経理・経理・経理マンの巣窟

大・中・小あらゆる企業で経理実務経験約40年の蔵研人が、本音で語る新感覚の読み物風の経理ノウハウブログです

いよいよ消費税10%か

2018-10-31 18:38:31 | 経済ニュース編

 1989年4月にわが国で初めて消費税が導入されて以来、早や30年近くの時が流れようとしている。そして当初の税率3%から5%、8%を経て、いよいよ来年2019年10月より税率10%時代に突入することになる。
 もちろん我々小市民にとって、消費税率アップは非常に嬉しくない税制改正なのだが、欧州のVAT標準税率が20%であることを考えれば仕方ないかなと渋々納得してしまうのである。むしろ約30年間もダラダラと増税を引き延ばしてくれたものだと妙に感心してしまうくらいなのだ。

 まあいずれにせよ、国際的な税制動向や我が国の赤字国債乱発状況を考えれば消費税率10%は遅過ぎたとしても、決して避けられない増税であることは疑いの余地もない。だが今まで増税が先送りされ続けたお陰か、いまだに来年増税されるとは信じていない消費者が大勢いる。
 それどころか、全く増税対策の準備をしていない企業も目白押しのようだ。ことに食料品等を対象とした軽減税率が複雑であり、さらには車や住宅などの課税特例やクレジットカードを使った場合のポイント還元なども囁かれており、準備したくとも動けない状況に追い込まれているのかもしれない。

 これらはいかにも国民のためと言う正義面をしながら、全て政府与党の選挙対策のために産み出された理屈だけの手法であり、実際に運用する企業側の現実的な苦労は全く考慮していないような気がする。もし準備する企業のことを考えれば、あれだけ時間があったのだがら、もっと以前に増税の詳細システムを開示すべきであろう。

 こうして急遽企業側は、税制改正に伴うシステム変更と、レジ・端末機などの買い替え、営業現場などの従業員再教育などを実行しなくてはならないのだ。そのうえポイント還元については、いまだに実施するのかしないのか、また具体的な手法も確定していないため、見切り発車でシステム変更を急がねばならない。
 さらには当然のことだが、全国一斉にシステム変更やレジ改造をするとなると、これらを請け負うシステム会社等は火の車で、血みどろの集中作業が手を広げて待っている。だからあと1年後に本当に増税が実施出来るのか、私自身もかなり懐疑的にならざるを得ないのだ。と言っても気の毒だが、各企業の経理マンたちは知らんぷりをする訳にはゆかず、何らかの準備作業に突入することになるのだろう。あと1年余、がんばれ経理マン。

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント

オーナー社長が仕切る上場会社

2018-09-30 14:58:56 | ひとりごと

 私は一部上場会社二社に勤務していた経験がある。どちらも同族系企業であり、社長は創業者の息子や孫である二代目若しくは三代目が延々と続けていた。当時反骨精神の強い役職者や役員たちは、酒食の席で「非上場の会社ならともかく、上場会社で息子が何年も社長を続けているのはおかしい」と愚痴をこぼしていたものである。

 だがそれは余りにも現実を知らな過ぎたようだ。なんと日本の上場会社の53%が『事実上の同族企業』なのである。具体的にはトヨタ自動車(豊田家)、サントリー(鳥井・佐治家)、キッコーマン(茂木家)、キヤノン(御手洗家)、パナソニック(松下家)などの超大企業も同族企業に該当するのだ。

 ただ非上場企業のオーナーが過半数の株式を所有しているのに対し、上場企業のオーナー社長自身の持ち株割合は、表向だと10%に満たない程度の低所有割合である場合が多い。これは一族郎党・従業員持ち株会・一族が支配している非上場会社などが保有していたり、主要取引先やメインバンク等との株式持ち合いなどにより、安定株主数が確保されているからである。これらの細かい事情については、その企業の総務部門などで株式管理を担当している者や、オーナー一族などにしか分からない。従って外部の一般株投資家たちは、ある程度の想像しか出来ない、という仕組みになっている。

 さて従来はこのような創業家のオーナー経営がまかり通ってきたわけである。と言うよりも、創業家の強力なリーダーシップに支えられてきたと言いかえても良いだろう。だが近年は創業者の死亡や老害化に加えて、国際環境及び社会通念の大変化やテクノロジー等の激烈な進化が押し寄せてきて、創業家だけの経営手腕では難局を乗り切れない状況に陥っているようだ。
 そんな創業家の事情を反映するかのように、かつて創業家一族間に多かったお家騒動に加えて、最近はセブン&アイ・出光興産・セコムなどの「創業家vs非創業家の経営陣」の対立構図が増えているのだ。

 だからと言って、単純に『創業家は大株主として配当を頂き、経営は子飼いの従業員に任せる』という方法だけでまかり通るほど経営は甘くはない。確かに子飼いの従業員は信頼感があるが、所詮雇われ社長には限界がある。また自己の全財産や身体を投げ打ってまで会社を守ることはできるのか。だが逆に創業家と言っても、創業者以外の二代目・三代目だって、自己を投げ打つほどのパワーと信念を持っている者は少ないだろう。

 では一体どうすればよいのか、答えは簡単ではないし、各企業ごとにその解決方法も異なってくるはずである。いずれにせよ、すんなりとはいかないのだ。とにかく内外を問わず戦うしかない。戦って勝ったものが次の覇者になるのだ。これは戦国時代からずっと変わらない真理だ。弱い者は敗れ、強い者が企業を制するのが世の習いなのである。

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント

政治の貧困原因とは

2018-09-03 10:52:54 | ひとりごと

 国内外から「日本は政治後進国だ」と指摘されて久しいが、その責任の多くは与党よりむしろ野党側にあるのではないかと感じている。すなわち本来野党の存在価値とは、与党の提案した政策の中で、国民にとって不都合と思われる部分を指摘修正し、与党の暴走に歯止めをかけることにあるのではないだろうか。
 ところが最近の野党は、与党の政策にはただ反対ばかりで全く論議に加わらず、何年間も『もり・かけ問題』だけを追及しているだけにしか見えないのだ。もちろん私は与党支持者ではないし、安倍首相や閣僚たちの責任を無視しろと言っているのではない。過去の批判だけに終始するのではなく、未来の日本を住み易い国にするための『政策や法律を策定』する議論を行うことこそ、政治家の真の職務ではないかと言いたいのである。

 ところが現在の野党は、何振りかまわず何でも反対の共産党と一色化してしまった感がある。ことに本来中道派で与党と政策論争で戦ったり、政権をとったこともある『旧民主党』のメンバーたちには、失望感が山のように降り積もっている。結局彼等は政権を取っても、誰にでも発想できる小さな経費削減(当時しわけと呼んでいた)だけしか出来なかった。
 まあそれは政権に不慣れだったからだと言い訳しても良いが、寄せ集まり世帯である党内のまとまりのなさだけは言い訳が利かない。そしてそれが原因で自滅してしまったのだが、いまだに分裂を繰り返しており、はっきりした政策もなくまとまりもないようだ。

 何度も繰り返すようだが、結局この旧民主党のメンバーたちが、いまだにその存在意義を発揮出来ず、結果的に与党の台頭と躍進を後押ししている張本人と言えよう。そう考えると国民の期待を裏切ったと言うことで、『もり・かけ問題』以上の政治責任を背負っていると考えてしまうのだ。
 少なくとも旧民主党系のメンバーたちは、与党の批判は共産党に任せて、山積みになっている政策等の修正論議に加わり、さっさと政策や法律を片付けてもらいたい。与党の提出した政策を無視したり単に反対だけしても、結局は与党案が適切な修正もないまま強行採決されてしまうのは、目に見えているではないか。
 だからただ反対だけの野党は、結果的に国民にとって有害な存在に成り下がってしまうのである。そのあたりを理解できる旧民主党メンバーなら、批判や反対・無視だけではなく、是非政策論議にも加わって『過去の責任』を償って欲しいものだ。またそうすることしか彼等の生き残る術はないし、日本の政治貧困を救う手立てもないのである。

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント

ゆずり葉の掟と老害

2018-08-11 11:17:19 | ひとりごと

 ユズリハという植物を知っているだろうか。高さ10mほどの樹木で、葉の長さは20cmほどで、枝先にらせん状につく。その名の由来は、春になって枝先に若葉が出ると、前年の葉がそれに譲るように落葉することからきている。
 それを人間に例えれば、高齢者が若者にその地位や仕事を譲るという、実に清らかな行いとなるのだが・・・。ところが最近になって、スポーツ界や大学、企業などのトップたちの相次ぐ不祥事が発覚し、彼等の独裁・横暴に加え、余りにも時代遅れな発想ぶりが露呈されている。これらこそまさに『老害』であり、その有害さに気付かないのも、その老害をまき散らしている本人だけのようだ。

 また周りの者は皆その老害に悩まされ続けているのだが、反論したり諫言すれば即クビになるのが怖くて何も言えない。それでますます老害が助長され、いつまでもその地位にしがみつき、誰にも譲らないという悪循環が続くのである。
 その中には過去に偉大な功績があった実力者もいるかもしれない。だが猛烈なスピードで推移している現代の社会情勢について行ける高齢者はほとんど皆無と言って良いだろう。また過去は過去として別途何らかの褒章を受け取るのは構わないとして、少なくとも大切な現在と未来には関わらないで欲しいものである。

 そもそも平社員の定年なら例え80歳まで延長しても構わないのだが、社会的な影響力のある偉い人たちの定年こそ『60歳で打ち止め』と大幅短縮すべきではないだろうか。いずれにせよ老害垂れ流しを防止するためにも、素早く優秀な後進に道を譲り、厳しい国際競争にも打ち勝つルール(掟)を構築すべきであろう。 
 たかが植物のユズリハに出来るのだから、もっと高等な人間に『後進に道を譲ること』が実行出来ないはずがない。もしそんな簡単な理屈が理解出来ないのなら、ヒトは植物以下に成り下がってしまうのだが・・・。

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

コメント (2)

災害王国ニッポンが成すべきこと

2018-07-28 15:26:05 | ひとりごと

 大地震に火山の噴火が収まったと思ったら、お次は集中豪雨と大洪水に襲われて、雨が止んだら今度は連日の超酷暑。最近少し涼しくなったかなと思ったら、お次は気象観測史上初めての「東から西に急シュートする台風」がやってきた。全く息つく暇もなく、次から次へと史上最大級の天変地変や異常気象が襲い掛かってくる。
 そのお蔭で、日本近海に魚も寄り付かなくなってしまったではないか。なぜもこう日本ばかりが虐められるのだろうか。だからと言ってただ嘆いてばかりでは、どうにもならない。こうなったら「七転び八起き」「災い転じて福となす」のことわざを活かして、災害王国ニッポンを防災王国ニッポンに変換しようではないか。

 これだけ毎日のように超ド級災害に襲われ続けている国は、世界中を探してもおそらくは日本だけかもしれない。逆に言えばその経験を踏まえて、科学的な災害対策を構築できるのも日本だけなのかもしれない。
 かつて米国やロシアが軍事力増強のために発明したインターネットや携帯電話が、一大産業にのし上がったように、これからは日本の技術力と資金力を災害対策のためにつぎ込んで、その技術を全世界に輸出すれば世界の最先端事業として必ず脚光を浴びるはずである。
 
 その具体的な災害対策とは、「台風や雨雲を人工的に移動したり創造する技術」を筆頭にして、「土砂崩れで埋もれた人や水害や地震で孤立した人を救助するロボットの開発」、併せて「瓦礫や土砂や雪などを素早く片付けるロボット」などの研究開発である。さらには大火災を空から鎮静させる「消火用の大型ドローン」や、水害時にも水没しない自動車なども必要になるだろう。
 また地味ではあるが、流されない・流木などが引っかからない橋や、絶対に決壊しない土手や陥没しない道路などの構造研究も一からやり直さなくてはならない。
 そしてハード面だけではなくソフト面においても、よく聞き取れない市内無線放送だけではなく、災害情報を正確かつ迅速に市民に伝えるため「市民レベルでスマホやTVと連動した緊急情報伝達システム」の構築なども充実させなくてはならないだろう。

 まだまだそのほかにも災害対策のために研究開発すべき事項は山ほどあるのだが、本ブログの役割はそれらを網羅することではないので、前述したヒントだけに止めたい。いずれにせよ年々膨大化している防衛費を、いつまでも米国製の古い武器等の購入に費消するだけではなく、画期的かつ科学的災害対策を実用化するための研究開発にも充当すべきではないだろうか。そしてそれこそが、日本にしか出来ない最大級の国家レベル事業へと繋がって行くのだと信じてやまない。

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

コメント

不人気職場の給与事情

2018-06-27 12:06:26 | サラリーマンは魔術師

 団塊の世代の大半が職場から去り、いま企業では深刻な人手不足が続いており、『人手不足倒産』に追い込まれた企業まで発生していると言う。従って新卒採用も過熱するばかりで、青田刈りを率先する企業も増加する一方である。
 ・・・と、数年前の就職難などは完全に忘却の彼方に葬られ、マスコミたちは一斉に空前の売り手市場を喧伝している。だが実態はそんな単純で楽観的な状況ではないはずである。私の知っている者にも未就職者はかなり存在しているからだ。
 
 厳密に言えば、人手不足の職業が大幅に増加している一方で、人手過剰な職業も増加しているのである。それをハローワークの有効求人倍率で検証すると、建築・土木関係、警備員、医療・介護、生活衛生サービスなどの現場職の求人割合が圧倒的に高く、事務系の仕事の募集は相変わらず低水準で推移している。
 とどのつまりは、誰もが敬遠したくなる3Kの仕事や難しい仕事だけが人手不足であり、どちらかと言えば楽チンで手を汚すことの少ない事務職は相変わらず人余り状況なのだ。(とは言っても、経理職は心身共に決して楽ではなかったのだが・・・。)

 さらに悪いことに、3Kの仕事をしている人より事務系の仕事をしている人のほうが、給与が高いと言う『矛盾した歴史的事実』が存在している。それは多分、過去から延々と引きずっている単純で額面だけの『学歴優先主義』がなくならないからだろう。
 だがもうそろそろ学歴優先主義は、研究・開発職など難解かつ高等な職種だけに絞り込み、一般的な職業については『ニーズ優先主義』に切り替えたらどうであろうか。人の嫌がる仕事に大金を出すのは常識だからである。

 逆に誰でもやりたい事務系の仕事は給与を下げて当たり前と言うことになる。そうなると、経理職のように事務系だがやりたくない仕事はどうなるのだろうか。経理を知る身としては、そんな疑問が湧いてくることも予測できるのだが、そのあたりは法律のシンプル化とAI化に期待するしかないのかもしれない。(-_-;)

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

コメント

脱・売上至上主義

2018-05-30 20:30:05 | 経済ニュース編

 日本では、まだ食べられるのに廃棄している「食品ロス」が、年間約632万トンにものぼっているという。なんとこの量は、発展途上国へ全世界で支援している食糧援助量のほぼ2倍という驚異的な数値である。
 それにしてもなぜこのような無駄がまかり通っているのだろうか。それだけ便利で裕福になったのだと言ってしまえばそれまでだが、根底には販売する企業側の売上至上主義が見え隠れしてならない。
 いずれにせよ、これだけ大量の食品ロスが発生すると、生産及び廃棄に係る資源の無駄使いだけではなく、販売企業の売上は多少伸びるものの、少なからずも利益には悪影響を与えているはずである。

 さて話は急に変わるが、一時期低迷していたSONYが2018年3月決算で復活した。いや復活どころか、なんと営業利益は前年の約2.5倍の7348億円を計上し、20年ぶりに最高益を更新したのである。
 この大復活を遂げたマジックのような経営手法とは、ここ数年間に亘って売上規模より採算性を中心に据えた経営政策に特化したからだという。
 このように少なくとも「行け行けドンドン」的な売上至上主義的経営は既に終焉を迎えてしまったのだ。ところがいまだに売上高に拘り続け、そこから抜け出せない企業がまだまだ大量に存在していることも事実である。
 もしかすると営業畑出身の社長なのかもしれないが、そろそろ脱・売上至上主義を考えてみようではないか。もちろんいつまでも同じ製品が売れ続ける訳ではないので、同時に新製品の開発も忘れてはならないだろう。

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

コメント

凍りついた深夜

2018-05-11 20:46:11 | サラリーマンは魔術師

 もう40年近く昔の話である。当時の国鉄津田沼駅前は、深夜になると南口バスロータリーで公式に認められた『乗合タクシー』に乗る人々でごった返していた。まだAT車が全国的に普及していない時代だったので、運転手を含めて前に3人、後部座席に3人の6人乗りが可能であった。ただ前列の真ん中は窮屈でつかまる場所もなく、かなり座り心地が悪かったことは否めない。
 
 その日は麻雀でボロ負けし、おまけに津田沼止まりの国電にしか乗れない羽目になってしまった。私の住処は船橋から京成電車に乗り替えて、さらに30分以上かかる陸の孤島と呼ばれる巨大団地だ。当然京成電車の終電時刻は過ぎているので、津田沼からタクシーに乗るしか帰る術がなかった。
 もうこの時間には、普通のタクシーは動いていない。だから違法の白タクか、行先別に分類されている公認・乗合タクシーに乗るしかないのだ。まあ料金は一人で乗るよりは安いのだが、5人揃わなければ走り出さないのが難点であった。

 私が降りてきたのが総武線の最終電車だったので、既に乗合タクシーには3人の乗客が後部座席に座り、前列には一人の乗客が乗って5人揃うのを待っていた。ところが私の姿を見るなり、前列の乗客がドアを開けて外に出てきたのである。そして私に先に中に入れと手先で指示するのだ。
 嫌な感じがしたが、私は無理矢理前列の真ん中に座らされ、満を持していたかのようにタクシーが走り出した。5分間くらいは普通に走っていたのだが、駅前から閑静な住宅地に入った途端、急にタクシーのスピードが上昇したのである。
 そしてさらにぐんぐんとスピードが上がってゆく、横目でメーターを見ると100キロ近くまで迫っているではないか。「おいおいここは高速じゃないんだぜ」と文句を言おうとしたら、なんと交差点で赤信号になっても止まらないのだ。かなり見通しの悪い交差点だったので、もし横から車が走ってきたら大参事である。

 運転手の顔を見ると、「俺はやけくそなんだぞ!」と鬼のような形相をしているではないか。もうこの頃になると後部座席でお喋りをしていた乗客たちも完全に凍りついてしまい、車内はまるで墓場のように静まり返ってしまった。
 今日はなにか面白くないことがあったのか、それとも飲んだくれの乗客の馬鹿話にブチ切れてしまったのか、運転手は更にスピードを上げ、信号無視の連続技を繰り出し放題なのだ。もしこのとき事故に巻き込まれていたら、前列中央の身動きできない場所にいた私は間違いなく即死だっただろう。
 そのあと家の近くに辿り着くまでの約20分間は、まさに地獄の函に閉じ込められた恐怖の時間で、心臓麻痺直前状態であった。それにしても無事何ごともなく我が家に辿り着けたのは、まさに奇跡の一言に尽きる。
 とにもかくにも、麻雀に負けたうえに京成電車に乗れず、恐怖の20分間まで体験させられた散々な夜であった。それからは麻雀をやっても酒を飲んでも、必ず終電のあるうちに帰るように心掛けてきたつもりである。

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

コメント

転職の時期と回数

2018-04-10 17:50:10 | サラリーマンは魔術師

 「一度就職したら定年まで同じ会社に勤務し続けるほうが良い」という概念は、もはや時代遅れになってしまったようだ。世間知らずの学生時代に決めてしまった「自分に合わない会社」に一生勤務し続けるのは辛すぎる。また超一流企業であっても、いつ何時倒産したり落ちぶれるか分からない時代でもある。東京電力、東芝、シャープ、ソニーと数え上げたらキリがない。

 従って一生同じ企業に勤務することのほうが難しい時代になってしまったのかもしれない。では何時頃転職すればよいのだろうか。
 少なくとも同じ企業で三年以上勤務しなくては、その企業の良し悪しは判断できない。だから入社一年以内に転職と言うのは考えないほうが良いし、再就職先の企業でも「忍耐力のない人間」と敬遠されてしまうだろう。

 だからと言って、40歳を過ぎてからの転職はかなり厳しい。まあ技術力を持っていて中小企業に転職するのなら何とかなるかもしれないが、いずれにせよ人間関係が煩わしくなる年齢であることは間違いないだろう。
 若いうちなら転職先の企業で文句を言われても「素直」に受け入れられるが、正誤は別として年齢を重ねるに従って、今まで自分の生きざまや考え方を簡単に変えられなくなってしまう。それで結局は、文句を言うほうも言われるほうも、嫌な気分になってしまうのである。

 だから転職するなら、30代前半くらいまでに決行するほうが良いだろう。また一度転職すると何度も転職を繰り返してしまう傾向がある。だが通常は転職するたびに、更に悪い会社を転々とすることになってしまうようだ。従って第一回目の転職先は、そこに一生勤務するつもりで、かなり慎重に選ばなくてはならい。
 
