ガメラ医師のBlog

「小さき勇者たち~GAMERA~」名古屋ロケにエキストラで参加
 ガメラ情報なんでも紹介Blog、ネタばれ満載!

ガメラ:小さな勇者たち(Part5)

2006-09-30 17:09:07 | ガメラ
 本日2本目の更新になります。一本目はこちらに。

 今回の更新は、「小さな勇者たち」@ガメラ医師、の進化形についてでございます。その誕生から最終形態までをフォローしてみました。


 新しき「小さな勇者たち」は、こんな風に誕生しているのです。
なつパパのノート
http://plaza.rakuten.co.jp/papanote/diary/
さん、9月23日の更新。
ガメラブーム
http://plaza.rakuten.co.jp/papanote/diary/200609230000
「パパが、大泉洋が出演しているというだけの理由で「ガメラ2 レギオン襲来」のビデオを借りました。これになっちゃんがなぜか強い反応を示して、借りている間、毎晩ガメラ2を見る羽目に。」
 さすがに飽きたパパさんが「空中大決戦」を借りてきたら、今度は二本交互に見せられる事に。
「なぜこんなに気に入ってしまったのか、まったく謎です。」
 いやーあ。
名作なんですよ平成ガメラは。


 誕生した「小さな勇者」は、このように成長・進化されます。
なんくるないさ~日常&非日常記
http://blogs.yahoo.co.jp/wappefamily
さん、9月27日の更新。
ガメラ好き【画像あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/wappefamily/20513858.html
「ペイントで息子がガメラ描いてたので
載せてみました・・・・・・」
 よくみると、アヴァンガメラとトトを細部まで描き分けています。凄い画力だ!
ギャオスやジーダスも出色の出来栄え。
文字の反転なんて、大したことありませんって。

 9月28日の更新。
もう一つのガメラ【画像あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/wappefamily/20546833.html
「ガメラのペイント続編・・・・
息子が描き溜めた中のを少しだけ・・・・」
背景からして、「G3の渋谷決戦」でしょうか?
魚の絵も、生命力に溢れています。天才かも。

 9月29日の更新。
ガメラ~【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/wappefamily/20670219.html
「毎日、このフィギア(おねだりしてばあちゃんに買ってもらった)とともに寝起きしているのデス・・・(ー_ー;)」
超合金トト君の写真。畳の上での変形写真が素敵です。
最後の一枚で掌に乗っているのは、公開初日限定の孵化トトフィギュア・クリアバージョンですね。これこそが勇者の証(あかし)。


 更に成長・進化した「小さな勇者」の皆様は、
資料やフィギュアを集めるだけでは物足りなくなっていくのです。
「デジタル写真」や「Blog」の発達により、特撮スチールの製作が容易になりました。

 まずこちらは、風景写真とガチャポン・食玩の合成写真をアップされているBlogです。対象は怪獣だけに留まらず、ゾイドや巨大ロボ、鉄人、ライダーや月光仮面にまで及びます。
『まさか?!の風景』
http://blogs.yahoo.co.jp/osen510/
さん、9月27日の更新。
ガメラvsギロン【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/osen510/40435091.html
 実際の風景写真に合成した、ガメラとギロンの対決シーン。傑作!


僕の特撮フィギュア 館
http://blogs.yahoo.co.jp/baruzi1968/
さん、9月27日の更新。
元祖ガメラ~回転ジェット!(またまたテストチョットバージョン) 【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/baruzi1968/20527678.html
「「北極うま~れの~おおきなからだ~手足をひっこめ~か~いてんジェット~♪」
(この唄、知ってる人、何人いるかしら?)

ということで、
ガメラの回転ジェット、フィギュアでやってみたいと思っていた人!~ハ~イ!」
 昭和ガメラの回転ジェットシーンを特撮写真で再現。
「樋口監督も「ガメラ」をやる時、この回転ジェット、火薬を仕掛けてやりたかったようですが、この火薬ばバカ高く、こんなのやっとられん!とCGにしてしまったようですが、やはり白煙をたなびかせ、青い鮮やかな炎を吐き出しながら、豪快に回転するガメラを拝みたかった物です。」
 もちろん実際に火を噴いてるのではありませんが、造型とライティングの妙により、臨場感が溢れる写真に仕上がっています。
 凄いすごい。


Σ>☆『空想特撮少年Z』
http://blogs.yahoo.co.jp/syonensoko/
さん、9月28日の更新。
三大特撮ジオラマ【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/syonensoko/40445948.html
「色々と工夫して頑張ってみましたw。
我が家には、まだ都市のジオラマが無いので、食玩の『ゴジラ全集』のビル群や瓦礫を使って無理矢理作ってみました(ただ並べてるだけですがw)。」
ゴジラ、モスラ、ウルトラマンメビウス、ガメラ、バルゴン等のジオラマ撮影写真を多数掲載。
全ての写真で瓦礫と化した都会が背景になっており、ホリゾントとの位置関係やライティング等、見事な特撮になっております。
 市販の部品を組み合わせるだけでも、工夫と努力でここまで出来るのですね。感動!


 これら「勇者」の皆様が更に、最終形態にまで進化されると、
駕瞑羅4、真実」の林屋しん平師匠や、「惑星大怪獣ネガドン」の粟津順さん
など、自主制作特撮映画の雄になるわけですな。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ガメラ:ジャパンレプタイルズショー2006レポ、三たび

2006-09-30 17:02:40 | ガメラのイベント
 当記事は、拙Blogの「ジャパンレプタイルズショー2006レポの関連情報」及び「ジャパンレプタイルズショー2006レポ、再び」の続編であり、JRS2006会場にて展示されたガメラ関連の情報をまとめてあります。
 こちらの各リンク先も、爬虫類の写真紹介が豊富な内容ですので、ウロコやにゅるにゅるが苦手な方はご注意、ですよ。


つれづれ日記
http://yaplog.jp/hibikirai/
さん、9月27日の更新。
ガメラ~☆トカゲ~☆☆ 【写真あり】
http://yaplog.jp/hibikirai/archive/241
「ジャパンレプタイルショーなるものを見に静岡まで行って来た。
カメ、トカゲ、ヘビ、カエル・・・といったいろ~んな爬虫類・両生類・虫?が販売・展示されている。
会場に入ると、奥にガメラ」
 最初の写真にトト兄貴。斜め前から一枚。
ギリシャリクガメ飼いさんの女性です。会場ではトカゲに心惹かれるも、生き餌と聞いて断念されたとか。


亀☆かめぞー日記☆亀
http://kamezo-diary.cocolog-nifty.com/kame/
さん、9月25日の更新。
静岡レプタイルズショー【写真あり】
http://kamezo-diary.cocolog-nifty.com/kame/2006/09/post_e41a.html
 直接参加はされず。ご友人からの写メを紹介されています。
「写真は…某ソバ屋の4代目からメールで送られて来たもの。
「レプショーにはこんな亀がいましたよ」
どーせなら他の種類も送ってよ~ 」
 撮影タイム中?のトト兄貴を、横からの写メが一枚。
手前でブレてるのは、ひょっとして「だっくす小峰」さんかな?


我が家のカメちゃんず
http://blog.goo.ne.jp/msz006c103
さん、9月29日の更新。
ジャパンレプタイルズショー2006【写真あり】
http://blog.goo.ne.jp/msz006c103/e/c9396a1fbeb015078dc94144a944380f
「いろいろとゴタゴタお騒がせな?静岡のジャパンレプタイルズショーですが今年も何とか開催されて行って来ました。」
会場の俯瞰写真が一枚。
会場内の位置関係が判ります。6mガメラの展示場所はかなり奥の方だったんですね。


我家の動物日記
http://blog.goo.ne.jp/kamekame202/
さん、9月29日の更新。
静岡のジャパンレプタイルズショー行って来ました【写真あり】
http://blog.goo.ne.jp/kamekame202/e/f97d99f120932591bbbaa1d739d9bf2d
「会場には 映画ガメラで使われた大きなガメラフィギュアがドデッとあり、
ダックス小峰さんの司会で 時間限定の記念撮影会をされていました。
沢山のチビッ子づれが並んでいました。」
 写真二枚目が、イベント中のだっくす小峰さん?とトト兄貴。
会場で、ケヅメをお買い上げになったようです。
「まだ 名前ははきめていませんが」
 それでは、『トト』というのは如何でしょうか?


