ガメラ医師のBlog

「小さき勇者たち~GAMERA~」名古屋ロケにエキストラで参加
 ガメラ情報なんでも紹介Blog、ネタばれ満載!

ガメラ:09年1月第五週の小ネタいろいろ

2009-01-31 17:00:00 | ガメラ
 本日三本目の更新です、一本目「第5週のフィギュア情報」はこちら
二本目「ギララの逆襲について /01/31」にはこちらから。

 今週の検索中に拝見した、ガメラに言及された様々な小記事のご紹介でございます。各節文頭の小見出しに下線が付いている場合、拙Blog内の関連分野にリンクしてたりなかったり。
前回の「第四週の小ネタ」には、こちらよりどうぞ。



 戦場のガメラ:
アブさん日記
http://blogs.yahoo.co.jp/maruoka_project/
さん、1月25日の更新。
ガメラ用ストームクッカー【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/maruoka_project/8678840.html
「表題が相応しいか如何かは疑問ですが・・・。
飯盒は、幼い頃からキャンプで馴染みがあり
キャンプ=飯盒=カレー見たいな定説をお持ちの方は、
以外と多いのではないでしょうか?
でっ 並べて見ました。」
自衛隊PX品の2型飯盒、イタリア軍(?)用、スエーデン軍用SVEAの3品について、
SEVA用のストームクッカーこと風防つきコンロが、前の二品に適合するかどうかを検証されてます。蓋、内鍋、鍋部分となんとか収まるみたいですが。
題名の由来はと云うと…、
イタリアでは飯盒をガメラと、戦友をガメラータと呼ぶんだそうな。


 ガメラルアー
PHASE(フェイズ)~Wave motion bait
http://blog.goo.ne.jp/phase_08/
さん、1月26日の更新。
ポケモンとガメラ?! 【写真あり】
http://blog.goo.ne.jp/phase_08/e/f8e7c69c45bc86c6fef11ee8e00b46af
 近所の実家に顔を出した時、お母さんが持ってきた。
「10年前に何故かスポーツ用品店で購入(領収書まで残ってた)
当時は遊びで買ったと思うのですが、今ビルダーとしてルアーを見てみると中々な出来。」
 ポケモンの「ニョロモ」と「ガメラ」のルアー。各々お写真と簡単な解説があります。


 造形系:
切り撮りの覚え
http://kiritorinooboe.seesaa.net/
さん、1月28日の更新。
ワタシ タワシ ガメラ!! 【写真あり】
http://kiritorinooboe.seesaa.net/article/113292456.html
 お写真が一枚。
「タワシ タワシ??
宇宙から??」
 写真自体のインパクトがすべて。
正に、「タワシガメラ」そのものです。 ノ^^)ノ


 ガメラ四方山:
トミーの☆頭ん中の森
http://ameblo.jp/tomy-yokattane/
さん、1月28日の更新。
小さな命たち・・・満月の夜、ガメラが空を飛ぶ!
http://ameblo.jp/tomy-yokattane/entry-10198238975.html
 体験記、というより短編小説風のエッセイ。
トミーさんは何故、満月の夜に天翔けるガメラを眺めたのか…?
ちょっと長めの記事ですが好いお話ですので、通読をお勧め。
リンク先でご堪能ください。


 vs動物シリーズ、番外編:
ライヴガメラ 08/12/22」にて、「ライブガメラ対クロ猫ギャオス」をご紹介した、
まっくろクロニャンな日々
http://blog.goo.ne.jp/m_oiwasan/
さん、1月28日の更新。
まっくろクロの古代米【写真あり】
http://blog.goo.ne.jp/m_oiwasan/e/dda8b3affe02ddde84fd7b23a06591c7
「かあさんが、『古代米だけで炊いてみようか。』と、暴走しそうになるのを、
家族がみんなで止めてます。
   ↓
ぼくは、ぼくの家族が古代米を毎日食べ続ければ、
ガメラとギャオス
のような、超古代のパワーを身につけるのではないかと、
ちょっと期待してます。 」
 それはちょっと、見てみたい様な気も…。
 ところで、こちらのクロニャンさんの記事、とっても心惹かれるものがございましたので、もうちょっとご紹介を。

風の谷のナウシカ クロニャン編
http://blog.goo.ne.jp/m_oiwasan/e/8d454c157ca1a39651440b7dec903617
天空の城ラピュタ クロニャン編
http://blog.goo.ne.jp/m_oiwasan/e/6990c0dfbfea4a925454fb0ca93ed864


 PAMI様より、コメントにてお教え頂きました。
1月24日より公開中の映画、「劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャー VS ゲキレンジャー
http://www.go-on-vs-geki.jp/
の作中にて、ガメラ(?)が出現するそうな。

そこがミソ。-ドラマ特撮感想などを思ったままに-
http://d.hatena.ne.jp/korohiti/
さん、1月28日の更新。
新春スーパー戦隊祭 劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー【写真あり】
http://d.hatena.ne.jp/korohiti/20090128/p3
 バランスの取れた良作だった由。
「あとは久しぶりでお懐かしやなヨゴ様とか、蛮機獣にソウルを入れる‥‥で、丸い慟哭丸を叩いてソウルの形にってそんなムチャなとか、ムチャといえば臨獣拳のカメ、じゃないメカが敵に攻撃するときに手足を引っ込めて回転飛行‥‥ってのはそれいいのか?大映じゃないぞ?とおもた(笑)ガメラかよ(言っちゃった)メカの防御技って甲羅くえん‥‥?遊園地か!w 」
 お写真は公式ポスターと、劇場内で見かけた「ロビーは走らない!」のポスター(主人公付き ^^)。


 1月31日の追加。
1月6日の更新「ガメラ雲 09/01」に「アラカン日記」さんの記事を追加しました。
ガメラ雲の他、ゴジラ雲、ラピュタ雲、アダムスキー雲などを多数掲載。

 23日の更新「09年1月のケズメ情報」に、「リクガメを考える2~現況の観測」さんの記事二編を追加しました。
「リクガメを考える会」Watch記事、及び『小さき勇者たち~GAMERA~』出演個体についての新規情報です。
 同じく「じなんぬーの釣り日記」さんの記事を追加しました。
こちらは、路上での遭遇記事です。
コメント (4)

ガメラ:ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発について 2009/01/31

2009-01-31 16:30:00 | ガメラ
 本日二本目の更新です、一本目「第5週のフィギュア情報」はこちら

 1月28日の「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発」DVD発売に関する情報まとめの第二弾。「w加藤ファン」の記事はいっぱいありますので、今回は拙Blogでこれまでご紹介してきた方々のご意見などを中心に。
前回29日更新の「 09/01」はこちらからどうぞ。


 反応記事:
☆ビーグル犬さぶろーとおばちゃんのお気楽生活☆
http://blog.goo.ne.jp/saburomama/
さん、1月30日の更新。
映画「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発」 DVDが発売☆! 【写真あり】
http://blog.goo.ne.jp/saburomama/e/26c1be75aa126a0140c38641043c5386
 お写真はDVDのカバー。Amazon.co.jpへのリンク付きです。
「シッチェス・カタロニア国際映画祭にも
出品されたそうで、
海外での評価は大変高いそうです。
♪ミソノミウ~ズコ モオノリク~ トナハリキ!」
 ねちこま ねちこま ねちこまネチコマ!
拙Blogへの言及、有難うございました。


 DVDで初のご視聴、のはず。
フクロムシとコブクロムシの怪獣なんでも研究所
http://blogs.yahoo.co.jp/hukuromusi1017/
さん、1月29日の更新。
ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発= 【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/hukuromusi1017/58484340.html
 写真はDVDのカバー。
「ジャケットにも書かれていますがこれは 爆笑パニックムービー ですね。私たちの大好きな特撮怪獣映画とはカテゴリーの違う作品でした
ただ笑えたかというと正直ちょっと波長があいませんです~
タケ魔人じゃない、北野監督の「監督・ばんざい!」みたいなナンセンスムービーに近いテイストに感じました
こういったギャグははまると面白いのかもしれませんが、私はちょっと苦手です」
 特撮パートが自主制作映画並みのイージーな技術で撮影されているというご指摘は、本作の意図を(おそらく)適正に指摘されているのではないか、と思いました。
品田冬樹さんのギララ造形や福田さんのサントラが良かっただけに、もっとまじめでかっこいいギララを観たかった、という結語です。


