退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1510: 無茶苦茶でごじゃりまする:日本版とアメリカ版

2020-11-29 01:15:26 | アメリカ便り

おはようございます。

今朝はなんとマイナス2度。

鳥の水飲み場の水も凍っています。

そろそろヒーターを通さないとダメでしょうね。

我が家の天気予報士によると来週はもっと寒くなるそうです。

今日は花菱アチャコです。

と言ってもこの名前を知っている人って55才以上の方ぐらいでしょうね。

アチャコが言った言葉、❝無茶苦茶でごじゃりまする❞を行っている、今の日本、アメリカ、いやあえて言えば地球全部でしょうか。

この43年間住んでいるアメリカ、今まで何度も❝無茶苦茶でごじゃりまする❞、と感じたことはありますが、昨今ここまで来たかと改めて感じています。

まるで暗黒映画を地で行っているアメリカ社会でごじゃります。

と言ってもアメリカ国内でもその暗黒さを知っている人の数と言うのは少ないと思います。

昨今の私の様にネットを駆使し情報を得ようと試みないとわからない暗黒さです。

偏向報道計り知れない主要メディアによるテレビニュースや新聞を見るだけだったら本当に闇は見えないでしょう。

これは日本社会でも言えることです。

ネットでもピンからキリまであるからどれが正しいか、独断的偏見に富んだ判断は勿論必要です。

しかし独断的偏見に富んだ判断ができる立場に自分をもってこさえるには、努力が必要です。

つまりいろいろな情報収集、つまり❝知る権利❞を最大限に活用する、と言う努力をしなくてはいけないのです。

と言うことで私は昨今アメリカ大統領選挙に関してのネットに入り浸りです。

多分アメリカ人である主人よりも詳しいと思います。

でもアメリカ政治の仕組みがよくわからないので難し、単語も辞書を見ながら理解していかなくてはいけません。

それで思ったのは、アメリカの選挙システムって❝バッカじゃなーい❞。

選挙システムばかりではなくすべてにそれを感じるのです。

私が以前勤めていた会社の様に何重もの層があって、仕事を分担化するが終いにはその分担された仕事がかみ合わなくなる。

一時会社に存在する層が多すぎる(平から社長まで14層あったとかで、7層まで減らそうと言う試みがありました)と言うこと変革が試みられました。

兎に角、必要以上に複雑化するのがアメリカ社会の特徴と感じます。

何でこんなにめんどくさ、と言うか複雑にするんだか

選挙開始が実際の選挙の1年以上前からお祭り気分で始まり、資金集めにハッチャキになり毎週のように資金調達金高をテレビで競い合う。

選挙自体も❝選挙人制度(州の人口で人数が決まる)❞とかを取り入れているため、2016年の大統領選挙の様に人気投票では勝ったけど、選挙自体では負けたヒラリーのようなことが起きる。

投票自体だって人の流動が激しく戸籍制度もないアメリカ社会。

おまけに8000万票ほどが郵便投票だって、ちょっとね

開票、特に郵便投票の開票なんたらさっぱり。

兎に角、これだけ複雑化されたらいろいろなところでごまかしがきくでしょうに

単純化された方がごまかしが見えやすいと思うけど。

おまけに今回の様にドミニオンシステムがネットにつながっていて、開票結果がいかようにでも操作することができるなんて、デジタル化ならでの裏技も使える

ドイツでアメリカ軍によって押収されたドミニオンのソフトウエア―にはそういった裏技の証拠がいろいろ隠されていたそうな。

昨日はトランプ弁護士軍団のペンシルバニアでの敗訴が決まったとの発表があり、非常に落胆しました。

証拠に確証がないと言うことで。

いったいどれだけの証拠が必要なんだよ、と思いましたが。

兎に角、トランプ軍団は連邦最高裁に提訴するそうです。

しかし今朝明け方、いいニュースが入りました。

ペンシルバニアは2つの組織から提訴されていました。

一つは敗訴したトランプ軍団からで、もう一つはペンシルバニア州上院下院議員による訴訟です。

これにはうれしいニュースで証拠審問が終わり選挙は違憲との結果を勝ち取ったそうです。

そして選挙人指名が議会によって決定されるそうです。

この朝一で来た知らせは、youtube.com/watch?v=K4dZz8uFvnA&ab_channel=カナダ人ニュースで知りました。

しかしこの信憑性はまだ確かめていませんので。

この動画サイトも最近見るようになりました。

トランプ軍団、この敗訴はある程度予測していた感じがします。

トランプ軍団やパウエルさんにしても非常に深く策を練っている気がします。

バイデンさん、刑務所に行くのが嫌なので大統領辞退と言う噂がたちました。

これはうわさに過ぎないと思いますが。

そして習近平がついにバイデンにお祝いの言葉を送ったそうです。

これはバイデンに対して、❝お前も同じ穴のムジナ❞、と言う同行愛から来たもんで、そのことを忘れないように念を押すためとのうわさもありますが、私は当たっていると思います。

日本の皆さんにわかってほしいのは、トランプが戦っているのはアメリカばかりのためではないのです。

世界のためでもあり日本のためでもあると思います。

それぐらい中共の暗躍はあちらこちらに忍び込んでいます。

トランプが負けたらちょろい日本なんかもう終わりでしょう

そのことを踏まえて、大統領選を見ていてほしいと思います。

決して他人事ではないのです

メディアの偏向報道がアメリカと同じくらいひどい日本。

でもそのひどさってアメリカ人も日本人もだいぶ気付いてきたと思います。

とネットで情報を得ている私は感じます。

しかしながら、あのC国王毅外相何のために来たんだか呼んだのか、さっぱりその意図がわかりません。

でも日本側の意図が見えたかも。

ずばり親中

今一生懸命トランプがつぶそうとしているC国に、日本は再び手を貸そうとしている。

菅総理、見えてきた気がします。

最後に、外国人入国が緩和された11月1日以降、武漢ウイルスが蔓延している日本にこれ以上の緩和をC国と約束した日本政府、それなのに日本人に対しては営業時間短縮やら外出停止を促す日本政府、いったい誰のための政治をしてるんだ。

ほんに無茶苦茶でごじゃりまする。

ハブグレジュンタのマミー

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

#1509:クラーケンは❓ 茂木ってどこの国?

2020-11-27 00:09:17 | アメリカ便り

おはようございます。

今日はサンクスギビングです。

日本で言えば収穫祭/感謝祭でしょうか。

元となったのは、1621年のピリグリム達の収穫祭だそうです。

収穫祭と言えば思い出すのが学生時代。

バイトを探してくるのが上手な女衒(失礼)のような友達(選挙カーのウグイス嬢、駅のお菓子屋さんとか)がいましたが、いろいろなバイトをクラスメート紹介してくれました。

ある時大きな屋内競技場で豊穣祭がありましたが、そこで芋やらなんやらを売ったのを覚えています。

と関係ない話ですが、そうです今日は感謝祭。

いつもなら10人から20人くらいのお客さんでにぎあうのですが、今年はコロナの影響で招待したのはガラスアーティストの夫婦だけ。

息子と嫁さんはマスクしてちょっとだけ顔を出すとのこと。

本当に良い子たちですね。

寂しいことです。

主人は毎年この時ばかりは年1回の料理人となり、美味しくない、でかくて見栄えだけが良い七面鳥やらサツマイモ、クランベリーソースと言った伝統的サンクスギビングディナーを作るのですが。

毎年冷凍庫に余った七面鳥がいつまでも残ることになり、結局はジュンちゃんキキちゃんのスナックになってしまいます。

今年は鶏肉は絶対食べない友達なので、海系です。

まだはっきり決まっていませんが、昨日は一応伝統的パンプキンパイを作りました。

後は天ぷらかしらね。

ま~、おいおい決めていきます。

しかしながら、今年は武漢ウイルスのため楽しさが半減してしまいました。

来年はワクチン打ってたくさん遊ばないと、時間がもったいないです。

娘は昨晩8時から勤務が始まり今朝5時に終わったそうですが、それから少し寝てから3時間ほど離れたところにある婚約者の実家へ行くそうです。

この婚約者はイタリア系なので、家族親戚がしこたまいます。

でも今回のサンクスギビングは両親と妹だけだそうです。

と言っても陽気なイタリア人、どうなるやら。

でも親も常識があることを願います、二人が医者であることを忘れずに。

娘は夜勤明けで家で寝ていた方が良いのですが。

おまけに金曜日はまた夜勤だし。

かわいそうに疲れるだろうね。

昨日娘が言ってましたが、最近銃で撃たれた子供が増えていると。

トランプが挽回してくるに伴って、BLMやら共産主義/社会主義者の暴力革命が始まってきている気がします。

シドニー・パウエル弁護士が❝クラーケン(海に住むタコのような怪獣)が放たれた!❞ と言ってましたが、まさにその時が来た気がします。

これからトランプ陣営の反逆が始まります。

脅迫、不正の限りを尽くした今回の選挙、クラーケンで全部やっつけましょう。

先日、オバマ、バイデン、カマラなどのツイッターのプロファイル写真が突然白黒になったそうですが、一説では(都市伝説的ですが)、❝クーデター開始の合図だ❞とかいう人もいるそうです。

フェイスブック、ツイッター、グーグルのアカウント監視、偏向が疑われています、と言うか疑いではなく真実ですが、こういった都市伝説が真実に聞こえる昨今の大手テックメディア体制、社会体制です。

FBI, CIA, CSIS, 民主党,C共、社会主義/共産主義、いろいろ絡み合ってすべてがディープステイト的なアメリカ社会です。

トランプさん、そしてトランプ陣営、クラーケンでやっつけてくれ。

しかしながらアメリカ大手メディアはいまだに、バイデン大統領で推し進めています

先日話したGSA局長に対する家族、ペットに対する脅迫の話なんかまるっきり放送されません。

更にはGSA局長マーフィーさんが、❝移行を承諾したことにより、私はトランプから解雇されるだろう❞とウソの報道まで、PBSと言う寄付で成り立っているテレビ局のニューススタッフが言うに及びました。

まっことひどいものです。

日本では、❝なんでC国外相なんてよんだのさ?❞、と言う訳の分からんことをして、❝尖閣はC国領土❞とまで日本のテレビで放映させるんだから、たまらん。

C国の宣伝をただでやっているんだから

おまけに茂木、握手の代わりに率先してエルボーバンプだって、あほか?

日本の領土を盗もうとしている国の外相をわざわざ招待して、ニタニタ笑いながら握手だって。

お前は魂を売ったのか❕❕

こういうのって見るに堪えれない。

まけにお外務省のホームページには❞外国人参政権賛成❝に近いことまで書きやがって。

日本の政治家、いったいどうなってんの?

私が43年間アメリカに住んでいてもアメリカ国籍を取らず、日本国籍のままでいる理由を喪失させるな、馬鹿ども!!!

ハブグレジュンタのマミー

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

#1508; GHQにより洗脳された戦後日本 Vs 金と共産党/中共により洗脳されたクリントン政権以降(?)のアメリカ

2020-11-25 01:38:58 | アメリカ便り

おはようございます。

日本の3連休、各地の観光スポットが大盛況だったようですね。

特に見た記事では京都清水寺がすごかったです。

観光客、特にC国人が少ない日本の観光スポット今のうちに充分満喫してください。

いつまでも続きませんよ、C国、K国人の少ない日本国の観光地なんて。

C国、K国の経済が壊れ始めている(と言うか、もうだいぶ前から傾いてきてはいますが)昨今、一応は緩いながら入国制限があるので、CK国人が津波のように押し寄せてくると言ったことはありませんが、その入国制限がなくなった時が怖いです。

特に菅総理の立ち位置が❝ちょっとね❞、と思わせるものになってきた今は。

先日読んだ記事では、武漢ウイルスの感染場所ってこういった観光地と言うより、やはり飲み屋、カラオケ、行っちゃいけないような場所(わかりますよね)などの屋内で密になる場所、と書かれていました。

