退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

 #2076:私はどこでしょう?

2024-06-09 11:03:25 | アメリカ便り
前回のブログでリストにもう2,3件、入れたいことがありました。
―日本人の生活に支障が出るほど外国人観光客を入れるな、です。
―害人となっている外人観光客はブラックリストにどんどん入れてもう2度と日本に入れることなかれ。
と言うことで、外国人にはビザを発行して人数をコントロール。
更には反日国にはビザ発行は厳重、または却下。
先日の中国人バカチューバーによる靖国神社での醜態(石碑に放尿し、赤いペンキでToiletteと書く)や八坂神社での鈴のひもを引っ張り乱暴に何度も鳴らし、更にはその行動を注意した勇気ある日本女性に悪態をつき、おまけに告訴するぞ、と脅かしたりとしたイギリス人なんかは甘い顔をせずさっさと日本から追い出してほしい。
そして二度と入国させるな。
オーバーツーリズムにより京都の住民は本当に迷惑をこうむっていると思います。
観光客のおかげで通勤のためのバスにも乗れない、舞子さんや芸者さんは追っかけられ写真をぱちぱち取られるし。
日本人が暮らしにくくなった日本って、いったい何のメリットがあるんだろうか。
観光による公害人害の方が多いんじゃないでしょうか。
ごみ一つとってもすごい量なんじゃないでしょうかね。
無礼な害人観光客を相手にするサービス業の人達、更には日本人の心がすさんでくるが心配です。

これを書いていたのは3日、そして今は9日の朝。
その間に私はアメリカ・クリーブランドの娘の家から、またまた札幌の実家にワープしてきたのです。
姪からこの10年ほど寝たきりになっていた兄の死を知らせるメールが入り、そこからが大変。
まずは我が家に帰らなければいけないから、クリーブランドからセントルイスへの飛行機を探した。
娘と婿も一緒に探したけど、ない。
と言うことで娘が❝ここから2時間ほどのコロンバスからの飛行機で行けばセントルイスに8時25分につけるよ❞。
と言うことでその飛行機のチケットを買ってくれ、私はセントルイスから札幌までの飛行機を手配。
朝4時に娘が運転する車で婿も一緒にコロンバスへ。
セントルイス空港には息子が仕事を抜け出けだして迎えに来てくれ、我が家に連れて行ってくれた。
2時間でいろいろ用意し、またまた息子の車でセントルイスの空港へ。
ジュンちゃんたちは何が何だかわからない模様。
今回は2週間で帰ってくるからね、と言ってさらば。
2週間前に帰ってきたばかりなのに、またまた飛行機で日本へ。
羽田に夜9時について、そこのホテルで一泊し次の朝7時20分の飛行機で千歳へ。
千歳から札幌に行き、いつものように親切な頼りになるレンタカーのお兄さんが私の無理を聞いて待っていてくれた。
そこから兄の家へ行き、いろいろあったけど金曜日に無事火葬を終了。
あ~疲れた。
今は私が居る間に納骨をしたいので、その手続きをやっています。
あ~、めんどくさいなんて言ってられない。
アメリカ生活50年の私が日本の書類と奮闘しています。
ハブグレジュンタのマミー


#2075: 移民と難民の区別は紙一重

2024-06-02 07:01:10 | アメリカ便り
おはようございます。
我が家から車で9時間ほど離れた娘のところでさわやかな朝を迎えています。
昨日はふて腐っているジュンちゃんキキちゃんを残し、朝9時に家を出ました。
車の中は主人が育てた花の苗で満杯。
これら全部を娘の家の庭に移植するそうです。
主人にはもってこいの仕事です。
昨日の運転は天気も良く、私は時差ぼけを理由にずーと寝てました。
時差ボケでなくても私の運転技術を信用しない主人は、ほぼ毎度のこと一人でこの9時間の運転をします。
隣人アリッサも私より3日ほど遅れてタイから帰ってきました。
タイに住む息子夫婦の一人娘に会いに行ったんです。
10日間と言う短い滞在に片道26時間もかけて行ったそうな。
やはりいくら息子の家と言っても、嫁のいるところに長くはいられぬということで10日間と言う短い滞在でした。
せっかく行ったのに孫は❝ノー、ノー❞ばかりだったそうです。
私の孫と半年ぐらいしか年が変わらないので、テリブル2と言う反抗期が出てきたんでしょう。
我が孫も、❝ノー、マミー、ダディー❞ばかり。
このババには目もくれない、喜んだのは最初の一時だけでした。

さて先日のトランプの裁判でトランプが34件すべてに負けてしまいました。
民主党側の人達は❝民主主義は守られた❞とか、❝法を上回るものはない❞とかなんとかわめいていますが、果たしてそうなんですか?
陪審員(この陪審員選択にもいろいろ問題がありますが)が判決を下す前に判事が52ページだかにも及ぶ判決に関する細かなインストラクションを各陪審員に渡し、判断の選択を惑わしたともいわれています。
この後、トランプは最高裁に控訴するでしょう。
しかしながら、このように民主党に牛耳られている今のアメリカの司法は正当に機能していない状態だし、FBI はもちろんのことCIAも同様に崩壊している。
これで売電が11月の大統領選に勝ったらアメリカは崩壊します。
このトランプの敗訴が発表されるや否や、一日で75億円がトランプに寄付されたそうです。
国民も怒ってます、売電側の好き放題に。
日本の国民も怒ってくださいよ、日本の日本人のためにならない案を考えついている政治家どもに。
―まずは外国人への生活保護受給廃止。
―外人による日本の土地買収を、禁止とまでは(言いたいけど)いわないが規制。
―外国人実習生だか何だか知らないが、体のいい低賃金労働者の斡旋を規制。
  こういった低賃金外国人労働者は必然的に国内の犯罪を増やすだけ。
  コンビニの数を半分に減らしたり、セルフチェックを増やすだけでも外人
  労働者の大幅減少ができる。
  ちなみにAIが言うには移民は増やさなくてもいいそうです。
―いつのころからか流行りだした派遣さんなんて言うけちな雇用システムを廃
 止し、企業に若者が労働意欲を持てる正規雇用と給料支払いを要請。
ー人類すべての人が ❝難民申請❞できるような不安定な世界において、申請を
 してくるすべての人に移民を許していたら福祉の整った日本の福祉は壊滅
 態になり、日本人が福祉を受けら
 れない状態になる。
 だから日本への難民申請は却下、ロシアや中国に行ってもらう、難民申請す
 るぐらい自国が悪いんだったら中国やロシアでもいいでしょう。
 例の埼玉県川口市のクルド人は難民でも何でもない、ただの不良移民。
 日本から追い出しましょう。

となればいいな~

ハブグレジュンタのマミー








#2074: 知床にサッカー場サイズの太陽光パネルだって

2024-05-29 21:25:33 | アメリカ便り
おはようございます。
今、アメリカは水曜日の朝です。
先日日曜日はひどい嵐に見舞われました。
ちょうど息子夫婦がいつもの夕食にきていた時です。
空が真っ黒に豹変し、携帯は竜巻も合わさった嵐到来を知らせる警報で鳴り出す始末。
孫は怖がり❝うちに帰ろう‼❞と半泣き状態。
更にはゴルフボールより少し小さいぐらいの雹が、家のあらゆるところにたたきつけるように降ってきた。
キッチンの大きな窓が割れるんじゃないかと思うくらいでした。
あのような嵐は経験したことがなかった。
外にとめてあった車は全部雹の影響であちらこちらにぼこぼことひっこみができてしまった。
息子の車は窓ガラスにひびが入ってしまった。
と散々な目にあった夕食でした。
昨今世界各地で天地異変が起きています。
環境保護団体なんかは、きっとこの天地異変もCO2だとかなんとかいうんでしょうが、私はもう何回も言うようにこれは地球の周期であると思う。
専門家も❝CO2が天地異変を起こしている証拠は確認されていない❞といっている。
地球は今、南極と北極が入れ替わる過程にあり、更に地球の地軸の角度が増していると言われている。
こっちの影響の方がCO2濃度がどうのこうのより、地球サイズ、宇宙規模を考慮すると真実味(でもないか)があると思う。
あえて言うなら、人口増加を止めたほうがいいし、あちらこちらでドンパチやっている戦争やら内戦を何とかしたほうがいいと思う。
こちらの方がよほど多くの汚染を作っていると思う。
私が思うに、SDGやら環境どうのこうのこうのって、結局は政治家や資本家が儲けるための手段でしかないと思う。
それに乗らされ、太陽光だ風力だとか言って自然をボンボン破壊していってる企業って何なんですか?!
ラムサール条約で守られているはずの釧路湿原に広大な太陽光パネル畑ができ、今回聞いた話では❝あのパワハラ横暴ヨサコイ❞長谷川岳議員が知床にサッカー場の大きさの太陽光畑を計画中だそうだ。
と言っても斜里町町長はそんな話(太陽光畑を作ることか、そのサイズのことを知らされていなかったかははっきりしないが)知らないと言ってるそうな。
え!、どうして世界遺産の土地にそんなでっかい太陽光畑を作ることができるんだか訳わからないですが。
ラムサールにしても世界遺産にしてもそこに存在するものを守るためにあるんじゃないですか?
知床にしても例の知床遊覧船沈没が二度と起きないように、ってなことで計画されたようなんですが、もとはと言えば船長や運営会社が違法に運営していたせいで起きた事故なんです。
その責任を知床世界遺産がかぶるとは。
太陽光パネルと船舶事故防止がどうつながっているかははっきりしませんが。
要は80%の太陽光パネルのシェアーを誇る中国の利権を欲しいが為なんでしょうね。
私の想像でしかありませんが。
そしてそのパネルはほとんどがウイグル地域で作られているそうですよ、ウイグル人をイジメて。
そんな中国に加担している日本の政治家、いったい誰のために政治をしているんだか、わかってはいますが。
だから今の政治家の数を半分にしろ、そして敗者復活戦のような比例代表をやめろと言ってんです!

ハブグレジュンタのマミー

#2073: アメリカサービス業はミニマムにってしてますよ。

2024-05-25 20:51:40 | アメリカ便り
また、デブと賢くない人で溢れたアメリカに帰ってきました。
羽田からの全日空はほぼ満杯。
しかしながらこの2,3年、全日空の質(サービス、CA、餌と言ってもいい感じの食べ物))の低下が目立ってきた。
上っ面の良い中身のないCAが増え、12時間のフライトでトイレの掃除もしないなんてことが行きと帰りの便で気づいた。

*私はどういう訳か(多分、一度飛行機の中でトイレに行きたいのに着陸態勢に入ったことでトイレに1時間ほどいけなかったという、死ぬほど苦しい思いをしたことによる恐怖心からと思います)、12,3時間のフライトの中、最初の6時間ぐらいはトイレに行かなくてもいいのですが、その後の6時間余りは1.5時間おきにはトイレに行っているのでトイレの状態には非常に詳しいのです)。そしてこの3年ほどはトイレに一番近い通路側と席を決めているのです。

トイレットペーパーはなくなりごみ入れがあふれかえっている、なんてこと以前の全日空では見られなかったと思う。
以前は2時間おきぐらいにはきれいになっていたのに。
日本中どこへ行ってもきれいな日本のトイレは有名なことなのに、日本の玄関的飛行機の中でこのような状態であるのはちょっとね。
1月に起きた海上保安庁の飛行機と全日空機の衝突では、全日空のCAが見事な連携プレイで乗客全員を助けたのは素晴らしい事でしたが、、、、
食事も実にひどくなった。
会社の利益を食事の質と量を減らして上げようという魂胆が丸見えの昨今の機内食である。
中身のないサービスやら汚いトイレなんて言うようなことはアメリカではごく一般的なもんですが、それが今は日本でも、特にCAと言う教養があふれ、高給取りと言うイメージのサービス業でも行われているとは、日本を日本人を日夜崇拝している私にとっては悲しいことです。
でも、これらのことなんてアメリカのサービス業と比べたら微々たること。
今回はシカゴでの国内線への待ち時間がいつも4時間あるので、カウンターで早いのにしてくれるように頼んでみたら2時間近く早いのにしてくれた。
でも問題は預ける2つのスーツケースのこと。
シカゴで❝チェックがまるでない税関チェック❞をやるので(私はグローバルエントリーと言う、水戸黄門様の印籠のような入管も税関手続きもほぼフリーパスと言う手形を持っているので)、いったんシカゴで荷物を受け取り税関を出たところでまた航空会社にそのまま引き渡すのですが、今回はそれをしないでカウンターに行って早い便にしてもらってから確認してスーツケースを預けようとした。
早い便にしてもらってから、❝スーツケースのタグを早い便のに取り替えなくてもいいのか?❞と聞いたら、❝ノープロブレム❞ と答えた。
それを信じたが、スーツケースを預ける時にも聞いたら、これまた❝ノープロブレム❞。
❝あんたたち自分たちの能力を過信してんじゃないの❞、と心の中で思ったのだが。
先日の学力に見合った知識を持ってるかどうかを調べるテストを、シカゴとその他いくつかの州の中学と高校でやったら、その結果は信じられないくらい悲惨なものだったのを知ってんのかね(はっきりした数字は忘れたが一桁から30%以下だったと思う)?!、と疑ったがそっちがそういうならしょうがない。
これが、私の最終地での3時間半待ちにつながった。
2つのスーツケースの内、1つは早い便で私と同時に着いたが、と言ってもこの荷物を受け取るのに30分待たされた、荷物用のランプが壊れたという理由で。
もう一つはオリジナルの便での中、と言うこと。
もちろん私は航空会社のバカボンズに文句を言ったら、❝それはあんたの責任だ❞、と言われた。
なんで私の責任になるんだ!、私はカウンターの人にも荷物係りにも聞いたんだぞ!と食い下がったけど、馬鹿で自分の与えられらたミニマムの仕事しかしないアメリカ人を相手にしても無駄。
今に見てろ!、社長あてにメールを送るから!
結局は3時間半、空港でまずいBLT(ベーコン、レタス、トマト)サンドイッチを主人と食べて時間をつぶしました。
荷物は無事は無事私のもとに帰ってきました。
皆さん、今まで星の数ほど言ってますがこのようにアメリカでは日本のようなサービスを期待したら絶対ダメです。
サービスと言う簡単そうで簡単な仕事には、❝相手の気持ちを考える❞と言う実にコンプレックスな思考能力が必要だからです。
賢くないアメリカ人には絶対に存在しない能力です。
50年近くアメリカに住んでいる私が言うので本当です。
と書いて次の日になりました。
家に着いたらいつものごとく、山々、いやここには山がないので丘丘に響き渡る、長い間の留守を責める声と嬉しさを表す声が混じったジュンちゃんキキちゃんの叫びに出迎えられました。
今日は空っぽの冷蔵庫を満たすため、スーパー(普通のスーパーと遠くにあるアジアンスーパー)に行き、それから買い出し荷物の整理です。
明日はいつもの日曜日と言うこともあり、息子一家が夕食にやってくる。
孫のかわいい顔を見ることができる!
一日遅れで羽田をたった娘夫婦、無事順調につけばいいけど。

