goo

川上憲伸がアトランタでメジャーに羽ばたく

 現地時間1月13日にアトランタで川上憲伸のブレーブス入団会見が行われました。念願がかなって背番号「11」でメジャーのマウンドに立つことになりました。
 オーナー、監督とともに臨んだ会見の席上で「魂」と書いた色紙を掲げ、さわやかな笑顔を振りまいていました。



 --今の心境は。
「日本でプロ(生活)を始めてから、さらに高いレベルで野球をしたいと思い、メジャーを目指して今まで頑張ってきた。僕のピッチングは魂を込めて1球1球投げること。それをこのアメリカの地でも実践していきたい」
 --武器は。
 「遅いカーブとカットボールが僕の中心の球になる。アメリカも、日本も逃げたら負け。気持ちで逃げずに投げたい」
--目標の成績は。
 「(具体的な)数字よりも、1年間しっかり先発ローテーションを守りたい」
 --同じナ・リーグに元同僚の福留がいる。
 「(オフに)名古屋で何回かゴルフをしたが、米国がどうこうという話はあまりしなかった。(対戦の)チャンスがあれば頑張りたい。負けないように」(共同通信配信)

 上原に負けない活躍を期待しましょう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )