坂の上のピアノ教室

おうちの方にレッスン室の様子、日頃思っている事をお知らせするためのblogです。

何回も弾ける

2018-11-13 | 伝えたいこと
ピアノ教室には、大人の生徒さんも何人かいらっしゃっています。

現在も、過去も、大人の生徒さんは子ども時代にある程度ピアノのお稽古をしていた方が多いです。

ソナチネや、ショパンのワルツくらいまで進んでいた方もいます。

私のところに来るようになった最初の頃、大半の方が

「そんなに どの音も、どの音も、キッチリかっちり弾いてくたびれませんか‼️」と、言うような弾き方をしています。
はっきり言って五月蝿い🙏

聞いてみると案の定

「はい、ハノン1曲を最後まで弾いたら、腕のスジが痛くなって、2回は弾けません😓😓」

とか、「練習曲の半分まで来たら腕が痛くなって、大変です😢」

とおっしゃいます。
実はワタシもそうでした!
チェルニー30番や40番や50番、、、弾き始めて次のページの半分くらいまで言ったら、くたびれて4や5の指が上がらなくなってました。

今、みんなに目指してもらっているのは、
「何回弾いても、疲れない弾き方」

昔、「キッチリ、くっきり、はっきり、しっかり」が良いと教わってきた大人の生徒さんや

大きな音楽教室で、短い限られた時間で、「弾ければOK!」のレッスンを受けてきた子どもちゃん、


脱力、と言葉で言うのは簡単ですが、これがなかなか難しいです。

「よい意味で、いい加減っぽい弾き方してください。」
「っぽい」が大事。
真のいい加減、じゃなくて、
いい加減っぽい(笑)

子どもの場合は、
弾くのをやめてもらって、
何か楽しい話をしたり、
外に出て公園のブランコに乗って帰ってきてもらったり、

弾くことから、気をそらすと、ちょっと変わります


何年もかかる場合が多いのですが、ちょっと弾いたらくたびれちゃう五月蝿い音の行列が、
ある日、スーっと、力が抜けて、

「あら、なんか変わりましたね!」と言う日が来る(はず)

そんな日に出会えたらしあわせです

コメント

合体!👀

2018-11-11 | レッスン室から


むらさきバーナム を使っていると、↑ こういう 「晴れ」(長調)と

「くもり」(短調)の 練習があります。


 オレンジバーナムに進むと

「晴れ」と「くもり」が 1つの曲になっています









いま、むらさきバーナムで これをやっている子に

「オレンジバーナムになると、晴れの曲とくもりの曲が

合体・がったい して一つになってるんだよ」と話たら 


「へえ~~、じゃあ  こんなだね」と ↓ 弾き始めましたー

まさに、こっちの方が 合体してるね。

子どもの目のつけどころは すごいわ^^


コメント

ひっかけ

2018-10-14 | レッスン室から
「ひっかけ~」がレッスン室のちょっとした 流行語

ピアノのお稽古のために 作られた曲には 


意図的に

似てるけれど ちょっと違うフレーズが繰り返されます

 







でも、早合点ちゃんや 早合点くんは 

ていねいに 最後まで 楽譜を見ないので

ひっかけ問題に 見事にひっかかります ww





ひっかけ問題に出会ったら 

「ひっかけ問題に ひっかかったよ~~~」と言って 

楽譜に書きこみ


注意をうながしていたら


ひっかけ問題に出会うと 


「せんせい、がくふに ひっかけ  って書いてね!」だって!!


少しずつ楽譜を最後まで 丁寧に読んでくれるかな




コメント

それぞれの得意分野

2018-09-09 | レッスン室から







上の2つの画像は 初歩のピアノの教本なのですが、

黒く塗りつぶされた箇所、同じく修正ペンで塗りつぶされた箇所があります


数年前、読譜が極端に苦手な小学生の ★子ちゃんが


「音符のそばの字がイヤだ」(文字が邪魔でますます楽譜が読めない)というような意味のことを

言ったので、音符だけに集中できるように  短いメロディに添えられた歌詞を全部消してあげました

子供向きの導入の教本は ほとんどが ことばが一緒に書かれているので、

毎回、彼女にとっては目障りな歌詞を消してあげていました



100人いれば 100通りの個性があるので、得手不得手も100通り

〇ちゃんにとってはなんの苦労もなく読めてしまう楽譜も

10年がかりで、ようやく「少し音符読めるようになったね!!」という

ケースもあります

目に見える情報を処理するのが苦手な★子ちゃんです

★子ちゃんの目には 「線の音符」も「間の音符」も

どれも同じ球の羅列にしか見えないのかもしれません




話は変わって

↓は 夏休みに 3人ずつのグループレッスンをした時のこと

音楽のことばの カルタをやるのが恒例ですが、、、、



初めて カルタをする子もいるので


小学低学年までは 音楽の記号やことばの「名前や読み方」を書いてある

フダで遊びます

高学年でも 久しぶりだったり、読み方に自信がない時は

ふり仮名付きでドンドン読んでから「本気の勝負」をします。




そこで、またまた グループレッスンの時、衝撃の告白

「ふり仮名のふってあるカード」は 

「ふり仮名がじゃまで カードの文字が読めない」と言う告白



しかも 2人の生徒が同じような告白



やはり目から得た情報を処理するのがちょっと苦手なんですね

楽譜を読むのもちょっと苦手な子たちでした


それが悪い、という事ではなく 

100人いたら、100通りの得手不得手

どの子にも 得意な事があり  苦手な事もある

その100通りの得手不得手を いかしてあげるのが 先生の仕事だな


コメント

音符以外の大切なこと

2018-09-04 | 伝えたいこと


3年生くらいになった生徒たちに、お誕生日プレゼントとして

小さな音楽の事典をあげています

見た目が 可愛い表紙・・・・・少し年齢の高い子には表紙は

少し大人っぽいディズニーだけど 内容は同じ事典です(多少配列が変わったりは
していますが・・


でも、これ ほとんど プレゼントしっぱなしでしたww

時々 必要があって「あれ持って来てね」と言っても

「家でどこかにいっちゃった・・・・」

「わからない楽譜の言葉は おうちで あの事典で調べてみてごらん」 

「どうやって使うのか どこにコノ言葉が書いてあるか わかんない~」



そりゃそうだね  辞書なんか使ったことないものね

まして  普段は 全く見ない 記号や イタリア語 だったり


と言うわけで  「この事典は ピアノバッグに入れっぱなしにしておいてね」


それで、少しでも 使う場面があったら 調べられるように




先日のグループレッスンでは この事典を使うこと比較的なじみの多い

速度と 発想標語をいくつか 調べて 書きだしてみました

(ブルクミュラーに出てくるような言葉です)



そして  

学年の高い子たちには 自分のレッスンしている曲を1つ選んで
(バーナムでもハノンでも良いので)

《自分で選んだ速度  自分で選んだ「気持ち」で 弾いてこよう》


という宿題を出しました

曲のイメージとは かけ離れた 記号を選んだ子もいます

それでも いいのです

少しでも 音符以外の事に注意を払うきっかけになれば  ね












コメント