 こちらでは、好評だった模様。
「一期一映」 sakuの映画日記
http://ameblo.jp/sku-1028/
さん、1月30日の更新。
【ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発。】 【写真あり】
http://ameblo.jp/sku-1028/entry-10200114993.html
「このい映画昨年公開中も見たくて 見たくて(゜д゜;)
やっぱり この怪獣映画は 男にとってロマン何です
自分の原点はやっぱり 怪獣映画  小さいときに
僅かなお金と コーヒー牛乳とパン買って 映画館へ
「ゴジラ」シリーズが自分の映画鑑賞の始まりだから」
 お写真は公開時ポスター(部分)の他に、本作が遺作となった水野晴郎さん、タケ魔人、河崎実監督、それに元祖の「宇宙大怪獣ギララ」DVDカバーと盛り沢山。


 ご出演の方からも:
☆赤沢圭オフィシャルブログ☆どSにRock’n Roll
http://ameblo.jp/akakei67/
さん、1月30日の更新。
あっ、 【写真あり】
http://ameblo.jp/akakei67/entry-10200058232.html
「「ギララの逆襲」観て頂けましたかな?
まだ観てない方は是非!!
4649ネッ!!」
 お写真は公開時のポスター(部分)と、ギララソフビを抱くご本人の二枚。


 唐沢なをきさんのBlogでも情報。
からまんブログ
http://blog.nawosan.com/
さん、1月30日の更新。
ギララの逆襲!  DVD出たよー! 【写真あり】
http://blog.nawosan.com/archives/51452879.html
 写真はDVDのカバー。Amazon.co.jpへのリンク付きです。
「DVDには特典でメイキングが付いてるんですが、このときの撮影現場は『ヌイグルメン!』ですっごく参考にさせていただいててですね、カメラとか機材とか、みんなココで撮らせてもらった資料写真を見て描いてるんと違うかな。なんかね、すごい自由に写真など撮らせてもらったんですよね。マジ、ありがたかったです。」
 その他、ギララの足の裏の写真を掲載した件で、後から品田冬樹さんに取っちめられた件など。


 関連で、「宇宙大怪獣ギララ」視聴記を一つ:
東京国立近代美術館フィルムセンター主催の
日本映画史横断③ 怪獣・SF映画特集
http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/2009-1/kaisetsu.html
で、1月27日にオリジナルの「宇宙大怪獣」が上映されておりました。

サカミチ論――shooting life
http://d.hatena.ne.jp/szkshoot/
さん、1月27日の更新。
宇宙大怪獣 ギララ(1967)
http://d.hatena.ne.jp/szkshoot/20090127/1233069683
「ごつごつぶよぶよした気持ち悪い皮膚に、ユニークだが不気味な頭部。赤く光る丸い目は表情がない。クチバシはペンギンに近い。以前動物園で見たペンギンは可愛い外見と裏腹に、「グゲェェー」「ブモォォー」と不細工な声で鳴いていたが、鳴き声もそれに近い。
怪獣の出現をすんなり受け入れた人々は、表情を変えないワイルドな魅力の冷静な博士・岡田英治を始めとして、科学的論拠に基づいて対策をこうじてゆく・・・そこに他の怪獣映画におけるヒーロー性、努力のドラマ、正義と悪、環境といった問題は見いだせない。その意味でメタ怪獣映画として様々な読み解き方も可能かもしれないが味気ない。」
 なんだか凄くしんどそうなんですが、ダイジョウブでしょうか…?


 本日は、あと一本更新の予定です。
コメント

ガメラ:09年1月第五週のフィギュア関連情報

2009-01-31 16:00:00 | ガメラ
 前回24日更新の「第4週のフィギュア情報」はこちら


 前回は「08年5月第三週の小ネタ」にて、「ガメラ頭蓋骨ネタ」をご紹介。
ルナティックばくの「喫茶去」
http://ameblo.jp/baku3/
さん、1月28日の更新。
感動したぁ!! 【写真あり】
http://ameblo.jp/baku3/entry-10199282443.html
「今日、オークションで手に入れた "品物"が届きました
その包装に商品に対する愛を感じての一言です
こんな感じの包装」
 エアーキャップ(ぷちぷち)で包み、それをタッパーに入れ紙で二重に包装、更にそれを袋に入れて贈ってきてくれたのだそうです。
 そんなに大事に送られてきたのは…、
平成(金子)版、レギオン襲来の「完全限定 まがたま」なのでした。
包装と、本体のお写真付き。
ガメラ復活するとイイですね。


 粘土造形系:
~アネモネのお気楽日記~
http://ameblo.jp/janemone/
さん、1月28日の更新。
怪獣くん♪ 【写真あり】
http://ameblo.jp/janemone/entry-10199544355.html
 ケーブルTVでガメラに嵌った息子さん、粘土細工で感動を再現。
「こういうのを粘土で作ってますぅ~
題 「にらみ合い~」
   ↓
題 「ガメラ危うしっ!」(肩を刺された)
   ↓
題 「ガメラ勝つ!」(刺されたのをひっこぬいてふりまわしたそうです~)
台紙は娘1号の教科書の裏側~ 」
 お写真3枚で、「小さき勇者たち~」の名シーンを再現 !!


08年1月中旬の画像情報」での「昭和ガメラ画像」以来、一年ぶりのご紹介となります。
ク、リトルマシーネン。
http://blogs.yahoo.co.jp/iyonagiaya66/
さん、1月29日の更新。
ガメラ99’(食玩の素材は塗装しやすいのに変えて欲しいダス)。【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/iyonagiaya66/49398066.html
 お写真4枚を掲載。平成(金子)版ガメラの食玩リペイント作品です。
「模型部屋から発掘した食玩ガメラを掲載ダス。
ごらんのとおり?プロポーションについては完璧!!当時の開発者を褒め称えたいのですけんど
購入時は素材色むき出しで惜しかったのでラッカー塗料で彩色しました。
そう、ラッカーで…Vカラーなんて入手できんので仕方なかったのですヨ、サフ吹いて何度か塗り重ねて
完成したのは10年前なのに今だ微妙にベタつきます(逆に10年良く持ったものヨ…) 」
 昨今の怪獣映画の衰退傾向についても一言。


21世紀少年★回遊記
http://gazila.n-da.jp/
さん、1月29日の更新。
☆セレクション3☆ 【写真あり】
http://gazila.n-da.jp/e68967.html
「福島在住の酒井ゆうじ氏原型の組み立て品の平成ガメラ
   ↓
コナミ販売の食玩バルゴン
   ↓
当時映画館で見た横長のスクリーンで、対峙する二大怪獣のシーンは今でも忘れられない」
 お写真は全部で6枚。対峙の映像を再現など、凝った構図がございます。


 29日更新の「1月下旬の写真情報」で、「平成ガメラオフィシャルアルバムのレビュー」に引き続きましては、
絶滅戦記
http://sechs.seesaa.net/article/
さん、1月29日の更新。
虹をつかむ男【写真あり】
http://sechs.seesaa.net/article/113326640.html
「ワニ・・・バラゴ・・バルゴンです。
ザ・ウルトラマンにはワニゴドンちゅーのも居りましたナァ。」
 タグ付き未開封のお写真が一枚。
X-PLUSの大怪獣シリーズ、45cm版のバルゴン(橙色系)です。
ワニゴン、でもありません。^^;)
 ちなみに、邦画の「虹をつかむ男」は、山田洋次監督、西田敏行主演の喜劇(’96~’97)。「寅さん」の後を受けて「釣りバカ日誌」への橋渡し的な作品となりました。
洋画の「虹を掴む男」は、ノーマン・マクロード監督、ダニー・ケイ主演の喜劇映画(’47)。
これは、’50年に日本で公開された際の邦題でして、大映の洋画部が付けたものらしい。
そして、「大怪獣決闘ガメラ対バルゴン」で小野寺が掴もうとしたのは、巨大オパールことバルゴンの卵だす。


 本日は、あと二本更新の予定です。
コメント (2)   トラックバック (2)

ガメラ:09年1月後半の画像系情報

2009-01-30 17:30:00 | ガメラ
 本日三本目の更新です。一本目「湯浅版視聴記 /01/30」はこちら
二本目「ガメラな風景 /01/30」にはこちらより。

 前回17日更新の、「前半の画像情報」にはこちらから。


Funny-Stuff
http://ameblo.jp/funny-stuff/
さん、1月18日の更新。
うおぉおおおおおおおっっ!!! 【画像あり】
http://ameblo.jp/funny-stuff/entry-10194508467.html
「今なら何故だか
頑張ればガメラが描ける様になれる気がするんだ。
長年の夢だったんだ。
そして、ガメラ描ける様になれば
ロボコップも描ける様な気がするんだ。」
 平成(金子)版ガメラ、ラフの画像が一枚。
ガメラも描けるよ。


ギロン4コマ」、「大怪獣ジャガメラー」に続いて、3度目のご紹介となります。漫画家さん。
中本哲哉のブログ
http://ameblo.jp/n4koma/
さん、1月27日の更新。
イカの化け物【画像あり】
http://ameblo.jp/n4koma/entry-10196679548.html
「1月22日放送の「アメトーーク!」で、フットボールアワーの後藤輝基さんが共演者から顔をからかわれた時に、「誰がイカのバケモンや。ガメラの敵やないか!」と言い返していました。画面の隅には後藤さんに似ているとされた宇宙怪獣バイラスの画像が映っていました。 」
 上手いこと云うなあ。 ^^)
宇宙怪獣のイラストが一枚。さすがにフォルムの捕らえ方が秀逸。
次はジグラか!?


