goo

ブランコがホームランで延長戦にケリ

 岩瀬が2夜連続でセーブに失敗して延長戦に入りましたが、ブランコの目の覚めるようなホームランで勝ち越して、久々の山井が締めて連勝しました。

10回表、イム・チャンヨンがリリーフ。ワンアウトから、ブランコがレフトへ第35号ホームランで1点。和田センターフェンス直撃ツーベースヒット、代打・立浪センターフライの間に3塁に、藤井は敬遠、1,3塁。イムが谷繁の背中を通過する暴投で1点。5対3。

 ヤクルトはガイエルのホームランで先制するものの、ガイエルの落球から3失点して逆転され、畠山のホームランで追い上げ、9回裏に岩瀬から犠牲フライで同点に追いつくのが精一杯でした。連敗して8カード連続負け越しとなって上よりも下とのゲーム差が気になる状況になりました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 10 )

森野がサイクル逃して岩瀬KOでも浅尾がセーブ

 6回でさっさと朝倉が降板して終盤の試合はもつれて、岩瀬を浅尾がリリーフして辛うじて逃げ切り勝ちして連敗を止めました。
 好調・森野が3塁打を打てばサイクルヒットだったのですが、最後の打席は右中間へのフライに倒れました。それでも先制・中押し・ダメ押しの3打点で打点を91に伸ばしてタイトル獲得へ邁進しています。

1回表、ワンアウトから、荒木レフトフェンス直撃ツーベースヒット、森野ライト前ヒットで1点。1対0。
3回表、小山デッドボール、朝倉バント、ユウキ2塁悪送球、1,2塁。井端バントで2,3塁に進め、荒木センター前ヒットで1点、1,3塁。森野フォアボール、満塁。ブランコは2塁フライ、和田レフト右にヒットで2点。4対0。
3回裏、ワンアウトから、青木ライト前ヒット、ガイエルが右中間へ第19号ホームランで2点。4対2。
4回表、藤井ライト前ヒット、ツーアウトになってから、井端レフト右に落ちるヒット、1,2塁。荒木センター左に落ちるヒットで1点、1,3塁。森野ライト線やぶるツーベースヒットで1点。6対2。
7回表、森野がライトへ第21号ホームラン。7対2。
7回裏、ツーアウトから、ガイエルが右中間へ第20号ホームラン。7対3。
8回裏、ツーアウトから、代打・飯原が左中間へ第5号ホームラン。7対4。
9回裏、岩瀬がリリーフ(捕手・小田)。福地レフト前ヒット、青木はずんだ2塁ゴロ、内野安打、1,2塁。ガイエルはレフトフライ。吉本フォアボール、満塁。畠山ライトフライで1点、1,3塁。田中浩フォアボール、満塁。
ここで浅尾がリリーフ(捕手・谷繁)。米野セカンドフライ、ゲームセット。7対5。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 10 )

イ・ヨンエが結婚式をあげたのは

 現地時間で24日に結婚式をあげたイ・ヨンエですが、その様子やお相手に関する話が飛び交っています。
 キリスト教にのっとって式は執り行われました。当然、ウェディング・ドレスに身をつつんだのでしょう。    ~2004年、北京でのショーにて

 当日、イ・ヨンエの結婚式に参列したのは16人。イ・ヨンエが結婚式を挙げたザ・カハラ・ホテル&リゾートのダイヤモンドヘッド・ガゼボは、海に浮かぶ小島を望む場所にあり、そばに30人収容可能なパーティールームもあり、3面が全面ガラスという造りになっていて、イ・ヨンエの結婚パーティーもここで行われました。
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イ・ヨンエが17歳の年の差婚を発表

 「宮廷女官チャングムの誓い」で日本でもファンの多いイ・ヨンエが米国で現地時間で24日に極秘のうちに結婚していたことが発表されました。  マスコミなどに配布された結婚の事実を伝える報道資料は法務法人トンインから出されました。これは、お相手が一般人であることから、プライバシーを守るための措置のようです。
 お相手のプロフィールや写真などは一切公開しないと明記されていますが、米国在住韓国人で年齢は55歳と伝えられています。職業についてはIT関連で務めているとだけ明かされています。17歳年上という年の差婚になります。
 イ・ヨンエの最近の話題としては、今年の5月に漢陽大学2009年度後期大学院の演劇映画科博士学位課程に合格したことが伝えられていたので、結婚した後、そのまま米国に住むということには少なからず驚きました。※その後の報道によると、ご本人だけ一時帰国して大学院には通うそうです。
 映画「親切なクムジャさん」以降、女優活動を休止中だったイ・ヨンエの今後の活動に関心が寄せられています。
 映画「親切なクムジャさん」はパク・チャヌク監督の"復讐三部作"完結編で、復讐方法は三部作でも指折りの残虐さと評価されていますから、これから観ようとお考えの方はそれなりのお心積もりをしてください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

中田が12奪三振で完封勝ち、横浜に15勝目

 中田が7回まで毎回三振を奪う快投で完封しました。プロ2度目となります。1試合12奪三振は自己最多タイです。
 打線はつながりを欠いていましたが、相手エラーで先制して、森野が効果的なホームランで中押しして逃げ切りました。
 いよいよ来週は首位決戦です。そして、週末は政治決戦ですね。

4回裏、荒木ショートゴロ、エラー。森野が左中間に落ちるヒット、1,3塁。ブランコのセンターフライで1点。1対0。
6回裏、ツーアウトから、森野がセンターバックスクリーンに第18号ホームラン。2対0。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 9 )

イ・ビョンギュが3安打、藤井が3打点、吉見は13勝目

 性懲りもなく横浜は3度続けて吉見祐治を吉見一起にぶつけてきましたが、3度目も粉砕されました。これで横浜に14勝目となりました。今夜は不思議な人が3安打してヒーローインタビューされていました。

2回表、佐伯ライト線ツーベースヒット、ツーアウトになってから、武山センター左前に落ちるヒットで1点。0対1。
2回裏、ワンアウトから和田フォアボール、イ・ビョンギュ左中間やぶるツーベースヒットで1点。返球の間に3塁に。藤井センターフライで1点。2対1。
4回裏、ワンアウトからブランコがレフト線ツーベースヒット、和田フォアボール、1,2塁。イ・ビョンギュがレフト線に落ちるツーベースヒットで1点、2,3塁。藤井セカンド左ぬくヒットで2点。谷繁でデッドボール、1,2塁。吉見バントで2,3塁。ワイルドピッチで1点、3塁。井端ライト前ヒットで1点。7対1。
5回表、ツーアウトから、下園がライトへ第5号ホームラン。7対2。
8回裏、ツーアウトから、イ・ビョンギュ1塁内野安打、藤井レフト線に落ちるヒット、谷繁フォアボール、満塁。代打・立浪フォアボール、押し出しで1点。8対2。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 10 )

カープが泣けばドラゴンズに福来る

 朝倉は自ら降板して勝ち投手の権利を放棄して、河原が打たれて一度は同点にされましたが、8回にシュルツと青木高を打ち込んで6点を奪い、広島に連敗脱出を許しませんでした。もはや実力の差というだけではない何かを感じさせる関係になっています。

2回表、ブランコがセンターフェンス直撃ツーベースヒット、ワンアウトになってから、イ・ビョンギュはフォアボール、藤井がライトへ第10号ホームランで3点。3対0。
6回裏、末永が三振振り逃げ、ワンアウトになってから、栗原が左中間へ第16号ホームランで2点。ツーアウトになって、天谷がライト前ヒット、ここで河原がリリーフ。小窪センター前に落ちるヒット、1,3塁。代打・喜田がセカンド強襲ヒットで1点。3対3。
8回表、森野フォアボール、ブランコがライト前ヒット、1,3塁。和田はずんでショート越えたヒットで1点、1,3塁。ワンアウトになって、藤井ライト前ヒットで1点、ライト後逸して2,3塁。谷繁フォアボール、満塁。代打・立浪レフト前ヒットで2点、1,2塁。井端フォアボール、満塁。荒木レフトオーバーのツーベースヒットで2点。9対3。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 10 )

チェンが素晴らしいピッチングで広島に快勝

 チェンが8回を3安打0点に抑え、最終回バタバタして4対2となりながらも勝ちました。チェンは7勝目、広島に12連勝の13勝目。

2回表、和田レフト前ヒット、暴投で2塁に。ワンアウトになって、藤井センター前ヒットで1点。1対0。
4回表、ツーアウトから、イ・ビョンギュがセンターバックスクリーン左に第1号ホームラン。2対0。
7回表、藤井ライト前ヒット、谷繁バントで2塁に進め、ツーアウトになってから井端センター前ヒットで1点。3対0。
9回表、藤井が右中間やぶるツーベースヒット、谷繁バントで3塁に進め、代打・立浪が左中間に落ちるツーベースヒットで1点。4対0。
9回裏、簡単にツーアウトから、小窪セカンド内野安打、代打・末永ライト前に落ちるヒット、1,3塁。パスボールで2,3塁に。代打・嶋の代打・緒方センター前ヒットで2点。4対2。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 12 )

弱いヤクルトになら楽々連勝ダァ~イ

 デントナ、宮本、館山とドラゴンズ相手に荒稼ぎしていた連中が離脱したヤクルトでは個人タイトル独占ドラゴンズに勝てはしません。4安打で2対1で逃げ切り勝ちして連勝しました。
 小笠原が7安打1失点で8回途中まで投げて5勝目をあげました。

2回裏、ブランコがセンター前ヒット、和田もセンター前ヒット、ワンアウトになって藤井フォアボール、満塁。谷繁フォアボール、押し出しで1点。1対0。
5回裏、ワンアウトから、井端がレフトへ第5号ホームラン。2対0。
8回表、併殺でツーアウトにしてから、青木ライトへ第10号ホームラン。2対1。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 9 )

吉見が貫禄勝ちで12勝目、首位に1.5ゲーム差に

 ヤクルトは今季0勝の村中を先発させてきましたが奇策は通用しません。ストレートに威力なくコントロール定まらずドラゴンズ打線がいいように打ちまくって7安打4四球で6失点と散々な出来でした。2番手以降も火に油を注ぐようなピッチングで16安打12失点と惨敗しました。
 吉見は威風堂々としたピッチングで畠山の今季2号ホームランによる1失点に抑え、8回を投げて、105球、5安打、1失点、5奪三振、無四球という内容でハーラートップタイの12勝目をあげました。防御率は1.63となりました。
 阪神が読売に勝ったので、首位と1.5ゲーム差に詰め寄ってきました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 9 )
« 前ページ