『晴れた日には・・・』 -介護と畑と自分の時間-

日々の雑感を綴りたいと思います。

生協からの買い物

2014年07月30日 | 日記
仕事柄、毎日の食料品の買い物は困難で
それで、生協を利用して
もう30年近くになる。

昔はすべてが「人の手」だった。
集金して、お金と引き換えに品物をもらったり
グループの当番が、注文をまとめたり・・・
「生協」を私たちも一緒に運営している、という感覚が強かった。

でも・・・・
合併し、統合され、
生協の中身が様変わりしたように思う。

先日購入したプルーンのひとつがすでに腐っており、
そのため、周りのプルーンも傷み始めていた・・・・

品物の状態を話し、交換の依頼を連絡すると
「急ぐのか?」と聞かれた。
さて・・・・・
これは生もの、このままおけば、もっとひどくなる・・・
それに・・・・
こういう品物を販売してしまったことをなんとも思わないのかしら?
その品物を一刻も早く見て確認したい、と思わないのかしら?

あくる日やって来た担当者の言葉
「流れ作業でやっているので、
 こういうこともあります。」
「えっ?・・・・・・・・」

私は次の言葉が出なかった。
スーパーで品物を選んで買うように、
生協の注文では手にとって選ぶことはできない
店側を信頼して注文しているのだ、
客の目になって、品物を選んでもらわなければ
こうした注文購入の意味がないではないか・・・・

「生協、脱退しようかな・・・」
と、思った瞬間だった。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

「ずく」を出して・・・・・

2014年07月27日 | 日記
夏本番!
今日も暑い!です。

おかげで野菜がたくさんとれます。
収穫した野菜を何とかしなければなりません。
ご近所に配るって言っても、みんな農家です。
息子たちの所にもそうそう送るわけにもいきません。

今日は、茄子、トマト、きゅうりが
それぞれ大きな笊にいっぱい・・・・・


          

茄子は、からし漬けと塩漬けにしました。

トマトは瓶詰めにします。
昨年は、8月中旬にした、と思います。
まだ、昨年の瓶詰めが5本ほど残っていました。

なにしろ、こういう作業って
本当に「ずく」がいります。
「ずく」とは、この地方の方言で
う~~~~ん、「やる気?」「本気?」
うまい標準語がありませんねえ・・・・

さて、トマトの瓶詰め、です。
大なべでお湯を沸かして、湯剝きをします。
     

冷水にとって・・・・・
     

     

薄皮をむいたら、適当な大きさに切って
瓶に詰めます。
   

蓋をしたら真空に・・・・
常温でも保存が効くように。
一昨年まで、
母が元気な時に作っておいてくれた瓶詰めが
いくつか蔵に残っていました。

今日はあれだけのトマトで、8本ほどできました。
   

子どもたちが小さかった頃、
母が作ってくれたこのトマトの瓶詰めは
おやつにもなり、料理の隠し味にもなり
熱が出た時の病人食にもなりました。

今は、母から引き継いで私が作ります。
息子たちは大人になった今でも
懐かしがって食べてくれます。

本当は、寒い冬場に食べるのが一番おいしいのです。

さあて、胡瓜はどうしましょうか・・・・?
今日はもう、これ以上できません!
「ずくなし」を決め込みましょう。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

泣いたり笑ったり・・・・(お弁当9)暑くても・・・・

2014年07月26日 | 保育
梅雨が明けて、本格的な夏がやってきました。
毎日、本当に暑いです!
一日の仕事を終えるとぐったり!です。
毎日、遠くのほうで頭痛がするのは
夏ばて(熱中症)なのかもしれない、と思ったりします。
それにしても
この暑さの中、母は元気です。

今週のお弁当、です。

7月22日(火)

ごはん 小女子 白ゴマ
メンチカツ
野菜のてんぷらの煮浸し
ハムサラダ
ぶどう

21日の疲れは、22日の朝も続いていました。
野菜のてんぷらは、前夜のものを煮浸しにしたものです。

7月23日(水)

ごはん きゅうりの佃煮
鰊の煮付け
ポテトサラダ
小松菜のお浸し
ぶどう

たくさんきゅうりが取れたので
生姜やピーマン、インゲンと一緒に煮詰めて
佃煮を作りました。
ポテトサラダは1センチ角に切って固めにゆでて
きゅうりとトマトをマヨネーズ・塩コショウで和えた
簡単なサラダです。

7月24日(木)

ごはん いなご 白ゴマ
ホタテのソテー
レンコンの煮物
きゅうりのサラダ
みかん

7月25日(金)
この日は川遊びの日、
私は朝6時には家を出たので
この日は母のお弁当は作りませんでした。
前夜に買っておいた、いなりずしの折り詰めを
お弁当として置いていきました。

7月26日(土)

ごはん いなご 白ゴマ
味噌カツ
卵焼き
ブロッコリーのサラダ
ブルーベリー

土曜日ですが、私が土曜保育当番で
1時までの勤務だったので
母のお弁当を作って出掛けました。
私のお弁当も母と同じメニューです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏の一大イベント!川あそび

2014年07月26日 | 保育
このあたりの保育園では、
40年以上も続いている年長児の夏の行事「川あそび」

市の中央には天竜川が流れていますが
その川に流れ込む支流のはるか上流(山に近い場所)で遊びます。
この川遊びは、保護者会の役員の皆さんの
協力なしてはできない大掛かりな行事です。



こうした川あそびは、
アウトドアが好きなご家庭では
夏場の恒例なのかもしれませんが、
今の時代は、こんな田舎であっても
こうした経験のある子どもたちが本当に少なくなりました。

魚つかみをしました。


その魚をその場でさばいて炭火で焼きます。
焼いた魚をおやつに食べました。




自分で捕まえた魚・・・・
命のあるものを頂く・・・・
中には、食べることに抵抗を示す子どももいますが
私たちの食べているものには
すべてのものが「生きている」「命がある」
(たとえ、野菜たち、果物たちでも)
それを、口に入れるのだから
「いただきます。」なのだ、ということを教えます。
残さず、大事に食べる、ということを教えます。

水は子どもたちは大好き!
川も大好き!
でも、自然は時には怖ろしい、
山の天気は変わりやすい、
遊びながら、
川の水の冷たさ、
雲の動き、風の流れ、
そんなことを肌で感じさせ、気付かせながら
危険のないように川遊びを楽しみます。




大人がお膳立てする行事ではありますが
このことをきっかけに、
家族で川遊びが楽しめるようになるといい、と思います。
そして、地域にある自然を大切にしながら、
その自然の中で遊ぶことの大切さを
再認識してくれるといいな、と思っています。

河原の草花、水辺の生き物
自然の中での活動は
たくさんの発見と、たくさんの「初めて」の世界がいっぱい、
そして、教えられることもいっぱいです。

それにしても、この日は本当に暑かった!
山の中でも、こんな高地でも・・・・・

役員の皆さん、本当にありがとうございました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本格的な、夏!!

2014年07月25日 | 雑感
つゆが明けて3日目
本格的な夏が来た!!

地元の中学生の集団登山が始まっている。
きっと今朝は、頂上からはご来光が拝めたはず。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加