goo

エース川上が8失点で逆転負け

 3回表に5対1としたときには楽勝かとおもわせたのですが、エース川上が不調で初球から狙い打ちされて、じりじりと追い上げられ、終盤の8回裏にホームラン2本で一気に逆転されて逃げ切られました。引き分け挟んで連敗となりました。これがキッカケでほころびが出ないようにしましょう。

 1回裏、川上に対して赤星セカンド内野安打、関本バントで2塁にすすめ、ツーアウトから金本がライト前ヒットで1点。0対1。
 2回表、ツーアウトから井上センター前ヒット、谷繁フォアボール、川上ライト前ヒットで満塁、荒木ライト前ヒットで1点。井端のファースト前の小フライをシーツはじいて(記録はヒット)さらに1点。シーツ1塁への悪送球の間に川上ホームインしてもう1点。3対1。
 3回表、ワンアウトから森野ライト前ヒット、アレックスはレフト線ツーベースヒット、井上がセンター前ヒットで2点。5対1。
 3回裏、ワンアウトから関本レフト前ヒット、シーツがセンターバックスクリーン左に第16号ホームラン。5対3。
 4回裏、ワンアウトから矢野バット折りながらセンター前ヒット、藤本バントで2塁にすすめ、代打・桧山が右中間フェンス直撃のツーベースヒット。5対4。
 5回表、ツーアウトから荒木センター前ヒット、2塁盗塁成功、井端フォアボール、福留センター前ヒットで1点。6対4。
 6回裏、先頭の濱中がライト線ツーベースヒット、鳥谷セカンド内野安打で1,3塁、矢野ショートゴロ併殺の間に濱中ホームイン。6対5。
 8回裏、ワンアウトから金本フォアボール、濱中が左中間へ第16号ホームラン。鳥谷は右中間に第11号ホームラン。6対8。
 9回表は藤川が登板、ワンアウトから代打・立浪ライト前ヒット(代走・藤井)、ツーアウトから井端ライト前ヒットで1,3塁、福留がレフト前ヒットで1点。しかしウッズ三振でゲームセット。7対8。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 14 )

4時間半を超えた試合は引き分けてマジック25に

 2対3で迎えた9回表、ツーアウトでカウント2―0から代打・井上が真ん中外より高めのストレートを振りぬいて、センターバックスクリーン右横に飛び込む第6号ホームランで追いついて、延長12回引き分けました。
 ドラゴンズは引き分けでもマジックが1つ減ります。勝ちに等しい引き分けで連敗を阻止しました。明日は、勝ってマジックを2つ減らしましょう。

 1回表、下柳に対して荒木フォアボール、井端レフト前ヒット、福留凡退のあとウッズがライト前ヒットで先制。1対0。
 4回表、先頭のウッズが右中間ツーベースヒット、森野バントで3塁にすすめ、アレックスはフォアボール、英智センター前ヒットで1点。2対0。
 6回裏、ここまで好投していた朝倉に対して、ワンアウトから関本ライト前ヒット、シーツはセンター前ヒット、金本凡退のあと濱中がレフト前ヒットで1点。2対1。
 7回裏、リリーフした平井に対して、ワンアウトから代打・桧山がライト線ツーベースヒット、ツーアウトから赤星フォアボール、関本がライト前ヒットで同点。2対2。
 8回裏、岡本に対して、先頭の金本がライト線スリーベースヒット、ワンアウトから鳥谷フォアボールで1,3塁。矢野がレフト前ヒットで勝ち越し。2対3。
 9回表、ツーアウトから、代打・井上が高めのストレートをたたいてセンターバックスクリーン右横に叩き込む第6号ホームラン。3対3。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 23 )

阪神に7連敗のウサ晴らしをプレゼント

 大事なところで7連敗してくれた阪神にチョッピリお返しを贈りました。6連敗していた中田に12安打9点という、ヨダレの出るような美味しい餌さをまいて、これまでのウサ晴らしをしてもらいました。

 1回裏、中田に対して、ワンアウトから関本センター前ヒット、ツーアウトから金本セカンド強襲ヒットで1,3塁。濱中レフト前ヒットで先制。0対1。
 2回表、ワンアウトからアレックスがレフト前ヒット、英智バントで2塁にすすめ、谷繁がライト前ヒットで同点。1対1。
 3回裏、ワンアウトから関本センター前ヒット、シーツもセンター前ヒット、金本はレフト前ヒットで満塁。濱中ショートゴロで1点。鳥谷フォアボールでまた満塁。ワイルドピッチでさらに1点。1対3。
 4回裏、ワンアウトから赤星フォアボール、関本センターオーバーのツーベースヒットで1点(関本3の3)。シーツがレフト前ヒットで1,3塁、金本がライトオーバーのツーベースヒットでさらに1点(金本3の3)。濱中ライト前ヒットでさらに1点、金本はホームアウト。鳥谷は右中間やぶるスリーベースヒットでもう1点。矢野がレフトへ第12号ホームラン。1対9。
 6回表、ワンアウトから福留が第21号ホームラン。2対9。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 15 )