こうやってまた私のアメリカでの生活が始まる、10月に日本に帰ることを夢見て。

ハブグレジュンタのマミー



#2072: あ~忙しかった。

2024-05-23 11:13:17 | アメリカ便り
おはようございます。
只今千歳空港で、9時発の羽田行きを待っております。
昨日はいつものごとく家の掃除をし水を止め、近所に挨拶をして10月までの留守を伝え、札幌駅北口でレンタカーを返し、千歳のホテルに一泊。
だんだんこのルーティンがしんどくなってきましたが、あと10年は頑張るぞー。
と期待はしているものの。
千歳空港について、❝9時の出発までは楽勝だ!!❞と思ってチェックインに行くと、優しいお姉さんが❝今夜の9時出発ですね❞っだって。
❝うっそ‼‼❞
マイルで買ったチケットなので、タダで朝9時出発便に変えてもらいました。
70才になったとたん体力と能力がともに急激に減少。
今日は先に東京に行っていた娘夫婦といつもの東京の友達夫婦と会って遊びます、といつものアメリカに発つ直前まで遊びまくっています。
体を酷使したいつもの日本帰国、楽しいけどいつまで続けられるか心配になってきましたが、アメリカに帰ったらジュンちゃんキキちゃんと競歩的散歩をこれからも続けていかなくては。
老化は足に出る、と言われていますが今回の日本帰国でも私の早歩き・大股はまだまだ健在なようでした。
さて、今回の帰国では長らく親交のあった迎えのお姉さん(私より2つ上)が3年間の胃がんとの闘病の末、残念ながら亡くなられました。
まだまだこれからと言う人生でしたが、72年の人生は悔いのなかったものと思います。
私のように常に何かをしていた人でした。
去年10月には我が家の恒例のBBQには夫婦でやってきてよく食べていたんです。
本当に残念です。
着物のリフォームをやっていたので、直線縫いしかできない私が着物地で作ったドレスを見せに行ったら目が輝いていました。
多分、自分でもまだまだ作りたいと思っていたと思います。
これからは帰国してもあの向かいの台所の窓からは、遅くにならないと明かりが漏れてこないのかと思うと悲しいです。
久しぶり、と言うか日本の葬式は母と父のにしか出ていなかった私ですが、大勢が出席したお通夜では隣にいたレイちゃんの真似をして祈りをあげてきました。
人間はいつか死ぬんですが、私のように70歳となり、子孫に恵まれた私にとってはそれが一つの人生の段階でしかないように思えてくる。
また次の人生が、その意識は全くないであろうがやってくる気がする。
ある牧師さんが言った言葉が頭に残っている。
❝人間は死ぬために生きている❞、だって。
正直、私はこの言葉を聞いて腹が立った。
ちなみに母の葬式で坊さんの説法に頭が来て、黙って喪主的存在であった私が席を立ったので、葬儀社の人達に止められた私ですが。
キリスト教が信じている人生っていったいどんな人生なんだ!
みんな人生を生きるために生きている。
死を考えて生きている人なんて誰もいない。
痩せほとりベッドに横たわっていた向かいのお姉さんでも、最後まで生き抜こうとしていたし、私もそれを信じていた。
でもキリスト教では、端的にいえば❝地獄に行きたくなければ神を信じなさい❞なのである。
日本でキリスト教が栄えなかったのはここにあると思う。
つまり、キリスト教は非現実的。
江戸時代にやってきたフランシスコ・ザビエルが言ってました。
日本人は賢すぎてキリスト教の布教は難しいと。
日本人には常識と仏教の教えが心の奥底にある。
だから平和なんであろう。
日本ほど良い国はないんです。
日本に住んでいる人には理解しがたいかもしれませんが。
平和だからぼけ老人が多いのです。

ハブグレジュンタのマミー