goo

山崎武司が帰ってくる~上原が落ちた

 山崎武司がドラゴンズに10年ぶりに復帰するようです。球団および本人からの発表はまだありませんが、一部のスポーツ紙で報じられました。替わりにブランコが解雇される模様です。

 上原浩次がワールドシリーズのメンバーから外されました。やはり、お祓いが必要だったようです。シーズン中の活躍がすべて否定されたようなショックを受けていると伝えられています。来季の去就はどうなるのでしょうか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

上原はお祓いが必要かも・・・3戦連続被ホームラン

 メジャーは優勝決定シリーズに入っていますが、レンジャース上原浩次投手がドツボにはまってしまいました。プレーオフ3戦連続でホームランを打たれて自信喪失で落ち込んでいます。

 11日(日本時間12日)、1-3とリードされた6回2死一塁から2番手で登板して、盗塁されて2死二塁となり、1番ジャクソンに中前適時打を浴びました。続く7回には先頭のカブレラにカウント0-2から甘いフォークボールを左翼へソロ本塁打され、次打者のマルティネスを打ち取った後に降板しました。

 13日(日本時間14日)、2-6と4点ビハインドの7回裏に2番手として登板。先頭打者を三振に打ち取ったものの、続く2番レイバーンに右翼へソロ本塁打を浴びました。その後、四球、一飛で交代しました。

 チームはタイガース相手に3勝2敗で本拠地テキサス州アーリントンに戻って胴上げを目指していますが、上原は1人蚊帳の外になってしまい、来季の去就にも影響を及ぼしそうです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

上原の憂鬱~ドラゴンズの呪い

 アメリカのア・リーグのでプレーオフの地区シリーズ(5回戦制)で、上原浩治投手(元読売)の所属するレンジャーズ(西地区)がレイズ(ワイルドカード=最高勝率2位球団)に43で競り勝ち、3勝1敗で2年連続のリーグ優勝決定シリーズ進出を決めました。

 しかし、シャンパン・シャワーを浴びた上原は心ここにあらずという様子だったと伝えられています。それというのも、第2戦で登板した後はマウンドに上がる機会がなく1stステージを終えたため、不完全燃焼だったからです。

 7対3のスコアで7回表に登板した上原は、先頭のジェニングズを2球で追い込んだ後、4球連続ボールで歩かせてしまいました。これは昨年5月12日マリナーズ戦で出して以来の対右打者四球で、延べ207人目というものでした。次打者に高めのフォークを左前に運ばれて無死一、二塁として、3番ロンゴリアに投じた2球目の真ん中高めの直球が中越え3ランとなったのです。ここで降板しますが、試合は8対6で逃げ切り勝ちとなり、レンジャーズは現行の地区シリーズが導入された95年以降、本拠地で7戦全敗だったのですが、8試合目にして初勝利を掴み取りました。

 上原が0/3回で降板するのは、日米のレギュラーシーズン、ポストシーズンを通じて08年7月16日ドラゴンズ戦(札幌ドーム)以来2度目。10の8回2死一、二塁から2番手で登板してウッズに四球の後、和田に右越え二塁打、中村紀に左中間二塁打を許して逆転を許しました。

 上原が「三振が取れ、四球が少ない」理想的な中継ぎとして、リーグ優勝決定シリーズで輝きを取り戻すことを期待しましょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

福留孝介、2児のパパは頑張る!

 毎年、4月だけは好調な福留孝介ですが、メジャー4年目の今年は一味違うようです。目下、8試合連続安打の5試合連続マルチヒットを続けています。しかも、25日のロッキーズ戦で5打数5安打をメジャーで初めて達成しました。

 19日に娘が誕生してから5試合マルチヒットが続いていますが、チームは1勝4敗と不振を極めていてご当人もいまひとつ喜べないようです。5安打の内容は、左前打、右前打、左前打、中前打、左前打で打率は.478に跳ね上がってきました。

 山崎武司から電話で震災のことを知らされ、100万ドルを赤十字を通じて寄付したそうです。2児のパパとなった福留孝介の活躍は被災地の人々にも明るい話題となるでしょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

楽天が首位陥落、ドラゴンズは最下位定着

 開幕から好スタートをきった楽天がここにきて失速気味になりました。ソフトバンクに連敗して5勝4敗となり5勝3敗のソフトバンクと入れ替わり2位に後退しました。しかし、9試合で得点27、失点36、チーム打率.215、チーム防御率3.76という内容では望外な地位にいるとも言えます。今年は一段と混戦模様のパ・リーグですから、当面は日替わり順位が続くことでしょう。

 開幕日程のゴタゴタが尾を引いたのか、パ・リーグの観客動員数がセ・リーグを圧倒しそうな形勢です。ゴタゴタに加担した詰め腹を切らされてドラゴンズは球団首脳が交代しました。

 そのドラゴンズはヤクルトに3連敗して最下位独走中です。開幕でドラゴンズに2勝した横浜が定位置から浮上しています。チーム打率.199というドラゴンズは今日の試合で館山に完封負けを喫し、館山にこの3年で11勝目を献上しました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2011シーズン開幕、みちのく楽天が勝利

 5年連続開幕投手を務めた岩隈の力投と打線の頑張りで、楽天は6対4でロッテを下して開幕勝利を被災地みちのくに届けました。

 4回に嶋の落球で1点を先制された楽天は、6回に聖沢の左犠飛で同点に追いつき、7回には嶋の3ランホームランで逆転し、8回には山崎、高須が連続タイムリーを放ち6対1とリードを広げますが、9回あと2人となってから福浦に3ランを浴びて岩隈は降板しますが、スパイアーが抑えて逃げ切りました。

  8回表、タイムリーを放つ山崎

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

セ・リーグはファンから永久追放されるかも

 「文部科学省の理解を得られる」節電対策を決めたのだからナイターも東京ドームでの試合も行う、と発表したセ・リーグとコミッショナーに対して野球ファンだけでなく一般の国民からも批判が寄せられていることが、インターネット上でも大きな話題となっています。

 彼らは東京ドームで試合をするだけで4000世帯分の電気を消費することを特権的既得権だと思い込んでいるようです。勇気うんぬんはこじつけにすぎないことは誰の目にも明らかです。彼らには、自己利益追求しか眼中にないようです。神宮と横浜と東京ドーム3試合が同時に行われると6500世帯分の電力を奪うことになり、被災地に送るパン製造工場を1つ稼動させる電力を奪うことになることを、どう理解しろというのでしょう。

 最低限、東電の火力発電復旧が進む4月下旬まではナイターと東京ドームでの試合を見送ることが、時宜に適した判断であると言えるでしょう。社会状況に背反した行為を強行すれば、ファンも一般国民もセ・リーグそのものに「ノー」を突きつけるでしょう。親企業に対するボイコットの動きも現れるかもしれません。

 国民に支持され愛されるプロ野球を考えるのならば、試合の収益金の一部を被災地に寄付するくらいの度量を示さないと、理解も共鳴も得られないと思われます。3球団の親企業であるマスコミ3社の社会常識はどこに行ったのでしょうか。サクラが咲くころを迎えたのですから、誰もが心あたたまる話題が伝えられて欲しいですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )