goo

両親の前で清水昭信がプロ初勝利

 三重県松阪市出身の清水昭信が6試合目にしてプロ初先発のマウンドに上がり、4回までノーヒットというナイス・ピッチングで7回途中まで投げぬき7対3でチームが勝ち、初勝利をあげました。スタンドで観戦中の両親に大きなプレゼントが出来ました。

1回裏、森野がレフト左にツーベースヒット、荒木はずんだサードゴロの間に3塁に、イ・ビョンギュもはずんだ1塁越えヒットで1点。ウッズは左中間に第27号ホームランで2点。3対0。
2回裏、ワンアウトから森野センター前に落ちるヒット、荒木ライト前ヒット、イ・ビョンギュはフォアボール、満塁。ウッズがセンター右にヒットで2点。5対0。
7回表、ワンアウトから嶋が2塁内野安打、シーボルがレフト線ツーベースヒット、2,3塁。石原がセンター前ヒットで1点、なを1,3塁。梵3塁ゴロ、シーボルが三本間にはさまれてアウトの間に2,3塁。ここで小林がリリーフ。前田がレフト前ヒットで2点。5対3。
7回裏、ウッズがセンターバックスクリーンに第28号ホームラン。6対3。
8回裏、ワンアウトから森野がライトへ第12号ホームラン。7対3。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 10 )

ケガした井端の代役デラロサの一打で広島を突き放した

 この試合に負ければ同率3位というピンチだったのですが、同点に追いついて勝ち越せる2度のチャンスにあえなく三振してブレーキをかけていた梵のおかげで4対3で勝てました。広島は同率3位のチャンスを逸して2ゲーム差に後退しました。
 ※3回表に右膝を強打した井端は病院に向かいました。

2回裏、ウッズがレフトへ第26号ホームラン。ワンアウトになって森野フォアボール、和田サード内野安打、小窪の2塁への悪送球で1,3塁。田中1塁ゴロ、栗原はじいて1点。2対0。
6回表、赤松3塁線やぶるツーベースヒット。アレックスがショート後ろに落ちたヒット、1,3塁。栗原が左中間へヒットで1点、なを1,3塁。嶋もセンター左にヒットで1点。2対2。
7回裏、ワンアウトからデラロサがフォアボール、荒木ショートゴロ、2塁アウト。荒木初球に2塁盗塁成功。イ・ビョンギュが3塁線やぶるツーベースヒットで1点。3対2。
8回表、平井がリリーフ。アレックスがレフト前ヒット、栗原はセンター前に落ちるヒット、1,2塁。ここで高橋聡がリリーフ。嶋は大きなライトフライ、1,3塁に。石原がライト前ヒットで1点。3対3。
8回裏、ワンアウトから和田フォアボール、田中バントで2塁に進め、代打・立浪は敬遠、1,2塁。デラロサがセンター前ヒットで1点。4対3。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )

阪神に助けられて3位も5割も守った、小笠原8勝目

阪神の拙攻(3併殺)、久保田の自滅に助けられて5割われをまぬがれました。4位の広島に並ばれることもまぬがれました。
小笠原は6月18日北陸での西武戦以来の勝ち投手で8勝目をあげました。自己最多を伸ばして2桁へ向けて1歩前進しました。このときは涌井の自滅に助けられたので、相手投手が自滅すると小笠原は勝てるようです。

5回表、小池3塁線やぶるツーベースヒット、谷繁フォアボール、小笠原バントで2,3塁に進め、井端フォアボール、満塁。荒木が2塁の頭上こえたヒットで2点。2対0。
5回裏、関本センター前ヒット、谷繁パスボールで2塁に進み、高橋光信がレフト線ツーベースヒットで1点。2対1。
8回表、久保田がリリーフ。井端がライト前に落ちるヒット、荒木バントで2塁に進め、イ・ビョンギュもライト前に落ちるヒット、1,3塁。ウッズはフォアボール、満塁。中村紀は見逃し三振。森野フォアボールで押し出し1点、なを満塁。小池の4球目ワイルドピッチで1点。4対1。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 11 )

完投で山本昌が最年長10勝投手に

 山本昌が2安打1失点で完投勝利をあげ、43歳でのシーズン2桁勝利は史上最年長記録です。7月15日から7連勝を継続中です。

1回表、簡単にツーアウトから、イ・ビョンギュが投手強襲ヒット、ウッズがライトへ第24号ホームランで2点。2対0。
1回裏、簡単にツーアウトから、小笠原が左中間に第24号ホームランで1点。2対1。
3回表、井端がレフト前ヒット、西川バントで2塁に進め、ツーアウトになってウッズはフォアボール、中村紀がレフト前ヒットで1点。3対1。
4回表、小池がセンターバックスクリーンに第2号ホームラン。4対1。
9回表、谷繁サードボテボテ内野安打、山本昌バント、投手・藤田が2塁へ悪送球、1,3塁。井端がセンター前ヒットで1点。代打・立浪ショートボテボテ内野安打、満塁。イ・ビョンギュが右中間ツーベースヒットで2点。ウッズはピッチャーゴロ、動けず。中村紀サードゴロ、動けず。中村一がレフト線ツーベースヒットで2点。9対1。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 12 )

中田が1ヶ月ぶりの勝ち投手になって3位の座を守った

 吉見が再起不能になった7月20日、2番手として登板して勝ち投手になって以来、1ヶ月ぶりに中田が勝ち投手になりました。最後を締めた小林がプロ初セーブを記録しました。4番手で平井が登板、3番手の浅尾は危険球退場しました。
 4対2で勝ちはしたものの、13安打で11残塁という決め手を欠く打線への不安は拭い切れません。