アルビノカメさん
http://www.doblog.com/weblog/myblog/69946
さん、9月25日の更新。
JRS(ジャパンレプタイルズショー)2006行ってきました!!其の2【写真あり】
http://www.doblog.com/weblog/myblog/69946/2617504#2617504
「会場内、さまざまなイベントが催されてました。」
ゾウガメ・ケヅメとひよこ・ウサギふれあいコーナーの写真と、会場内部の様子。
 トト兄貴は前から一枚。
「広告にも載っていた、某映画の主人公。
手持ちのカメラで一緒に撮影会なんてのもやってました。
私?いやいやー、一人でなかったらチャレンジしてたかも。
実はぶっちゃけ一緒に撮りたかったりする。。(泣)」
 他の方々より、やや右よりからの角度ですので、左の前足がはっきりと見えます。

 …んん?
こっ、これは…?


「かがち」様から、追加のレポと写真のエントリーを頂きました。
その写真には、誠に興味深い事実が!
○かがちのらぶりぃな日常○
さん、9月29日の更新。
ひよひよ大劇場☆ 【写真あり】
http://blog.goo.ne.jp/kuroumeo/e/205f70ffeaaa9e2c21f2ce8b02eea42d
「実際は別のイベントでツインメッセに行って、そのあとこのトカゲショーに寄ったわけなので、来場は3時過ぎ。それから5時半ぐらいまでいたので…かなり楽しみましたねぇ。うん。写真は9割がたヒヨだけど(爬虫類じゃないじゃん!!)」
 ♪ひ~よこ、ひ~よ~こ、ひ~よこ、ひ、よ、こ ♪
 そして、ベルツノさん、フトハラさんに続いて最後の写真が、
「そしてガメラ様。観衆はその後ろで始まる猛禽類ショーに夢中…。」
 トト兄貴、独りでお寝み中の図。

 ええ。
この写真は実は、とても貴重なのであります。
 注意深くご覧いただくと…
前足の角度が左右で異なっている!

 右前足が斜め前に出ているのに対し、左前足は頭部に添った形で前方に伸びています。
各々の角度から、左前足は「志摩ロケでのトレーラー移送シーン」で使用されたものであり、右前足は「名古屋移送後、研究所でのシーン」に使われたもの、と推察されます。
 トト兄貴@ガメ太郎さん、の身体がパーツ分割できることは、ロケのBlogや公式ガイド等で以前から知られておりましたが、今回のJRS2006会場の展示バージョンにおいて、この事実が実証されました。

 ところで、何故今回JRS2006の展示に於いて、左右で異なる前足パーツが使用されたのでしょう?
展示スペースの都合に合わせて左右が別に選択されたのでしょうか。
前足部分の損傷など、何らかの事情があったのでしょうか。
それとも、単なる間違いなのでしょうか…

 こーゆーどーでも良い発見こそが、分析Blogの醍醐味なんであります。なんちって。


 これまでご紹介した幾つかのBlogで触れられていたように、北館でJRS2006が開催されている間、南館では同人誌即売会が開催されていたらしく、イベントのハシゴをされた方もちらほら。かがち様もこちらにご参加、なのかな?

ツインメッセ静岡
>イベント情報
…2006年09月イベント情報…
http://www.humannet.com/messe/twin/event.php?id=09
によると、

「静岡コミックライブ
 9月24日(日) 11:00~15:00
コミック誌のアマチュア作品発表展示会」
 が、同時期開催。
 これが全国規模だと、特撮系同人誌からのガメラ繋がりのレポが期待できたりするのですが…
地域イベントだと、流石にムリですよね。

本日の更新は2本立てです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「小さき勇者たち~GAMERA~」DVD関連情報三たび、等

2006-09-28 18:12:11 | ガメラ
 本日2本目の更新になります。一本目はこちらに。

 ガメラ公式HPにて告知されております様に「小さき勇者たち~ガメラ~ DVD」10月27日の発売日まで、あと一ヶ月を切りました。
 ガメラ医師がこれまでに把握した情報は、「 ― DVD関連情報」や、「 ― DVD関連情報、再び。」にてご紹介しております。


 今回は、DVD製作に関わった方のBlogを発見。ナレーションのお仕事をされている「西原さおり」さんのBlogです。
saoli*net
http://saoli.net/
さん、9月28日の更新。
小さき勇者たち~ガメラ~DTSメモリアル・エディション1965-2006【初回限定生産3枚組】
http://saoli.net/index.php?e=153
「この豪華3枚組DVDの特典ディスク2に収録されている
VFXメイキング講座 「ガメラVFX最前線リポート」
という部分のナレーションを担当させていただきました。」
 とのこと。


 夏帆さん関連で、新規CMに登場との報道記事です。
IT media
http://www.itmedia.co.jp/
>ニュース>09月26日付け記事。
優・優・夏帆が三姉妹に キヤノン新CMキャラクター【写真あり】
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0609/26/news064.html
「インクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズとデジタルカメラ「PowerShot」の新CMキャラクターとして、山田優さん(22)、蒼井優さん(21)、夏帆さん(15)を起用し、9月28日から順次放映する。」
 おとなしいけれどしっかりものの高校生の三女「かえで」、との設定で、各商品のTVCMの他、店頭で配る製品カタログやWebサイトにも登場する由。


 小ネタ。
どういうわけか、今頃になって検索にHitしました。
大阪府立大学女子合気道部 稽古日誌
http://aiki2kaise.exblog.jp/
さん、2006年4月27日の更新。
稽古5日目
http://aiki2kaise.exblog.jp/4366966
「せっかくなので、稽古後の様子も伝えたいと思います(^_^)」
旬な話題ではないのですが、公開直前のワクワクした様を思い出しますね。
公開後に皆さんがどんな感想を持ったか知りたいものです。
…にしても、

ガメラの話題で盛り上がる、女子合気道部って…
素敵だ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ガメラ:ジャパンレプタイルズショー2006レポ、再び

2006-09-28 18:10:21 | ガメラのイベント
 当記事は拙Blog、「ジャパンレプタイルズショー2006レポの関連情報」の続編になり、JRS2006会場にて展示されたガメラ関連の情報をまとめてあります。


GO!GO!BILLY
http://blogs.yahoo.co.jp/billymiho2005
さん、9月26日の更新。
9月23・24日のレプタイルズショー♪ 【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/billymiho2005/1979966.html
 最初の一枚目が斜め前からのアップ。かなり鮮明な写真です。
「映画で使われたという、本物のガメラだそうです!!!でかい!記念撮影大会みたいのしてました♪」
『手を触れないで下さい』という張り紙の文字もくっきり。
どうして皆さん、展示台の上で記念写真が撮れたのかな?


スカイラインライフ
http://blog.so-net.ne.jp/ral-ral/
さん、9月27日の更新。
ガメラ【写真あり】
http://blog.so-net.ne.jp/ral-ral/2006-09-27
 ホシガメ飼いのラル様のBlog。
「途中で、ガメラとの撮影タイムがありました。
この写真はいつでも撮れるときに撮ったのですが、撮影タイムでは
台の上に載って並んで撮れるみたいです。」
 なるほど、それで、ご家族と一緒の写真がいっぱいあったんですね。納得。
また、会場には司会としいて、だっくす小林氏もお出でになっていた由。
「ガメラを覗き込んでいるとダックスさんの方から話しかけてきました。
発泡スチロールで出来ていて、何個かのパーツに分かれているんだと
教えてくれました。
触ってもいいと言われたので、触ってみた。うーむ、確かに発砲スチロールだ。」
 最後にちょっと気になる情報が。
「今後はアンディーランドに寄贈されるようなので、そっちで見れることになるそうです。」
 おや、それは初耳です。

 ちなみに、「小さき勇者たち~GAMERA~」上映時の感想エントリーを拝見すると、ラル様は、スーツを「カブリモノ」と称し、否定的な立場を取られているご様子です。
「久しぶりの大満足映画でした!!」
と、総括されていますけど。


 だっくす小嶺さんのBlog『ちょこっとだっくす』にもお邪魔してみましたが、JRS2006関連の記事はあるものの、トト君に関する記述はいまのところありません。


わたしのブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/kedukun/diary/
さん、9月25日の更新。
23日はジャパンレプタイルズショーに行きました
http://plaza.rakuten.co.jp/kedukun/diary/200609250000/
「23日、はるばる行ってきました。
ガメラと写真を撮り、トリも目の前をとび、今まで経験できないことを得られました。」
 残念ながら【写真】は無し。
ケヅメ飼いさん、だそうです。甲長30cmとか。


ソルの生き物稀行
http://plaza.rakuten.co.jp/soru01/diary/
さん、9月24日の更新。
JRS2006へ行ってきました。 【写真あり】
http://plaza.rakuten.co.jp/soru01/diary/200609240001/
「まぁ初日に行った皆さんは既にブログのUPは済ませているようですが、今回の目玉のガメラを誰もUPしてないのでちょっと出しておきますか・・・」
 …済みません、記事の検索Hitが遅れまして、Up時の実情に則さない掲載順になってしまいました。
ごめんなさい! m(_ _;)m
 ガメラの写真は最初の一枚で、斜め前からのものです。


 なんだかんだと言いながら、JRS2006レポの多くが6mトト君を取り上げてみえた様です。
ご紹介させて頂いた皆様、有難うございました。

 本日の更新は2本立てです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガメラ:追加情報がいろいろ

2006-09-26 16:02:00 | ガメラ
 本日2本目の更新です。一本目、レプタイルズショー2006関連はこちらに。

 今回の小さき勇者たち~GAMERA~関連情報の更新には、まとまりがなくて…
「志摩 トト」
「トレーラーキャンペーン」
「ガメラで知るフィルムコミッション」
「Z計画DVD-BOX」
「京都駅 ガメラ」
等がキーワードになります。


 大王町は波切の「わらじ祭り」レポ。志摩の6mトト兄貴が登場した由。
まり~おの徒然日記
http://mario0622.dokyun.jp/
さん、9月23日の更新。
わらじ祭レポ&お知らせ【写真あり】
http://mario0622.dokyun.jp/archive/l-272338.html
「毎年、三重県志摩市の大王町で催されているお祭りです。
今年はまり~おも友達と一緒に遊びに行ってきました☆」
 という訳で、お祭りのレポに併せて、トレーラーに乗っかったトト兄貴の写真が一枚。
「こんなへんぴな町が使われるなんてビックリでしたが、
波切を愛しているまり~おは、すごく嬉しいです☆
・・・そんなこんなで、全然レポになってませんが
とても楽しかったわらじ祭でした☆(←無理やり。^^;)」
 お引越しに伴い、こちらのアドレスは9月いっぱいで閉鎖されるそうなのです。
2006年の志摩トト君に関する情報は貴重なので、出来ればお引越し先にもアップして頂けると、とても助かるのですけど。なんとかご協力ねがえませんでしょうか?


 ガメラ:トレーラーキャンペーン関連で、新規のエントリーを発見。
蟹恋邪阿
http://blog.livedoor.jp/mabu_kani/
さん、9月24日の更新。
ガオー≧∇≦ 【写真あり】
http://blog.livedoor.jp/mabu_kani/archives/50571680.html
「ガメラです。
これわたぶん今年の春にみなチャンが撮影したゃつです。
きのうわメッチャ楽しかった♪♪♪二人で騒ぎすぎてのどが痛かった。
その報告わまぁ。後ほど☆☆☆」
 トレーラーキャンペーン時、会場でのトト兄貴の【写真】。
「カニレンジャー」さん、とお呼びするのかな?
これは、志摩トト君の方ですね。
どちらの会場かな…
写真からのヒントは、ほとんどありませんが。
TB-URL  なし

ガメラで知るフィルムコミッション」の参加レポを発見。
ガメラ:伊勢志摩系の情報など」に「習慣くるぶし」さんの記事を追加しました。


 以前にイワクラ製「ガメラ大魔人特撮大百科DX」レポをご紹介した「和歌山おまけ屋敷」様が、Z計画DVD-BOXも入手された模様です。
Z計画DVD-BOX発売」に当該記事を追加しました。


 京都駅のコンコースで「ガメラ3」を想うエントリーは、毎週一件程度あります。
毎度のご紹介はしていないのですが。 「小さき勇者たち~GAMERA~」名古屋港ロケに参加された「はやとも」さんがレポを上げてみえました。

はやともの徒然日記
http://hayatomo.cocolog-nifty.com/diary/
さん、9月24日の更新。
京都に行って来た(その1:京都駅) 【写真あり】
http://hayatomo.cocolog-nifty.com/diary/2006/09/post_bd80.html
「その後、ちょっとだけ京都駅ビルの中を見る。
いままですぐに通過するだけだったので、京都駅のビルをじっくり見たのは始めてだけどなんというか…確かにガメラに壊されるだけの物では有るな。(^_^;)
奇麗なんだけど京都っぽくはなくて、街から浮いている感じ。」
 空中回廊内部と、構内全景の写真があります。
コメント (7)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ガメラ:ジャパンレプタイルズショー2006レポの関連情報

2006-09-26 15:52:59 | ガメラのイベント
 9月23、24日(土/祝・日)に、静岡市はツインメッセ静岡にて行われた「ジャパンレプタイルズショー2006」(以下、JRS2006と略します)会場に展示された、6mトト兄貴に関するレポをまとめてみました。夏休みの伊豆アンディランドに続いての静岡出張になります。
 爬虫類・両性類系の総合イベントレポですので、ガメラ関連は各エントリー毎にほぼスナップ一枚づつです。
 各エントリーは、いずれも爬虫類の写真がたっぷりですので、そーゆーのが苦手な方はご注意下さいね。

 では、参ります。


 まずは入口まで行った方。
モデリオンのモデのブログ
http://blog.goo.ne.jp/mode-rion
さん、9月24日の更新。
2006/09/24【写真あり】
http://blog.goo.ne.jp/mode-rion/e/4490383963acab9bff750a6412874cd2
 24日に、ツインメッセ静岡で行われていた他のイベントに参加されてた由。
「会場の別館で「ガメラ」飾ってた。
入りたかったけど入場料が千円て!」
 入り口?に掲示されたポスターの写真があります。公式ポスターの図柄ですね
(→当該エントリーは削除されたかも…)


○かがちのらぶりぃな日常○
http://blog.goo.ne.jp/kuroumeo
さん、9月25日の更新。
緑と水の楽土とは…。中篇【写真あり】
http://blog.goo.ne.jp/kuroumeo/e/3143fd99b8bef0d8f818380c53cc5b7c
沼津・柿田川の旅行記ですが、その中にJRS2006の写真が混じっています。
「今日のガメラ:もはやぴくりともしません。
けっこうメイン展示のはずなんですが、みんな生ものに夢中で…台をベンチ代わりに和む人の姿もちらほら…。存在感はあるけれど、みんな眼中に無いんだね…ガメラ。」
 寝トト君、斜め前からの写真が一枚。
ヒヨコの大群が何かは、これからのエントリーで追い追い明らかになる筈。


 このへんから、爬虫類写真イパーイになりますよ。
早朝4時30分起きで、埼玉から静岡まで新幹線で往復された勇者どの。
隣のジャングル
http://mylovers.air-nifty.com/the_neighboringjungle/
さん、9月25日の更新。
Japan Reptiles Show 2006. 【写真あり】
http://mylovers.air-nifty.com/the_neighboringjungle/2006/09/japan_reptiles_.html
 写真4枚目が、
「 【↓展示用ガメラ】 」
 真横からが一枚。「ガメラには手を触れないで下さい!」との張り紙も見えます。


ヨロシクで握手
http://flog4649.blog52.fc2.com/
さん、9月25日の更新。
レプショレポ【写真あり】
http://flog4649.blog52.fc2.com/blog-entry-146.html
「折角なので漫画描いてみました。」
 最初に、1頁分のコマ割りレポ漫画付きです。傑作。
トト君の写真は、最初に一枚横向きの全景が。
「がーめらー。
映画についてはもう触れるまい。
オークションやら鷹ショーはガメラの左側の会場だったのですが
ショーの時にはすっかり忘れ去られてるトトのケツ後ろ姿が悲しかったです。」
 …しくしく。


 1994年に静岡に設立され中国武術を教育研究していく団体、なのだそうです。
中国武術教育研究会
http://chiiratoraichi.at.webry.info/
さん、9月23日の更新。
蛇形拳 【写真あり】
http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb.do?newsid=f4ae3ad45b
「その蛇形刀手を駆使して、格闘の末、その蛇拳絶招刀手でしとめた獲物(ガメラ)と家族で記念撮影、手ごわいです。こいつ6m.も有ります。」
 正面から一枚。家族で2枚招待券を頂いたので、爬虫類イベントには初めて参加。面白かったとのことです。


ズク無し生きもの館
http://blog.goo.ne.jp/ironna-ikimono469210
さん、9月25日の更新。
JRSの魔物 【写真あり】
http://blog.goo.ne.jp/ironna-ikimono469210/e/5afed342efec742847b89ba67224b995
「おそらく客の何割かが爬虫類の話題で持ちきりになっているであろうファミリーレストランで朝食を済ませ、ついに会場へ。」
一枚目の写真が、会場前のポスターです。
世界最大のカエル「ゴリアテ(ゴライアス)ガエル」のレポに続き、上から5枚目に、
「もう一つの目玉「ガメラ」」
 斜め前からのスナップが一枚あります。


king_lizard Diary
http://d.hatena.ne.jp/king_lizard/
さん、9月23日の更新。
静岡レプ【写真あり】
http://d.hatena.ne.jp/king_lizard/20060923/p1
「本日、静岡レプに行ってまいりました(⌒~⌒)ニンマリ
会場で、お友達の関東チームと合流しました。」
 写真中心のレポです。
会場スナップ中に、記念写真風に斜め前からまず一枚。
生体写真の後に、
「6mのガメラ(映画)」
同角度からのアップがもう一枚あります。


ジェルボアな日々
http://blue.ap.teacup.com/komimilove/
さん、9月23日の更新。
ふれあい【写真あり】
http://blue.ap.teacup.com/komimilove/57.html
「会場では爬虫類とのふれあいコーナーがあるというので子供達をそこに連れて行くとブースが3つありひとつはウサギと陸亀。」
 ウサギとカメ、ちゅうことですか。
お子さんたちとの記念写真風ショットが一枚あります。
「最後に目的のひとつだったガメラとのショット。いやぁでかかったです。」


くわかぶな日々
http://kuroganeoukoku.blog64.fc2.com/
さん、9月24日の更新。
レプタイルズショー【写真あり】
http://kuroganeoukoku.blog64.fc2.com/blog-entry-188.html
「一際、目を引く巨大なカメ
しかも眠りこけていやぁぁがる

映画の興行でこけてしまい、近く発売されるDVDの販促活動のためにドサ周りさせられているGAMERAくんでした」
 否定できません。しくしく…
DVDの発売日を知っているところから、隠れGAMERAファンだと思われ。
上記の「ジェルボアな日々」さんとリンクしてますね。
 先方のエントリーにコメント欄がないんで、ご挨拶が…


 レプタイルズ(=爬虫類・両生類)の総合ショーというだけあって、エントリーされている方々の嗜好が、トカゲ・カエル・カメ・昆虫系その他とてんでんバラバラなのが面白かったですね。


 同じ週末に、静岡県下ではこんなイベントもあった模様です。
早起き隊ブログ
http://www.doblog.com/weblog/myblog/73298
さん、9月24日の更新。
アカウミガメ放流会【写真あり】
http://morning-cat.blogzine.jp/hayaokitai/2006/09/post_f80f.html
「さて、一列に並んで放流です。
「ガメラになって帰ってこいよ!」」

 …いやまあ、ホントにそうなったら。
飛行形態のGⅡガメラが大量に帰還ってきたら…
それはそれで凄いだろうなあ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ガメラ:小さな勇者たち、四たび

2006-09-22 17:58:48 | ガメラ
 本日2本目の更新です。一本目はこちらに。

 本エントリーの内容は、途中からかなり脱線している上に、やや虫系に流れております。虫の苦手な方々はご注意ください。
ガメラ医師よりあらかじめ、お詫び申し上げておきます。
 では、「小さな勇者」のご紹介を。


ガメラなかめトト
http://blog.livedoor.jp/iseika/
さん。
「小さき勇者たち~GAMERA~」を観てから、ロシアリクガメのトト君を飼い始めた、小さなガメラファン、小学校4年生の“いせいか”君のBlogです。
 9月11日の更新。
自由工作【写真あり】
http://blog.livedoor.jp/iseika/archives/50346518.html
「夏休みにガメラを作ってそれを「発明工夫・模型・標本展覧会」というのにだしたので土曜日に見に行きました。そうしたら、「優秀賞」をとっていました!。とてもうれしかったです。」
 巨大ディオラマ!
写真後方のマイクスタンドと比べると、その巨大さが判ります。後見人の“あんとら”様によれば、背中に担いで学校に行ったとか…
 勇者だぁ。

「でもひょうかしてもらったのは顔のひょうじょうでした。よくできたところは甲羅なんだけどなー。でもよかったです。来年はなにを作ろうかなー」
 ぜひとも、ジーダスにちょう戦してみてください。

 最新の更新(9月21日付け)では、巨大フナムシの作例がアップされています。
ふなむし【写真あり】
http://blog.livedoor.jp/iseika/archives/50387147.html
「今、学校に持っていってぼくのクラスのマスコットにしてまーす。でもあんまりにんきがありません。もっとにんきがでないかなー。」
 いやー。
充分すごいとおもいますよ。


 でかいフナムシといえば、実際にとんでもないのがいます。イラストと対比図つきの記事をご紹介。
下部漸深底帯底生魚/生物01【画像あり】
http://www7a.biglobe.ne.jp/~grafish/fa_l_bathypelagic01.html
「理由はよく分かっていないらしいのですが 深海はえてして生物の巨大化(ジャイガンティズム gigantism)を促進する魔力を持っているようです。それにしてもダイオウグソクムシが ダンゴムシやフナムシと同じ等脚目の仲間だとは思えません 」
 うわぁ…

 現物の写真と記事はこちらに。
ダイオウグソクムシ【写真あり】
http://www.jamarc.go.jp/zukan/c/c-1/c-m043/c-172.htm
「スナホリムシ科(Cirolanidae)Bathynomus giganteus
体長35cm。巨大なグソクムシで,等脚類中の最大種。 」
“大王具足虫”と書きます。
 横から見ると、これ位の大きさ。かなり気色悪いので、虫系の苦手な方は、ここには進まないほうがよろしいかも。
【写真】
 更にこちらは裏側。
【写真】

 具体的な採取記事は、こちらにあります。
オオグソクムシ【写真あり】
http://park19.wakwak.com/~philn/shell/surugawan/kimyou/oogusoku2.html
「スナホリムシ科 Bathynomus doederleini
およそ200-300mあたりの刺し網にかかったものです。駿河湾の深海にはこのような魑魅魍魎がもぞもぞと這い回っているのでしょう。網にかかった魚に誘われて近づいたところを運悪くご用となってしまいました。(採集日 2004年1月30日) 」
 これで、小さい方の“大具足虫”ですからね。


 あと、巨大フナムシといえば、『ゴジラ(1984)』に出てきた、放射能で大きくなった「ショッキラス」が有名ですね。
Wikipedia」より「ショッキラス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%A9%E3%82%B9
「身長:1メートル
 体重:45キロ 」

 そして、ガレージキット界では、
フィギュア原型師・井野宏紀のブログ
http://inoino.cocolog-nifty.com/inoino
さん、2005年10月27日の更新に。
フナムシ怪獣ショッキラス【写真あり】
http://inoino.cocolog-nifty.com/inoino/2005/10/post_52aa.html
「この子をフルスクラッチするのは実は2回目で、
私が生まれてはじめて紙粘土で造型した記念すべき作品がショッキラスです。
一回目は小学4年生のときで、その時は50センチサイズでした。
今回あれから20年以上もの時を経ての再チャレンジです。」

 いせいか君と、同じ年れいですね。
これからもがんばって、大きい作品にチャレンジしてください。


 明日、土曜日(23日)が祝日ですので、次回の更新は26日(火)の予定です。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ガメラ:今週の四方山情報。

2006-09-22 17:47:11 | ガメラ
 富岡涼君関連記事。
9月21日は、涼君13歳のお誕生日だったそうです。
ショーヘイ日記
http://ameblo.jp/syohei-tyan/
さん。9月21日の更新。
ヤッタ~!!
http://ameblo.jp/syohei-tyan/entry-10017329881.html
「テアトルアカデミーに所属していたが去年、退団。
フリーで活躍しているのかな~。
今年、『小さき勇者たち~ガメラ~』に相沢透役で出演!
Dr.コトー診療所2006に出るのかな~。」
 出ますよ~。
TB-URL  
http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10017329881/3275a9af

日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/
>芸能>9月21日付け記事。
吉岡“コトー先生”新シリーズ発表
http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20060921-93039.html
「「Dr.コトー診療所2006」(木曜午後10時、10月12日スタート)の制作が20日、都内で発表され、吉岡秀隆(36)柴咲コウ(25)らが出席 」
 涼くん、大きくなってるんだろうなあ。
(直接お会いした事はないです)

 今週の「ザ・テレビジョン」誌(No.39、9/23~29)の表紙で、主人公の二人がレモンを持っています。キャストの紹介記事中に富岡涼の写真がありました。


 フィギュメイトのガメラが、KONAMIの通販サイト、コナミスタイル予約開始
http://www.konamistyle.jp/ecitem/item32312.html
されたそうで。
Electrical appliance shop -Volt-
http://denkiya-volt.seesaa.net/
さん、9月21日の更新。
【FIGUMATE】コナミスタイルにて フィギュメイト ネギま!Vol6・ガメラ予約開始
http://denkiya-volt.seesaa.net/article/24102083.html
「コナスタの方には「もちろん組み替え可能!」などのこれまでの煽り文句がありますが・・・ 公式には書かれておらず、どこら辺をどうとかいう情報はまだなし。
あまりの情報の無さに業を煮やし、小波の相談室に電突してみたよ(笑
『ねえねえ、組み換えってどうなるの? 教えてー』って(それって電突か?
んで組み換えできるとコナスタにもあった回答は得られたんだけど、詳しいことは判らず。発売前商品だから手元にないらしかったので。」
 結局、詳細は不明のまま。
むむう…
 そういう事となったのであった@夢枕 獏。


 画像系一発ネタ。
富山弁日記
http://blogs.yahoo.co.jp/aeudoha
さん、9月18日の更新。
ガメラ~~。 【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/aeudoha/41536359.html
「あっ、ガメラやぁ~~。」
 ををっ!
ホントにガメラだがね~~。
どえら優雅に、飛んどりゃ~すが。


 9月22日の発見。
実に久々、名古屋ロケエキストラ参加の方の、新規エントリーです。
ガメラ:8月13日のロケの様子」に、「エキストラズ」さんを追加。名古屋駅前の地下街「ユニモール」ロケに参加されています。

 9月22日の追加。
 前回(21日)の更新、「ケヅメリクガメからのサルモネラ感染には、直接の証拠はない?」に追記。ちょっと言い足りないかな、と思ったもので。


 今週は17・18日(日/月)と23・24日(土/日)が連休なのでした。週休2日制の方は、19~22日の4日分年休を取ると9連休になるんですね。一人勤務のガメラ医師にはほぼ不可能なシフトです。
 羨ましいなあ。

 本日の更新は2本立てです。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ガメラ:ケヅメリクガメからのサルモネラ感染には、直接の証拠はない?

2006-09-21 17:49:48 | ケヅメリクガメ
 この事案、新聞記事紹介系のBlogでは取り上げられていますが、カメ飼いさんBlogの反応はまだ殆ど無い模様です。リクガメ系からのサルモネラ感染例は、これまであまり話題になっていないか、と思います。

 元記事はこちらから。
朝日新聞
>暮らし>暮らし一般>9月19日付け記事
爬虫類ペットに注意 乳幼児のサルモネラ菌感染相次ぐ【写真あり】
http://www.asahi.com/life/update/0919/007.html
「カメやイグアナなど、最近人気が高まっている爬虫類(はちゅうるい)ペットからサルモネラ菌に感染する乳幼児が相次いでいる。食中毒のような下痢症状にとどまらず、敗血症や髄膜炎など深刻な状態に陥る子もいる。海外では死亡例も報告されており、国立感染症研究所は、爬虫類ペットの扱い方に注意するよう警告している。」
 との要約で、今年5月に新潟県で生後7ヶ月の乳児が高熱で衰弱し入院。血液検査でサルモネラ菌が見つかり敗血症と診断された。抗生剤で治療し、入院から8日後に退院。菌のタイプから爬虫類由来と診断された、という事案。記事の引用から、
「地元保健所によると、一家は大型カメの一種、ケヅメリクガメ(体長45cm、幅30cm、厚み18cm)を飼っており、浴室で甲羅を洗うなど、家族のように可愛がっていたという。飼育法や菌型などから、保健所はこのカメが感染源と見ている。」
「英国では00年に乳幼児が2人死亡、米国では集団感染も起きている。米国疾病対策センターは、爬虫類からの感染を防ぐ家庭用ガイドラインを出し、正しく飼うよう注意を促している。」
 欧米の報告では、爬虫類の50~90%は菌を持っているが発病はしないので、症状がなくても油断はできないとの事。
 哺乳類のみならず爬虫類でも、触ったあとにはきちんと手洗いしないといけないわけで。生き物ですからね。

 それはそれとして、
この記事に掲載されているケヅメリクガメの写真は意図的にかどうか、青物を喰いちらかした姿で不潔っぽく写ってますな。また記事冒頭の「カメやイグアナなど」の後半、イグアナによるサルモネラ感染症の症例が、何処から出てきた話なのか、よく判りません。
 そこで、多少検索してみました。


 多分こちらが本記事の元ネタです。
感染症情報センター
http://idsc.nih.go.jp/index-j.html
速報記事 (細菌) 
http://idsc.nih.go.jp/iasr/rapid/index-kb.html
更新日 2006/9/14
> <速報> 乳児サルモネラ敗血症事例-新潟県
http://idsc.nih.go.jp/iasr/rapid/pr3181.html
 患児の血液及び便の培養から、サルモネラO13群を検出したとの内容です。本報告中では、細菌培養の結果も記載されています。
「ケヅメリクガメは、10検体すべてサルモネラ属陰性であり、家族は6検体中、兄2名と母よりサルモネラO13群を上越保健所にて分離した。血清型別は国立感染症研究所に依頼しS . Poonaと判明した。」
 他の家族には症状は無かったそうです(サルモネラ菌感染では、症状の出ない「健康保菌者」は比較的よくみられます)。また、この報告からみる限り、
「判明した血清型から、爬虫類を原因とする敗血症も否定できない 」
との事なので、ケヅメリクガメからの感染は直接には証明されてはいません。
 ただし、患児と他の家族に共通食がない(離乳食のためと思われます)ことや、屋内の飼育ケースに接触が容易であること、接触後手洗いの習慣がなかったこと、カメの洗体は家屋内の浴室で行われていたことなどが、状況証拠として挙げられています。