―――ここから、2月3日の追加分です。―――
 イラストレータ目指してます。
日々描きイラスト配信中
http://babakasu.blog36.fc2.com/
さん、1月30日の更新。
ガメラ【画像あり】
http://babakasu.blog36.fc2.com/blog-entry-79.html
 ノートに平成(GⅢ?)の上半身をモノクロで。
「適当に描きました。(;゜д゜)
前の記事で黒い怪獣王が好きと言いましたが、
ガメラも大好きです。」
小さい時にGⅢを見てトラウマになり夜眠れなかったけど、イリスもギャオスも大好き!
なんだそうです。


―――ここから、2月6日の追加分です。―――
 前回は「角川大映撮影所情報 08/07」で「スタジオ外壁のガメラ壁画」をご紹介。映画好きで怪獣も好きそうな、
「コミック 新旭日の艦隊」、「北海の堕天使」、「新海底軍艦」などの作者である、漫画家の飯島祐輔さんのBlogです。
「電脳」轟拳な日々
http://karenmoe.blog81.fc2.com/
さん、1月31日の更新。
下絵追い込み【画像あり】
http://karenmoe.blog81.fc2.com/blog-entry-668.html
「とりあえず下絵作業がアップ間近で追い込み中なので、今日は簡単に。
バルゴン、カコイイ、てゆうだけ。」
 冷凍光線を浴びてフトコロが…。
っていう一コマ自画像漫画。
   
 ――― 追加分は、以上です。―――


 1月29日の追加。
8日の更新、「ガメラレーダ情報 09/01
に、「outdoorisland 佐渡は、まるごとアウトドア!!」さんの記事を追加しました。
山頂からの展望写真がございます。

 19日の更新「等身大ガメラ 09/01」に、「ヒマたれゲーマーズ日記」さん、「☆塩大團☆」さんの記事を追加。
おそらく新規で、しかも同一の個体情報です。

 27日の更新「多肉植物ガメラ 09/01」に、「タニクなおいら」さんの記事を追加しました。
H・ガメラじゃないハオルチア記事。
コメント (5)

ガメラ:日本全国ガメラな風景 2009/01/30

2009-01-30 16:30:00 | ガメラ
 本日二本目の更新です。一本目「湯浅版視聴記 /01/30」はこちら

 本項では全国のガメラ岩やガメラ島、ガメラな建造物についての記事をご紹介しております。
前回9日更新の「 09/01」はこちらから。


 東京、汐留編:
看板よもやま話
http://plaza.rakuten.co.jp/hotstuff1976/diary/
さん、1月27日の更新。
●カレッタ汐留の亀の噴水● 【写真あり】
http://plaza.rakuten.co.jp/hotstuff1976/diary/200901270000
 カレッタのお昼休みに、ベンチで休息していたら。
「いきなり地面からシュッと空気?水が沸いてきた。そういえばここ汐留は前知識無しで訪れた時に発見した日テレ大時計やらいろんなモノがあちこちに隠されているのだ。新しいパフォーマンスかと思ってじっと見ていると亀の甲羅に見立て、シュッ、シュッと勢いよく吹き出してくる水がやけに心地よい。一瞬怪獣ガメラを彷彿とさせる勢いが妙に力強い。」
 カレッタ汐留の公式サイトから記事
http://www.caretta.jp/caretta/kame.html
を引いて、コンセプトを解説。お写真(クリックでアルバムへ飛べます)やGoogle street viewのリンクもあります。


 ガメラな風景、GⅢ京都編:
ムラタカエル
http://mutara.exblog.jp/
さん、1月27日の更新。
東寺界隈 2 【写真あり】
http://mutara.exblog.jp/10224019
「ガメラ3で敵怪獣のイリスが降り立ったのはこの近辺でした。」
 東寺近辺のお写真一枚を掲載。よくある京都駅の風景じゃないのでご紹介してみました。
先日「石ガメラ 09/01」でご紹介した「東寺亀」は、イリスの着地点にあったんですな。


 沖縄県下のガメラ岩、座間味島編:
いつかどこかで…
http://triton1201.exblog.jp/
さん、1月29日の更新。
ガメラ達のヒソヒソ話…。 【写真あり】
http://triton1201.exblog.jp/10745266
「ガメラ岩に見えますかぁ~?
実は、海人やってる友達も、マリンスタッフをしている友人達も…
この岩の事を話しても信用してくれなかったのです。
ここは自分達のテリトリーだし、何度も行ってるけれどそんな岩は見た事がない!って言い張るのです。
でも、あるんだもんねっ( ̄^ ̄) 」
 いや~。
確かにガメラに見えますよ。しかもヒソヒソ話中の、ですよね。 ^_^)ノシ
慶良間諸島は、座間味島のガメラ岩でした。


 本日は、あと一本更新の予定です。
コメント (2)

ガメラ:昭和(湯浅)版視聴記など 2009/01/30

2009-01-30 16:00:00 | ガメラ
 前回の「 01/26」はこちら

 湯浅版関連情報:
大映の創業者、永田雅一さんのご子息、秀雅氏のBlog、
永田秀雅の『映画のあれこれ。』
http://ameblo.jp/4114/
さんが、お引越ししてリニューアル。

ジュニアラッパのブログ
http://ameblo.jp/19250823/
さん、1月24日の更新。
ガメラの誕生は?
http://ameblo.jp/19250823/entry-10196870441.html
 今回は、幻の作品「ネズラ」誕生のきっかけと失敗の顛末。
ちょっとグロ、かもです。
「折角本社の許可をいただいて着手したのに没、大損をさせました。しかし沢山作ったミニチャーは後日を期して大事に残して置きました。
何としても損金を取り戻そうと、次に着目したのが、巨大怪獣ガメラでした」

ガメラの誕生
http://ameblo.jp/19250823/entry-10197281608.html
「私は、ひ弱に育ったため,いつも寝るときに「ウサギとカメ」の歌を口ずさんでおりました、その歌の前半のカメにかぶって私は{負ける物か}を常々思って居りました。
撮影で北海道にロケーションデマ入り正装のアイヌの方々にあいました、ふとこの人達の神様の御神体はカメではと勝手に思いこみました。
決めました、新大怪獣はガメラと名付け、その大きさ、形、特技、声「咆吼」は・・・ 」
 今まであまり聞いたことのない、なんだかすごいお話でございます。


 前回のご紹介は、「 /01/13」での、「大怪獣ガメラ視聴記」。
Blog名を変更された模様です。
チャッキーのクレクレ映画全科
http://blog.goo.ne.jp/shohei2009/
さん、1月27日の更新。
(感想)大怪獣決闘ガメラ対バルゴン
http://blog.goo.ne.jp/shohei2009/e/77cc11beccd7b94cfdbcfd25ca590a9f
「当然リアルタイムでは観てないが 公民館の夏休み上映で初めてみたのが小学校の時 ガメラの弱点である寒さを武器にした 冷凍ガスを出すバルゴンによって 大阪で冷凍された時のショックたるや 「ガメラが負けた」だったよ
その後ビデオで何回も観る事になるが 主役怪獣が負けてしまうショックは今年の時は強烈だった
ゴジラ対メカゴジラのゴジラの血しぶきも強烈だったが 昭和の怪獣ものって 看板怪獣は無敵だとゴジラの方で信じきってたガキんちょだったから」
 一度敗れるだけに、リベンジのカタルシスに燃える!


 東京国立近代美術館フィルムセンター主催の
日本映画史横断③ 怪獣・SF映画特集
http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/2009-1/kaisetsu.html

1月29日(木)には、「ガメラ対宇宙怪獣バイラス
http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/2009-1/kaisetsu_41.html
が上映されました。


 /01/26」での「フィルムセンター、対ギャオス視聴記」ご紹介に続きまして、
サカミチ論――shooting life
http://d.hatena.ne.jp/szkshoot/
さん、1月29日の更新。
ガメラ対宇宙怪獣バイラス(1968)
http://d.hatena.ne.jp/szkshoot/20090129/1233220652
「眠くて前半寝た。72分だからあっという間だったらしい。チラシ解説によればガメラは宇宙人に操られたらしいが、宇宙人は姿を見せたのかな?
渥美マリ(新人)も分からず。
起きたらイカに似たの形の怪獣とガメラの戦闘が始まり、鋭い頭はガメラが投げた岩が刺さるほどで、それでガメラを突き刺せばいいのにと思ったら、ホントにそうなる」
 投げ遣りな感想が、シリーズ中期の雰囲気にぴったり(誉めてます ^_^)。
渥美マリさんは、本作が映画デビュー。ボーイスカウト指導員の青山順子役でご出演でした。
フィルムセンター企画のガメラシリーズは来月も上映予定はありますが、1月の4作のリピート上映です。


 「 /01/08」でご紹介の「大怪獣ガメラ視聴記」につづいて、ガメラの鑑賞は二作目。
BOSSの玩具ブログ
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/hedora78/view/20090129/1233243162
さん、1月29日の更新。
日本映画史横断3 怪獣・SF映画特集 その6
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/hedora78/view/20090129/1233243162
 お客の入りは、40%くらい(?)との事。
「今作は過去作の使いまわしシーンが多いですなぁ。
まさか白黒の1作目まで赤や青のフィルターをかけて使ってしまうとは。やはり予算の都合なのでしょうか。
とはいえ、今回の特集ではバルゴンとか見れなかったのでちょっとだけでもあの大阪城のセットとか見れて嬉しかったり。
あと水の中をヒョコヒョコと動くガメラは1作目などと比べると愛嬌もあって良い感じ。潜水艦と追いかけっこをしているシーンとか実物のカメの泳ぎ方を研究して撮ったんだろうなぁ
あとピンチなんだけどバイラスに突き刺される度にひょこひょこ手足が出る最後もちょっとカワイイ^^;」
 昭和の特撮に登場する子供は、小学生の頃からキライだっったんだそうです。
なんとなくお気持ちは判ります。 ノ^^)ノ


 本日は、あと二本更新の予定です。
コメント

ガメラ:平成(金子)版視聴記 2009/01/29

2009-01-29 17:00:00 | ガメラ
 本日三本目の更新です。一本目「ギララの逆襲について 09/01」はこちら
二本目「下旬の写真系情報」にはこちらより。

前回の「 01/27」にはこちらから。


 今回もGyaOでのご視聴だそうです。「 08/12/30」でご紹介した「GⅠ視聴記」に続きましては、
笑う時歯茎を出すな
http://44100ghz.blog102.fc2.com/
さん、1月27日の更新。
ガメラ3を観る
http://44100ghz.blog102.fc2.com/blog-entry-36.html
「イリス飛行形態とF-15Jの空中戦は邦画史に残るクオリティの高さだと思う。一部のファンの間ではロストテクノロジー扱いされているそうな。確かに今の邦画のCGは10年前のガメラ3にも及ばないレベルのものが幾つかある。単純に時間と予算が少ないから、という言い方もできるだろうが、ガメラ3だってあまり余裕は無かったはずだ。となるとこの出来の良さは作り手の想いが強いからなんじゃないかと思わざるを得ない。」
 平成三部作の続編を期待して「小さき勇者たち~」を観られると失望の度合いが余計に高まるので、あまりお勧めは出来ませんね。 ^^;)ゞ


 GⅡ視聴記:
塩はうまくてまずいです
http://hosokawa18.exblog.jp/
さん、1月28日の更新。
レギオン襲来【写真あり】
http://hosokawa18.exblog.jp/10264400/
 写真は平成(金子)版GⅡのDVDカバー、
「忘年会の後で「大つき様亭」へとスタックしまして、
みんなで 「平成ガメラ」 を観てました。
で。平成ガメラの良さ・・・否。中山忍の良さを説かれたのですが、
途中で寝てしまってすいません。中山忍はスバらしいです。(笑) 」
 記事のメインは、古代ローマ時代の重装歩兵中心の密集戦闘隊形(レギオン)について。
紀元前168年の「ローマレギオン」対当時無敵と言われていた 「マケドニアファランクス」の会戦について詳細に解説されてます。
レギオン強え~!


 前回は「小さき勇者たち視聴記 08/10/14」にて「トトガメラの視聴記」をご紹介しました。
今回は、GⅢ視聴記:
すたじお銀色猫瞳月曲技団出張所
http://mar13.at.webry.info/
さん、1月28日の更新。
今日はガメラの日。 【写真あり】
http://mar13.at.webry.info/200901/article_7.html
「本日、漸く「ガメラ3~邪神覚醒~」を鑑賞いたしました。
これで、平成ガメラもコンプリートでございます。
 キャッチコピーは「私はガメラを許さない」。 」
写真はDVDカバー、Amazon.co.jpへのリンク付きです。
感想を箇条書きにした視聴記。未完成の映画を観てしまった気がして残念、という総括には頷けるものがあります。


 GⅠ視聴記:
手乗りTIGERの(笑)な日々
http://tenoritiger.jugem.jp/
さん、1月28日の更新。
ガメラ
http://tenoritiger.jugem.jp/?eid=23
 前回の「戦国自衛隊」の視聴記に続いて、GⅠをご視聴。
「普通の見所はやはり福岡ドームを使った「ギャオス捕獲作戦」のシーン。一応僕も野球好きなので、ドームの中で自衛隊員とギャオスのドンバチやりあったり、ドームがガメラに壊されたりするのは心が痛い(-.-;)
そして僕があえて人違う場所に注目すると言ったら「ガメラ対自衛隊」及び「ギャオス対自衛隊」。 」
 以下、陸自を中心に戦闘記録など。


 パソコンTV「GyaO
http://www.gyao.jp/
>「昭和テレビ
http://www.gyao.jp/showa/
では、今月中(正確には、2月1日(日)正午まで)平成(金子)三部作のうち、
ガメラ3 邪神<イリス>覚醒(=GⅢ)」
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0077689/
を配信中でやんす。


 1月29日の追加。
22日の更新「角川大映撮影所情報 09/01」に、「波彦のブログ」さんの更新を追加しました。
俳優の大村波彦さん、「女サギ師リリ子」撮影の為に角川大映スタジオへ。

 23日の更新「1月のケズメ情報」に、「カズの世界」さんの記事を追加しました。
アフリカ産リクガメを、現地で飼い始めたそうで。
コメント (2)

ガメラ:09年1月下旬の写真系情報

2009-01-29 16:30:00 | ガメラ
 本日二本目の更新です。一本目「ギララの逆襲について 09/01」はこちら

前回20日更新の、「中旬の写真情報」にはこちらから。


 毎度お世話になります。平成(金子)版、写真資料系:
よっちゃんのマニアックなお部屋
http://blogs.yahoo.co.jp/nsrpp579/
さん、1月25日の更新。
作業工場じゃありません!!ガメラ映画を作っています。 【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/nsrpp579/56714666.html
「これはみんな「ガメラⅢ」の作業に携わっている人たちのスマップ・・いや、スナップです。スタッフの皆さん・・本当に真剣ですね。ミニチュア作り、火薬の爆発・・この頃はCGも取り入れられていますが まだまだ手作りの部分が多くを占めていたものです。」
 GⅢの(?)メイキングから、お写真5枚を掲載
最初の方は特殊効果の舞台裏かな?


―――ここから、2月2日の追加分です。―――
 平成(金子)版、写真資料系:
よっちゃんのマニアックなお部屋
http://blogs.yahoo.co.jp/nsrpp579/
さん、1月30日の更新。
ギャオス飛びます!!飛ばせます!! 【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/nsrpp579/56778183.html
 スタジオや露天撮影時など、いろいろなサイズのギャオス飛行シーン撮影中のお写真が8枚。
「各シーンで 様々な「ギャオス」の人形などを作って 撮影したようですね。命を吹き込まれたように 生き生きしている「ギャオス」の名場面です。」
 CGが注目される平成(金子)版ですが、意外に正統な特撮が多用されていたんですね。

 昭和(湯浅)版、写真資料系:
1月31日の更新。
ちっちゃいシーンだけど ガメラファンには大切なのよねー。 【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/nsrpp579/56792178.html
「「昭和ガメラシリーズ」・・後期にはちょっとなぁ・・と思うシーンも数多くありますが それはそれでも その作品のスパイスとなっておりまして、無ければ寂しいし・・と言う感じのものがあります。スタッフは きっと 低予算でもどれだけ面白く怪獣同士の戦いを見せるか・・とアイディアを絞っていたはずです。」
 対ジャイガーより、ガメラ対ジャイガーの空中戦(?)写真が4枚。

 ――― 追加分は、以上です。―――


 平成(金子)版、資料系:
前回は「08年8月第三週のフィギュア情報」にて、「ロケットプロ製ガメラ(オレンジ版)」のレビューをご紹介。
絶滅戦記
http://sechs.seesaa.net/article/
さん、1月25日の更新。
怪鳥と遭遇した日【写真あり】
http://sechs.seesaa.net/article/113115613.html
 今回は文献系のレビューです。
「ガメラのオフィシャルアルバムを入手。およそ60P。
   ↓
映画のパンフレットに毛の生えたものを予想してのですが
舞台裏の秘蔵ショットが収録されてました。
   ↓
中でもガメラの頭骨は「よくできてんなー」と感心。
その画像を撮影しようとしたところ無情なバッテリー切れ。」
 表紙と「中山忍さんインタビュー」の頁、お写真二枚を掲載。


 昭和(湯浅)版、写真系:
男着物のすすめ
http://blogs.yahoo.co.jp/wakadanna009/
さん、1月27日の更新。
怪獣映画好きな方への情報。。。 【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/wakadanna009/49338352.html
 お写真は二枚。「東京国立近代美術館フィルムセンター」のポスターから「東京タワーを倒すモスラ幼虫」に加えて「大怪獣空中戦、ガメラ対ギャオス」のスチールです。
「実は、若旦那は怪獣映画が好きなんです。。
そんな怪獣ファンに嬉しい情報です。。私だけかもしれませんが。。汗)
東京京橋にある「東京国立近代美術館フィルムセンター」で
昔のゴジラ、モスラ、キングコング、ガメラ、ギャオスなどの
怪獣映画が上映されているんです。。
まだ、見に行っていないのですが、時間をつくってみにいこうと思っています。。 」
 「昭和(湯浅)版視聴記 /01/26」でご紹介している、「東京国立近代美術館フィルムセンター」主催の
日本映画史横断③ 怪獣・SF映画特集
http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/2009-1/kaisetsu.html
についての記事。
若旦那も、是非ともお出かけくださいな。
観賞記事など拝読できれば、幸甚でございます。 ^^)ノシ


 本日は、あと一本更新の予定です。
コメント   トラックバック (1)

ガメラ:ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発について 2009/01

2009-01-29 16:00:00 | ガメラ
 昨年12月11日の更新、「ギララの逆襲について 2008/12」はこちら

 1月28日、待望の「ギララの逆襲」DVDが終に発売されました!
公式サイトの情報によりますと、特典映像としまして、
メイキングの逆襲
1. 加藤夏希・加藤和樹密着編
2. G8と地球防衛軍奮闘編
3. 地球防衛軍御殿場ロケ編
4. ギララ衣装合わせ編
5. 怪獣特撮の三日間編
6. ゲストインタビュー編
みうらじゅん リリー・フランキー 水野晴郎
7. ゲスト出演者シーン編
井上純一 森下悠里 中田博久 和崎俊哉 ビートたけし
製作記者発表&完成披露記者会見・舞台挨拶
第65回ヴェネチア国際映画祭レポート
等々が収録されている由。
定価は、¥3,990(税込)です。


 見つからなかった方:
ゼロロク計画
http://enumasudar.cocolog-nifty.com/blog/
さん、1月28日の更新。
ギララの逆襲は、いずこ? 【写真あり】
http://enumasudar.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-3c77.html
 写真はDVDのカバーです。
「レンタル日だったので、気に なり、COWAと谷島によったが、2店とも未入 荷。なんという人気のなさ!」
買えばいいのに… ヾ^^;)


 レンタルされた方:
風街の「それは僕じゃないよ」
http://ameblo.jp/kazemachi1969/
さん、1月28日の更新。
風街爆笑映画紹介【写真あり】
http://ameblo.jp/kazemachi1969/entry-10199148855.html
 お写真は、レンタル(新作のタグ付き)中の状態が一枚。
「あまり人気はでなかったらしく続編が作られる事はありませんでしたが、見事復活しました。週末にインドアされる方は是非観て爆笑しましょう(^.^)v 」
 内容に全く触れてないのはネタばれ防止の意味合いか…。


 その辺は手堅い。予約にてご到着の報告です。
よっちゃんのマニアックなお部屋
http://blogs.yahoo.co.jp/nsrpp579/
さん、1月28日の更新。
「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一髪」DVD到着!! 【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/nsrpp579/56752106.html
 写真はDVDのカバーです。
「見るのはかなり先になりそうなので ご紹介だけ。(笑)
この映画のサントラ盤の音源を フクロムシさんから頂いたのですが これは素晴らしい音楽でした。「これぞ、怪獣映画の音楽!!」と言う感じ・・。この音楽がどう 映像と結びつくかが 非常に興味深い・・僕は「スター・トレック」の「データ」かしら・?」
 スポック、ではないのですな。


 DVD視聴記:
 08/07/29」にて、劇場観賞記をご紹介した、
KDPの趣味の世界
http://kdp.txt-nifty.com/kdp/
さん、1月29日の更新。
DVD:ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発
http://kdp.txt-nifty.com/kdp/2009/01/dvd-cfd3.html
通常の音声パターンのほかに賞賛(アプローズ)付きの「バラエティMIX Ver.」があるとか。
「それにしても何で今ギララと「タケ魔神」なのか?
がこのDVDを見ることで(正確にはコメンタリーを聞くことで)わかったのだが、元々別の企画だったのを無理矢理くっつけたからなのねん。
言うまでもなく「タケ魔神」とはビートたけし版「大魔神」のことなんだが大魔神ってそもそも大映なんじゃ…と思ったけど、そういや同じ大映のガメラも最近は松竹配給だしね。
しかも出てくる役者さんも音楽も思いっきりゴジラ系。
何でもありなのでちょうど良かったのかもしれない」
 河崎監督だし。^^)


 主題歌を歌われた「デブパレード」のハンサム判治さんのBlogにも告知記事。
ハンサム判治(デブパレード)オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/hanzi/
さん、1月28日の更新。
ギララのDVD逆襲発売! 【写真あり】
http://ameblo.jp/hanzi/entry-10199146404.html
 DVDのカバー写真が一枚。
「実はデブパレード全員こっそり役者として出ちゃっとるぞー!
でも衣装がきつくて4、5枚ぐらい破っちゃった(笑)」


『ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発』
公式サイトはこちら
http://www.cinemacafe.net/official/guilala/

公式Blog「ほぼ日刊ギララ」はこちら
http://www.tanomi.com/girara/

 Blogの方は、12月以来変わらずの放置状態でした。
DVDの発売時位はフォローしとけば良いのに。 ヾ^^;)


 本日は、あと二本更新の予定です。
コメント (3)

ガメラ:小さき勇者たち~GAMERA~視聴記 2009/01/27

2009-01-27 17:00:00 | ガメラ
 本日三本目の更新です。一本目「金子版視聴記 /01/27」はこちら
二本目「多肉植物界のガメラ 09/01」にはこちらから。

 前回の「 /01/24」はこちらより。


 DVDにてご観賞。
トマトライナー
http://tomatohasiru.blog.so-net.ne.jp/
さん、1月18日の更新。
はじめまして
http://tomatohasiru.blog.so-net.ne.jp/2009-01-18
 Blog開設のご挨拶と、好きな映画についての記事。
「子供向けだろってバカにしてたんですが、予告で泣きました
それからずっと見たいなーって思ってて、三年越しにやっと借りて観れました 
怪獣系(?)ってあんまり観ないんですが、アクションシーンは結構熱くなりますね
主人公とガメラの友情とラストは泣けます!
これ観るとカメ飼いたくなりますよ」
 モルモットとゴールデンハムをお飼いだそうです。^^)