1回表、井端3塁前バントヒット、井上が右中間やぶるツーベースヒット、2,3塁。中村紀がレフト前ヒットで1点。ここで井上がまったく間に合わないホームアウトになったことが苦戦の幕開けとなりました。1対0。
3回裏、藤田がライトへ第1号ホームラン。1対1。
5回表、ワンアウトから、井上フォアボール。ツーアウトになってから、ウッズはレフト前ヒット。和田がセンター前ヒットで1点。イ・ビョンギュはライト前ヒットで1点。3対1。
5回裏、大西がセカンド内野安打、藤田もセンター前ヒット、1,3塁。相川は空振り三振、代打・鈴木1塁ゴロ、ウッズのバックホーム間に合わず1点。3対2。
7回表、ワンアウトから、中村紀がセンター前ヒット、ウッズはライト線に落ちるヒット、1,3塁。和田がライト前ヒットで1点。4対2。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 11 )

不思議な縁です、イ・ビョンギュと山本昌で勝つ

 8月12日にイ・ビョンギュが2ホームラン4打点と活躍して山本昌が201勝目をあげた対広島戦以来の勝ちゲームとなりました。そして、今夜もイ・ビョンギュが無得点に終止符を打つなど3安打と5試合ぶりにヒットを打ち、山本昌が202勝目をあげました。ひょっとして新不敗神話の誕生なのでしょうか。

3回表、簡単にツーアウトから、ゴンザレスがレフト線ツーベースヒット、福地が右中間やぶるスリーベースヒットで1点。0対1。
4回裏、ウッズがライト前ヒット、和田はセンター前に落ちるヒット、1,3塁。
イ・ビョンギュもセンター前に落ちるヒットで1点。1対1。
※38イニング目に得点が入りました。
5回裏、ツーアウトから、小池がセンター前ヒット、中村紀はライト前ヒット、1,3塁。ウッズが左中間へ第23号ホームランで3点。4対1。
7回裏、ワンアウトから、中村紀がライトへ第22号ホームランで1点。5対1。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 15 )

イ・ビョンギュ復活4打点、山本昌が201勝目

 3ゲーム差に迫ってきた広島との初戦に5対4で勝って3位の貫禄を示しました。先発・山本昌が8回まで投げきり最後は前田封じで高橋聡がセーブしました。
 3番に復帰したイ・ビョンギュが先制3ラン、同点に追いつかれた直後の9回に勝ち越しホームランと4打点の活躍で山本昌と両手でハイタッチをしていました。

3回表、山本昌フォアボール、井端もフォアボール、デラロサ見逃し三振、イ・ビョンギュがライトへ第9号ホームランで3点。ウッズ空振り三振、和田フォアボール、中村紀もフォアボール、井上が3塁線やぶるツーベースヒットで1点。4対0。
3回裏、ワンアウトから石原がセンター右に第8号ホームランで1点。代打・上村がセンター前ヒット、東出バントヒット、小窪ピッチャーゴロ、山本昌が2塁へ暴投して1点。4対2。
5回裏、代打・赤松レフトフライを和田が落球して2塁に。東出バントで3塁に進み、小窪がレフトフライで1点。4対3。
8回裏、簡単にツーアウトから、栗原がレフトへ第15号ホームランで1点。4対4。
9回表、簡単にツーアウトから、イ・ビョンギュがライトへ第10号ホームランで1点。5対4。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 11 )

佐藤充が2006年8月13日以来の勝ち投手

 長い間、勝ち投手から遠ざかっていた佐藤充が8回を投げて1失点に抑え、味方の2点の援護に耐えて粘って、2006年8月13日の阪神13回戦で当時9勝目をあげて以来の勝ち投手になりました。ようやく暗いトンネルを抜けることが出来ました。

1回裏、ワンアウトから川島がレフト線ツーベースヒット、飯原がライト前ヒットで1点。0対1。
6回表、ツーアウトから小池が3塁線やぶるツーベースヒット、井上がライトオーバーのツーベースヒットで1点。1対1。
7回表、ワンアウトからデラロサがレフトへ第4号ホームラン。2対1。

ちなみに9勝目をあげた試合は、3対2で迎えた7回裏に2番手・ダーウィンに襲い掛かり、ワンアウト満塁で森野がレフト線にツーベースヒットを打ち2点、アレックスのタイムリーで1点、英智スクイズで1点など4点をあげ、完投ペースになったのに代打・立浪(セカンドゴロ)で降板しました。これが充のツキを消したターニング・ポイントになったのでした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 13 )

山本昌が完投で200勝を達成!

 プロ25年目の山本昌が完投で勝利、通算200勝を達成しました。524試合目でプロ24人目の快挙です。4安打1失点という素晴らしい内容でした。

1回表、鈴木がレフト線ツーベースヒット、寺内セカンドゴロの間に3塁に進み、小笠原がレフトフライで1点。0対1。
2回裏、ツーアウトからデラロサがセンターバックスクリーン左に第3号ホームラン。1対1。
3回裏、ワンアウトから井端レフト線ツーベースヒット、小池フォアボール、中村紀がレフト前ヒットで1点。2対1。
5回裏、井端がレフトへ第4号ホームランで1点。小池はレフト線ツーベースヒット、中村紀ショートゴロの間に3塁に進み、ウッズはフォアボール。和田ライト前ヒットで1点。中村ショートゴロの間に2,3塁に進み、西村ボークで1点。5対1。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 21 )