チョイさんの沖縄日記

辺野古や高江の問題等に関する日々の備忘録
 

ヤンバル・東村に咲くヒスイカズラ----辺野古から高江へ

2014年04月28日 | 沖縄日記 高江

               (東村で咲くヒスイカズラ(後述))

        (辺野古の座り込みテント)                 

 4月28日(月)、沖縄平和市民連絡会の辺野古・高江便を運転。辺野古で一人を下してから4人で高江に向かった。

 一日、雨が降り続き、北部訓練場も今日は静かだった。N4で大宜味村の人たちと話し合った後、N1でテント番をする。N1裏も、県の農道工事のため通行止になっているが、特に防衛局の動きはなさそうだ。午後、農道工事の業者がテントに来て、今後の工事の予定を説明してくれた。          

 

       (N1ゲートの座り込みテント)

 (雨にぬれるカクチョウラン)

 帰途、高江から辺野古に戻る途中、ヒスイカズラの花が咲いているというので見に行った。もうほとんど花は終りに近づいているが、それでも見事な青い花がまだ何房も残っていた。フィリピンの熱帯雨林原産の花で、国際自然保護連合のレッドリストに指定されているという。写真では見ていたが、実際に見るのは今日が初めてだ。さすがに素晴らしい。 

(すぐ横にはマイソルカズラが咲いていた。これもヒスイカズラの仲間という。)

 

この記事についてブログを書く
« 辺野古海底ボーリング調査、... | トップ | 復帰前、沖縄で唄われていた... »
最近の画像もっと見る

沖縄日記 高江」カテゴリの最新記事