goo

森野の2試合連続ホームランなどで完封勝ち

 ウッズが先制2塁打、森野が2試合連続で中押しホームラン、そして中村紀がダメ押しホームランとそつなく攻撃を積み重ね、先発・小笠原→吉見→中里→高橋聡、と完封リレーで広島に快勝しました。2008年シーズンは2勝1分と負けなしのスタートを切ることが出来ました。

1回裏、荒木2塁ゴロ、井端がセンター前ヒット、盗塁失敗。イ・ビョンギュのショートゴロを梵がエラー、ウッズがセンターオーバーのツーベースヒットで1点。
1対0。
4回裏、和田3塁フライ、中村紀1塁ライナー、森野がライトへ第2号ホームランで1点。2対0。
6回裏、イ・ビョンギュがセンター前に落ちるヒット、ウッズはショートライナー、和田は空振り三振、イ・ビョンギュ盗塁成功。中村紀がレフトへ第1号ホームランで2点。4対0。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 11 )

2008シーズンの初勝利にホームラン2本

 2008年シーズンの初勝利は森野、ウッズの豪快なホームランで花を添えました。昨夜は4時間を超える長い試合で引き分けましたが、今夜は3時間ほどで勝利の美酒にゆっくり酔うことが出来ます。

 先発は朝倉とルイスで、序盤はお互いに3者凡退で快調な立ち上がりでしたが、リズムを打ち砕いたのが森野のイッパツでした。終盤一度は並びかかられましたが、ウッズが大きなイッパツを放って5対3で快勝しました。ピンチを朝倉から引き継いだ鈴木のガンバリが勝ちを呼び込みました。

3回裏、森野がライトへ第1号ホームランで1点。谷繁も右中間やぶるツーベースヒット、朝倉はバント失敗から空振り三振。荒木が1塁線やぶるツーベースヒットで1点。ボークで3塁に進み、井端は見逃し三振、イ・ビョンギュが2塁・東出のグラブはじくヒットで1点。3対0。
4回裏、中村紀がセンター前ヒット、ボーク、ボークで3塁に進み、森野がライト前に落ちるヒットで1点。4対0。
5回表、前田ライト線ヒット、シーボルもセンター前ヒット、石原バントを朝倉が投げられず(記録はヒット)ノーアウト満塁。東出セカンドゴロ2塁アウトの間に1点。4対1。
6回表、ツーアウトから栗原サードゴロをウッズが捕球エラー、前田がライトへ第1号ホームランで2点。4対3。
7回裏、ウッズが右中間へ第1号ホームラン。5対3。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 8 )

目出度さも中ぐらいなり開幕戦引き分け

 2008年シーズンが開幕しました。初戦は広島との対戦ですが、なんと過去17回も開幕カードになっていて、ドラゴンズは7勝10敗と負け越しています。最近10年でも5度開幕戦で対戦していて、3勝2敗と最近ではドラゴンズがリードしています。そんな因縁あるオープニングは4時間12分の延長戦の末に、2対2で引き分けました。セ・リーグ史上8度目の開幕戦引き分け試合となりました。

 川上と大竹の先発で始まった試合は、1対1で迎えた9回に互いに1点づつ取り合って延長になり、決め手なく引き分けました。

3回表、アレックスがライト線ツーベースヒット、栗原レフトフライ、前田レフトフライ、シーボルがライト前ヒットで1点。0対1。
3回裏、川上が左中間に第1号ホームランで1点。荒木サード内野安打、井端サードゴロ併殺、イ・ビョンギュ2塁フライ。1対1。
9回表、前田がセカンド荒木のグラブはじくヒット、シーボル1塁ゴロで2塁に進み、石原がレフト線やぶるツーベースヒットで1点。1対2。
9回裏、井端は投手ゴロ、イ・ビョンギュがセンター前ヒット、ウッズはフォアボール、1,2塁。ここで2塁に代走・藤井。和田センターフライ、1,3塁に。中村紀が左中間やぶるツーベースヒット、1塁ランナーのウッズがホームアウトで1点のみ。2対2。

 このあと3番にイ・ビョンギュがいないことが大きく試合を左右しました。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 12 )

いよいよドラゴンズの2008シーズン開幕

 明日、ドラゴンズの2008年シーズンが開幕します。ナゴヤドームで広島との対戦でシーズンがオープンします。先発は川上が予想され、ケガで出遅れていた森野も先発出場できます。岡本が抜けた穴は中里が埋めてくれそうです。18イニング連続無失点で6番目の先発枠に名乗りを上げている吉見も期待が持てそうです。
 オープン戦は10勝6敗1分.625で西武に次いで第2位の成績でした。チーム防御率は12球団ダントツの2.03。チーム打率は9位の.230と低調でしたが、そつなく得点して逃げ切るスタイルの野球で華やかさには欠けるものの堅実な成績が望めそうです。

