ぐぅぐの旅日記 ~今日もお散歩日和~

お散歩と乗り鉄の記録です

豪華客船

2011年11月30日 | 交通
商船三井の豪華クルーズ船「ふじ丸」。

地下(喫水線化?)1階から8階まである
日本最大級の客船です。

(日本最大の客船は今日現在、日本郵船の飛鳥Ⅱ ↓)



フェリーのような定期船とは違って
「乗る」ことが最終目的の船ですから
内部もアミューズメント施設の充実したつくりになっています。


こんな豪華客船で旅をしたいななんて思ったりします。
世界1周クルーズなんて夢の夢ですが
よく考えると船なので、港の無い国
たとえばスイスなんかは行けないんですよね…

小笠原とか佐渡とか北海道とか台湾とか…
そのあたりの船旅が一番いいのかも知れないと
フトコロが寒いので僻みのように考えたりもしています。
コメント

日本海

2011年11月29日 | 鉄道
北陸新幹線の工事真っ只中の日本海縦貫線ですが
大阪から青森を結ぶ寝台特急日本海号が
車両の老朽化や利用客の減少で
来年春で廃止になる方針と報道されました。

新幹線の開業を待たずして…ですか(´・ω・`)

京阪神から庄内・秋田・津軽地方を結ぶ交通手段が
これで消えてしまうことになります。

もともと日本海号は修学旅行客や
部活などの遠征などに使われることが多く
私も青森駅で、そんな団体客をよく見かけました。

年々数を減らす「ブルートレイン」。
残された列車たちが1日でも長く活躍することを願っています。



コメント

北陸地方

2011年11月28日 | 
北陸新幹線の建設が進んでいますが
東京からの交通の便は確かに現在のところ
あまりよくないのが北陸地方の「いいところ」。

近すぎると「行ってみたい」感が薄れるような気がします。

旅は途中経過も楽しみの一つであって
北陸への旅路で言えば
横川-軽井沢間の碓氷峠や糸魚川の親不知などが
車窓の楽しみでもありました。

碓氷峠は10年以上前に廃線になりましたが
北陸新幹線が開業すれば親不知も車窓から望めなくなるのでしょうか。

便利になるということは
失うものもたくさんあるということなのかもしれません…
コメント

廃線…

2011年11月27日 | 鉄道
青森県三沢から十和田を結ぶ
十和田観光電鉄。

来年の春、廃線になることが決定しています。


元々東急電鉄で走っていた車両たちが
のんびりと走っています。

頭上に轟く軍用機の爆音と不釣合いなローカル線。

途中、北里大学のキャンパスがあったり
ローカル線らしからぬ最寄施設ですが
そこが「獣医学部」と知れば納得。

最後の冬
雪や寒さに負けずに
走りぬいて欲しいです。
コメント

街路樹

2011年11月26日 | 徒然
銀座といえば柳が有名ですが
銀座通り(中央通り)には、かわいらしい草花が
季節ごとに花を咲かせています。

意外と気にしていない人も多いようですが
銀座を彩る風景のひとつとして
欠かせないアイテムだと思います。
コメント

絵画館

2011年11月25日 | 徒然
神宮外苑の聖徳記念絵画館は
明治天皇・昭憲皇太后の御聖徳を永く後世に伝えるために
陸軍の練兵場跡に造営された
大正15年竣工のわが国初期の美術館建築です。

本年、国指定の重要文化財に指定されました。

警視庁機動隊の観閲式でおなじみの場所です。

子供のころはよく絵画館前の広場で遊んでました。
そのころは当然、この建物がなんなのかはよくわかっていませんでしたが…

コメント

いちょう

2011年11月24日 | 徒然
東京都の木でもある、いちょう。

今年は色づきが悪いような気がします。
天候の所為でしょうか。

コメント

談志師匠

2011年11月23日 | 徒然
談志師匠が亡くなりました。

小さい頃から落語が好きで
談志師匠も憧れの一人でした。


大人になって今の仕事をはじめてから
何度か師匠とご一緒させていただく機会があって
ますます好きになった噺家でしたが
もう二度と肉声を聞くことはできなくなりました。

大師匠ですから数多くの録音、録画があります。
今日は芝浜を聞きながら師匠の御冥福を祈りたいと思います。


合掌
コメント (2)

廃線跡

2011年11月22日 | 鉄道
かつて
毎日のように貨物列車が行き来した線路。

何も走らなくなってから
もう10年以上経つ。

残された線路は錆付いて
それでも剥がされずに残っている。

この場所のこの風景が変わる日は
くるのだろうか…


(JR埼京線板橋駅<赤羽線板橋駅貨物側線>)
コメント

ぬこマンガ

2011年11月21日 | ねこ
勝手にキャプションw

台詞と猫の気持ちは一切関係がありませんwwwwww







コメント (2)

雨のイルミネーション

2011年11月20日 | 徒然
季節外れの暖かさ
雨も冷たさを感じさせない

そんな夜のクリスマスイルミネーション。
不思議な感じがします。
コメント

2011年11月19日 | 
冬の海は
荒々しいイメージがあるけれど
湾になっていたり
水道になっている海は
穏やかに波打って
まさに蕪村の詠んだような
そんな海だったりします。
もっとも、あれは「春の海」ですが…



浦に出て

砕ける白波

眺めては

花か雪かと

惑いたりける

   ぐぅぐ
コメント

枯葉

2011年11月18日 | 徒然
都内の街路樹も色づき始め
だんだんと晩秋から初冬へと
季節感も移ってきました。

空の色も
同じ青なのに
なんだか少し違うような気がします。
コメント

古い文書

2011年11月17日 | 徒然
家の改築のために
いろいろと整理をしていたら
祖父の「運転証明書」が出てきました。

昭和8年に警視庁が発行した
消防車運転証明書で
いわゆる運転免許証のほかに
特殊車両を運転するための
庁内での運転技量証明書になります。

警視「廰」という文字に
時代を感じさせます。

さて
家で大切に保管すべきか
警視庁に資料として寄贈すべきか
現在、組織として分離独立した東京消防庁へ寄贈すべきか
悩むところです。
祖父は「警視庁消防手」だったし、
祖父の子供たち(つまり私の母のきょうだい)は消防関係者が多いので
東消が妥当かなとは思いますが…

このあと、警察への届出が必要な遺品(サーベル等)が
出てこないことを祈ります。(面倒くさいから)
コメント (2)

静電気

2011年11月16日 | 徒然
静電気体質らしく
ちょっとしたことですぐにバチッときます。
もっとも、そんな体質があるのかどうかは知りませんが…

乾燥してくると
火災にも気をつけなくちゃいけませんね。
コメント