goo

ヤクルトに連勝、6対0と快勝

 先発・朝倉が7回を投げきり、自分のバットでも2点をあげる投打にわたって活躍し連勝を呼び込みました。さらに、岡本、小林正、デニー、グラセスキーとつないでヤクルトを完封しました。

 4回裏、井端がライト線ツーベースヒット、荒木はセンター前ヒットで1点。ツーアウト2塁となって、イ・ビョンギュがライト左にヒットして1点。2対0。
 5回裏、中村がライトオーバーのツーベースヒット、森野は弾んだ投手内野安打で1,3塁。谷繁は三振のあと、朝倉が左中間やぶるツーベースヒットで2点。4対0。
 7回裏、中村紀がライト前ヒット、森野がレフト線ツーベースヒットで2,3塁。谷繁がショートゴロの間に1点。代打・立浪がレフト前ヒットで1点。6対0。

 朝倉が勝ち投手。中村紀、森野が2安打しました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 23 )

2007開幕戦は逆転で勝った!

 8回表、川上がリグスに2ランホームランで2対3と逆転されたものの、その裏ツーアウトから四球はさんで5連打で5点をもぎ取って7対3と逆転勝利をあげました。同点打の中村紀と勝ち越し打の立浪がヒーローインタビューを受けました。

 3回裏、ワンアウトから川上がライト前ヒット、井端が1塁線ぬくツーベースヒットで2,3塁として、荒木は浅いレフトフライで3塁ランナー川上動けず。ここで福留がライト強襲(ガイエルがスライディングキャッチでグラブに入れて落とす)ツーベースヒットで2点。2対0。
 7回表、ラミレスがレフト前ヒット、ワンアウトから宮本がライト前ヒットで1,3塁として、渡会のセカンドゴロの間にラミレスがホームインして1点。2対1。
 8回表、代打・真中がセンター前ヒット、ツーアウト2塁となってから、リグスがセンターバックスクリーンにホームラン。2対3。
 8回裏、木田がリリーフ。福留がピッチャー強襲ヒット、しかしウッズはサードゴロで併殺。イ・ビョンギュが左中間フェンスにあたるツーベースヒット、中村紀が右中間やぶるツーベースヒットで1点。森野は敬遠フォアボール、谷繁に代打・立浪に、ここで左の佐藤がリリーフ。立浪がセンター前ヒットで1点。さらに花田がリリーフ。代打・沢井も左中間にツーベースヒットで1点。井端も右中間やぶるスリーベースヒットで2点。7対3。

 勝ち投手は幸先よく川上。井端3安打、福留と中村紀が2安打。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 22 )

年の差婚が流行る~「冗談じゃない」

 20歳も年下の女と結婚する、そんなドラマが4月から始まります。TBS日曜9時枠で4月15日スタートする「冗談じゃない」では、高村圭太40歳(織田裕二)が20歳の広瀬絵恋(上野樹里)と結婚します。

 ドラマは2人がニースへ新婚旅行に出かけるところから始まるようです。絵恋の母親が実は高村圭太の昔の恋人だったという筋立てなのですが、この母・理衣を大竹しのぶが演じるのですが、織田裕二と同様に実年齢50歳で登場するのか目下のところ不明です。10歳年上と恋をして20歳年下と結婚する、という展開だと面白いでしょうね。
 冗談じゃない、というのは圭太と絵恋の新婚所帯に理衣が転がり込んでくることに対して、ジョーダンじゃないということのようです。
 青春映画のスターだった織田裕二も「県庁の星」では中年らしい顔になっていましたが、この作品では若い女と結婚しそこなってました。若い新妻の中年の夫をどう演じてみせてくれるのか楽しみです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

キム・ヨナ2回転倒して銅メダル

 キム・ヨナは24日、東京渋谷の東京体育館の特設リンクで行われた大会最終日の女子シングルフリーで2度転倒してしまい114.19点を獲得、前日のショートプログラムで獲得した71.95点を合わせ総点186.14点で韓国人初の銅メダルを獲得しました。
 大会直前の負傷から鎮痛剤を飲みながら演技に臨みましたが、度重なる負傷からくる脚力不足から2度ジャンプのあと転倒して得点を下げ、金メダルを取り逃がしました。それでもISU世界ランキングのフィギア女子シングルスで浅田真央に次ぐ第2位に上昇しました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