健全なアウトドア―だったらマスク、手洗い、蜜を避けると言った常識を使えば大丈夫なようです。

さてとアメリカ大統領選の話です。

いや~、実にいろんなことが起きています。

色々考えているうちに、これは中共と金によるアメリカ社会、国民の洗脳であると感じる

昨日夕食の時に見ていた(子供たちがいなくなった典型的一般家庭の夫婦、つまり会話がなくなった夫婦、テレビを見ながら夕食なんですよ)パブリックTVと言って、寄付で成り立っているテレビ局があるんですが、その曲のニュースが偏向まっしぐら。

CNN, ABCなどの主要メディアと同等の変更報道です。

この局、今後、寄付が少なくなるんじゃないかね、とは思うけどニュース以外は良い番組を見せているので、大丈夫なんでしょうが。

この傾向は去年まではそれほど激しいものではなかったんですが(と言うか、私がそれ程気にして見てはいなかったせいもあると思いますが)、選挙が近づくに伴ってひどいものとなってきました。

選挙が終わってからのバイデンVsトランプの戦いとなってからは、実に醜いものとなってきました。

昨日のニュースはより一層ひどかった。

このトランプ一筋の私でも、❝あ~、トランプさん、もうダメかも❞、と思わせるものでした。

隣で、おでんとサバの味噌煮をおいしそうに食べている主人に、❝トランプもうだめと思う❓❞、と聞いたら、素直にうなずいた。

と言うぐらい失望させるものでした。

内容はGSAと言ってアメリカ政府の総務係的な部門がバイデン大統領移行についに金を払った、と言う物です

今までバイデン移行を認めず、頑張っていた女性のマーフィーGSA局長がついにバイデンが大統領移行(初期移行)を認め、更にはトランプも移行を認めたといってました。

しかしながら偏向報道の本質を見抜けないと馬鹿を見るんです

マーフィーさんは家族やペットまで脅迫されていたそうです

更には、素直にバイデン大統領を認めたのではなく、この先、結果次第では移行はないものとなるとまで書いていたそうです。

おまけにGSAの建物の前ではBLMだか何だかのくそ団体が、何体もの黒の死体袋を寝かせ❝金出せ!!❞抗議活動をしたそうです。

マーフィーさんは自身の身はもとより、家族、ペットの安全、他のGSA局員のの安全のため、そのためトランプさんの勧めで大統領移行の初期段階だけは許可したそうです。

トランプもその脅迫のことを知っていたため、マーフィーさんの苦労に’感謝し、これ以上の脅迫を阻止するため、マーフィーさんの労と忠誠に感謝し、初期移行を許可したそうです。

汚いですね、民主党/バイデン(ま~この人は呆けているから何が起きているかわからんかもしれないが)/共産主義

自分の目的のためにはどんな手段をも使うとは。

更には敏腕シドニー・パウエルさんのトランプ弁護団からの脱退ニュース。

これにはショックでしたが、ユーチューブを検索しているうちに真実が明らかになってきました。

3つのポイントが明らかになりました

1.パウエルさんはこの先民主党員ばかりではなく共和党議員までも告訴しなければいけなくなる可能性が あるため(ともに共和党員であるジョージア州知事や州判事の様にドミニオンから’金をもらっていた可能性がある)、トランプ陣営に所属していたらトランプさんの立場を悪くすると言うことでトランプ陣営から脱退した。

2.パウエルさんは軍事弁護士となり反トランプ陣営、其の他暗躍する共産主義団体を国家反逆罪で起訴する考えを持っている。

ジュリアーニ/ウッド率いる弁護団は民事訴訟面からバイデン陣営をやっつけ、パウエルさんは刑事訴訟面からドミニオンを含めた暗躍団体をやっつける。

3.パウエルさんは❝We The People❞と言う非営利団体を組織し、資金の確保をするそうです。

この非営利団体には世界中から募金がされるだろうから、外国からの資金援助が禁止されているアメリカ政治家の下ではできない。

そのため、パウエルさんはこの非営利団体を開設するに伴ってトランプ陣営から抜け出したと言う説もあります。

いずれにしてもトランプ陣営は健在です、安心してください。

これからもいろいろと捏造、偏向報道が続くと思いますが、昨日の私の様にちょっとネットを調べれば真実(少なくとも私にとっては真実です)が見えてきます。

と言ったところで、またしてもアリッサの主人から、反トランプ団体からのニュースが送られてきました。

読む気もしないですね。

 

ハブグレジュンタのマミー

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

#1507: 死者2000人の武漢ウイルスをどう考えるべきか。トランプの図り事

2020-11-23 01:28:10 | アメリカ便り

昨日夕方、無事丸2日滞在の娘の所から帰ってきました。

着いた日は娘の婚約者の手作りピッザ。

さすがイタリア系、と思わせるおいしいものでした。

次の日は天ぷら、そして次の次の日はすき焼き、お前にサケのおにぎりをたくさん作って冷凍、と相変わらず母の❝飯炊き女❞業は終わらずでした。

孫なんてできたらもっと頻繁に飯炊き女として呼ばれるだろうね。

先日結婚した息子は、❝孫のおもりができるうちに子供を作った方が良いな~❞、なんて親の年を考慮してくれましたが、、、

私は今の好き勝手な生活が良いのだけど。

みんな、❝孫は特別よ❞なんていうけど。

私が子供ができた時、友達は、❝へ~、子供嫌いのあんたがね~❞と言ったものです。

まだ遊びたいです。

さて、トランプさん着実に大統領再選に向かっていると思っています(信じています)。

ジョージアでの再集計でまたしても敗れたと言ってますが、私好みのユーチューブを見ていると、再集計自体も不正のやり放題だったようです。

トランプ陣営も再集計にはたいして期待していなかったようで、法的判断に任せることを最初から狙っていた気もします。

私はいろいろな情報をまとめると、トランプ陣営って考えがすごく深いと思います。

すべての可能性を考えてことに及んでいると思います。

あえて言えば、こういった民主党/バイデン/ディープステイトが不正を絶対行うと言うことを熟知して今回の大統領選に及んだと思う。

そしてその不正の塊を一匹2匹なんてちゃっちいことをせず、全部ひっくるめて捕まえようとしていると思います(信じます)。

私の隣人、アリッサのご主人は強い反トランプなようで、私が❝トランプ良いです、GoTrump❞と言ったとたん毎日のように反トランプの記事を送りつけてきます。

最初の2通ぐらいは返事を書いていたけど、もう無視です。

私はこういった状況においては、❝好きにしたらいいでしょ、あんたの考えを変えるつもりも毛頭ないし、私の信条をあんたに言われたからって変えるる気持ちもない❞、で行ってます。

どうして、人の信条に対してはっちゃ気になるのかわかりません。

❝好きにしたら❞じゃダメなんでしょうかね。

先日書いた❝アメリカ軍、ドイツにあるドミニオンを差し押さえ❞と言う記事の信憑性がわからないと書きましたが、事実だったようです。

そして、差し押さえたサーバーの中に、今回の不正選挙とバイデン/民主党/ディープステイトのつながりが見えたそうです。

これはのちに行われるであろう裁判で明らかにされるそうです。

しかしながら、私の隣人、子供たちを含め、バイデン押しの人達はこういった状況をどう思っているんでしょうかね。

次々に出てくる不正の数々、230ページ以上にのぼるそうですが。

これらすべてをアメリカ主要メディア、日本老人向けメディアは❝証拠がない❞って煽っていますが、これだけの証拠、私でさえちょっとネットを調べれば山ほど出てくる証拠をどうやって無視できるんでしょうか。

