退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1179: 借金地獄

2019-03-22 09:28:34 | アメリカ便り
今日はサイディングの最終日、3日目。
このメキシコ人4人は、朝7時半から6時半までよく働いています。
リテイニングウオールの時の、朝9時から3時だった携帯片手のメキシコ人3人とはまるで違う。
一か月もかかったはずだ。

リテイニングウオールの時もそうだったけど、こちらではこういった大々的な仕事を終えたワーカーにお小遣いをげるのです。
大した額ではないですが、日本ではない習慣です。
なんでもチップの国ですから。

35年住んで初めての化粧直し。
ものすごくよくなりました。
新品の家みたいで、築50年には見えません。
どうせだったら早くにやっておけばよかったけど、私も主人も借金と‟めんどくさいこと”が嫌いなので、今までしませんでした。
借金漬けのアメリカ人には珍しいのです、私の主人は。
アメリカ家庭の平均収入は$55.000ドル程度(2017年)、そして、家やら車やら入れた借金は平均$140.000ドル程度(2017年)だそうです。

この借金は以下の通りです(2017年)。
クレジットカード:$17.000
車ローン:$30.000
学校ローン:$51.000
家のローン:$185.000

日本でも住宅ローンが平均1000万程度だそうです。

これらの値はあくまでも統計で平面的なもの。
いろいろなインパクトは含んでないので、‟わー、アメリカ人って借金漬けだ”ぐらいに考えてください。
家のローンって、日本人にもアメリカ人にもごく普通です。
以前アメリカ人お友達が‟借金を作らなきゃ、信用度が上がらないんだよ!”と言ったことがありました。
普通に考えると借金がない方が信用度が上がりそうなものだけど。

人間地道に行くのが良い、と思っている私にはわかりませんが。

月がとっても明るいから、、
オリンパスStyluxは、本当に良い。







ハブグレジュンタのマミー

コメント (2)

#1178:腹立つ

2019-03-20 10:08:16 | アメリカ便り
私はキッチンのテーブルでブログを書きますが、今朝はサイディングが始まりドンドンガンガンすごいです。
このぼろや、そんなに、ゴンゴンドンドンやったらぶっ壊れそうなので、非常に心配です。

相変わらず、働くのはメキシコ人。
5人やってきましたが、みんな英語が99%通じないメキシコ人。
本当にトランプさん、大丈夫なの、メキシコ人を締め出したりして。
黒人と白人じゃ、こういった重労働、働く人がいなくなるよ。

腹が立つって、なんだと思います。
東京福祉大学ですよ。
ただでも少子化が進む日本で、大学やら学校ばかり増やしてどうすんだい。
減らさなくてはいけないんじゃない。

この大学、学校って外人(3国人)のためなのかい、と本気で思わざるを得ない。

おとといのニュースでは東京福祉大学から、700人の留学生が行方不明となっていると話していました。
更には過去3年では総1800人もいなくなったそうです。
この大学(ばかりではないでしょう)の悪質なところは、行方不明を発表する前に、この700人を除籍にしたそうで、つまり、行方不明者は0人としたことです。
なんと悪質。
教育機関がこんな悪質な詐欺、ねつ造をするとは、日本の教育機関、それも最高学府も地に落ちたものです。
そして、常に話題を豊富に提供してくれる文科省(ばかりではないですが)、‟あんたら、いったい何やってんの?仕事してるのかい?”
天下り先ばかり心配して仕事しているんじゃない?

私は昨今、本当に日本の将来が見えない。
韓国、ロシア、中国にもなめられているようじゃ、日本のご先祖様たちに申し訳ない。
私が、アメリカで‟なめるなよ!”を何のためにやっているかわかっていない。

安倍首相が韓国にいまだはっきりとした制裁を加えていない(と思う)のは、きっと制裁を加えて、南北朝鮮人が難民化して日本にやってきたらこまるからかな~。

ハブグレジュンタのマミー







ウエストバージニアから





娘のマッチングデイから












コメント

#1177:平等平等と草木のなびくが、、、

2019-03-19 10:49:32 | アメリカ便り
今週、我が家はサイディングをやってもらいます。
築50年ちょっとの家(私たちが住み始めてから34年)、初めてのお化粧です。
林の中に立つシーダーサイディングの家と言う、鳥(特にキツツキ)たちにとっては楽園のような大きな巣箱の家。
穴だらけですよ。
朝早くから、‟ドドドド”とB29 爆撃機のような音を立てて、サイディングをほじくろうとしているウッドペッカー、そしてその穴をさらに大きくし、断熱材を散らばして屋根裏に住むリスの足音に、これで悩まされることもなくなる。
ざまーみろ、新しいサイディングはビニールだ!!

主人は、最初、金属のサイディングにしようかと考えていましたが、‟このぼろ屋が金属のサイディングを支えることができるわけがない”との、私の一言で、ビニールにしました。

家を買った当初、主人の両親(と言うか、主人を除いて、この家族はみな非常に物質主義者)に、‟こんなぼろや、早く売った方がいい”と言われ続けられたっけ。
そんな家に35年も住み、子供も立派に旅たたせましたよ、ざまーみろ。

住み始めて34年で、窓を総入れ替えし、リテイニングウオール(坂に立つ家なので、坂をずり落ちていかないようにする壁)を全部あたらしくし、屋根を張替え、今度はサイディング。
後はデッキなんですが、これは来年でしょうね、金がないから。

平等の続きですが。
昨日も言いましたが、人間としての基本的平等は誰にでも‟与えられる”べきです。
しかしながら、その基本的平等と言うのはそれが一定以上となると国、慣習によってさまざまと思います。
国によっては、人間としての基本的平等の定義、さらには民主主義の定義も違うと思います。
それを一本化し、みんなが同じ‟平等”、”民主主義”を持とうとしたり、欲したりすると混乱が起きるのです。
‟平等”、‟民主主義”と言うものは国(国民)それぞれで、試行錯誤し建設していくものと思います。

そういう段階を自国で踏んでいかないと、名前だけの平等やら民主主義となってしまうのです。

つまり、他国の影響を受けて出来上がった民主主義、平等は混乱を起こすだけ。
韓国、アフリカ諸国が良い例と思いますが。

私の結論を言えば、‟平等”‟民主主義”と草木もなびくが、そのなびく方向と言うのは360度あるのです。

ハブグレジュンタのマミー






コメント

#1176: 平等

2019-03-18 08:10:27 | アメリカ便り
土曜日に娘のところから帰ってきました。
ピッツバーグ空港に向かうハイウエイでは雪がちらついていました。
マッチングデイも無事終わり、娘は行きたかった所へ行けることとなりました。
でも娘のこと、‟あっちの方がよかったかな?!”。
いつも、ないものにあこがれる娘です。
これからこの大学病院で3年間小児科で研修医としてトレイニングです。

あとは5月に卒業式と引っ越し。
なんとなくこの先も娘には振り回されるでしょう。
頻度は減ると思いますが。

家に着くとアリッサから映画(アポロ11:ドキュメンタリー)のお誘い。
後、10分で出るとのことで、急いでジュンちゃんキキちゃんと少しだけ遊び4人で映画館へ。
今年アポロ11の50周年記念なんです。
1969年6月16日(娘の誕生日)、ケネディーの夢を乗せたアポロ11は月へと出発。
宇宙基地の映像を見て何よりも驚いたのは、‟わー白人男ばかりだ”。
当時のアメリカ宇宙計画って白人男性主体。
NASAはほぼ100%白人男性。
映画の中では黒人は一人しか見ませんでした。
女性もごく数人。
先日、‟Hidden Figures:2018放映" と言う、1961年に宇宙計画を陰で支えた黒人女性3人(実在したエンジニア、数学者、コンピューター)の映画を再度見たばかり。
こういった黒人女性(男性も)がもっとたくさんいたら、今のアメリカ黒人の人権ももっと上がっていただろうし、差別も今よりはよくなっていたと思います。
この黒人女性たち、実力で地位を築き上げて行ったところがすごい。
実力で、法律を変え、慣習を変え、パーセプション(黒人は黒人)を変えていった人たち、人種にかかわらず尊敬しかありません。

1961年、まだ本格的黒人運動なんて始まっていなかったときに、個人の実力だけでここまでやるとはすごいことです。

1960年代の黒人運動後、黒人はいろいろ獲得しましたが、黒人と言うだけでいろいろ特権を与えられました。
私自身、アメリカ白人社会でさえも差別と言うのは受けたことも感じたこともないので(単に私が鈍感で態度がでかいというだけではないと思いますが)、黒人の立場でものをいうことは避けたいのですが、一般黒人にとって、今の平等と言うのは、道のりは大変でしたが、いざ始まってみると‟空から降ってきた”的物のように感じます。
つまり、与えられたものにすぎない。
白人の間にだってすべてが平等か?と言えばそれはあり得ない。
ごく一般的、白人用黒人用のトイレが無くなったとか、人間としての根本的平等はアメリカ社会では普通に存在する。
でも与えられた平等、つまり根本的平等で満足してはいけない。
今の黒人(ばかりではなく)に必要なのはそれ以上の平等を、獲得しようとするモーティベーションと思います。
今はどうかわかりませんが、以前は黒人と言うだけで、特に黒人女性なんかは成績がそれほど良くなくてもアイビースクール、医学部に行けたり、就職も良いところにできたました(逆差別)。
私の勤めていた製薬会社は、私の周りに黒人は二人しかいませんでした。
それもまるっきり働かず(一人はテクニシャンで、グループで宝くじを買う時だけ、腰を上げる女性、もう一人は労働時間会社で最短の男性)会社にとっては金をくれてやるだけの存在でした。
でも会社はもっと黒人を雇わなければ、政府から黒い目で見られるということで、リクルートに出かけましたが、黒人のサイエンティストなんてそうめったにいるわけではない。
結果的に能力を下げてもいないということで、やめたようです。
私が行った3流大学の大学院でさえ、一人だけいた黒人男性はすぐにドロップ。

一定水準に達した後の‟平等”は、努力しなければ得ることができないということを、今の黒人は理解すしなければいけないと思う。

ハブグレジュンタのマミー




コメント

#1175:くだらないですが読んでください。

2019-03-14 10:37:35 | アメリカ便り
おはようございます。
無事ボーイング737に乗って娘のいるウエストバージニアに着きました。
娘は小さなアパートに主人と私を残して仕事に出かけました。
昨日は家を出る1時間ほど前に、アメリカ政府がボーイング737Max8、9全てをグラウンド(つまり、飛行させない)すると発表。
いざ飛行機に乗ってみると、安全パンフレットに機種737ー800、737ーMAX8と書いてある。
一体この飛行機はどっちなんだ?!
と、ほかの乗客の顔にも“心配”が出ていた。
CAもその顔を読んで“この飛行機はMAXではない方、800ですよ、安心してください。
この飛行機は日に2本しかない直行便なので、満杯。

いつもなんですよ、直行便というのは。
おまけにコネクションが遅れているという事で、最後の一人を待って15分遅れ。
この最後の一人は横にも縦にもでかい黒人女性。
のったりくったり歩いてきて、おまけに手に持っているハンドバッグを荷物棚に入れようとして、どれもこれも満杯の荷物だなを開けたり閉じたり。
最後は、無理ということになり、座って、ハンドバッグを座席の下に入れた。
その間、満杯の飛行機はシーンと静まり返っていました。
みんなきっと同じことを考えていたでしょうね。
”クソバカデカ女、お前のせいで飛行機は遅れているんだ、ハンドバッグ一つぐらい下に入れろ、下に”、っと。

日本人だったら、こういう時は
遅れたコネクションから走りまくって、この飛行機に到着、荷物を持っていようが全てを座席の下に突っ込み、まず座り、早く飛行機を離陸させようとする。
日本人っていいな〜。

今日は短く。

ハブグレジュンタのマミー
コメント