goo

チェ・ジウ、「女優たち」で新境地か

 昨年の12月10日に公開された「女優たち」で30代女優チェ・ジウ役で他の5人の女優と競い合いを見せたチェ・ジウの新たな顔が話題をよんでいます。 
 チェ・ジウがコ・ヒョンジョンにいきなり額を小突かれるシーンで始まる「いさかい」は演じた当人たちが「とてもスリリングだった」というできばえになっていると自賛しています。
 イ・ジェヨン監督がメガホンを取った同作は、クリスマスイブにファッション雑誌のカタログ撮影にために集まった6人の女優が、撮影用の小物が届かないため6人でパーティーをすることになり、本心を吐露しあうまでの経過をアドリブで作り上げたもので、6人の女優が共同脚本家として名をつらねています。
 チェ・ジウというと「冬のソナタ」、泣き姫、とイメージが固定してしまった感がありますが、冬ソナ以前はコメディーにもオカルトにも出ていたエンターテイナーでした。最近、固定イメージ脱却を狙ったドラマが立て続きに低視聴率となり、この映画での成功を期しています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )