退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#762:シロアリモニターと国際裁判所

2016-10-29 10:40:08 | アメリカ便り
最近、テレビコマーシャル(アメリカ国内)でよく見かける面白いものをご紹介します。

ある家にシロアリモニターがやって来ます。
検査の最中その家の娘が階段を降りて来る際、シロアリのために腐った階段が崩れ落ちました。
シロアリモニターは、"はい、シロアリにやられています”と言って、請求書を書いて家主に渡し家から去ろうとします。
家主は呆れ顔で、シロアリモニターに"シロアリは駆除しないのか?”と尋ねます。
シロアリモニターは、"私はモニター(つまりシロアリがいるかいないかをしらべるだけ)です、駆除はしません”と言って家を去っていきます。

デンタルモニター版もあります。
歯医者に行ったつもりの患者がデンタルモニターに虫歯をチェックしてもらいます。
デンタルモニターは患者の口の中を見ながら、”やーこれはひどい虫歯だ”と言って、お昼を食べにオフィスを出て行こうとします。
患者は、"治療しないのか?”とデンタルモニターに尋ねると、”私は虫歯があるかないかを調べるだけです”と言って昼食に行った。

このコマーシャルを見る度に、先日のフィリピンからの訴えで、中国の領海侵害は違法であると決定した国際裁判所を思い浮かべます。
違法と決定したけど、その違法を正す法的行使権限は国際裁判所ないとのこと。
つまり国際裁判所は"シロアリモニターやら、デンタルモニターのようなただの"モニター”でしかないのです。
それを妥当か無駄かと感ずるのは人それぞれでしょうが、"法は行使してこそ、法律として成り立つ”と思う私はこの国際裁判所のあり方は無駄としか思えません。
行政細分化のためかどうか、素人の私にはわかりませんが。

昨日国連で"核兵器禁止条約”が成立されたそうですが、日本はアメリカ、韓国、アメリカ、NATOとともに条約成立に反対したそうです。
日本は核兵器禁止姿勢で、1960年代には"核拡散防止条約”を国連に提出し採択されました。
これは段階的に核兵器を縮小していくことを目的にした条約ですが、その後縮小どころか、パキスタン、インド、北朝鮮と行った国々が核兵器をを保有したことによって、その本来の目的が達成されていない状態にあります。
そして今回は、"核兵器禁止条約”です。
一体どうやって行使するか先行きを見たいと思います。
国連も国際裁判所同様、ただのモニターのような気がしますが。

ハブグレジュンタのマミー
コメント

#761:過労死

2016-10-28 11:19:54 | アメリカ便り
相変わらず日本では時間外労働、過労死が問題なようですね。
1ヶ月100時間、中には200時間 の時間外もあったそうです。
一般的に1日8時間労働で週五日ですよね。
という事は週40時間で1ヶ月で160時間ぐらいです。
と考えると100時間200時間の時間外労働がいかに非人道的かわかります。

私も時々、本当に時々、締め切りに終われ睡眠時間を削って仕事をすることがありますが、そんな仕事をしている時は常にそんな仕事を引き受けた自分と、非現実的な締め切り時間を求めて来た会社に対して腹立たしく思いながら仕事をしています。

"社員に時間外労働を課す会社も、時間外労働しなければ仕事を終えることができない社員も脳力不足である”と聞いたことがあります。

非人道的時間外労働を課す会社(と言うより、マネイジメント)は社員のことをまさに、”取り替えの効く猿”ぐらいにしか思っていないでしょう。
と、これは時間外労働は課せられなかったけど、私たちが会社のマネイジメントから言われた言葉ですが。
もちろんアメリカの会社です。
私は27年間製薬会社の研究員として働きましたが、私自身時間外労働をほとんどしなかったし、している人をみたこともほとんどありませんでした。
別に”会社も会社員も脳力があるから時間外労働が必要ではなかった”なんて事は言いませんよ。
要は、仕事は仕事時間内に終える(やめる)ものという概念が備わっているのです。
もちろんアメリカのすべての会社がそうだとは言いませんが、アメリカに四十年住んでいて、時間外労働、過労死をニュースで聞いた事は十年ほど前に1度だけです。
それだけ、アメリカでは時間外労働は希な事です。
これもアメリカ社会を反映しています。

