goo

吉見だけは読売に勝てるのだ

 出だしもたついていた吉見ですが、4月9日の読売戦で今季初勝利をあげてから白星を並べています。打線の援護もあって今夜も読売戦に勝利して、4月は4勝としました。チームの対読売戦勝利は吉見が独り占めです。

2回裏、ワンアウト、和田3塁線2塁打、ツーアウト、大島がレフト右にヒットで1点。1対0。
3回裏、ワンアウト、井端センター前ヒット、森野ライト前ヒット、1,3塁。ブランコがショート内野安打で1点。1,2塁。和田センター前ヒットで1点。3対0。
4回裏、谷繁センター前ヒット、吉見バントで2塁に、荒木ライト前ヒット、1,3塁。井端センターフライで1点。4対0。
5回表、イ・スンヨプがライトへ第4号ホームラン。ワンアウト、亀井レフト前ヒット、2塁盗塁。ツーアウト、脇谷センター前ヒットで1点。4対2。
7回裏、井端フォアボール、森野3塁ゴロを小笠原はじいて1,2塁。ブランコはフォアボール、満塁。和田レフトフェンス直撃2塁打で2点、2,3塁。ワンアウト、大島レフト前ヒットで1点、1,3塁。阿部落球で2,3塁。谷繁セカンドゴロの間に1点。8対2。

大島が和田と試合後のインタビューに呼ばれました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )

山内がプロ初勝利で連敗ストップ

 山内壮馬が今季2度目の先発登板で自責点0で初勝利をあげました。チームの連敗も止めました。ブランコの3ランで先制して一時は8対0と大差に引き離して山内の完投完封も視野にあったのですが、森野と荒木のエラーから5失点して山内は心配したことでしょう。

1回表、ワンアウト、井端3塁ゴロを新井が悪送球、森野ライト前ヒット、ブランコがレフトへ第7号ホームラン。3対0。
2回表、荒木センター前ヒット、井端バントで2塁に、森野ライト前ヒットで1点。4対0。
3回表、野本フォアボール、大島バントヒット、谷繁バントで2,3塁。山内レフトフライで1点。5対0。
4回表、ワンアウト、森野デッドボール、ブランコがライトへヒット、1,3塁。和田レフト前ヒットで1点。野本3塁ゴロ、2,3塁。大島ライト線3塁打で2点。8対0。
7回裏、桜井フォアボール、ここで高橋聡がリリーフ。ツーアウト、マートンのショートゴロを荒木エラー、関本フォアボール、満塁。鳥谷レフトへ第3号ホームランで4点。8対5。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 5 )

吉見が投げてブランコが打てば勝つしかない

 毎回ランナーを出しながら粘り強く投げぬく吉見と、タイムリーにホームランと威力を発揮したブランコのコンビネーションで順当勝ちを収めました。吉見は3連勝とエースらしさを取り戻しつつあります。

4回表、ワンアウト、飯原がレフトへ第1号ホームラン。0対1。
4回裏、森野センターオーバー2塁打、ブランコもセンターオーバー2塁打で1点。内野ゴロで3塁に進み、相川パスボールで1点。2対1。
8回裏、ブランコがレフトへ第6号ホームラン。3対1。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 5 )

お待たせ、朝倉健太、連敗ストッパーは任せろ

 昨年、何度か連敗ストッパーを演じた朝倉が復活登板で今年も連敗ストッパーを務めました。7回ピンチを残して降板したものの3対2で辛くも逃げ切り、朝倉が今季初白星をものにしました。野本のホームランが効きました。

5回裏、ワンアウト、荒木センター前ヒット、井端センター前に落ちるヒット、1,3塁。森野ライト前ヒットで1点、1,2塁。2塁けん制を田中浩が補球出来ず3塁へも悪送球で1点。2対0。
6回裏、野本がライトへ第2号ホームラン。3対0。
7回表、藤本レフト前ヒット、川本ショートゴロを井端がエラー、1,2塁。代打・森岡ライト線2塁打で1点、2,3塁。ここで高橋聡がリリーフ。代打の代打・飯原3塁ゴロ動けず、田中浩ショートゴロの間に1点。3対2。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 5 )

吉見完全復活のはずが負傷退場、試合も危うかった

 吉見が横浜相手に昨年6勝あげたのはダテではないことを証明しました。無四球、6安打散発、まったく危なげないピッチングで2勝目をあげました。昨年7月18日(対横浜7対0)以来の完封です---となるはずが、突如暗転、右ひざ打球直撃から鈴木ご乱調、岩瀬もグラリでアブナイ展開で逃げ切りました。

9回表、内川が左中間やぶる2塁打、村田ショートゴロ動けず、スレッジが投手強襲ヒット、1,3塁。吉見の右足を直撃して退場、鈴木がリーリーフ。
カスティーヨ空振り三振、吉村ショート内野安打で1点、1,2塁。橋本フォアボール、満塁。代打・下園フォアボール押し出しで1点、満塁。
ここで岩瀬がリリーフ。代打・武山センター前ヒットで2点、1,2塁。代打・金城ショートゴロ、ゲームセット。7対4。
1回裏、ワンアウト、藤井レフト前ヒット、森野が左中間やぶる2塁打で1点。1対0。
4回裏、森野ライト前ヒット、ブランコはショート強襲ヒット、和田フォアボール、満塁。井端ショートゴロ併殺の間に1点、3塁。野本センター前ヒットで1点。3対0。
8回裏、ワンアウト、ブランコがセンターバックスクリーンに第5号ホームランで1点。和田センター前ヒット、井端レフト前ヒット、1,3塁。野本が左中間やぶる3塁打で2点、3塁。谷繁も左中間やぶる2塁打で1点。7対0。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 4 )

横浜の弱投につけこんでサヨナラ勝ち

 3回に5対7と逆転された後、2番手・桑原を打ちあぐねゼロ行進を続けて敗色濃厚だったのですが、牛田に交代した途端に森野の2ランで一瞬の内に同点に追いつき、延長11回に不安定な山口をとらえてサヨナラ勝ちしました。投手力に不安を抱える横浜は自滅しました。
 高橋聡が早くも3勝目を手にしました。

1回表、ワンアウト、早川フォアボール、内川ライト前ヒット、1,3塁。ツーアウト、スレッジがセンター左に第2号ホームランで3点。0対3。
1回裏、ワンアウト、セサル3塁前内野安打、ツーアウト、ブランコはフォアボール、和田レフト線2塁打で1点、2,3塁。井端センター前ヒットで2点。野本がライトへ第1号ホームランで2点。5対3。
3回表、石川フォアボール、早川2塁ゴロの間に2塁、内川ライト前ヒット、1,3塁。村田センター前ヒットで1点、1,3塁。スレッジがライト越えヒットで1点、1,3塁。カスティーヨもセンター前ヒットで1点、1,2塁。ここで山井は降板。平井がリリーフ。吉村センター前ヒットで1点。5対7。
8回裏、ワンアウト、荒木レフト前ヒット、ツーアウト、森野がライトへ第3号ホームランで2点。7対7。☆森野100号メモリアル☆
延長11回裏、ワンアウト、和田フォアボール、井端バントで2塁に進め、野本は敬遠、谷繁がライトオーバー2塁打で1点。8対7。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 5 )

遅れて来た吉見に春一番

 昨年の最多勝の吉見が2度先発に失敗して迎えた3度目の先発でようやく勝ち星をあげました。4安打1ホームランの森野、3安打3打点のブランコらに助けられました。苦手ゴンザレスはKOしたものの小笠原には手痛い3ランを浴びるなど打者対策はマダマダのようです。

2回表、ブランコ2塁内野安打、和田レフト前ヒット、井端レフト線2塁打で1点、2,3塁。野本ライトフライで1点、3塁。谷繁センターフライで1点。3対0。
5回表、荒木ショート強襲ヒット、大島バントで2塁に進め、森野ライト前ヒット、浮いたバックホームの間に2塁に進み、2,3塁。ブランコがセンター前ヒットで2点。5対0。
5回裏、阿部ライト線2塁打、ワンアウト、イ・スンヨプはレフト前ヒット、1,3塁。坂本レフト前ヒットで1点、1,2塁。松本サードゴロの間に2,3塁。小笠原ライトポールに当たる第4号ホームランで3点。5対4。
7回表、ワンアウト、森野が左中間やぶる2塁打、ブランコはセンター前ヒットで1点。6対4。
9回表、ワンアウト、森野がライト3階席に第2号ホームランで1点。7対4。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 5 )

横浜が相手なら小笠原も負けない

 横浜先発は昨年、15奪三振をなさしめたランドルフで前半は打てずに苦しい展開でしたが谷繁のイッパツで勝利を引き寄せ6連勝とし、小笠原にも今季初勝利がつきました。昨年18勝6敗のお相手なので当然といえます。

7回表、ワンアウト、谷繁レフトへ第2号ホームランで1点。1対0。
9回表、大島センター前ヒット、谷繁フォアボール、代打・野本バントで2,3塁に進め、荒木3塁ゴロ(村田倒れこみ)の間に1点。2対0。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 5 )

山井が長いトンネル抜けて3年ぶり勝ち投手

 2007年日本シリーズ伝説の未完全投手となった山井が、それ以来、怪我もあって勝ちから見放されて苦しんできました。韓流的不幸を背負ってきた山井が自らのバットで勝利を引き寄せ、3年ぶり勝利投手になりました。

2回裏、ブランコがライトポール際に第3号ホームランで1点。和田レフト前ヒット、ワンアウト、野本センター左にヒット、谷繁フォアボール、満塁。山井ショートゴロを石川取りそこねヒットで1点。2対0。
2回裏、ワンアウト、カスティーヨが右中間フェンス直撃2塁打、下園1塁ゴロの間に3塁に、橋本セカンド内野安打で1点。2対1。
4回表、和田ピッチャー強襲ヒット、井端フォアボール、野本バントで2,3塁。谷繁3塁ゴロ和田はさまれてアウト、1,3塁。山井レフト前ヒットで1点。3対1。
5回裏、ツーアウト、石川ショート内野安打、早川レフト線2塁打で1点。3対2。
6回表、井端フォアボール、ワンアウト、谷繁レフトへ第1号ホームランで2点。5対2。
6回裏、村田フォアボール、ここで小林正がリリーフ。スレッジがライト前ヒット、ここで鈴木がリリーフ。カスティーヨ2塁ゴロ2塁アウト、1,3塁。下園センターフライで1点。5対3。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )

伊藤準はばたけ、19歳でプロ初勝利

 阪神の拙攻に助けられたとはいえ、8回を4安打1失点に抑えた伊藤準が今中慎二以来の10代プロ初勝利を成し遂げました。

1回表、マートンがライト線2塁打、平野バントヒット、1,3塁。島谷レフトフライで1点。0対1。
2回裏、和田レフトへ第4号ホームランで1点。1対1。
8回裏、ツーアウト、セサルがセンター前ヒット、森野ライト前ヒット、1,3塁。ブランコが1塁越えるヒットで1点、1,3塁。和田フォアボール、満塁。小池セカンドゴロを平野エラーで2点。谷繁が右中間やぶる2塁打で2点。6対1。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 8 )
« 前ページ