goo

XPは永遠に

 マイクロソフト社によるサポート終了まで残り6ヶ月となった「XP」ですが、あわててパソコンを買い換える必要はないことをご存知でしょうか。シリアルATAコネクターでHDDを接続しているパソコンなら「XP」と「7」を同居させて充分なキャパシティーがありますから、面倒な(失敗の多い)引越し作業などせずにHDDの増設で「7」を導入するのが安上がりで便利です。

 1TBのHDDとセットで購入すれば「7」のパッケージ版が合計で1万6千円ほどで手に入ります。内に増設スペースのないスリムタイプでも、電源コードとシリアルATA接続コードを延長して外置きにすればOKです。スリムタイプでは、内臓DVDドライブの電源と接続を流用するので別途外付けドライブが必要です。HDDがむき出しのままでは気持ちの悪い人は、安手の置き台が売られています。これで、起動時に「XP」か「7」を選択してマルチOSが手に入ります(「7」の標準システム)。サポート終了後は「7」でインターネットに接続すればウイルスの心配もありません。AOLを使っているユーザーも(新しい環境に移行できない)古いメールを消失することはありません。

 2020年までは、これで大丈夫です。その先は、その時に考えましょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )