退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#904: アメリカのニュースいろいろ

2017-08-31 20:37:06 | アメリカ便り
なんとなく、アメリカとロシアがまたまたコールドウオーには入っていきそうな感じがしてきました。
ロシアがロシアにあるアメリカ領事館を閉めるといえば、今度はアメリカがアメリカにあるロシア領事館を閉めると言うし。
トランプ大統領は、後世に残る歴史的汚点というか、これで戦争が始まれば歴史的犯罪者となるんではないでしょうか。

先ほどのニュースで、去年警察官が交通違反かなんかで引っかかった白人をなだめる(とその警察官は言っているけど)ために発した、テープに残された会話が問題となっているといってました。

白人:撃たないでくれ。
警察官:大丈夫、警察官は黒人しか殺さないから。あなたは黒人じゃないから殺さないよ。

だってさ。
この警察官は首になったそうですが、どうして去年起こったことが今頃発表になったのかわかりません。
以前も言いましたが、アメリカでは警察官も信じてはいけません。
もちろん逆らってもいけません。

ニュースでは社会のAI起用について述べていました。
日本で人口減少だから移民を増やして労働力を埋めようなんていっているけど、本当に必要なのかどうか将来も考えてから移民労働力を取り入れたほうが良いと思います。
まず、何でもネットで買える社会になってきているからデパート、本屋、ペットショップ、その他の小売店が必要でなくなる。
おまけに配達にはドローンを使うからクロネコも佐川も必要でなくなる。
日本で見た番組ではネットで、服の試着もできる。
工場はもちろんロボットだし。
自動で運転する車がちらほら出てきている昨今、将来各種運転手が必要でなくなる可能性が大である。
もちろん電車、地下鉄の運転手も要らなくなる。
検査用の血液だって自宅で、自分で指に穴を開けて採集し、そのまま自宅で検査。
手術はロボットができるし。
こんなことリストアップしたらきりがなくなる。
これからの労働力はサービス業に行くといってました。

今まで10人ぐらい必要だった仕事が、2,3人もいたら十分となる。
つまり労働力がそれほど必要でなくなる。
それも、この10年ぐらいで起こるだろうといってました。

だから、日本よ安易に移民を増やさないでほしい。
今、移民を増やしたら、後にマイナスとなるほうが大と思う。

となると、人間は何なんだろう?という疑問がわいてきます。

ハブグレジュンタのマミー
コメント

#903: 日本人が危機感を持たない理由

2017-08-30 20:56:59 | アメリカ便り
北朝鮮のミサイルが日本上空を通過しても、どうして日本人は危機感を持たないのだろうか。
その理由をいろいろと私ながら考えてみました。

1.マスごみの隠蔽的捏造的報道。
 新聞、テレビ、雑誌、がどうしてこうも口をそろえて反安倍政権を唱えるんでしょうか。
 そして真に大切なことを伝えないのでしょうか。
 そういったマスごみから100%情報を得ている、ネットを使わないジジババは良いカモです。
 ブログを見ていても???と言うようなものが多いです。

2.日本国民総馬鹿化TV番組
 年に2,3回帰る日本で見る番組は相変わらず、バカエティー番組で満開。
 見る気もしません。
 朝鮮に牛耳られている電通の日本人総馬鹿化計画。

3.多すぎる自称評論家が好き勝手なことを言っている。
 降伏しろとか、安保破棄、朝鮮と仲良くしようとか。
 公の立場で発言するんだったら、自分の言ったことに責任をとってほしい。

4.日本人の楽観的性格
 絶対ミサイルなんて落ちないよ、何とかなるんでない、と言う気楽さ(甘さ)。
 日本人の温厚さがマイナスです。

5.諦め
 何やってもミサイルが落ちたらだめでしょう、みんなで一緒に死ぬんだったらしょうがないと言った諦め。
 潔いと言えば潔い考えだけど。

6.1.のせいかどうかはわかりませんが、グローバルといわれているのに世界を知らない日本人が多い。
 世界全体が中東問題、テロ問題、人権問題、異常気象等で危機感を抱いているのに、日本はいつまでたってもお花畑感覚。
 デモ行為があるとしたら、反日デモぐらい。

7.一番の理由は、
 毎日の生活に忙しいから。
 と信じてます。

まだ、あると思いますが、今日はこの辺で。

ハブグレジュンタのマミー
コメント

#902: 朝鮮人は北も南も本質的には同じ。

2017-08-28 20:33:26 | アメリカ便り
北朝鮮が凝り性もなくまたミサイルを撃った。
今度は北海道を通り越して太平洋に落ちたそうだ。

故障して北海道に落ちたらどうするの?!
日本が破壊されても平和憲法9条は守らないといけないのですか?
わかりませんね。
日本がなくなっても平和憲法9条は残るのだ、そして日本は歴史に残るのだ、なんて馬鹿な左巻きの声が聞こえてきそうです。
日本がなくなったら平和憲法9条も無意味なんですよ。

朝鮮沖に出ていたアメリカ艦隊のイージス、島根だかどっかに運んできたPAC3はどうなってんの?
腹立つ、アメリカにいて腹が立つ。

アメリカのニュースではテキサスの洪水災害が大きく取り上げられていたけど、北朝鮮のミサイル放射のニュースはほんの2分程度でした。
こんなものなのです。
北朝鮮問題はアメリカにとっては、所詮“アチャラの問題”なのです。
関与している日本が強い態度に出なければいけないのです。

今日のお題です。
つくづく北も南も朝鮮人は朝鮮人と思います。
もちろんDNAには北も南も関係ないのだから当たり前でしょうが。

第一に朝鮮人は踊らされやすい(言い換えれば単純)。
政府が反日に向けば国民もすべてを忘れて反日に向くし、独裁者、金にしてもおなじで、あのパレードを見ればわかります。

第二にひがみ。
韓国は日本のすべてをひがんでいるし、北はどうして自分たちが他国と対等ではないということをひがんでいる。

第三に妄想
韓国は自分たちの国はサムソンとヒュンダイを作っているから先進国であると信じて疑わないし、北は核爆弾があるから先進国と信じている。
信じ込んだことはたとえ、それが嘘でも絶対に変えない。

第四にしつこい
慰安婦問題では何回も同じことを言って日本から金をせしめたり謝罪を要求したり、本当にしつこいし、北はICBMやら核爆弾やらを使って執拗に近隣に脅しをかけてくる。

第五に論理的思考ができなく、すぐにきれる。
つまり馬鹿、だから火病もちとも言われている。
説明しなくてもいいでしょう。

まだまだ考え付きそうだけど、やめておきます。

こんな国が隣国にある日本はかわいそうです。
日本人もその危険性にきづいてほしい。

いざとなったら日本を守るのは日本、日本人です。
72年前にアメリカの都合で作られた憲法、変えなくてはいけないのではないですか?

ハブグレジュンタのマミー


コメント (10)

#901:せこい

2017-08-27 20:51:35 | アメリカ便り
昨今私の睡眠障害は最悪となりました。
どんな睡眠薬も効かない。
常に頭の中で何かを考えている。
といっても真剣に考えているわけではなく、次から次へと考え事が走馬灯のように頭の中を駆け回っている。
1から数えて10まで数えることができない。
途中で考えが飛んじゃうのです。

そこで、娘に言うと、“抗不安剤を出してもらったら”と言う。
不安事はないし、退職の身、ストレスもない、いつも楽しいのだけど、もうやけくそなので試してみることにした。
35年来の私と一緒に年をとってきた主治医に電話をし“抗不安剤を出して”と頼むと、“いいよ”といってすぐ処方箋を薬局に送ってくれた。
この先生私の睡眠障害は良く知っているので。

2日間飲んだけど、寝れる感じがしない。
娘に言うと、“2週間ぐらい飲み続けないとだめだよ”、とのこと。
わかりました。
即決即行型の私には2週間も待つことはつらいですが、しょうがない。
しばらく飲み続けます。

今日は“せこい”についてです。

先日、娘から電話がかかってきました。
というか娘からは毎日2回は電話がかかってきますが。
“クリスティーにレストランの商品券40ドル分を買ったけどどう思う?”
クリスティーとは娘が地方の病院ローテーションのとき、モルモットにえさをやりに毎日来てくれた子です。
同じアパートに住んでいて、同じ学年の子です。
“40ドルね~、なんか半端でない?”と私。
“やっぱりそう思う”と娘。
いくら“お返し”という風習がないアメリカでも、どうせやるのだったらもうちょっと“切れの良い”数にしたほうがよい。

そうです、アメリカでは日本みたいにやったりとったりする習慣がない。
やったらやりっぱなし、見返りは絶対期待してはいけないのです。

40ドルと50ドルの差、たかが10ドルですが、その10ドルの差にはその人間の人格が見えるのです。

だから私は娘に言いました。
たかが10ドルであなたの人格を台無しにしたい?
娘、次の日にまたレストランに行って50ドルの商品券を買ったそうです。

たぶん40ドルと50ドルの違いなんて、鈍感、お返しの風習のないアメリカ人にはわからないと確信しますが、私も娘(半分)も日本人。
気高き日本人、せこくなってはいけません。

同じようなことをうちわや歌舞伎券で大臣職を失った政治家やら、その他タクシー代、飲食代をごまかした政治家にもいってやりたいですね。
せこいまねはするな。
コメント

#900:どこまでやるんだい?!

2017-08-25 22:04:12 | アメリカ便り
今日のニュースで北朝鮮が放ったミサイルが日本海に落ちたといってました。
性懲りもなくやっていますね。
いくら国連で北朝鮮に向けた経済制裁を決めても、アメリカ(といってもこれは国ではなく強欲な個人による)、中国、ロシアのように影で何をしているかわからない国があるから、制裁も何もあったものではない。
日本海沿岸に設置したPAC 3が打ち落としたとしたら、スカーっとするのですが。
ありえないのかしら。

でも今日のアメリカのニュースではアナウンサーが“日本海”とはっきりいってくれたのがスカーっとしました。
“東海”ではないですよ。

さて今日のお題ですが、これを読んでわかる人はいないでしょう。
先日の白人至上主義者達と反対派の衝突の後、今まで以上に、アメリカ国内では南部連合に関係した銅像が破壊され続けています。
あちらこちらに建てられた南部の将軍だったロバート E. リーの銅像なんかも撤去されています。
ほかにも数多くの奴隷制度に関連した像も取り除かれたり、取り除く予定となったりしています。

私が思うに、これはどこまで行くんだろうと。
あの有名なサウスダコタにあるマウントラッシュモアもアメリカンインディアン迫害に関与した人物が彫られているから壊すことになるのかい?
ジョージア州にあるストーンマウンテンもロバート E. リーを入れた南軍司令官3人がが彫られているから、壊さなければいけないのかい?
その他、コンフェデレト(南軍)を象徴にしているものはすべて壊すのかい?

そんなこといっていたら、世界中であらゆる歴史を破壊しなくてはいけなくなるのでは。

この考えは極端かもしれないけど、黒人たちの意見を聞いていたらありえることではないでしょうか。

歴史より憎しみ。
現在の時間で考えたら、南軍の歴史的建造物を壊すことは反対に白人至上主義者に対する差別となるのでは。
といっても私は白人至上主義者をサポートしたり、好きになったりすることは絶対ありませんが。
あんな馬鹿、知るか、、、といったら差別になるのかしら。
南軍の歴史的建造物をが壊されていくのを見ていると、タリバンやイスラム国が遺跡を破壊したことが思い出されます。

コメント (6)