goo

「マイウェイ 12,000キロの真実」は好スタート、「きみはペット」は

 マラソンでオリンピックを目指してライバルとなった韓国と日本の若者2人が、第二次世界大戦により数奇な運命をたどる姿を壮大に描いた「マイウェイ 12,000キロの真実」は14、15日の2日間で71,664人を動員して、矢口史靖監督「ロボジー」、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」に次いで観客動員3位に入りました。

 21日にはキム・ハヌルとチャン・グンソクが共演した「きみはペット」が公開されます。こちらは、TOHO系で東京地区は9館での公開と地味なスタートをきります。昨年の韓国での公開では543,989人の動員にとどまって関係者を落胆させましたが、少ない上映館から評判を上げてゆけるのでしょうか。

 チャン・グンソクは人気者といわれていますが、その出演作品は数字的には低調です。主演ではなかった「楽しき人生」こそ約120万人動員でしたが、主演となった「待ちくたびれて」は採算ラインを下回る約45万人、「ドレミファソラシド」は20万人に届かず、「赤ちゃんと僕」は約44万人、「梨泰院殺人事件(イテウォンサリンサゴン)」も50万人に届かずと、制作者泣かせのスターという定評を持っています。昨年も主演女優賞を「ブラインド」で獲得したキム・ハヌルと共演しても定説を覆すことは出来ずにいます。日本公開で人気者の実力を見せることができるのか注目されます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「マイウェイ」日本公開は成功するか

 明日14日、300スクリーンでロードショー公開される「マイウェイ12000キロの真実」はチャン・ドンゴンの舞台挨拶で前評判をあおっていましたが、初日の観客動員数が大いに注目されます。

 作品は、「1944年、第二次大戦末期。ノルマンディー上陸作戦後、ドイツ軍捕虜の中に一人の東洋人が発見された。誰一人として彼の話す言葉はわからない。連合軍の尋問を受けた彼が語り始めたのは、朝鮮からソ連、ドイツ、三つの国境を越えてノルマンディまで5年間、12000キロに及ぶ信じられない物語だった」というもので、オダギリジョーが演じた日本人の長谷川辰雄とチャン・ドンゴンが演じた朝鮮人のキム・ジュンシクがたどる数奇な運命の行き着く先には・・・。ノルマンジー上陸作戦シーンはラトビアで迫真の撮影でした。

   中左オダジョー、中右チャン・ドンゴン

 第62回ベルリン国際映画祭<パノラマ部門>にスペシャル上映として招待され、国際的にも注目度は高い作品ですが、昨年公開された韓国では109万人の観客動員でした。745万人を動員した「最終兵器・弓」に比べ地味な扱いでした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )