goo

やっと春の足音が聞こえてきた

 静岡市浅間神社でソメイヨシノがやっと咲き、春の訪れを告げました。今日は、朝からよく晴れ渡り、午後2時には18.5℃(アメダス)まで気温が上昇したため、平年より1日早い開花となりました。なを静岡気象台敷地内のソメイヨシノも5,6輪咲いたと発表がありました。ソメイヨシノ開花1番のりは、高知市高知公園、日南市花立公園、鹿屋市大隈湖で21日に咲きました。
 一方、御殿場市東田中の「秩父宮記念公園」では、ミスミソウ(流通名=雪割草)が21日から咲きはじめ、今年は遅い春の使者となりました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

河津にやっと春の足音が

 異例の寒さが続いたことから開花が大幅に遅れていた河津のカワヅザクラが咲き始めて、観光客もやっと春の訪れを感じられるようになりました。あいにくと今日は雨が降りだしてしまいましたが、原木で6分咲きとなって見栄えがし始めました。館橋付近の堤沿いで5分咲き、メーン会場沿いの堤で3~4分咲きとなって、写真映えがするようになり観光客を喜ばせましたが、分厚いコートを着るほどの冷え込みで、薄暗い空のもとやはり盛り上がりがイマイチだったようです。

 週明けには「春一番」が期待できそうです。一気に春を引き寄せたいですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする