goo

吉見の勝ちを岩瀬が消してもサヨナラ勝ち

 1対0とリードして9回表に通算600登板の岩瀬が登板。すんなり行かずに中村紀のショートゴロで同点に追いつかれ延長戦になり、10回裏ツーアウトから和田がライトぎりぎりに飛び込むホームランでサヨナラ勝ち。勝率5割に戻しました。
 10回表を投げた今季初登板の長峰に勝ちがつきました。

2回裏、ブランコがレフトフェンス直撃ツーベースヒット、和田ライトフライでブランコは3塁に。イ・ビョンギュ空振り三振。藤井ライト線ツーベースヒットで1点。1対0。
9回表、ワンアウトから草野センター前ヒット(代走・内村)。山崎ライト前ヒット、1,3塁。鉄平デッドボール、満塁。中村紀はずんだショートゴロ、ホームセーフで1点。1対1。
10回裏、ツーアウトから、和田がライトに第12号ホームラン。2対1。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 5 )

福留が打って連敗をストップ、チームの巻き返しなるか

  福留孝介のシカゴ・カブスは目下ナ・リーグ中地区4位に低迷しています。22勝22敗.500で首位から4ゲーム差なのですが、25日までなんと8連敗して4位に転落してきたのです。それまでは好調・福留とともに快走していて21勝14敗.600で地区優勝まっしぐらだったのですが、突然に福留が不調に陥りチームも連敗を続けていましたが、26日のパイレーツ戦で1回に第5号ホームランをはなつと6回には雨の助けもあって6対1で降雨コールド勝ちをおさめ連敗に終止符を打ちました。
 福留孝介の現在の成績は、132打数41安打.311、5本塁打、19打点、4盗塁という内容です。そして、ファン投票ナ・リーグ第1回中間結果が発表され福留はナ・リーグ外野手第13位でした。
 福留が再び上昇に転じればカブスも上昇に転じることができるでしょう。海のこちらの実家では福留の後釜に座った森野が上昇に転じないとダメでしょう。今夜も2安打はしたものの勝利につながることはなかった模様です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

日ハムに連勝、勝率5割に戻った

 日ハムに10対4と大差で勝って4月26日以来の勝率5割に戻すことが出来ました。長い借金生活でしたが、このあと苦手の楽天戦を控えていて逆戻りしないか心配です。
 先発・朝倉は7回途中まで8安打されながらも2失点に抑え、打線も久し振りに2桁の12安打をはなって7回裏で試合を決めました。

2回裏、ワンアウトから、藤井が右中間に第7号ホームラン。1対0。
3回表、田中賢センター前ヒット、森本バントで2塁に進め、稲葉ショートのグラブはじくヒット、1,3塁。高橋センター左にヒットで1点、1,3塁。小谷野レフト前ヒットで1点。1対2。
5回裏、藤井レフト前ヒット、谷繁が巧妙に打撃妨害、朝倉バントで2,3塁に進め、井端ライト前ヒットで1点。2対2。
6回裏、ワンアウトからブランコはデッドボール、和田センターフェンス直撃ツーベースヒットで1点。3対2。
7回裏、ワンアウトから谷繁1塁ゴロ、ヒメネス捕り損ねエラー。小池レフト右に落ちるヒット、井端が3塁線ぬくツーベースヒットで1点、2,3塁。荒木レフト右に落ちるヒットで1点、1,2塁。ツーアウトになってブランコはライト前ヒット、稲葉が後逸して(記録は2塁打)2点。和田サードゴロ、ヒメネス捕球後逸で1点。代打・立浪フォアボール(代走・野本)、暴投などで2,3塁。藤井センター前ヒットで2点。この回7点。10対2。
9回表、山内壮馬が2点失う。10対4。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 10 )

川井快投、河原復投、岩瀬で日ハム完封

 川井が7回を5安打無失点に抑える好投で、ブランコが叩き出した1点を守り、復活・河原→岩瀬のリレーで日ハムを完封しました。
 8回に登板した河原は相変わらずポーカーフェースで淡々と投げきりました。スピードがなくなっていますが、コントロールがよく上々の復帰でした。

4回裏、ツーアウトから、ブランコがセンターバックスクリーンに第12号ホームラン。1対0。

今夜も6回裏、ノーアウト2塁で送りバントに失敗してチャンスを潰した荒木は満塁スクイズ失敗を引きずっているようで心配です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 9 )

ダイナマイト憲伸がメジャー初無失点勝ち

  川上憲伸が8度目の登板で初めて8回を投げきり無四球無失点に抑え、その裏の攻撃で憲伸に代えて代打・ディアスが2塁打をはなち犠牲フライで1点をあげ逃げ切り勝ちをおさめ3勝目をあげることが出来ました。コックス監督からも「ダイナマイト」と賞賛されました。
 海のこちらでは1対0からリリーフたちがひっくり返され3勝目が逃げていった可哀想なピッチャーがいたようです。ご愁傷様。
 海のむこうの強運なピッチャーは試合後、「制球がまとまっていたので、常に打者を追い込んでいけた」「全体的にこれまでで一番良かった。腕も振れたし、(今後も)こういうふうになればいい」と強気に語っていたようです。106球、被安打3、7奪三振、無四球という内容ですから、胸をはっても当然でしょう。
 海のこちらの不運なピッチャーも勝っていれば胸をはってインタビューを受けられたはずです。
 今日は海のむこうとこちらで、好対照なナイス・ピッチングが繰り広げられました。これからもガンバレ憲伸、泣くなチェン。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

森野が1ヶ月ぶりホームランで先制して快勝

 森野が1ヶ月ぶり、28試合ぶり、121打席ぶりにホームランをはなって先制し、4対1でロッテに快勝しました。
 先発・吉見は130球の粘り強いピッチングでロッテ打線を巧みにかわして最小失点にしのぎました。4勝目をあげました。岩瀬が最後を締めて、6年連続2桁セーブとなる10セーブ目をあげ花を添えました。

3回表、ワンアウトから荒木センター前に落ちるヒット、森野がライトへ第6号ホームランで2点。2対0。
7回裏、ワンアウトから今江ショート内野安打、西岡フォアボール、福浦フォアボール、満塁。併殺くずれの間に1点。2対1。
8回表、ブランコがライト前ヒット、暴投で2塁に。和田ショートゴロ。暴投で3塁に、デラロサのライトフライで1点。3対1。
9回表、藤井ライトフェンス直撃ツーベースヒット、谷繁バント3塁セーフ、1,3塁。井端ライト前ヒットで1点。4対1。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 15 )

和田ホームランで交流戦初戦は逆転勝ち、4連勝に

 先発・朝倉が打たれながらも7回まで投げ、2失策がらみの4失点でした。しかし、打線がブランコの特大ホームラン2本でジワッと追い上げ、8回表には西武2失策で同点に追いつき、和田2ランホームランで勝ち越しました。その後、1点づつ取り合い、7対5で交流戦初戦を快勝しました。

2回裏、ワンアウトからGG佐藤センター前ヒット、大崎レフト前ヒット、ツーアウトになって、ボカチカのショート後方へのフライに井端が追いついて落球して1点。0対1。
3回裏、ワンアウトから中島3塁ゴロ、森野はじいてエラー。中村3塁線やぶるヒット、1,3塁。石井義ボテボテ投手ゴロの間に1点。0対2。
4回表、ブランコがセンターバックスクリーンを越えてスコアボード基部に当たる第9号ホームラン。1対2。
4回裏、大崎が左中間やぶるツーベースヒット、銀仁朗センター前ヒットで1点。1対3。
6回表、ツーアウトから、ブランコがレフト観客席上方フェンス直撃の第10号ホームラン。2対3。
7回裏、ツーアウトから中村が右中間に第16号ホームラン。2対4。
8回表、谷繁センター前ヒット、井端バント、2塁アウト。荒木ライト左にヒット、GG佐藤がはじいて(エラー)2,3塁に。森野ライトフライで1点、荒木は3塁に。ワイルドピッチで1点。ブランコはフォアボール、和田がレフトへ第11号ホームランで2点。6対4。
8回裏、浅尾がツーアウトから代打・平尾が左中間に第4号ホームラン。6対5。
9回表、代打・立浪フォアボール(代走・小池)、藤井バントで2塁に進め、ツーアウトになって、井端がライト前ヒット、GG佐藤がはじいて(エラー)1点。7対5。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 12 )

川井があらためて横浜戦勝ち投手に

 5月4日の横浜戦で9回1失点に抑えながらも打線の援護なく勝ち投手になりそこねた川井が、今日の試合でも1安打ピッチングで横浜打線を翻弄して今度は援護があって今季2勝目を手にしました。
 チームは3連勝して交流戦に臨むことになりました。

2回裏、和田レフト前ヒット、野本バントと悪送球で1,2塁。藤井バント、2,3塁。谷繁センターフライで1点。1対0。
6回裏、森野センター前ヒット、ワンアウトから和田レフト前に落ちるヒット。ここで森野が3塁にまで走り、和田が1,2塁間にはさまれる間にホームへ突入して1点。2対0。
7回裏、ワンアウトから荒木レフト前ヒット、2塁盗塁成功。ツーアウトになって
ブランコはデッドボール、1,2塁。和田3塁線ぬくツーベースヒットで2点。4対0。
9回表、平井が内川にセンターバックスクリーンに第8号ホームラン。4対1。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 12 )

チェンは可哀相だけれど2夜連続サヨナラ勝ち

 9回を投げぬき1失点に抑えた先発チェンには可哀相な試合でしたが、延長10回裏に7回のチャンスに併殺打のブランコがサヨナラ・タイムリーをはなって2対1で勝ちました。10回表に登板した岩瀬に勝ち星が転がり込みました。

5回表、ジョンソンがライトへ第7号ホームラン。0対1。
5回裏、藤井センター前ヒット、小山空振り三振、2塁盗塁成功。チェンはずんだ3塁内野安打、1,3塁。井端レフト前ヒットで1点。1対1。
10回裏、荒木レフト前ヒット、2塁盗塁成功。森野ライト前ヒット、1,3塁。
ブランコがライト前ヒットでサヨナラ。2対1。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 11 )

吉見が13奪三振、井端が延長10回サヨナラ打ッ!

 1ヶ月、好投続けながらも勝ち運に見放されていた吉見が10回投げて13奪三振、無四球で4安打、2塁踏ませぬ快投に先発・三浦の前に音なしだった打線が延長10回、石井裕也に襲い掛かり最後は井端が前進守備のレフト頭上を越えるヒットでサヨナラ勝ちをおさめました。
 連敗を止め、最下位と1.5ゲーム差のピンチを救われ、5位以上で交流戦に臨むことが出来ます。

10回裏、藤井が左中間やぶるツーベースヒット、しかし2球目に飛び出してアウト。谷繁フォアボール。代打・中村公バントで2塁に進め、井端がレフトオーバーヒットでサヨナラ勝ち。1対0。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 13 )
« 前ページ