 26日には衛星放送の「チャンネルNECO」にて
http://www.necoweb.com/neco/
小さき勇者たち~GAMERA~が配信されました。
http://www.necoweb.com/neco/program/program.php?id=5157&month=01


(おそらくは)チャンネルNECOでの視聴記。
ハヤカワ*ナカガワ
http://blog.livedoor.jp/ryoko86_jn/
さん、1月26日の更新。
今日は休み
http://blog.livedoor.jp/ryoko86_jn/archives/51129034.html
「ガメラの映画がおもしろい!
小さき勇者たち
主人公の男の子かわいい∮
亀飼いたくなっちゃった」
 なんかよく判りませんが大変そうなんで、メゲずに頑張ってね。 ノ^^)ノ


Sirius.
http://mblg.tv/piyocko/
さん、1月27日の更新。
毛づくろい【写真あり】
http://mblg.tv/piyocko/entry/52
 題名とお写真は、26日の公園散歩で出会った白黒ぬこについて。
「そんで夜はケーブルテレビでガメラやってたのを父が見てて、うちもはまって見てたんだけど…めっちゃ感動(´;ω;`) ガメラの飛び方とか闘うシーンがおかしくて笑ったけど最後は感動して号泣www」


 1月27日の追加。
19日の更新、「等身大ガメラ 09/01」に、「大志ヲイダケ~炎上Version」さん、「いっぱい笑おう☆」さんの記事を追加。
各々、越後湯沢駅前と沖縄県での遭遇記です。

 24日の更新「第四週のフィギュア情報」に「Rin news」さんの更新二編を追加しました。
トトガメラとRinちゃんの日常をご紹介。
コメント

ガメラ:多肉植物界にもガメラ 2009/01

2009-01-27 16:30:00 | ガメラ
 本日二本目の更新です。一本目「金子版視聴記 /01/27」はこちら

 多肉植物のハオルチア属園芸品種には、「ハオルチア・ガメラ」がございます。
オブツーサ(H.obtusa)とボルシー(H.bolusii)の交配種。
1~2ヶ月に一本の更新ペースですけど、今月のハオルチア・ガメラ紹介記事です。
前回12月26日更新の、「多肉植物ガメラ 08/12」にはこちらからどうぞ。


++雑感++
http://kannon.seesaa.net/
さん、1月22日の更新。
ハオ買っちゃいました(・∀・) 【写真あり】
http://kannon.seesaa.net/article/112968747.html
「◆最近又、多肉オークションをたらたらと眺め、
美しい写真を眺める内に、
もう置き場がないから買わまいと決めていたのに
欲しくて仕方なくなって買ってしまった…

.+:(・∀・):+. 綺麗です…
とってもとってもとっても嬉しい((o(>▽<)o)) 」
ハオルチアhaworthia「ガメラ」オブツーサ x ボルシー と、
haworthia「LUNA」GX-1(ルナ)の二株をご購入。お写真が各々一枚づつ。


―――ここから、1月30日の追加分です。―――
タニクなおいら
http://tanikunaoira.blog.so-net.ne.jp/
さん、1月29日の更新。
ソレゾレノ【写真あり】
http://tanikunaoira.blog.so-net.ne.jp/2009-01-29
 ハオルチアの冬越し姿についての記事です。
真っ赤になったり紫になったりオレンジになったり、また緑のまんまのもありといった具合にバラエティーに富んでいるんだそうな。
最初のご紹介が、紫になったHaworthia cooperi “有棘クーペリー”。
「この位の凹み具合の方が、ノギや窓のエゲツナサが強調されて、よりこのヒトらしい気もします。
なんちゅうか、平成ガメラって感じかな。」
 GⅡの炭化Ver.か、あるいはGⅢのトラウマって感じっぽい?
その他、オレンジに色づいたHaworthia reddiiや、葉先だけがピンクに染まったHaworthia oxygonaのお写真もあります。
 バイラスみたくもあるですな。

 ――― 追加分は、以上です。―――


 本日は、あと一本更新の予定です。
コメント (5)

ガメラ:平成(金子)版視聴記 2009/01/27

2009-01-27 16:00:00 | ガメラ
 前回の「 /01/23」にはこちらより。


 GⅢ視聴記:
team.B・R・Dの軌跡
http://teambdr.blog.shinobi.jp/
さん、1月23日の更新。
ガメラ3 邪神(イリス)覚醒 レビュー
http://teambdr.blog.shinobi.jp/Entry/6/
 ネタバレありかつ「テキトー」なあらすじとレビューっていうか感想。
「最後までアツイ2時間でした。
全体的には、怪獣が出現することで起こる現象を、
とてもリアルにかいていたこと、
シナリオの深さ、そして怪獣のかっこよさなどから
この作品には、★5つ中、
なんと★5つを送りたいと思います!
いきなり★5つはどうか・・・とも思いましたが、
文句なくおもしろっかたのでよしです。」
 ビデオを付けたらいきなり「リング」の予告が始まったんでビビッたそうです。^^)


 三部作の視聴記:
ある男の行動範囲
http://ameblo.jp/koudouhanni/
さん、1月24日の更新。
それは神話になりえるか
http://ameblo.jp/koudouhanni/entry-10197545399.html
 自宅で麻雀しながら、平成ガメラを観賞。
 GⅠ&GⅡの感想に加えて、平成(金子)版につき、ゴジラを対象にしたりしながら論考。
「ゴジラでは如何に大火力の兵器で怪獣を倒すかが主な論点ですが、ガメラでは如何に怪獣のことを知り弱点を見つけるかに論点を定めているのもそのせいか。
さらに、ガメラの世界では亀が居ないという設定。
言われてみればギャオスを鳥と呼んでいるのに対してガメラはただ単に怪獣としか呼ばれていない。
だからこそ、一作目ではギャオスを鳥の延長線上と捉えて捕獲を提案し、ガメラを倒そうとしだのだろう。
馴染みがあるほうを贔屓目に見るのは仕方の無いこと。
嫌な方向に人間味に溢れている作品なのかもしれないな。」
 トトガメラは造形が好みじゃないので、観る気が起きないそうです。 つ_;)

 1月25日の更新。
従うべきは
http://ameblo.jp/koudouhanni/entry-10198025400.html
 前回の続きで、GⅢを視聴。
オカルト込みの部分は自分的にはアリだったみたい。
「個人的にガメラは人類ではなく、あくまで地球を救う為に戦っているのだと思います。
人間は地球において主導権を握っている生物群だから守ったに過ぎず、さらに自身の強化の為に利用している。
つまり、地球=自然=ガメラな訳です。
こういう図式にすることによって暗に環境問題をテーマにしていることを表しているのかと。
だからこそ、長峰さんも「ガメラの敵には、なりたくないよね」と言ったのでしょう。」
 翌日は試験日で、一時間目がC言語…。
がんばってね。 ノ^^)ノ


 GⅢ視聴記:
PTERA「我、思う4」
http://ptera.seesaa.net/
さん、1月26日の更新。
G3【動画あり】
http://ptera.seesaa.net/article/113174348.html
「1999年。今からちょうど10年前。
携帯電話の番号が11桁になり、小渕内閣が発足、
だんご3兄弟がはやり、そして世界は滅びませんでした。
そんな年の作品、平成ガメラ3部作の3作目。
「ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」がGyaoの昭和TV
で公開されてます。(~2/1) 」
 GyaOでご視聴、短感つき記事です。
動画は「ニコニコ動画」から、「Gamera3 Trailer」を掲載。


 GⅠ視聴記:
Adventure with a broom
http://www.aino-mina.com/mia/room/blog/
さん、1月26日の更新。
ガメラのDVD
http://www.aino-mina.com/mia/room/blog/index.php?eid=54
 DVD-BOXをご購入。
とりあえず、GⅠを見終わりました。
「もうさーー。
富士山のとこでガメラが攻撃されてる辺りから、涙がとまんなくて。
あれだけいじめられて、それでもギャオスを倒しに行ってくれるの。
最後はガメラが勝つってわかってるのに、映画と一緒に手をぎゅってしちゃったりとか。
ガメラは、多分。
(しょーじきなところ)人間を救おうとか考えてないと思ったりもするんだけど。
# でなきゃ、あんだけ街を破壊したりしないんじゃない?とかね。それ考えると、3作目はいいところをついてるなあ。」
 DVD-BOXはいつでも一気に見通す!
だ、そうです。その意気や良し!!


 パソコンTV「GyaO
http://www.gyao.jp/
>「昭和テレビ
http://www.gyao.jp/showa/
では、今月中(正確には、2月1日(日)正午まで)平成(金子)三部作のうち、
ガメラ3 邪神<イリス>覚醒(=GⅢ)」
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0077689/
を配信中だベシ。


 本日は、あと二本更新の予定だベシ。
コメント

ガメラ:昭和(湯浅)版視聴記 2009/01/26

2009-01-26 17:00:00 | ガメラ
 本日三本目の更新です。一本目「第四週の小ネタ」はこちら
二本目「ライヴガメラ /01/26」にはこちらから。

 前回の「 /01/22」はこちらからとなります。


 湯浅版のご紹介:
ウルウルドラゴン
http://blog.goo.ne.jp/uru1350/
さん、1月23日の更新。
ガメラ【写真・動画あり】
http://blog.goo.ne.jp/uru1350/e/affc650ca9003e67095c7688111f55d4
「ガメラは、大映が1965年に公開した特撮映画「大怪獣ガメラ」に登場する怪獣です! 空を飛ぶことが出来るなど、ゴジラには無い特徴も多くあり、『子供の味方』ということで人気が爆発!現在も根強い人気を保ってます!
   ↓
怪獣好きなら誰もが思い描いた『夢の対決』! 」
 食玩フィギュアでG×Gを再現。
動画はYouTubeから、「対ジグラ:予告編」を掲載されてます。


 東京国立近代美術館フィルムセンター主催の
日本映画史横断③ 怪獣・SF映画特集
http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/2009-1/kaisetsu.html
今月の上映予定は、

 1月25日(日) 4:00PM 「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス
http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/2009-1/kaisetsu_36.html
 1月29日(木) 3:00PM 「ガメラ対宇宙怪獣バイラス
http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/2009-1/kaisetsu_41.html


 前回は「 /01/22」にて「国立フィルムセンター企画での対バルゴン視聴記」をご紹介。
ガメラシリーズは、欠かさずご視聴です。
サカミチ論―shooting life
http://d.hatena.ne.jp/szkshoot/
さん、1月25日の更新。
大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス(1967)
http://d.hatena.ne.jp/szkshoot/20090125/1232889499
 対バルゴンは一言感想でしたが今回は、ストーリーに沿った感想記事です。
「怪獣2匹がそこまでして殺し合う目的は何か考えると疑問の予知あり。縄張り争い的な動物的本能もあるだろうが・・・ガメラはギャオスの足の指、翼の一部を食いちぎり、首に噛み付くからギャオスを食糧だと見ているとも感じたが、足の指も翼も明確に吐き出している。やはり炎エネルギーなどしかエサにしないのだろう。
主題歌と過去の映像が流れるエンディング。
日曜日なので子連れさんが多かった。」
 怪獣映画を割安に見るつもりで、やって来るんでしょうか。
それとも、昭和ガメラを見たかったお父さんの企みか…


 こちらも国立フィルムセンターでのご観賞。
めずらしく、ちびっこが10人ほど居たとの記載がございます。
アレっぽいの好き?
http://plaza.rakuten.co.jp/romang/diary/
さん、1月25日の更新。
『大怪獣空中戦ガメラ対ギャオス』/私はガメラを許す/蛍師弟
http://plaza.rakuten.co.jp/romang/diary/200901250000
「ゴジラというか東宝と決定的に違うのは、キャスティングに馴染みが薄いことですよねえ。
本郷功次郎(コサキンでもお馴染みのハンサムさん)、上田吉二郎くらいか。
螢雪太朗は、その名の通り、螢雪次朗の師匠だそうで、つまり師弟揃って『ガメラ』俳優というわけですな。
あと、特撮もがんばってるけど、怪獣の造型がなんとも残念。
ちびっこは満足したかしら?」
 平成(金子)版GⅠはオールタイムベスト5に入る位のお気に入り、だそうで。
球場が出てくるとか動物学者がキーパーソンになるとか、いろいろ相関が発見できたそうです。なるほど。


―――ここから、2月6日の追加分です。―――
 25日の、「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」視聴記。
ノスケ日記
http://pesceluna.blog122.fc2.com/
さん、2月5日の更新。
ゴジラとかガメラとか
http://pesceluna.blog122.fc2.com/blog-entry-196.html
 旦那様に連れられてご観賞。「宇宙大戦争」やら「鋼鉄の巨人」についての冷静な突っ込みぶりが傑作です。
ヾ(^_^)ノシ
「『ガメラ対ギャオス』では、ギャオスのレーザー光線にやられっぱなしのガメラが苦し紛れに投げた石がギャオスに命中して起死回生の大逆転。ガメラのインティファーダに会場は脱力した笑い。
しかし、マニアックだ。会場は異常に年配男性率が高く、パンフレットを見ても例えば『ゴジラ対モスラ』、「ゴジラが沼沢地から現れるシーンで、着ぐるみに入っていた中島春雄は30分も埋まっていてスタッフを驚かせた」・・・って、埋めるなよ。私にはわからないが、マニアには着ぐるみに入ってる人についても、中島さんのゴジラの動きがたまらない」とかあるんだろうか。」
 そんなもんは勿論、その通りに決まっとるて!
(21世紀の名古屋人は、みゃーみゃーとか云わない ヾ^^;)


―――ここから、2月21日の追加分です。―――
 25日の大怪獣空中戦視聴記:
よっしーの半径100m♪
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshiky_m/
さん、1月25日の更新。
映画「ガメラ対ギャオス」を観てきました♪ 【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshiky_m/57560463.html
 お写真は2枚。会場前の街宣パネル、東京タワー&モスラのポスターと会場内の解説より、大怪獣空中戦モノクロポスター。
子供の頃に観たときには、ガメラの手が超音波で切られるのを見て「イテッ」となったそうで、今回も「イテッ」ってなった由。
「今回大人になって観たわけですが、
特撮やストーリーは結構「?(^_^;)」な部分が満載でしたが、
「子供の味方、ガメラ」に会えて、久しぶりに心がウキウキしちゃいましたー。
主人公の少年、英一君の昭和チックな純真さも良かったなー。
最後にガメラの歌(例の「強いぞガメラ~♪」じゃないんですが)
がまた子供時代を思い出して、「ああ、ガメラってイイなー」
とシミジミしちゃいましたよー(^o^) 」


 こちらも、フィルムセンターにお出かけ。
TV報道カメラマンの 案外平凡な日々
http://blog.livedoor.jp/old_cman/
さん、1月25日の更新。
42年前の映画【写真あり】
http://blog.livedoor.jp/old_cman/archives/50212387.html
 お写真はモノクロ版ポスターの一部です。
「京橋に有るフィルムセンターで「怪獣・SF映画特集」というイベントが開催中で、今日は「ガメラ対ギャオス」の上映があった。
怪獣映画にハマっている娘と二人で見に行って来ました。
資料を読んでみたら、この映画1967年制作とあった。私が子どもの頃に熱狂していたガメラシリーズもそんなに古い映画になってしまったんですね。」
 娘さんと一緒に、昭和の怪獣映画に浸る。
大スクリーンで観賞すると特撮の出来も気にならない。娘も大喜び。お父さんも大満足だったそうです。

 ――― 追加分は、以上です。―――


 1月26日の追加。
13日の更新「アンディランド情報 09/01」に、「外出記録」さんの更新を追加しました。
寝トト君の写メ記録。
コメント   トラックバック (1)

ガメラ:ライヴなガメラたち 2009/01/26

2009-01-26 16:30:00 | ガメラ
 本日二本目の更新です。一本目「第四週の小ネタ」はこちら

 本項では、全国の「ガメラなカメさん」たちの近況について、まとめてご紹介しております。前回の「 /01/20」はこちらから。


 スッポンちゃん。
☆天、tennii BLOG☆
http://ten-tennii.jugem.jp/
さん、1月19日の更新。
ガメラ【写真あり】
http://ten-tennii.jugem.jp/?eid=102
「最近、ねねちゃんは引越しした水槽で二本足で立つのがすきみたい。立っているすがたはガメラみたい」
 証拠のお写真が一枚。
前傾姿勢なんで、前方にマザーレギオンかなにか居そうですな。^^)


 イシガメ(?)さんたち。
Bavula Cuntiの気まぐれプロデューサー
http://blogs.yahoo.co.jp/bvula_u_y/
さん、1月20日の更新。
植木家の亀事情【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/bvula_u_y/8487642.html
 お写真は一枚。
「右がガメラ、左がかめきっつぁん。
すごぃ元気な亀逹です♪
でもかめきっつぁんには悲しい過去があるのです… 」
 悲惨な事件を乗り越えて、力強く生き続ける
かめきっつあんに、拍手喝采!