 松井ゴジラの結婚が騒がれているメジャーでは、福留孝介が新人王5人の候補にインターネット上で選出されたそうです。オープン戦通算打率は2割3分台に低迷しているものの、26日現在で15四球と出塁率は4割を超えています。


25日スコッツデールでのジャイアンツ戦9回にセンター前タイムリー

 ピネラ監督は「左投手の場合には1番で使いたい。投手に多くの球を投げさせられる」と発言していて、主に5番が予想される福留の選球眼のよさを高く評価し、柔軟な起用法を示唆しています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

福留孝介、開幕は「5番・ライト」

 カブスの福留孝介は「5番・ライト」で開幕戦を迎えることが発表されています。メジャーの野球に徐々に対応しつつはあるものの、思い通りの結果を出すことは出来ずにいます。3月19日現在でオープン戦通算打率.225と不本意な数字となっています。
 18日のアスレチックス戦では、四球で出た6回に2塁への初盗塁が決まり、19日のロイヤルズ戦では6回にバックホームが決まり初捕殺を記録しました。ただ、同じ19日には9回にバックホームが乱れて初失策も記録しています。

 18日アスレチックス戦、2回に1塁内野安打
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

福留メジャーオープン戦.333と上々

 3月4日のブルワーズ戦から「2番・右翼」でスタメン起用されている福留孝介が、それまでの不調がウソのようによく打っています。4日に3打数3安打2打点1ホームランとキッカケをつかんでからは毎試合ヒットを積み重ねて8日現在で、打率.333と上々な滑り出しとなっています。フォアボールも多くて、高い出塁率も出していますが、ストライクゾーンの違いにはなかなか馴染めないようで、エーということがよく見られようです。
  マリナーズ戦(7日・アリゾナ州メサ)で、エーウソォーという素振りの福留と、これがメジャーだよという城島。
 ホームランだけでなく、ツーベースヒットも2本でるようになって、じょじょに手ごたえを感じはじめているようですが、捕殺と盗塁はまだ成功していません。8日のダイヤモンドバックス戦ではレフト左前への浅いポテンで2塁まで走りこむ、日本でも見慣れた俊足2塁打を披露しました。調子に乗ると手の着けられない福留をメジャー相手に見せてほしいですね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

福留が初ホームラン、ドラゴンズも勝った

 メジャーとなった福留がオープン戦第2戦以降、3試合ノーヒットが続いていたためピネラ監督は3月4日の試合は2番で起用しました。
 気が楽になったのか福留のバットはセンターへヒット、ライトへホームラン、レフトへヒットと自在に働いていました。
 
 オープン戦初ホームランは、3回1死ランナーなしの場面で飛び出しました。4球目のやや内より真ん中低めストレートをはこんだものでした。

 ナゴヤドームではドラゴンズがジャイアンツを迎え撃ち4対2で勝利しました。先発・吉見は安定したピッチングで5回を無失点で投げぬき先発組入りをアピールしました。
 打線は7安打で4得点とまあまあでした。井端とイ・ビョンギュが2安打、藤井がタイムリー3塁打をはなちました。
 最終回にはのっぽのネルソンが登板、1死もとれずにヒット、四球、デラロサのエラーで満塁のピンチを招き、鈴木が押し出し死球と犠牲フライで2点失いヤキモキさせました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ドラゴンズ、オープン戦初戦に勝つ

 浦添に7,123人の観客を集めて行われたドラゴンズのオープン戦初戦は3対1で逆転勝ちしました。打ったヒットはわずか4本ながら、6回表に沢井の2塁打で口火を切って、四球と相手エラーを絡めて満塁のチャンスに3番・平田がライト前ヒットで2点、井上のセカンドゴロの間にも1点加えてそのまま逃げ切りました。
 先発チェンは3回を打者10人に被安打1と安定したピッチングをして開幕1軍をアピールしました。2番手・鈴木が1点先制されたものの3番手・川井が3回無失点、最後は中里が打者3人を8球で片付けました。
 マスコットのドアラが名古屋からのツアー客66人とスタンドに乗り込んで、相手チームのファンにも喜ばれていました。

 明日は北谷で今日ホームランを打った中田翔のいる日ハムと対戦します。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )