ぐぅぐの旅日記 ~今日もお散歩日和~

フォトオフィス コヤノ http://www.koyanophoto.jimdo.com/

なつやすみ

2007年08月31日 | 徒然
「夏休み」も今日で終り。
曜日の関係で、明後日まで休みのところが多そうだけど
また電車に学生が帰ってきてしまう…

いつもの年だと
夏休みが終わる間際に涼しくなって
2学期がはじめるとまた暑くなるというパターンが多い。

と、いうことは、明日辺りからまた暑くなるのかな?
コメント

宿題

2007年08月30日 | 徒然
何件か受けたお問い合わせ。


「夏休みの自由研究になりますか?」



なるってば!

だから、何でもっと早く来てくれなかったんだよ~!!!



さぁ、がんばれ子供達!というか結局は親たち!!
コメント

やっと

2007年08月29日 | 徒然
昨日の雷雨で

やっと寝苦しさから解放されました



まだ蝉が鳴いているけれど

秋の気配が

かなり濃くなってきたような気がします
コメント

雲行き

2007年08月28日 | 徒然
窓の外の空の色が

鈍色にかわってきた



でも
そんな暗い空に
悲壮感はない


天からの恵みを
その厚い雲が与えてくれるのだ


雨が止めば

大地に再び生命の輝きがきらめく
コメント

夜の博物館

2007年08月27日 | 徒然
夜の博物館て

ちょっと怖いけど

なんだか不思議な
異次元な感じ


撮影で
夜の博物館にいると

飾られてる展示物の

本当の姿が見えてくるような気がする
コメント

近くへ行きたい

2007年08月26日 | 
めちゃイケのコーナーではないですw


普段旅をしていて思うこと。
それは
どんなに遠くへ旅をしていても
そこに住む人たちにとっては
「近く」の場所なんだなということ。

そこで生まれて
そこで生活している人がいて

その人たちにとっては
「近く」の場所



もちろん
東京にも、世界中から人があつまる。

そんな、「遠く」から来た人たちにとって
東京はどう見えるのだろう。


ふと、近くの街を
遠くから来た人たちの目線で
見てみたくなるときがある。
コメント

にわか雨

2007年08月25日 | 徒然
当然のにわか雨


虫たちの声は一気に止み




屋根を打つ水の音だけが

辺りを支配する


冷たい風が

秋の訪れを感じさせる

そんな雨の夜
コメント

処暑

2007年08月24日 | 徒然
季節とは
不思議なもので


処暑を過ぎたとたんに


秋の虫の声にかわっている



あぁ、もう秋なんだね
コメント

まつり

2007年08月23日 | 徒然
ビルの谷間に響く

鉦や太鼓の鳴り物の音



一糸乱れぬ踊り子たち


夏の終わりを告げる

提燈に照らされた夜は


そして雨に滲んでいった
コメント

しゃぼんだま

2007年08月22日 | 徒然
天高く飛んで


星になって


いつまでも輝いていてね
コメント

危機一髪

2007年08月21日 | 徒然
またか…

と思いながら


それでも

死者の出なかったことが救い



絶対はないけれども

ゼロに近づけることは出来るはず



他人事では済まされない
コメント

台湾 交通2題

2007年08月20日 | 交通
台湾の交通の話題を2つ。

来月(9月)1日から、台湾鐵路局は樹林~花蓮で、試験的に「カートレイン」の運行を開始する。

これは、かつて日本の国鉄~JRでも運行されていた
前方客車に旅客、後部車両にその旅客のマイカーを積載
といったカタチで運行する列車で、
高鐵に客を奪われ始めた西部幹線のかわりに、まだまだ開発の余地のある
東海岸に観光客を誘致・乗車させようという作戦のようです。

更に、16日からは、観光客の場合、台日両国の運転免許がそのまま(翻訳書は必要だけれども)通用する
相互措置が開始になります。
元々ジュネーブ条約に批准していない台湾では、国際免許が公式には通用していませんでしたが
台湾からの、特に北海道における観光客の増加と、それに伴うレンタカーの需要拡大で
双方の政府で交渉が進められていたもの。

次の渡台の時には、堂々と日本の免許で運転してこようと思います。
コメント

新しい携帯電話

2007年08月19日 | 徒然
機種変更しました。

でも、やっぱり今までの電話は捨てられない。



いろんな思い出がいっぱい詰まってるから。。。。
コメント

雨!

2007年08月18日 | 徒然
火照ったアスファルトとコンクリートのジャングルに

久々の雨の恵み



少し気温が下がったかな


どこかの国は

人工的に雨雲を散らす技術を、来年のオリンピックの為に
開発したんだって。


どうしようもないね…
コメント

夏の痕

2007年08月17日 | 徒然
道端に

夏の名残が転がる


精一杯

夏の声を叫んだ

その名残たちは

そして秋を迎えるために

消えてゆく
コメント