日本は社員に期待できるがアメリカは期待出来ない。
と言うか、社員だけではなく、人に期待が出来ないのがアメリカ社会です。
身を削ってでも期待に応えるのが日本社会。
そんなことするのアホらしい、自分が大切と思うのがアメリカ社会。

と言う事は極端な話、期待されなければ良いのです。
そんな事日本社会、日本人を相手には成り立たないでしょうね。

つまり、日本が日本である限り、時間外労働、過労死は無くならないでしょう。

ハブグレジュンタのマミー






コメント (2)

#760: 大麻問題にフィリピン大統領

2016-10-27 11:12:44 | アメリカ便り
札幌の気候はセントルイスの天気より変わりやすいですね。
朝、天気が良いな〜と安心してたら、言った舌も乾かぬうちに(ちょっと極端ですが)、雲がニョキニョキと出てきてあめが降る。
昨日はよりさんの古くからの友達を訪ねる為、小樽へ行ってきました。
よりさんの四十五年来の友達だったのが、よりさんのボケに伴い、いつの間にか私の30歳上のお友達となってしまった。
朝、出た時は晴天だったのに、回転寿司を食べ、イオンの店を見て回り、花園だんごでだんごを買って帰るときには土砂降りでした。
終わりかけの紅葉のアサリ峠では先日降った雪に、霙が容赦無く叩きつけていました。

この人2、3日、日本のテレビを賑わしているのは高樹なんとかの大麻問題とフィリピン大統領の暴言と横暴な態度でしょう。
高樹なんとかさんは先日大麻の医療用使用許可を訴えて、参院選に出馬しましたが、6万人という非常識な人たちのサポートを得ただけで、無事落選しました。
でもこんな人をサポートした政党がいたというから、政界の無知非常識がどんなものかわかります。
しかし、医療用大麻は、世界あちらこちらで使われている、効用は証明済み(なんてことはありません)。
そんな魔法の(これは私の言葉です)薬を禁止している法律のほうが悪い、と開き直り的な意見が社会に通用すと思うばかですね、この高樹なんとかさんは。

アメリカでも大麻は違法です。
医療用という事で使用を許している州もありますが。
コロラド州では医療用大麻解禁となったせいで、路上生活者が増え問題となっています。
大麻を必要とする病人は大麻ではなく、他の薬をたよるでしょう。
ちなみに私が四十年前にアメリカの大学に進んだとき、寮に3ヶ月ほど住みましたが、すごかったですよ。
何がって、大麻(マリファナ)使用が。
寮に住んでいるほとんどの人がやっているのではないでしょうか。
匂いでわかります。

開き直り的と言えばレンホウさんやその取り巻きそして、いわゆる知識人も同じようなことを言ってましたね。
2重国籍を違法とする法律自体がおかしい、日本は後進国だと。
これも開き直り。
こんなことを言っていたら、法律なんていらなくなる。
ちなみに民進党員の少なくとも3分の1が在日と言われていますが、蓮舫さんみたいな2重国籍者は一体何人くらいいるのでしょうかね。
最近蓮舫さんお国籍問題、話題になっていませんが"うやむや”にしたまま終わってほしくないですね。

あのフィリピンの大統領日本に来ましたが、”何故来たんだ、誰が呼んだんだ?”。
"後進国からやって来たトランプ”ぐらいにしか私には思われませんが。
目先のエサしかし見えていないお山の大将、ドトルティ。
外交なんてことは、援助を受けることぐらいしか考えていないのでしょう。
それでて、日本をパートナーと呼んでいる。
パートナーではないでしょう。
パートナーは持ちつ持たれつの関係であって、フィリピンと日本の関係はパートナーではありません。
日本は将来どのような関係になるかもわからず、賭けと奉仕で援助をしてくれるありがたい国なんです。
それを、財界人(?)との夕食会には40分遅れてくるは、ポケットに手を突っ込み、シャツ姿で現われる。
なんちゅう人だ。
おまけに言っていることはコロコロ変わるし。
こんなの相手にして日本に良い事はないでしょう。

今日はゆったりとしたひと時を送ることにします。
そうだ温泉に行ってこよう。

ハブグレジュンタのマミー
コメント

#759:医者に行ってきました。

2016-10-21 07:33:12 | アメリカ便り
みなさまご無沙汰いたしております。
今朝5時に目が覚め(というか私の睡眠は熟睡というのが2、3時間であとは覚醒睡眠とでも言いましょうか、なんとなく睡眠と目覚め状態が半々という感じの睡眠なのですが)カーテンを開けると、なんと雪が積もっていました。
札幌は1センチぐらいとのこと。
私がいる南区は2センチは積もったのでは。
さすが北海道。
温暖化なんのかんのといっても、私の期待を裏切らず10月に雪が積もってくれました。
でも今日中には消えるでしょうが。

月曜日に実家に着いてから腹具合が悪く、水曜日にはついに久しぶりの高熱38、2度がでてしまいました。
金曜日には友達4人で温泉一泊、そして土曜日にはクラス会と続いているのでなんとかよくならねばという焦りから、水曜日は即レイちゃんお薦めのクリニックに行ってきました。
女の先生で、確か私と同じ年の午年と聞いたことがありました。
テキパキ、的確という私の大好きなパターンの先生でした。
熱は夜までには下熱薬を飲まなくても下がりましたが、腹の調子はまだですね。
5日分の薬が飲み終えるまでには治ると良いのですが。
やはり、日本へくる前1ヶ月のはちょっと忙しすぎました。
つかれが出たのでしょう。
ヤクルト、ヨーグルトも飲んで体調を整え、これからの遊びに備えたいと思います。

トランプ、3回目最後の討論会でまたまたバカな発言をしました。
でもそれ以上にバカなのは、そんトランプを未だに指示しているアメリカへ国民でしょうね。
それだけ、アメリカ国民は"藁をもすがる思いか無知か”なのでしょう。
今までトランプが言っていることを聞いただけでも、"えーこの人政治を知らない”と常識を持っている人はわかるのですが。
やはり、トランプサポーターは常識を欠いた人が多い。

ではまた。
ハブグレジュンタのマミー

コメント

#758:日本よ、台風がやってきますよ。だいぶ勢力が落ちていますが。

2016-10-17 06:07:47 | アメリカ便り
只今、シカゴオヘア空港です。
セントルイスを1時25分に出発。
遅れることもなく順調にやって来ました。
7月にムスコと日本へ帰ったときはセントルイス発が大幅に遅れ、シカゴ発
成田行き全日空に乗り遅れユナイテッドとなってしまった。
今日はセントルイス発を1時間早めの飛行機に変えて(75ドルかかりました)ゆったりとした時を送っています。
今、ビールを飲みながら書いています。
8ドル30セントで 10ドル出してお釣りはティップ。
旅行に出ると気前が良くなるんです。
しかしながら、7月の日本帰国から帰ってきてから非常に忙しい時を過ごしてきました。
締めは息子の手術。
今朝手術以来始めてのシャワーに入るため、手術したところをプラスチックとガムテームでカヴァーするため、足の毛まで剃ってあげました。
今日はガールフレンドが迎えに来てアパートに戻るそうです。
母親のいない家にいたってしょうがないでしょうね。
あの主人と二人だけでは息がつまるでしょう。
かわいそうなジュンちゃんはしばらくの間我慢です。
娘も今の所、あきらめて頑張っているようです。
息子とは正反対の頑張り屋の娘、自身を持って学生生活頑張って行って欲しいです。
息子が娘に電話した時、”僕も長らく、不安発作に悩まされた”と娘に打ち明けたそうで、それを聞いた娘は少しは気持ちが楽になったようです。
誰しも大なり小なり不安発作はあるのです。
発作があることを心配しないで気楽に考えていけばよいのです。
言うのは簡単ですが。
不眠と同様、不安発作では死なないでしょう。

今日は成田に着くのが夜8時半頃。
成田に一泊ですが、今回は成田駅近くのコンフォート成田というところ泊まります。
朝食がついて5500円。
成田空港から京成で次の駅ですが、日曜日の夜という事で電車がすぐ来るかどうかわかりませんが。
タクシーだと3000円ぐらいだそうです。
着いたら考えよう。

ではまた。
ハブグレジュンンタのマミー

と書いて、ホテルに無事着きました。成田で電車が30分後という事でタクシーにしました。
タクシーの運転手さん、羽田空港の国際便増加の影響がだんだん押し寄せてきたといってました。

コメント