それが不思議なんです。

知る権利を放棄、一番やってはいけない権利放棄をしているとしか思えません。

若者はトランプ押しで、老人はバイデン押しだそうです。

少なくともこれからの世界を背負って立つ若者が知る権利を活用していることに希望が持てます。

武漢ウイルスですが、今日見たYahoo. Japan のニュースに死人が2000人を超えたと書いてありました。

あるブログには❝1年間で2000人の死亡者って大問題にしなければならないことなの?❞と書かれた記事を紹介していました。

まっことその通りです。

毎年3万人は超える自殺者、餅を詰まらせて死ぬ人、インフルエンザで死ぬ人、交通事故で死ぬ人、ガンで死ぬ人、いろいろなことで死ぬ人はたくさんいますが、どうして2000人の死者を出した武漢ウイルスでこれほど騒がれなければいけないのか私にもよくわかりません。

勿論後遺症も問題にされていますが、それを考えれば他のどんな病気や事故も同じことと思います。

あえて言えば、回りの人間、主要メディア、そして急に髪の毛をカールしたり化粧が濃くなった医者でもないおばさん(誰でしょうかね?!)、そして偽専門家、なんも知らないくせにクッチャべっているタレントのないタレント達が毎日毎日しつこいぐらい暇なテレビ人間たちを煽ったせいでしょう。

アメリカは別問題で死人はもう26万人ぐらいです。

毎年殺人で死ぬ数は約19000人、インフルエンザで死ぬ人数は毎年約35000人、心臓病で死ぬ人は約66万人、ガンで死ぬ人は約61万人。

この数を見て皆さんはどう思うか私は知りません。

クリーブランドからの写真

ハブグレジュンタのマミー

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

#1506: クリーブランドです

2020-11-21 00:36:28 | アメリカ便り

おはようございます。

水曜日の朝に家を出て、9時間運転してまたまたクリーブランドです。

強風注意報が家を出る時も昨日も出ていましたが、今日はそれほどでもないようです。

昨日は娘と婚約者と4人でNatural Histry Musium に行ってから、夕食の材料(天ぷら)を買いにマーケットへ行ってきました。

私たちが家を出た水曜日にこちらはロックダウンまでとはいかないまでも、❝必要のない外出は避けるように❞と言うことで、再び閉まったところが多くなりました。

せっかくコンテンポラリーミュージアムに行こうとしたのに、またまた閉店。

今日はこれからどこかの滝を見に行くそうです。

しかしながらニューヨーク州知事のクオモの会見を見ていると、本当に❝こいつは馬鹿だ❞、と言う気がしました。

それからカリフォルニアのポマード男ニューサムも馬鹿です。

こんなのが州知事に居座っているカリフォルニア州民、ニューヨーク州民はかわいそうです。

何でもかんでもトランプのせいにしようとしています。

待てよ、他のカリフォルニア Lawmakers/政治家たちも不用意な外出は避けるように、と言うお達しが出ている中ハワイにミーティングと言うか観光旅行へ行くと言う不祥事をしでかし問題になっていますね。

常識ある判断ができない政治家と言うか人間は、その下にいる人間(州民)を不幸にすると言うことの証拠がカリフォルニア、そしてニューヨークなんではないでしょうかね。

ニューヨークはとにかくかわいそうなことになっているようです。

都市の空洞化が進んでいるそうで、今後の復興も難しいとのこと。

昨今のアメリカ社会はとにかくバイデン新大統領で推し進めようとする気です。

バイデン側はトランプ側が新大統領移行に協力してくれない、と言うばかり。

当り前じゃん、決まったわけじゃないんだから。

と言ってアメリカ社会では私のような気持ちを持った人間の意志は無きに等しい感じですよ。

もうバイデン新大統領一点張り。

賢くないアメリカ人は、ほぼ100%のアメリカ主要メディアが言うことを疑いも持たずに信じるんですよ。

そんなのネットや小さなインディペンデントの番組を見たら、どれほど確証があるかわかるのですが。

兎に角、私の周りからもトランプ負けがしみついてきた気がします。

トランプさん、私は信じてますよ。

いかにバイデン民主党は汚い選挙集計を行ったを。

ポンぺオが言うように、❝第二次トランプ政権への意向はスムースに行われるでしょう❞。

先日撮った三日月さんです。

ハブグレジュンタのマミー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加