 イグアナの元ネタは、こちらかな?
千葉県衛生研究所
http://www.pref.chiba.jp/syozoku/c_eiken/index.html
トピックス
>2005年11月25日(金) 動物由来感染症について【写真あり】
http://www.pref.chiba.jp/syozoku/c_eiken/topics/20051125/20051125.html
「意外なペットからのサルモネラ感染相次ぐ」と題して、
「最近、千葉県内で意外なペットからの感染症が相次いでいます。」
 ここでの報告はミドリガメ2例にイグアナ1例だけ。しかも、千葉県下で、という括りが入った報告です。
なんだか、新聞記事とニュアンスが微妙に異なるような…


 医学領域では、
日本医師会」発行の、
動物由来感染症ハンドブックWeb版
http://www.med.or.jp/kansen/animal/index.html
輸入動物からうつる:サルモネラ症〔Salmonellosis〕
http://www.med.or.jp/kansen/animal/import/01.html
 によると、
「食中毒以外では、健康なハ虫類(ミドリガメ、イグアナ等)の腸内に保菌していることが多いので、カメなどを、飼育することが多い子どもへは充分注意が必要です。」
 との由。本HPの「はじめに」から、本誌は平成18年5月発行、のようです。
人獣共通感染症の方面では、既に有名な事案らしいですね。


 一方、カメ飼いさんのBlogから、サルモネラ関連で検索してみました。

 5月に拙Blog「ケヅメの闇」で、引用・TBをさせて頂いた、ホルスフィールドリクガメ飼いの
蔵六の思いつ記
http://blog.goo.ne.jp/zouroku-rg/
さんが、9月19日の更新にて上記の新聞記事全文を引用の上、感想を述べてみえます。
爬虫類ペットに注意 乳幼児のサルモネラ菌感染相次ぐ
http://blog.goo.ne.jp/zouroku-rg/e/01e1d6e19b4a307c38789f8bba71122c
「ウィキのサルモネラによれば経口的な感染をするそうだ。
空気感染や接触感染でなくて良かったよ。
とりあえず、我が家も温浴&お風呂を洗面所に場所替えだな。
台所はマズイわな。」
 と、注意を喚起。


 同じく、拙Blogにて6月に映画『小さき勇者たち~ガメラ~』のレビューを、7月にはワニガメ・カミツキガメ保護の事案について各々引用・ご紹介をさせて頂いた、
Allabout
>ペットチャネル>爬虫類・両生類ガイドサイト>
ガイド:星野一三雄さん、2006年4月23日のエントリー、
両生爬虫類のズーノーシス 「ミドリガメ」って悪者なの?
http://allabout.co.jp/pet/reptiles/closeup/CU20020424a/index2.htm
にも、サルモネラ関連の情報があります。


 更に以前のエントリーなのですが、ペット由来のサルモネラ感染症がよくまとまっていますので、こちらも御覧頂けると良いかと。
ケヅメリクガメについて
http://blog.goo.ne.jp/gameraishi/e/3014ab10dfcada3ae847c027d86e8bb4
でご紹介して以来、しばしば引用させて頂いている、moonba-moogleさんのBlog。
飛行機に乗ってやってきたケヅメリクガメ~Moonba&Moogle
http://moonba.exblog.jp/
さんから、2006年3月10日の更新。
サルモネラ菌
http://moonba.exblog.jp/4244338/
 こちらもミドリガメ関連の内容ですが、サルモネラ菌について簡潔なまとめがあります、カメに限ったことではなく、ペット=コンパニオンアニマルを扱う際の常識だとの主張で、

「とりあえず手を洗おう。

石鹸で手を洗おう。

夏の屋外なら、除菌ティッシュだってOKだ。

なんでもいい、手を清潔にすればいいだけの話だ」
 moonba-moogle様は、公園にお散歩に連れて行く時、除菌ティッシュをたくさん持っていくのだそうです。
ケヅメ君に触った子供達に配るために。

 生き物を飼うって、こういう覚悟の要る事なんですよね。


 リクガメ関連といえば、
 夏休みに伊豆アンディランドで公開されていた「小さき勇者たち」撮影時使用の6mガメラ“寝トト@PAMIさん”が登場する「ジャパンレプタイルズショー2006
http://www.rep-japan.co.jp/Jrs%201.html
は、今週末の23日(土・祝)、24日(日)に静岡市内は「ツインメッセ静岡」にて開催の予定です。イベント記事をご紹介。

お魚館
http://www.osakanakan.com/list.html
>イベント情報・参加レポート>
爬虫類・両生類の日本最大のイベント!ジャパンレプタイルズショー2006(Japan Reptiles Show 2006)のご案内!!【写真あり】
http://www.osakanakan.com/archives/000336.html
 会場の地図その他の案内があります。会場地図はクリッカブルマップになっていますので便利。
 静岡近郊のガメラファンの皆様、週末には是非ツインメッセへお出かけくださいね。


―――ここから、9月22日の追記です。―――
 上記のエントリーにコメントを頂いて、再度考案してみました。
ガメラ医師は、この新聞記事の信頼性を云々するに足るだけの情報は持ちあわせておりません。個人的に一般検索した情報のみで、本記事の全てのソースを完全に網羅したとはいえないからです。
ただし、本エントリーで提示した情報は、Yahoo・Google等から「サルモネラ カメ」「サルモネラ イグアナ」で検索を行うと、上位にランクされるものであり、これらの他には「全国的な爬虫類からのサルモネラ感染症が頻発」という情報は見つけられませんでした。

もし、これらの情報が記事のソースなのだとしたら。
「千葉県下で起こった三件のペット経由感染例と、一例のケヅメリクガメから(ではないかもしれない)感染例を例に引いて、あたかも全国で爬虫類からのサルモネラ感染症が頻発しているかのような論調の記事を書くというのは、ちょっと強引なんじゃない?」と思った次第です。
「千葉県下で散発との報告があり、全国的にも注意が必要」という記述の方が、より妥当なのでは?
 とか、思うわけで。

 本記事に関しては、補完情報が得られれば随時追記していくつもりです。爬虫類からのサルモネラ感染症について情報をお持ちの方は、お報せ頂ければ幸いです。
――― 追加分は、以上です。 ―――
コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

9月のケヅメ関連ニュース。

2006-09-19 17:29:41 | ケヅメリクガメ
 拙Blogで4月にご紹介して以来、どうも音沙汰がなかった「長野市茶臼山動物園」のケヅメ君レポ、拙Blogでは(多分)初の補足です。
もぐら日記
http://mogura.txt-nifty.com/diary/
さん、9月16日の更新。
【茶臼山動物園】 【写真あり】
http://mogura.txt-nifty.com/diary/2006/09/post_c50a.html
「ガメラの子役がいると聞き、カメラを担いで茶臼山動物園に行ってきました。」
 ニホンカモシカ、ウォンバット、ニホンザルなどの写真に続いて、「いよいよ真打。ガメラの子役。彼です。」
ケヅメリクガメの写真が3枚。
「手のひらに乗るほどの大きさでした。」
「葉っぱを食べてます。
結構活発に行動していました。」
「ケヅメリクガメという種類の亀で、1mほどの大きさまで成長するようです。」
そんなには大きくならんかも。
ともあれ、元気そうな様子なのでなによりです。

 ところでこちらのBlog、先日に調布大映撮影所でのガメラ遭遇をご紹介した『もぐらにっき』さんとは別人です
 …よね。


 しんくろにしてぃBlog、その1。
みるると不可思議な仲間たち
http://blogs.yahoo.co.jp/nyaodoragonss
さん、9月17日の更新。
襲来【写真あり】
 旦那さんがお仕事先で遭遇したそうで。
「そこのお家の門から30mくらい先に犬小屋が見えました。
 尻尾の様な物が見えたので、動物好きな旦那が チッチッチッチッ と
 舌を鳴らして呼びました。
  すると、遠くから大きい それ がドスドスと現れました。
 大きい それ は門の所までやってきて 『ごはんくれ』と
 口を開けたそうです。
        次の日に写真を撮ってきて貰いました。」
 庭飼いのケヅメリクガメくんに遭遇。お仕事の3日間、みるるさんのお宅では【今日のガメラ】の話題で持ちきりだったそうです。


で、しんくろにしてぃBlog、その2。
第二の青春
http://thespringoflife.cocolog-nifty.com/spring/
さん、9月16日の更新。
アンのベッドパッチワークも完成。 【写真あり】
http://thespringoflife.cocolog-nifty.com/spring/2006/09/post_75b0.html
より。
「今日撮った我が家のケヅメリクガメ(ガメラの小さい時のカメに使われたのと同じ種類)
体長50センチくらいかな。庭の草とりをおまかせしている。人に寄ってくる可愛い奴だ。エサは、野菜。キャベツが大好物。ブドウの皮やナシの皮も食べる。名前はカメ助。」
 まさか、こちらのケヅメ君が上記の個体と同一の物なはずは無い、とは思いますが…


 以前、8月22日に近況をご紹介
http://blog.goo.ne.jp/gameraishi/e/aaa352c872a7a260c4413ef842119614
した、「きゃ4」さん家が拾ったケヅメリクガメくん(成体)は、まだ居るのです。
絵日刊きゃ4
http://www.sekino6.com/kya4/sb/
さん、9月3日の更新。
出たい一心だろうけど【画像あり】
http://www.sekino6.com/kya4/sb/log/200609.html#eid745
「最近、扉を開けて名前を呼ぶと、気がついたリクちゃんは、出口のほうへ歩いてくるようになった。
人に慣れたわけではなく、単に「呼ばれると、ここから出られる」ということを覚えただけだろうけど、ホント頭のいい生き物だね。」
 (仮名)が取れて、すっかり家族の一員に。
うーん、可愛いなあ。
同じく、9月16日の更新。
材料費1700円程度【画像あり】
http://www.sekino6.com/kya4/sb/log/200609.html#eid758
 りくちゃん移動用カートを作成。
「急ごしらえだけど、結構役に立ちます。」
ガコン ガコン 
わはははは。


 またついでに、と言ってはなんですが、例の『リクガメを考える会
http://kamenokai.web.fc2.com/
のHPは、拙Blog8月3日付け更新で状況について言及して以降も、未だ新規の更新はない模様です。
 質問状の回答期限から、二ヶ月以上経ちましたが、未だに何の進展もアップされません。回答が無いことすら報告しないのでは、誠に申し訳ない事ながら、会の真意を疑わざるを得ませんのですけど。
と、ネチネチ言ってみたり。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ガメラ:今週の関連情報いろいろ

2006-09-16 17:17:31 | ガメラ
本日三本目の更新です。

 上野洋子さん関連。
quiet heart-news
http://d.hatena.ne.jp/uenoyoko/
さん、9月14日の更新。
[インタビュー等]雑誌「キネマ旬報」に『小さき勇者たち』サントラのレビュー掲載
http://d.hatena.ne.jp/uenoyoko/20060914/p1
「だいぶ前の情報になってしまいますが、映画「小さき勇者たち~ガメラ」のサウンドトラックのレビューが、雑誌「キネマ旬報」2006年7月下旬特別号に掲載されています。
インタビューは無く、サントラのコーナーの一記事です。」
 音楽関連の情報には疎いので、こちらのBlogは参考になります。


「志摩マリンランド」のコマンド・サンボとセイラの近況。
パティシエのワーキングホリデー in Australia
http://ameblo.jp/fragmentdememoire/
さん、9月14日の更新。
志摩マリンランド【写真あり】
http://ameblo.jp/fragmentdememoire/entry-10017030269.html
「水族館シリーズ第二弾は志摩マリンランドからお届けします。」
フランスから帰国し、オーストラリアにワーホリで出発しようとしている、三重県人のパティシエ、「そら」様のBlog。夏休みで帰省中、地元の水族館めぐり。
「こちらはリクガメの赤ちゃんなのですが、なんと映画”ガメラ”にガメラの赤ちゃん役で出演したのだそうです。」
 撮影から一年が経って、かなりの成長がみられます。甲羅や前足もゴツくなってケヅメリクガメらしくなってきましたね。


 夏休みの家族旅行で「伊豆アンディランド」へ。
☆Lil’Wakoのシアワセ綴り
http://lilwaco.exblog.jp/
さん、9月14日の更新。
夏休みの出来事・その3【写真あり】
http://lilwaco.exblog.jp/4553421
「とりあえず出てきてしまったのであてもなく彷徨う。すると“アンディランド”という看板を発見。何かと思いよく見ると、「亀の水族館」って書いてありました。そしてかなり小規模。混んでもなさそうなので入ってみることに。」
 ワニガメやケヅメリクガメの写真の後に、寝トト@PAMIさん、との記念写真。
「それから映画で使われたガメラちゃんが居たので一緒にぱちり。」
 ご一家でのスナップ、微笑ましい。


 旅行記、伊勢から名古屋へ。
Guarby’s
http://love.ap.teacup.com/guarby/
さん、9月12日の更新。
「Willow.」 【写真あり】
所要で伊勢旅行。志摩の夕暮れの写真(雰囲気が素敵)及び、
「で、名古屋上陸。

この風景を見て、少しだけ小さき勇者たち・ガメラが好きになりました。ジーダス、出てこねぇかななんて夢想しながら一枚撮ってみた。」
 電車中からツインタワーの写真が。この位置でジーダスが出てきたら、たいへんな事態になりますけど、ね。


 画像ネタ。
天使の宝石箱
http://anjewel.seesaa.net/
さん、9月16日の更新。
遊び その1【写真あり】
http://anjewel.seesaa.net/article/23818603.html
「「トト、お前ガメラなのか?」というキャッチフレーズと共にたびたび見られたあの場面です。
透のこの問いかけ、透自身は半分答えが分かってて聞いてるんだけど、
相手が人間の言葉をしゃべれないから答えは絶対得られないんですよね。
でも問いかけずにはいられないという、透の心境が伝わってくる名フレーズだと思います。」
 で、その有名なシーンが…

そ、それは言わない約束でしょ!
皆がそう思っても、敢えて触れないでいるのに…

 文中のリンク先である、『神木隆之介くんブログ
http://ryunosuke0519.seesaa.net/
中にある元ネタエントリーの方も参照していただくと、事の仔細が理解しやすくなります。こちらの4コマパロディも、なかなか秀逸。
 富岡涼くんと神木隆之介くんとのコラボ、なわけですね。

 今日の記事は、「-三たび」とか「-Part3」とか、3番目が多かったなあ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ガメラ:みんなの感想 Part3

2006-09-16 17:03:59 | ガメラ
 本日二本目の更新です。
 何故か今週は、映画の感想エントリーが散見されます。Mixiの再掲とか、なのかな。
というわけで、劇場公開期間中の記事「みんなの感想」、「みんなの感想 Part2」に続く、「小さき勇者たち~GAMERA~」感想記事のご紹介です。


放浪映画人
http://blog.goo.ne.jp/houroueigabito
さん、9月10日の更新。
小さき勇者たち/GAMERA
http://blog.goo.ne.jp/houroueigabito/e/80096ea30dc1ebad69730f2f291545d2
「怪獣映画の基本は、子供達が観賞しやすい作品である事だと思います。
この作品を観賞していて驚いたのは、周りに子供の観客が多かったにもかかわらず、あまりざわめく事が無かったという事です。
ほとんどの子供達が、この作品を真剣に観賞し、エンディングロールが流れても、早々に席から離れる人が全くいませんでした。
それだけ、この作品が魅力的なものだったという事でしょう。」


みんなシネマいいのに
http://cinemaiinoni.cocolog-nifty.com/blog/
さん、9月16日の更新。
「小さき勇者たち~ガメラ~」
http://cinemaiinoni.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_a824.html
「結論からいえば「小さき勇者たち~ガメラ~」は思った以上に面白かった。
金子監督の平成ガメラが怪獣映画としてのガメラを極めたならば、「小さき勇者たち~ガメラ~」は子供の味方のガメラとして極めてまではいないが成功しているといえる。」
 好意的な論調の一方、突っ込みどころはきちんと押さえてあります。
それはそうとして、結論は傑作。
「とにかく、思った以上に良かったガメラだけど、配給が松竹なんよね。
 やっぱり、松竹としてはガメラの配給をしている場合でなく、ギララのリメイクじゃないか?」


 あと一本更新の予定。
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ガメラ:小さな勇者たち、三たび

2006-09-16 16:53:21 | ガメラ
 以前の「小さな勇者たち」、「小さな勇者たち、再び」に続くガメラファン、小さな勇者たちのご紹介です。残念ながら小さき勇者たち~GAMERA~関連ではありませんけど、「もう小さくない勇者」さんのご紹介も含めて。


 接触編。
Gの部屋
http://plaza.rakuten.co.jp/aremag/diary/
さん、9月16日の更新。
ガメラと握手【写真あり】
http://plaza.rakuten.co.jp/aremag/diary/200609160000/
「昔の写真で恐縮です 2000年12月頃のイベントだったと思います。
ちなみに握手してもらっているのは息子です」
 度胸のあるお子さんですね。本物の撮影用スーツかな。
それともイベント用作り起こしでしょうか?


