ぐぅぐの旅日記 ~今日もお散歩日和~

フォトオフィス コヤノ http://www.koyanophoto.jimdo.com/

世界遺産

2007年05月31日 | 
日本には今日現在
文化遺産と自然遺産あわせて13の世界遺産が登録されてます。


さて、全部言えるかな?
コメント (3)

旅 雑感

2007年05月30日 | 
私が行く旅先は

そのほとんどが「都市」といわれる町。


さみしがりのくせに、一人旅だから
賑やかじゃないと落ち着かない。

何度も行く町もあれば

おそらくこれから先、もう行くことの無いであろう町もある。

知らない町も
たくさんある。


この瞬間にも
その町では、人々が行き交っている。


どの町にも歴史があって
10年前…20年前とさかのぼってゆくと
以外に面白い発見があったりする。
戦国時代とか、遺跡とか、そんな古い歴史より、
今、その町で暮らしている人たちの生活の歴史が
私の中では面白い。

そして、今日歩いている町のこの瞬間も
歴史になるのである。
コメント (2)

黄砂

2007年05月29日 | 徒然
数日前から
日本列島上空で黄砂が確認されるようになってますね。


中国大陸からやってくる
細かくて黄色い砂塵。

砂漠の砂だけでなく
近年では中国の近代化に伴う
煤煙なども流れてくるそうです。


最近では中国の環境汚染や民度、
食品の安全性について色々と言われることが多いようです。


有史以来4700年の歴史がある中国。
それらを壊さずに、未来へつないでいってもらいたいものです。


なんて、たまには真面目に書いてみたりして…
コメント

都電

2007年05月28日 | 
昨日から、都電に新型車量が走り始めたそうです


大正時代の東京市電をイメージした車両が1両。
今までの車両と共通で走るようなので
そのうち乗るかとは思いますが
路面電車復権にむけての足がかりになればいいなと思います。


写真は新型車両導入記念の「花電車」(在来車両)
コメント (2)

2007年05月27日 | 徒然
花は
季節を忘れない


風にゆられながら
鮮やかに季節を彩る


涙や笑いを養分にかえて
今年も咲いた

また会えたね
コメント

SUMMER OF ...

2007年05月26日 | 徒然
夏がやってきた


具合わるくて

自分の部屋で寝ていただけなのに

日に焼けた…orz
コメント (3)

あ め

2007年05月25日 | 徒然
雨の屋根に落ちる音が

リズミカルに耳にとどく




憂鬱と恵みへの感謝のはざまで

ふたたび瞼を閉じる
コメント

2007年05月24日 | 徒然
風が南から吹いてくる


じりじりと射す陽射しの隙間を縫って

さわやかに

でも

みずみずしさを持ちながら

北へと抜けていった
コメント

どうすればいいのかなぁ

2007年05月23日 | 徒然
何もかも

どうしていいかわからない


答えなんて無いんだろうけど


自分の選んだことが

間違えじゃないって

信じたい
コメント

しずか

2007年05月22日 | 徒然
大学が


麻疹で全学休講です



街がとても静か


時間がゆっくり流れる感じです
コメント

初夏

2007年05月21日 | 徒然
陽炎の向こうに

もう夏が見え始めています。



そして

私の心の中も


雲がだんだん薄らいできました
コメント

たいせつなもの

2007年05月20日 | 徒然
失いかけたものが


帰ってきたような気がする



みんな

ありがとう
コメント (2)

記憶

2007年05月19日 | 徒然
1日の記憶がありません

だれか、持っていたら返してください
コメント

そら

2007年05月18日 | 徒然
屋上で

ただのんびりと空を見上げる


強い日差しの下を

さわやかな風が通り過ぎる



ずうっと遠くの空の下には

何があるんだろう
コメント

あるいてかえろう

2007年05月17日 | 徒然
昨日、会社から家まで歩いて帰った


どれだけ時間かかったのかな



なんとなく

ただ歩きたかった


知らない路地を抜けて

見たことのない風景


気がつくと

懐かしい風景の中にいた


子供のころ はぐれないように
母の手をしっかりと握って歩いた道だった


その道は
いつのまにか狭くなっていた

いや、狭く感じるくらいに
自分が大きくなってしまったんだよね

気がつけば
大通りに出ていた


たとえはじめての道でも
家への帰り道はなんとなくわかるけど
自分の生きる道って
なかなかわからないもんだね
コメント