坂の上のピアノ教室

おうちの方にレッスン室の様子、日頃思っている事をお知らせするためのblogです。

コロボックル

2018-06-12 | 日々


学生時代のこと


教師の免許をとる勉強をしていたので、専門の音楽の勉強以外に

小学校の教員免許を取るため  当然ですが、小学生に全教科を教える各教科の講義が

ありました

音楽の講義は だいたいなんでも覚えているけれど。。。。

それ以外は いったいどんな先生から どんな事を教わったのか

からっきし覚えてません

学生時代の友達とその話題になっても ひとによって 覚えていることが

まったく違っていて  笑ってしまいます

名前も顔も全然思い出せないのですが (男性だった、ということだけ)


国語で児童文学の勉強をした時、先生が勧めてくれた作家、本があり

夢中で読みました

(でも この話をしたら 友達のだれも覚えてなかった~)




若いころは 本好きだったので 色々な作家の本をたくさん読んでいましたが


佐藤さとるさんの書いた


コロボックルのシリーズは全く知らなくて でも 一冊読んだら 次々と全シリーズを読んでしまいました

(中学生になるかならないかの頃に 赤毛のアンに出会って 10冊のアンの本を

一気に読んだように)



このお話のファンタジー感が大好きでした

そして、3年くらい前に 若い作家の 有川浩さんが 

その続編のように  「だれもが知ってる小さな国」を書いたのを見つけて

それも即 買い 即読破しました


名前も覚えていない ごく短い間教えを受けただけの先生に

とっても素敵なお土産をもらった気分の講義だったわけです


わたしも 気づくか 気づかないか わからないくらいの ちっちゃなプレゼントを

でも 長~く  大切にしてもらえるような ちっちゃなプレゼントを

生徒のみんな や  まわりの人に ちょっとでも 残せたらいいなあ























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひきだし

2018-05-26 | ただいま勉強中



先日 久しぶりに 教材の講座を受講してきました


オレンジ色のバーナム


偉そうに言うわけではありませんが

私くらいのお歳になると 経験にモノをいわせて

自己流に ああだこうだと ふくらませてレッスンすることは出来ます


でも、 そればかりではいけないよね?


講座では


「ああ、そうそう。私も同じようにやってるー」ということもあれば


「そういう 持って行きかたもあるんだ~」ということもあり


初心にもどりました


毎日、使っているテキストだから 講座で聴いたことを 忘れないで 活かせることができます


(せっかく勉強しても その時だけで 終わってしまう事も多々あるので)


石嶺先生ありがとうございました~~






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンテナ

2018-05-21 | ただいま勉強中



昨日は、地元のケアプラザで コンサートでした

昔からの友達が発案した 地域密着ボランティアコンサートです

寄付された ダラダラアップライトピアノ・・・思ってみない音が出てしまいます


お客様は ご近所の おばちゃま多数

オシャレしている私より、 バリバリ普段着の私の方を良く見ているおばちゃま方

内容の親しみやすさに 反比例して ものすごく緊張します


それでも、なんとか無事に  ショパンのエチュードと ノクターン

詩とのコラボに合わせ自分で選んだ2曲を弾くことができました

この2曲が特に好評で 選んだ者として嬉しかったです


朗読なさった詩人の方も ごく近所の私より少し年上のかた

息子たちより 少し年長の息子さんのお母さんですが

読まれる詩を 見せていただいた時に

最初の何篇かは 子供目線で 学校の事を書いたものだったので

「スタートは この曲しかないわ~~!」と

思って 

ちょっとだけ面識のある 安倍美穂先生

 「放課後のソナチネ」「帰りのチャイム」にしました。

男の子生徒には 時々弾いてもらったことがあるけれど、先生が弾くのだから。。。。

時々出てくる 微妙に難しい所も 真面目に練習しました



朗読の〆は 「トロイメライ」で


若いころは あまり好きでも 良い曲だなーーとも 思っていなかったこの曲

バチが当たりますね

歳をとればとるほど 好きになり

聴いた方にも 「すごく良かったです」といつも言っていただけるようになりました


また 勉強しますーーー



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

せんせい、違うこと弾いてる

2018-05-14 | レッスン室から

レッスンの帰りじたくをしながら 小学生の女の子生徒が


「せんせい、ちがう事弾いてるよね。。。

でも、わたしの弾いてるのと同じなんだよね。。。

でも、違うんよね。。。」


?????



どうやら レッスン中に 私が 隣の鍵盤で 一緒に弾いている時のことを

さしているようです。

うちには 2台のピアノは無いので、 生徒の弾いている隣で 高い方や 低い方で

一緒に弾いていた 1フレーズの事らしいのですけれど。。。。。


話をよくよく聞いてみて わかりましたーーーーー!!


私は全く同じことを たとえば「ドレミファソ・・・ソファミレド・・・」って

弾いていたのですが、

私の弾き方は ほとんど指が動いてなくて 弾いてないみたいに見えるのに

ちゃんと弾いてる  のだそう。

それと比べると  この子の指は 16分音符を 速く弾こうと  指をバッタバタに動かしてる。

あまーーり (と、言うか かなーり)基礎練習が嫌いだからね。。

弾きたいように、 指が動いてくれないのね、だから  バッタバタ:::::::

先生の 指や手の使い方が ぜんぜ~~~ん 自分と違う。。。

そこに気づいただけでも、すごい進歩。


そこから 次の課題へ つなげていこうね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピアノの音

2018-05-01 | レッスン室から



先週、発表会が終りました。

すごく 疲れました~~~ 


発表会をやって、 嬉しいことや 楽しいことは いろいろ起こるけれど

今回、特に嬉しかった出来事を書きます

↑ 上の モンブランをいただいたことです~~

じゃ、なくて!

なぜ ケーキをもらったか?



おうちで 電子ピアノで 練習している生徒が


「家の電子Pと  先生の家のグランドピアノや リハーサルで弾いた おおっきいグランドピアノでは、

ぜんぜん弾き心地が違う。」(8~10日くらい前に 本番と同じホールを借りて、リハーサルをしました)


その『違いが わかる女子』になったことも すごくうれしいことですし


「もし ご無理でなければ、 先生のおうちの ピアノで ちょっとだけでも


練習(レッスンではなく)させていただけないでしょうか?」と

その子のお母様から問い合わせがあったのです


普段は 平日に 空きの時間は ほとんどないのですが、

発表会の前週は  家庭訪問週間で、 下校時間が早かったため

練習させてあげられる空きがありました


その子の 日ごろの 練習の仕方などから  お母さんも私も  「2.30分で、じゅうぶんでしょう」と

思っていたのですが。。。

何と 1時間も 弾いてましたよ

私は 発表会の事務処理がたくさんあるので、レッスン室を出たり入ったり

ほとんど口出ししなくても ちゃんと自主練が出来てました


「ピアノの使用料をお支払いします」というおかあさまに


どう設定すれば良いか、わからないからーーー


「ケーキ、ください(笑)」



ピアノでの自主練効果が あって


指の動きも  なめらか~~

表情も アーティキュレーションもちゃんとついた演奏ができました


欲を言うと

次は  ピアノのある公共施設の スタジオを借りたり

(大人の生徒さんには、そういう人、います)

「やはりピアノが 欲しいね」となってくださったら、一番うれしいですが・・・










コメント
この記事をはてなブックマークに追加