goo

川井雄大が今季初登板初勝利

 昨年の7月30日に勝って以来、勝利から遠ざかっていた川井が復活勝利をあげました。オフを含めて10ヶ月ぶりの白星です。6回を投げて5安打無失点でした。
 ブランコがタイムリーとホームランと復調の兆しを見せてきました。

1回裏、ツーアウト、森野フォアボール、暴投で2塁に、ブランコがレフト前ヒットで1点。1対0。
6回裏、ブランコがレフトへ第11号ホームラン。2対0。
7回裏、ワンアウト、代打・野本がライトへ第3号ホームラン。3対0。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )

小山を得て生き返ったチェンが落合監督500勝をプレゼント

 小山とのコンビ復活で復活したチェンが7回途中まで投げて1失点に抑え、和田の2ランホームランの援護を受けて3勝目をあげました。この勝利が落合監督500勝目のメモリアルとなりました。

4回表、ワンアウト、森野ライト前ヒット、ブランコ見逃し三振、和田がセンターバックスクリーン右に第14号ホームランで2点。2対0。
4回裏、ワンアウト、ブラウン右中間やぶる2塁打、ツーアウト、阿部がレフト左にヒットで1点。2対1。
5回表、大島フォアボール、野本ライト前に落ちるヒット、小山バントで2,3塁。荒木ライト浅いファールフライで1点。※大島の足は速い。3対1。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )

交流戦優勝を目指して4連勝

 「このまま日本一を目指します」と山内壮馬が大言壮語していましたが、もしかしたらと思わせるツキのある勝ち試合でした。
 大島のタイムリーの1点で終わると思いきや、山内の止めたバットにワンバウンドして跳ねたボールが当たって2塁の後方に飛ぶ2点タイムリーで勝ちきりました。2試合続けて漫画のような決勝点のあげかたを見せられると、日本一もありえそうに思います。とりあえず、控えめに交流戦優勝を目指しましょう。

4回裏、ブランコはフォアボール、和田レフト右前に落ちるヒット、セサルがライト前ヒット、満塁。大島レフト前ヒットで1点、満塁。ワンアウト、山内がワンバウンドボールを打って2塁頭上越えて2点、1,3塁。(山内プロ初ヒット)暴投で1点。4対0。
6回表、坂口センター前ヒット、荒金フォアボール、赤田ショートゴロ併殺で3塁。カブレラがレフト前ヒットで1点。4対1。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )

ブランコ爆発で逆転サヨナラ勝ち

 先制ホームラン、追い上げタイムリー、詰め寄り犠牲フライ、同点タイムリーと大活躍のブランコが逆転サヨナラを呼び込んで快勝しました。

4回裏、ブランコが左中間へ第9号ホームラン。1対0。
6回表、ワンアウト満塁、北川センターオーバー2塁打で2点、さらに満塁になって代打・田口レフトフライで1点。1対3。
6回表、森野レフト線2塁打、ブランコがセンター前ヒットで1点。2対3。
7回表、ワンアウト3塁、カブレラがライト前ヒットで1点。2対4。
7回裏、代打・新井ライト前ヒット、荒木三振、岩崎達レフト前ヒット、森野フォアボール、満塁。ブランコのセンターフライで1点。3対4。
9回裏、荒木フォアボール、岩崎達サードゴロの間に2塁に、森野フォアボール、ブランコがレフト線2塁打で1点、2,3塁。小池が投手のグラブはじくヒットでサヨナラ。5対4。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )

小山を得たチェンが復活勝利

 谷繁との性格の不一致で連敗していたチェンが小山と復縁して見事に復活しました。開幕第2戦以来48日ぶりに勝ち投手になりました。7回を投げ、3安打1失点7奪三振という内容でした。
 大島が同点タイムリー、チェンが勝ち越し打、6試合ぶりヒットのブランコが追加点と中味の濃い試合でした。

4回表、ツーアウト、多村がセンターバックスクリーンに第7号ホームラン。0対1。
5回裏、和田ショート内野安打、セサルがライト前ヒット、1,3塁。大島センター左にヒットで1点。小山バントで2,3塁に。チェンはずんだショートゴロの間に1点。2対1。
6回裏、岩崎達フォアボール、ワンアウト、ブランコ左中間やぶる2塁打で1点。3対1。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )

吉見が投げてみんなで走れば勝てるのだ

 吉見が7回を4安打1失点に抑え、打っては10安打5盗塁で5得点で快勝しました。特に森野が3安打1盗塁1失策と大活躍で、負けずに大島も2盗塁1打点と気を吐いていました。吉見は6勝目をあげました。

3回裏、ツーアウト、岩崎達が左中間やぶる2塁打、森野も左中間やぶる2塁打で1点。1対0。
4回裏、和田がレフトへ第13号ホームランで1点。野本ライト前ヒット、大島2塁ゴロ2塁アウト、大島2塁盗塁成功。谷繁ライト線2塁打で1点。3対0。
6回表、ワンアウト、川崎がライトへ第3号ホームラン。3対1。
8回裏、森野レフト前ヒット、2塁盗塁成功。ツーアウト、英智センター前ヒットで1点。2塁盗塁成功、大島ライト前ヒットで1点。5対1。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )

連日のサヨナラ勝ち、和田が一振り

 両チーム合わせて5安打という投手戦にピリオドを打ったのは和田の一振りでした。9回裏、ツーアウトからセンターバックスクリーンに第12号ホームランを打ち込んで試合に決着をつけました。
 中澤はたった2安打しか打たれなかったのに1球に泣きました。山内に3安打に抑え込まれルーキー投手を援護できなかったヤクルトは深刻なチーム状況にあります。
 9回表を投げた高橋聡が4勝目を手にしました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )

中田は初勝利逃したけれどサヨナラ勝ち

 中田が復活を賭けた今季初登板は8回を投げて4安打1失点7奪三振とまずまずの内容でした。勝ち投手には成り損ねましたが、次回に期待をもたせるピッチングでした。
 岩崎達が先制タイムリーを放ち、大島がサヨナラのお膳立てをするなど新鮮な力を感じさせる試合でした。

5回裏、谷繁レフトオーバー2塁打、中田バントで3塁に、荒木見逃し三振、岩崎達センター前ヒットで1点。1対0。
7回表、デントナが松井祐のグラブはじく2塁打、ガイエル2塁ゴロの間に3塁に、宮本ライト前ヒットで1点。1対1。
9回裏、ツーアウト、和田フォアボール、大島レフト右にヒット、1,3塁。英智デッドボール、満塁。谷繁ライト前ヒットでサヨナラ。2対1。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 7 )

吉見が5連勝して阪神熱下火に

 熱病のような5連勝で首位に立ってナゴヤに来た阪神が連日力なくドラゴンズに屈しています。タイムリー連打を許さない吉見の粘り強いピッチングに2点とるのが精一杯でした。逆にドラゴンズは3,4,5番が好調を続け7番・大島がポイントゲッターになりつつあります。

2回表、ワンアウト、ブラゼルがライト前ヒット、桜井デッドボール、藤川俊がレフト左に2塁打で1点。0対1。
4回裏、森野ライト右にヒット、ブランコがレフトへ第8号ホームランで2点。和田もレフトへ第10号ホームランで1点。3対1。
5回表、藤川俊レフト線2塁打、久保バントで3塁に、マートンがセンター前ヒットで1点。3対2。
6回裏、森野ライト前ヒット、(今季9度目の猛打賞)、ブランコがセンターフェンス直撃2塁打で1点。4対2。
8回裏、ツーアウト、和田ショート内野安打、英智フォアボール、大島が右中間やぶる3塁打で2点。6対2。
※森野は4安打、昨日から6打席連続安打。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 5 )

阪神を1日で首位から引きずり落とした

 5連勝で首位に立った阪神を5人の投手リレーで5安打完封の5対0で快勝。読売がヤクルトに大勝したので、阪神は1日で首位から滑り落ちました。
 森野、ブランコ、和田の3人が揃って打点をあげると必ず勝つジンクスは19試合連続に伸びました。
 昨年4勝して阪神キラーに名乗り出た朝倉が完投は逃したものの2勝目をあげました。

2回裏、ブランコ3塁内野安打、和田が右中間やぶる3塁打で1点。松井センター前に落ちるヒットで1点。2対0。
5回裏、荒木センター前に落ちるヒット、井端ピッチャーゴロの間に2塁に、森野がライトフェンス直撃2塁打で1点。3対0。
6回裏、大島ライト前ヒット、谷繁バントで2塁に、朝倉ライト線に落ちるヒットで1点。4対0。
7回裏、森野ライトフェンス直撃2塁打、ブランコもセンター前ヒットで1点。5対0。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )
« 前ページ