goo

山崎武司33号、門田の41歳最多に並ぶ

 山崎武司が今日の日ハム戦で第33号ホームランを放ち、元オリックスの門田が持つ満41歳シーズンの本塁打記録に並びました。1回裏、ツーアウト2塁の場面で左中間へ先制の第33号ホームランを叩き込み偉大な記録に並びました。
 2007年シーズン、43本塁打、108打点で本塁打王と打点王の2冠に輝き、2008年シーズンでは通算300本ホームランを達成しています。ドラゴンズ時代の96年シーズンで39本塁打で本塁打王になっています。この年は松井秀喜と最後までタイトルを争い1本差でタイトル獲得となりました。初めて規定打席に到達して.322という生涯最高打率も残しています。
 99年9月26日、ナゴヤドーム最終戦。優勝を目指す中日ドラゴンズは阪神タイガースに対して2-1とリードして9回表、抑えのソン・ドンヨルが登板して誰もが勝利を確信していたのですが、マーク・ジョンソンに3ランを打たれ2-4とまさかの逆転を許し、絶望感が漂う9回裏を迎えました。
 しかし、ゴメス、立浪がヒットを放ち、1アウト1,2塁。ここで、山崎武司が福原のストレートをレフトスタンドに叩き込んだのです。劇的な逆転サヨナラ3ランに、打った瞬間にホームランを確信した山崎は、打席で高々と両手を挙げ「X」ポーズでその喜びを爆発させました。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« チェンが苦労... 谷繁のポール... »
 
コメント
 
 
 
劇的3ラン (村石 太245号(名古屋))
2009-12-17 22:18:14
楽天での山崎武選手の活躍もすごいですね。
99年9・26中日の山崎選手の劇的3ランは
今 思い出しても 鳥肌です。私の野球観戦試合のなかでも 忘れられない試合のひとつです。
プロ野球ファンより
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。