 対決編。
yuiマンマ
http://plaza.rakuten.co.jp/yuimanma/diary/
さん、9月12日の更新。
ゆいたんvsガメラ【写真あり】
http://plaza.rakuten.co.jp/yuimanma/diary/200609120000/
「ゆいたん勝利!!
ビクトリー!!」

 ガメラ瞬殺…


 昭和ガメラ関連エントリーから、こんなBlog。
プラモが好き
http://blogs.yahoo.co.jp/nandemoplamo/
さん、9月14日の更新。
ニットー ガメラ・ギャオス・ガッパ・バルゴン【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/nandemoplamo/41614982.html
「日東化学のマスコットシリーズ
子供にやさしい80円お小遣いプラモです。
たぶん当時は4点パックで300円売りだったんだと思います。
まあ、中身は完全に箱絵負けしている価格相応のそれなりのものなんですけどね(笑)。」
  …しかも、75%が箱だけなんだな。
コメント欄も熱い。


 本日の更新は3本の予定です。
コメント (4)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

世界のガメラ目撃Blog、再び

2006-09-14 17:54:16 | ガメラ
 昨年11月の拙Blog更新、「世界のガメラ目撃Blog」に、追加の情報。

 ガメラはモンゴルでも目撃されているのです。

1フジ2タカ
http://1fuji2taka.cocolog-nifty.com/blog/
さん、9月13日の更新。
モンゴル旅行記その3【写真あり】
http://1fuji2taka.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_5e19.html
 カラコルムから草原地帯へ紀行の記事です。最後にガメラ岩の写真が。
「さらに大きな岩場も独特の景観を作っていて、
たいへんおもしろい場所であった
岩の洞窟や亀石・・・・あまりにでかいので、勝手にガメラ石と名づけた・・・」
 写真はクリックで拡大可能。小さいWindowしか開かない場合は、右clicから「新しいウィンドウを開く」を選択して下さい。

 …これは確かに、で、でかい!
手前の放牧されている牛や後方の建物と比べると、本当に小山の如く巨大です。


 9月14日の追加。
拙Blog、8月12日の更新にて、伊豆アンディランドの寝トト君遭遇記事をご紹介した、
ちょんまげ通信』の
はなうまん様からコメント頂きました。新規にHPを開設された由。

illustrator Hanowman Official Site
http://www.hanowman.com/
 マジレンジャー、ボウケンジャー、ライダーカブトなどのイラストがあります。
ちょんまげイラストが傑作!!
「小さき勇者たち~GAMERA~」の掲載許可が出るといいのになあ。


 申し訳ありません。昨日から体調不良につき、本日の更新はこれだけです。
『ガメラ医師の不養生』やね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガメラ:小さき勇者たち~DVD関連情報に追加、など

2006-09-12 17:24:22 | ガメラ
 拙Blog、8月29日の更新「-DVD関連情報再び」に追加情報です。
 ガメラ公式HPに、DVD関連の新着記事がアップされました。ファイル名より、9月11日付けと思われます。


DVD発売決定!
http://gamera.jp/special/news_911.html
 タイトル上には、「王道のガメラ映画にして、正統派の感動ファンタジー!」とのアオリ文句も入ってますね。
 新規の情報としては、この記事中での映画タイトルが「小さき勇者たち~ガメラ~」とカナ表記であることが一つ。DVDの正式タイトルは「~GAMERA~」ではないわけです。あとは、ディスク表面(裏面?)の写真が掲載。
 内容的には、スペシャルエディション(2枚組み)の特典、ペーパークラフト・ガメラの写真がありますね。ええと、これはトトなのかな?
 DTSメモリアルエディション1965-2006の内容については、特に新規の特典情報はない模様です。

 劇場情報は、まだ更新されていないですね。


 以下、ガメラ小ネタを幾つか。
“チラシの裏”Blogを発見しました。
文字通り、ひたすら映画チラシの裏側をUpし続けておられるBlogです。
 コンテンツは基本的にこれだけ。
2005年2月以来、実に480枚ものチラシの裏をUpされています。
これは凄いわ。

GINGA家の「裏の裏っ!」☆彡
http://blog.goo.ne.jp/doradorakoneko
「映画のチラシの裏はどうなってるんだろう?」
持ってる人しか分からない!!チラシの裏側を覗いてみましょう♪
 ということで、
9月4日の更新。
#475 小さき勇者たちGAMERA【写真あり】
http://blog.goo.ne.jp/doradorakoneko/e/485d9a78512f428740db8f6661f4906c
 初期のチラシの裏。
同じく、9月5日の更新。
#476 小さき勇者たちGAMERA(2)【写真あり】
http://blog.goo.ne.jp/doradorakoneko/e/cd33c8e032df9cb3214245bd24ce7e9c
 後期のチラシの裏。

 継続は力なり。
400枚以上のチラシの裏には、結構感動しました。


 2006年4月の拙Blog「タイトー3兄弟について」中で、ふわふわ一族のフルコンプをご紹介した
もぐらにっき
http://kishitaka.exblog.jp/
さんが、調布市でお仕事、。

 9月10日の更新。
がめらだーっ! 【写真あり】
http://kishitaka.exblog.jp/4259143/
「調布の角川大映スタジオでお仕事中。
たすけて、ガメラ!」
 ガメラは子供の味方なんだ!
大きなお友達も、きっと助けてくれるんだ !!

 同じく、9月11日の更新。
終了! 【写真あり】
http://kishitaka.exblog.jp/4261701/
「一番イイ!と思ったのはコレ!
でも土日はお休みだったしょんぼり。
ガメラにちなんだメニューがあるのかな、あるのかな?
今度は撮影は平日にしてもらうにょ!!

あ、ここは関係者以外は入れないと思います。。。。念のため。」
 大映角川スタジオの、「Kitchin café GAMERA」看板写真を掲載。
以前に一般の方で、カフェを探訪されたBlogエントリーを見た様な気がします…


 金子ガメラ関連で。
エイリアンに魅せられて
http://blogs.yahoo.co.jp/backief/
さん、9月12日の更新。
かめs【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/backief/19286880.html
「大きいほうが貯金箱で、小さいほうが????調べたのですがわかりませんでした。
がしゃぽんかな、、。」
 4方向からの写真付き記事。
金子ガメラには疎いガメラ医師、大きい方の貯金箱も初見です。増してや小さい方は、???
 どなたかご存知の方は、backief様までご一報を。
最後の、「かめs集合写真」が素敵です。


 写真日記から。
 脇にうつっている「?茂かめ」っていう文字が、とても気になるガメラ医師。
何なんでしょこれ?
ナースマンの小部屋
http://blogs.yahoo.co.jp/a_room_of_a_nurse/
さん、9月10日の更新。
ガメラ【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/a_room_of_a_nurse/39847299.html
「ガメラが上陸してた
小さな川に
小さな町に
それを小鳥が見てた
ほのぼのとした秋の始まり」

 秋ですねえ…

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加