氷の妖精キム・ヨナ~SP世界最高得点

 「韓国の伝説」と称えられているキム・ヨナが、23日に東京体育館で行われた2007 ISU(国際スケート連盟)フィギュアスケート世界選手権の女子シングル、ショートプログラム(SP)で71.95点を獲得、首位に立ちました。2003年にアメリカのキミー・マイズナーが樹立した71.12点を大きく上回るSP世界最高得点新記録樹立です。
 2位の安藤美姫(日本、67.98点)には3.97点差と大幅なリードをしており、24日に行われるフリーで大きなミスさえしなければ金メダルはほぼ確実な情勢です。日本中が浅田真央に注目していた中でのキム・ヨナの素晴らしい演技に韓国中が熱狂したと伝えられています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

韓国版「恋愛時代」日本公開せまる

 野沢尚原作の同名小説をドラマ化した、SBS「恋愛時代」がスカパー331chで4月21日から放送がスタートします。3月25日に渋谷のCC Lemonホールでプロモーションを行いますが、主演のカム・ウソンとソン・イェジンがこれにあわせ来日します。当日、イベント会場前ではキャンセル待ちのファンのために予備チケットを発行することになりました。どうしても入場したい人は並んでみてはいかがでしょう。

 カム・ウソンは最近「王の男」で注目されています。ソン・イェジンは「私の頭の中の消しゴム」「四月の雪」で日本でもよく知られるようになりました。

 不倫や離婚が大好きな韓国では、離婚した夫婦が引き起こす騒動、というシチュエーションは好感されたようです。
 「離婚パーティー」というドラマが過去に大ヒットしているので、離婚後も元夫婦が付き合うというシチュエーションは日本人も嫌いなわけではないのですね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

内山理名~「生徒諸君」4月20日スタート

 内山理名が主演する「生徒諸君」がテレビ朝日金曜9時枠で4月20日スタートします。

 
 庄司陽子のマンガ「生徒諸君・教師編」を原作にしたドラマ化です。「生徒諸君」は1977年から84年まで「週刊少女フレンド」に連載され、映画化は1984年、ドラマ化は80年と87年、アニメ化は86年と何度も取り上げられてきました。今回は、続編の初のドラマ化ということになります。

 25歳になった北城尚子を内山理名、問題児ぞろいの生徒の樹村珠里亜を堀北真希、青木公平を本郷奏多、木下薫を岡田将生が演じます。ほかに、石井正則、渡辺いっけい、小林稔侍、椎名桔平など。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

韓国版「恋人よ」~ユンソナ

 韓国版「恋人よ」の制作発表が20日、SBSで行われました。宇崎航平( 岸谷五朗 )の役はユ・ホソンが演じます。



 放送は3月30日からスタートします。・・・愛し合う2人が運命の悪戯で、それぞれ別の相手と結婚したものの、お互いへの愛を捨て去ることが出来ず、ついには・・・というストーリーになるようです。日本版のラストは韓国好みの結末なので、そっくりそのままになるかもしれませんね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

チョン・ジヒョン春のCMで脱いで脱いで

 Anycallの新しいCMで、チョン・ジヒョンが「その日のスタイルによって携帯電話も着替える」というコンセプトを表現するために、携帯電話のカバーに見立てた服を脱いでいくという内容で撮影が行われました。



 撮影では20着の衣裳を脱ぎ捨てるシーンを次々に収録しましたが、実際にオンエアされるのはこのうちの7シーンになります。CMの長さは15秒ですが、誘惑的な雰囲気がいっぱい詰まっていると制作者は自信満々のようです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「オリコンの彗星」~ユンナ

 あと1ヶ月ほどで19歳になるユンナの日本来日当時の映像が韓国のネット上で公開されて反響を呼んでいます。

 中学3年で14歳だったユンナが日本のレコード会社でオーディションを受けて日本語で歌っている映像で成功する前の初々しい姿が映っています。

 この映像の中でもパワフルながら澄んだ声で、ピアノを弾きながら歌うユンナに韓国の人々も心を動かされたようです。韓国で1stアルバム「告白日和」を発表したユンナは18日SBSの「人気歌謡」に出演して「暗証番号486」を歌います。
 アニメ「BLEACH」の2005年4~6月度にEDに使われた「ほうき星」で知られるようになったことは記憶にまだ新しいことでしょう。これから日本と韓国と両方の音楽シーンで活躍するものと期待されています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