ぐぅぐの旅日記 ~今日もお散歩日和~

フォトオフィス コヤノ http://www.koyanophoto.jimdo.com/

気が付けば…

2008年06月30日 | 徒然
あらら…
今日で1年の半分が終わってしまった。


早いねぇ。
もう少しして、仕事が落ち着いたら
まとめて休みとって
どこかでゆっくりしようかな。
コメント

特別警戒

2008年06月29日 | 徒然
洞爺湖サミットに対する特別警戒で
繁華街は「えっ!事件?」って思うほど
警察官が配置されてます。

何事も起こらない事を願うしかないけれど
まずは海外から「活動家」を入国させないように
水際で阻止してほしいですね。

コメント

胃の日

2008年06月28日 | 徒然
今日、治療がうまくいったかどうかの検査にいってきます。

ちなみに1年前は母が胃ガンで入院した日です。



よって、本日は「胃の日」!
コメント

テープカット!

2008年06月27日 | 徒然
今日から始まる展覧会の撮影に行って来ました。

金曜日だというのに、そこそこの数のお客さんが来てくれての
テープカットだったんだけど
白手袋が用意されてなくてなんとなくgdgd。

まぁ、あーいう行事は手っ取り早く終わらせたほうが
主催者もお客さんも、スタッフもうれしいよね。たぶん…。
コメント

びっくりした!   あと、ぐぅぐからのお知らせ

2008年06月26日 | 徒然
朝、このブログをUPしようとしたら
システムメンテナンスで入れなかった。
寝ぼけながら開いてたからビックリしたよ(汗

最近は、何故か5時半から6時半の間に必ず目が覚めてしまう。
ん~、これって、年寄りになった証拠?

寝る時間は今までどおりなんだけどねぇ。





で、お知らせです。

(*・ω・)ノ【1】同人ペーパー配布者様募集
      リンクさせてもらってる、りっちゃんさんが
      ペーパーの配布者様を募集しています。
      配布できますよ! という方は
      コメントを投稿してください。
      なお、コメントは公開にはしませんが
      お送り先などの情報は改めてやり取りしたいと思います。


(*・ω・)ノ【2】招待券プレゼント
      池袋サンシャイン文化会館・古代オリエント博物館
      企画展(6/27~9/28)の招待券を1名様にプレゼント!
      同じく希望の方はコメントをください。
      何の企画展かは、ナ・イ・ショ♪
      まぁ、考古学関連のものであることには間違いないです。
コメント

出勤時間

2008年06月25日 | 徒然
なぜか8時出社になってしまった。


前の会社を思い出す。



今の体じゃ、そんな早起き辛すぎるのだが…。
コメント

澄んだ青空

2008年06月24日 | 徒然
蒸し暑いけど

透き通るような青空に
程よくいい風が吹いて
真っ白な雲が流れてゆく


こんな天気だと
ホント会社に行きたくなくなる。
コメント

退職

2008年06月23日 | 徒然
また一人、退職することになった。


業務の引継ぎ。

まぁ、上司に否がある状態だから
個人的には辞める方の味方をします。
コメント

梅雨景色1葉

2008年06月22日 | 徒然
線路際の花たちは

今日も行き交う人々の目を
癒し続ける
コメント

The bucket list

2008年06月21日 | レビュー
もしも、自分の余命があと数ヶ月だと判ったら
何をしたいだろうか


取り乱して
何も考えられなくなるだろうな

一人になりたいけれど
やっぱり、たくさんの人に囲まれて
笑っていたい


まだまだ
やりたいことはたくさんあるけれど
でも
これ以上なにかをやる必要もないかな

スカイダイビングや
カーレースも
自分には必要はない

でも
世界中の景色を
最期にこの脳に
焼き付けておきたい

そして
誰かの支えになりたい

それだけかな




ジャックニコルソン
かっこよすぎ!
コメント

紫陽花

2008年06月20日 | 徒然
あじさいの季節になりました。


これほど雨に栄える花は
今日も陰鬱な天気を
すこしばかり美しく着飾ってくれます。
コメント

感謝!

2008年06月19日 | 徒然
この記事にて
本ブログ第1000回を迎えました。

いつも読んでいただいている方々に
御礼申し上げます。

重ねて、今後ともよろしくおねがいいたします
コメント

書籍2題

2008年06月18日 | レビュー
いつのころだったか、強く衝撃を受けた2冊の本がある。

1冊は
松崎運之助著『青春 夜間中学界隈』(教育史料出版会、1985年)。

山田洋次監督の映画「学校」の原作になってる本。
この本の内容自体は、ほとんどノンフィクションで
映画に反映された部分もかなり多い。

もう1冊は、亀川正春・畠中千畝共著『十七歳の死 摩周湖のほとりで』(三一書房、1972年)

1964年7月21日、北海道摩周湖の畔で睡眠薬自殺した17歳の少年の
生い立ちと、失踪してから服薬し、事切れる寸前まで書き続けた
手帳に残された日記・遺書の遺稿集。

どちらの本も、まだ家のどこかに眠っている。
久しぶりに読みたいと思ったが
探すだけで1日以上かかりそう。

今思うと、何故この2冊を手に取ったのかわからない。
なにかに導かれるままに、読んだ。

きっと、自分にこの本が本当に必要になったとき
書庫からひょっこり顔をだしてくれるのかな。
コメント

修理屋さん

2008年06月17日 | 徒然
えっと…



会社で、大ボス( ・`┏┓´・ )←この人
の、電灯やらテレビやらの修理ばかり最近してるのですが…。

この際、電気工事関係の資格でもとってしまおうかなと考え始めてます。

で、フレミングの法則って何?
コメント (1)

副都心線

2008年06月16日 | 徒然
開通しましたが、初日2日目と
ダイヤが乱れまくっていたようです。

システムの初期不良でしょうか。


で、山手線や埼京線の重複区間の混雑は
多少は解消されたのかな?


最初の平日。
運行情報は【平常運転】?



…と、思っていたら
案の定終日ダイヤ乱れ。

なんの為の試運転期間だったんだか…。
明日以降、どうなることやら。
コメント