 ミシシッピアカミミくん。
 08/08/28」で、「ガメラとギャオスのお迎え」をご紹介した、
CAFE’ SMILE
http://d.hatena.ne.jp/Yukio_Tan/
さん、1月21日の更新。
残念ながら、ギャオスはお亡くなりになったそうです。
2009-01-21【写真あり】
http://d.hatena.ne.jp/Yukio_Tan/20090121#1232473321
「ギャオス亡き後、自分の石ではなく何故かギャオスが乗っていた石に乗っかっていた。とても不思議であった。ガメラはいつものように過ごしているのだが、ギャオスがいなくなったことを理解しているのだろうか。」
 小さい亀の冬越しは、難しい事があるそうですので…。
ガメラには、ギャオスの分まで強く生きていって欲しいと思います。


 ゼニガメさん。
かわいいキャラ集め
http://blogs.yahoo.co.jp/poohlion59/
さん、1月24日の更新。
ゼニガメさんの寝姿【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/poohlion59/29334978.html
「今日のゼニガメさんは、プラケースの角っこで立って、
ある意味、手足を広げて『大の字』になって寝ています。
これは、彼!?又は彼女!?の独自の寝姿なのか? (。 。)?
たまに、夢を見ているのか、手足をバタつかせています。」
 お写真は一枚。
二足歩行のガメラみたいで、可愛いんだそうです。 ^^)


 ミシシッピアカミミちゃん。
東京都八王子市の「万町めいほう薬局」の薬局長日記から。
薬局通信
http://blog.livedoor.jp/yorozu_meihou/
さん、1月25日の更新。
カメのジョルジュ【写真あり】
http://blog.livedoor.jp/yorozu_meihou/archives/51161463.html
 お子さんが風邪を引かれたので、ジョルジュの餌やり係が回ってきました。
「ミドリガメの性別は生後2年くらい経たないとわからないらしいので、「ジョルジュ君」なのか「ジョルジュちゃん」なのか不明。
どのくらい大きくなるものなのか楽しみだ。
まさかガメラまでにはならないだろうけど・・・・。」
 条件が整うと、数年で20cmくらいに育つらしいですよ。
目指せガメラ!


 こちらもミシシッピアカミミちゃん。
だいすきパパ
http://ameblo.jp/233616/
さん、1月25日の更新。
♪シュワ~ッチ!♪ 【写真あり】
http://ameblo.jp/233616/entry-10194796893.html
「[ネコ]愛ちゃん [〓][〓][〓][〓]
   ↓
伸びてます[〓][〓][〓]
 シュワ~ッチ[〓][〓][〓]
   ↓
[イヌ]ぶーちゃん[〓][〓][〓][〓]
いきますよ[〓][〓]
   ↓
せ~の~[〓][〓][〓]
  シュワ~ッチ~[〓][〓]
   ↓
えッ[〓][〓]
 ガメラも[〓][〓][〓][〓]
   シュワ~ッチ[〓][〓][〓] 」
(文中の絵文字を、[〓]で代用しました @ガメラ医師)
みんなで仲良く、伸び伸びポーズです。 ヾ(^_^)ノシ


 本日はあと一本更新の予定です。
コメント

ガメラ:09年1月第四週の小ネタいろいろ

2009-01-26 16:00:00 | ガメラ
 先週に拝見しました、ガメラに関する様々な小記事のまとめです。
各節文頭の小見出しに下線が付いている場合、拙Blog内の関連分野にリンクしております。
前回17日更新の、「第三週の小ネタ」にはこちらより。


 防犯ガメラ
gogogoさんのブログ
http://ameblo.jp/kqr1nsqt0y0/
さん、1月17日の更新。
o(^-^)o【写真あり】
http://ameblo.jp/kqr1nsqt0y0/entry-10193790377.html
「と、ある、
お店の[〓]防犯カメラに
ぶら下げてある
『カメラ作動中』
普通の光景…
[〓]ん?
えっ[〓]? ちょっと待って[〓]
あんれぇ~[〓]?
これって…[〓]
   ↓
もしかして…
ガ、ガメラ作動しちゃってるん?(笑) 」
(文中の絵文字を、[〓] で代用しました @ガメラ医師)
 ガメラが見つめてるよ…。
拙Blog内での「監視ガメラ」関連リストはこちら


 造形系、雪ガメラ
等身大ガメラだらけ 07/10」にて、「今治市のリサイクルショップにて遭遇 → 売れちゃった」をご紹介した、
不惑の惑い箸
http://blogs.yahoo.co.jp/shoukadou10zi/
さん、1月18日の更新。
雪ガメラinプラーナ【写真あり】
http://blogs.yahoo.co.jp/shoukadou10zi/27619093.html
 愛媛県砥部町のスキー場、プラーナに雪遊びにお出かけ。
四国にスキー場があるっていう情報自体にちょっとびっくりしました。
「プラーナの屋外テーブルに積もってた雪を使って、雪でガメラを作ってみました(^^;
うーん、白だけだとよく分からない?背中の甲羅のトゲも3列つけてます(^^)
ガメラだけだとさびしいので、相手を造りたかったのですが、ギャオスはちょっと雪では難しそう。ってことで戦車を作って前に置きました(^^; 」
 各方向からのお写真、7枚を掲載。
力作です。 凄いすごいヾ(^0^)ノシ


 街角のガメラ:
心?・bookmark
http://mblg.tv/bookmark0/
さん、1月20日の更新。
大怪獣ガメラ襲来! 【写真あり】
http://mblg.tv/bookmark0/entry/91
「泣き出しそうな横浜の上空にっ 」
街灯の上で空とぶガメラ、のお写真が一枚。


 立て札系、小ネタ:
コーヒー飲みながら・・・
http://shibacchi.blog.drecom.jp/
さん、1月22日の更新。
五浦海岸で(2) 【写真あり】
http://shibacchi.blog.drecom.jp/archive/1543
 2008年12月17日、五浦・大洗へのドライブ編、との由。
風景写真数枚に各々コメントを付けて随想、という構成ですが、最初の写真が…
「およぐな!キケン のかわいい看板が何とも・・・。
確かにこの時期、泳いだら危険だ・・・とひとり納得しているんだけど、夏になったらこの看板ははずされるのだろうか。
それともこの海岸は本当にガメラが出るので危険なんだろうか。」
「ワニガメ騒動」の頃から、上野公園の御池をはじめとして全国の湖沼・河川でお目に掛かる「ガメラ注意(?)の看板」が、海浜に立ってます。
 川や池ならワニガメと云えるんですが、さすがに海には住んでないでしょうから、これは正しく「ガメラに注意!」の看板に違いありません。 ^^;)ゞ


 亀は意外に足が速い:
H&Jの書き物・日記
http://www.accessup.org/pj/7_H_26amp_3BJ/profile.html
さん、1月24日の更新。
怪奇!! 時速100キロで走る亀!!
http://www.accessup.org/pj/7_H_26amp_3BJ/200901241.html
 海洋学部の学生がウミガメの回遊状況を調査するために発信機を取り付け、毎日信号を観測していたところ、ある日発信機が時速100キロで陸上を移動しているのを発見。
ありえない状態に驚いた学生が、ただちに信号を追跡して判明した事実とは… 
「密漁されたウミガメが高速道路を輸送されていただけでした。
ガメラでなくて残念でしたね~ 」
 平成(金子)版、飛行ガメラだったか…。  ヾ^^;)


 季節の小ネタ:
迷子の金魚
http://blogs.yahoo.co.jp/goldfish_y24/
さん、1月25日の更新。
若草山焼・・・http://blogs.yahoo.co.jp/goldfish_y24/46616020.html
 1月24日は「鹿山」の山焼き。
仕事場から、点火のための花火が見ていたそうです。
「毎年不謹慎ですが・・・
ゴジラかガメラが来てくれれば・・・
もう少し早く焼けるかな?
と思ってしまう金魚です。
奈良市消防団の300人の方々ご奉仕ご苦労様です。」
 ゴジラが吐くのは放射能の含まれた熱線ですので、火炎放射のガメラの方が安全性が高いと思われます。終了時に熱エネルギーを吸収して貰えば、後始末も大助かりで。 ヾ^^;)


 本日は、あと二本更新の予定です。
コメント (4)