 では転職回数は一度きりかと言うと、決してそうとは限らない。定年後または役職定年後などに、もしつまらない部署で、退屈な仕事を押し付けられた場合などに、もう一度転職を考えても良いだろう。いずれにせよ、もうその会社での出世は見込めず、完全退職までもそう長い期間ではないので、ストレスにまみれて終わるより、新天地へ飛び立ったほうが心のケアにもなるからである。
 
 また先に述べたように、最近はどんな優良企業でも、いつなんどき急激に業績が悪化し落日を迎えてしまうか分からない時代に突入してしまった。だから自分の意志に反して人員整理などに巻き込まれることもないとは言えない。またそんなときにオロオロしないためにも、自らの能力は自ら磨き続けなくてはならないのである。

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

コメント

貴乃花親方の処分について

2018-03-31 13:39:56 | ひとりごと

 日馬富士事件の被害者側だった貴乃花親方が、とうとう『平・年寄』に降格されてしまった。このことは、日馬富士事件以前は『理事』で将来の理事長候補だったことを考えると、大変な降格処分ということになる。普通の会社で例えるなら、次期社長候補の専務取締役が、いきなり新入社員と同格の平社員に降格してしまったのと同様である。
 しかも相撲協会内では孤立無援となり、契約解除(クビ)を求める厳しい声もあったようだ。本来は同情されるはずの貴乃花親方が、なぜこのような状況に陥ってしまったのだろうか。

 まずそもそもは、日馬富士事件に対して協会を無視して警察に被害届を提出してしまったことに始まる。その後も協会及びマスコミ等に対して、あらゆる事態に関しても、かたくなに無視をし続けたことが、協会だけではなく社会一般や一門の親方衆たちに対しても疑問感を抱かせてしまった。
 まあそれで終わりなら、役員待遇(会社なら部長級か?)に留まっていたはずである。ところが勝てる見込みのない理事選に無理やり出馬し落選した傷も癒えないまま、またまた八方破れのような行動を起こしてしまったのだ。

 つまりまたもや協会に無断で、規則違反である『本場所期間中のTV出演』を行い、場所中にも無断欠勤を繰り返し、内閣府へ告発状までも提出してしまい、協会の怒涛のような怒りを誘発してしまったのである。前回の理事から役員待遇への降格処分については、なんとか賛否両論の声があったものの、さすがに今回のこの一連の暴挙については、一般人たちの同情も消失したばかりか不快感さえ煽ってしまった。さらには弟子の貴公俊の暴力事件まで勃発し、とうとう完全な四面楚歌状態に追い込まれてしまったのである。

 貴乃花という男については、過去にも実母や実兄との確執が有名だが、土俵上ではあれだけ立派だった大横綱が、なぜこれほどまでに頑固で一方通行でしか物事を考えられない人間なのだろうか。将来理事長を目指すのならば、もう少し物事を柔軟に対処し、もっとしたたかに生きて行かねば万人の支持は得られないし、人をコントロールすることもかなわない。
 まあ幸いまだ貴乃花親方は45歳であり、一からやり直すことも出来ると信じている。まずはかつての人気に溺れることなく、素晴らしい弟子たちを大勢育て、かつ親方衆や協会とも柔軟な対応を続けてゆくことだ。また協会の批判をする前に、少なくとも自ら規則はきちっと守り、仕事はきっちりこなし無断欠勤・無断行動などは絶対に避けるべきである。

 これらは決して相撲界だけの話ではない。我々サラリーマンにも全く同じことが言えるだろう。サラリーマンたちも、飲み屋で同僚たちと上司や会社の悪口を口角泡を飛ばして話すことがある。だがもし文句ばかり言っているが、自分は無断欠勤をしたり仕事をサボったり、上司や同僚と全くコミュニケーションを取らず、会社に迷惑ばかりかけている人間なら、降格どころかクビになっても仕方がないだろう。
 いずれにせよ今回の貴乃花事件は、一般の社会人たちにも教訓になったはずである。また私は現役時代の貴乃花ファンであるが、これから本当に貴乃花親方が、改心した行動を示せるのかを、温かい気持ちで見守ってやりたいと思っている。

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

コメント