし、勝新はかっこよかった。
もうこのような人は出てこないでしょうね。

ハブグレジュンタのマミー

コメント