「下北サンデーズ」里中ゆいかの謎

 

 この写真、覚えていますか?「下北サンデース」里中ゆいかが前髪を切った後なのですが、なぜバッサリと切ったのかは謎のままですね。「こんなところで切ってたの」と寺島玲子が言っているので、この前にやりとりがあったはずなのですが、ドラマの中にはそんなシーンはありません。謎のまま終わるのでしょう。

 さて、このドラマ、初回が11.4パーセントでスタートして、下がり続けて浮上する気配がないようです。この視聴率傾向は、そう今や伝説となった「池袋ウエストゲートパーク」や「木更津キャッツアイ」と同じパターンなのです。DVDになってから人気沸騰して映画にもなる、連ドラすごろく上がり目を十分に予感させます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今夜はオールド~谷繁が先制・勝ち越し、立浪が同点

 36歳になる谷繁と37歳になった立浪の両ベテランが全得点をたたき出して6対3で快勝しました。負け投手は元ドラゴンズの山北になりました。
 阪神が読売に勝っているので、自力でマジックを1つ減らして26としました。先発の佐藤充は疲労からかストレートに威力がなく、高めに浮きがちで珍しく連打されて6回3失点で防御率1位を黒田に譲り渡しました。

 2回裏、プロ4試合目の山口に対してアレックスがセンター前ヒット、井上は右中間ぬくツーベースヒット、谷繁もセンター前ヒットで先制。2対0。
 4回表、多村右中間やぶるツーベースヒット、村田ライト前ヒットで1,3塁。吉村ライトフライで1点。佐伯ライト前ヒットでまた1,3塁。金城ライト前ヒットでもう1点。2対2。
 6回表、ツーアウトから、吉村がセンターバックスクリーンに飛び込む第22号ホームラン。2対3。
 6回裏、アレックスがセンター前ヒット、代打・英智バントで2塁にすすめ、谷繁ライト前ヒットで1,3塁。代打・立浪がライト前ヒットで同点。3対3。
 7回裏、山北に対してツーアウトから森野がレフト前ヒット、アレックスがサード内野安打、ここで木塚がリリーフ。
 英智デッドボールで満塁。谷繁がライトオーバーのツーベースヒットで一挙に3点。6対3。

 快勝の影にかくれていますが、1~4番がノーヒットというのは気がかりです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 22 )

最後に平田の顔見世だけの4連敗、マジック27に

 プロ初先発の三橋の変化球にほんろうされて、なすすべなく自信をつけて白星をプレゼントしました。
 6,7,8回とチャンスをもらいながら、ウッズが2度凡退して6回表の凡プレー(記録は森野のエラー)の穴埋めすらしない不甲斐無さでシラケさせました。
 阪神が読売に0対10と大敗したのでマジックが負けても減りました。

 4回表、ツーアウトから村田フォアボール、吉村セカンド内野安打、荒木の悪送球で1,3塁。内川がライト前ヒットで先制。0対1。
 6回表、ワンアウトから多村3塁線のゴロ、森野がよく捕ってワンバウンド投球
をウッズが落として(記録は森野のエラー)、ツーアウトから吉村がレフト中段に第21号ホームラン。0対3。
 9回表、中里がワンアウト1,2塁から、鶴岡がライト前ヒットで1点。0対4。
 9回裏、ツーアウトから平田が代打で登場。初球をサードゴロでした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 16 )

あぁ~3連敗、上原100勝に助けられてマジック28に

 タイムリーが打てない打線が足を引っ張り、好投マルティネスは2失点で敗戦投手になりました。
 ドラゴンズは4度、先頭バッターが出塁してチャンスを広げますが、そこからが打てません。エラーで1点もらうのがヤットという弱~い負け方をしてしまい、ナゴヤドーム今季初の3連敗を喫しました。
 しかし、甲子園で史上タイ記録となる最速100勝到達に執念を燃やす上原の力投と高橋由信の意地の逆転打で読売が阪神を下したので、マジックは今夜も減って、あと28となりました。

 6回表、先頭の多村レフト前ヒット、村田ライト前ヒットで1,3塁、吉村センター前ヒットで1点。ワイルドピッチで2,3塁。ワンアウトから金城敬遠で満塁として、鶴岡センターフライでさらに1点。0対2。
 6回裏、ウッズがレフト右にツーベースヒット、森野ライトファールフライ、アレックスはフォアボールで1,2塁、井上ファーストゴロで2塁アウト、ここで併殺をあせった石井の悪送球でウッズがホームイン。1対2。
 9回表、金城レフト線ヒット、バントで2塁。代打・鈴木が左中間に落ちたスリーベースヒット(福留がアレックスを気にして捕れずにそらして)で1点。1対3。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 15 )

見せ場は9回の中里だけ、連敗したのにM29に

 石川→花田→館山のリレーの前にヒットは10本打ちながら、間に併殺をはさんで凡退を繰り返し、アレックスのホームランによる1点だけとイライラする試合展開でした。最大の見せ場は9回表、中里のマウンドという有り様でした。
 中里はデッドボール→盗塁死、三振、フォアボール、三振、と打球の飛ばないピッチングで0点に抑え、スタンドは沸いていました。

 4回表、川上に対して、先頭のリグス左中間やぶるツーベースヒット、岩村は空振り三振、ラミレスがレフトへ第20号ホームラン。0対2。
 5回表、ワンアウトから城石フォアボール、石川バントで2塁がアウト、青木センター前ヒット、リグスもセンター前ヒットで1点。岩村フォアボールで満塁。ラミレスはセンター前ヒットで2点。0対5。
 7回裏、アレックスがレフトへ第12号ホームラン。1対5。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 18 )

たった5安打じゃ負けまス、ヤクルトに完敗

 4勝のゴンザレスの変化球を振り回して10三振の山をきずき、打ったのは福留とウッズの2人だけで5安打、これでは勝てません。最後、1点差に詰め寄ってなを2人がフォアボールで出ましたが高津にかわされ試合終了、完敗です。

 1回表、青木センター前ヒット、リグスにストレートのフォアボール、岩村おおきなレフトフライ、ラミレス痛烈なライトライナー、宮出は左中間やぶるツーベースヒットで2点。0対2。
 3回表、先頭の青木にセンター前ヒット、リグスはレフト前ヒット、岩村ファーストゴロで2,3塁に。ラミレスがライト前ヒットで2点。0対4。
 朝倉はストライクをとりにいくボールが甘く狙い打ちされました。

 4回裏、ワンアウトからウッズがライトへ第32号ホームラン(28打席ぶり)。1対4。
 6回裏、ツーアウトから福留がライト前ヒット、2塁に盗塁。ウッズがレフト前ヒットで1点。2対4。
 9回裏、木田がリリーフ。先頭の福留がライト線ツーベースヒット、ウッズはど真ん中を打ち損じたセンターフライで3塁に。森野はショートゴロでアウトの間に福留ホームイン。3対4。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 15 )

もう止められないドラゴンズ、延長12回サヨナラ勝ち

 延長12回裏、ツーアウト2,3塁からアレックスが三遊間をやぶるヒットをはなち、4時間半を超える熱戦に終止符を打ち、マジック31にしました。
 これでホームゲーム13連勝(52年ぶり球団新記録)、ナゴヤドーム10連勝としました。中田は8回を投げ1点ビハインドでマウンドを降りましたが、9回に同点、そしてサヨナラ勝ちで負けはなく、ナゴヤドーム8連勝を継続できました。

 4回表、先頭のウッズがセンター前ヒット、森野ライトフライのあとアレックスはセンター前に落ちたポテンヒット、英智サードゴロで2塁アウトで1,3塁。谷繁ショートオーバーのヒットで先制。1対0。
 5回裏、荒木ショート田中のエラーで2塁に、井端フォアボール、しかし福留3球空振り三振。ウッズはレフトフライで荒木は3塁にすすみ、森野ライトフェンス直撃ヒットで1点。2対0。
 6回表、青木レフト線ヒット、リグスがライトへ第29号ホームランで同点。2対2。
 8回表、先頭のリグスにフォアボール、岩村がバントで2塁にすすめ、ラミレスがセンター前ポテンヒットで勝ち越し。2対3。
 9回表、ワンアウトから井端セカンド三木のエラー、井端が盗塁して米野の悪送球で3塁に。福留レフトフライで井端がホームインして同点。3対3。
 延長12回裏、ワンアウトから福留フォアボール(代走・藤井)、ウッズ空振り三振のときに藤井盗塁、米野悪送球で3塁に。森野は敬遠、アレックスは三遊間ぬくヒットでサヨナラ勝ち。4対3。

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 23 )
« 前ページ