ぼくちゃん & 相棒 の ひ・と・り・ご・と

旅行したこと、近場のお出かけ、美味しいものを食べたこと etc… 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

漱石が辿った道・小説「草枕」道中の道をJR九州ウォーキングで歩く

2013-11-07 23:36:31 | イベント

JR九州ウォーキングで 文豪夏目漱石の小説「草枕」のモデルとなった

小天温泉への道中を巡るコースを歩きました

草枕   夏目漱石

 

 【夏目漱石の桃源郷・小天】

明治30年の暮れも押し詰まった頃。漱石先生は、熊本市から金峰山系の二つの峠を越え、小水温泉(おあまおんせん)・前田案山子(かがし)の別邸にやって来たのでした。この旅が、「草枕」のモデルとなった、いわゆる草枕の旅というわけです。当時、漱石先生がたどった旧道筋に沿って設定された「草枕」の道(ハイキングコース)には、いたるところにその足跡と往時のおもかげが残されています。
(パンフレット『「草枕の旅」読本』冒頭より抜粋)

オレンジ色草枕ハイキングコース グリーンは県道
 

 

JRのウォーキングでは、上熊本駅から峠の茶屋公園までバスで行き、草枕温泉てんすいまで

約 13キロを歩きました

    峠の茶屋

 

 

 

 

◆ ◆ 草枕の道 ◆ ◆

 

金峰山北麓の道

 

 

 

石畳の道

 

 

 

あっという間に、雲で先が見えなくなる時もありました

 

この日は、時々雨がぱらつく、少し残念なお天気でしたが、草枕道を満喫できた気分

結構、大変だったけど、楽しかったです

 

ようやく、那古井の里へ到着

鏡ヶ池

  

漱石が泊まった前田家別邸に隣接し、いずれも当時は前田案山子の別邸であったこの庭池が「鏡が池」のモデルの原型です。普段は、個人の住宅の為見る事は出来ないのですが、この日は特別に見る事ができました。



「私が身を投げて浮いている所を、苦しんでいる所じゃないんです。やすやすと往生して浮いている所を、綺麗な画に書いてください」     「草枕」より

「鏡が池」をめぐる画工と那美の会話のこの部分を描いたのが『草枕絵巻』の中の「水の上のオフェリア。」そして、この元になった絵が英国の名画「オフィーリア」(ミレイ作)。

この、オフィーリア、実は映画「崖の上のポニョ」の原点にもなった絵だそうです。漱石は、英国で「オフィーリア」に出会い、小天の「鏡ヶ池」が甦り「草枕」で融合させたのではないかと言われています

 

前田家別邸

 

小天温泉で漱石が逗留したのは小天の郷士・前田案山子(かかし)の別邸。『草枕』は、そこでのエピソードを下敷きに書かれたもので、物語のヒロイン「那美さん」は、案山子の次女・卓(つな)がモデルになっているといわれます。「那古井の宿」として登場する前田家別邸は木造3階建てで、後ろの斜面にせり上がるように配置された離れが温泉客用の建物となっており、玄関右手奥に半地下の湯殿がありました。漱石が泊まったという部屋は六畳と四畳半の二間で、四畳半の部屋からは、庭を隔てて母屋の廊下が見下ろせます。

『草枕』の印象的な描写は、前田家のこの独特な間取りから生まれたもので、主人公が「徘徊する振袖の女」を目にするなど、非日常的な物語の舞台として効果を発揮しています。

 

草枕の浴場 

半地下に造られていて、男風呂にはお湯の出るところが有るのですが、

女風呂にはお湯は出ないそうです

    男風呂

女風呂     

  風呂で主人公と「那美さん」が遭遇する幻想的な場面です。小説『草枕』は、もちろんフィクションなのですが、風呂の場面は実際にあった出来事で、卓がその時のことを述懐した記述が残っています。浴室は明治初期としては最先端のセメント造りでモダンなものでしたが、当時、お湯は男湯からだけ出ており、それを女湯に引いていたので冬場の女湯はぬるかったのだそうです。夜更けに風呂に入りに来た卓が、「もう遅いので誰も入っていないだろう」と思って温かい男湯に入ろうとしたところ、漱石と山川信次郎が入っていて驚いて出たというのです。ということは、『草枕』の場面「七」の画工と那美の風呂場のシーンは、作者自身の実体験を脚色して描いたものだったわけです。『草枕』に確かなリアリティを与えたその貴重な浴室は修復されており、今も前田家別邸で見ることができます。

 

  漱石が使った離れの客室

 

これで、草枕の旅は終わりなのですが・・・・

ここから、この坂を上りました

 

 

坂を登ると、ようやく ゴール    

 温泉と  美味しいご飯でゆっくりしました

 

 

 

 

<最後に この日の秋の風景> 

デジブック 『熊本の天水の秋』

ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 花の都??いやいや雨の都 ... | トップ | 熊本城に行って来たよ »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (小太郎)
2013-11-08 04:43:29
お疲れ様でした。
私は一昨年、昨年と2年連続で参加しました。
一昨年には鉄卓さんとニアミスしていました。
私も「草枕」は出だしの「山道を歩きながらこう考えた・・・・」峠の茶屋の「お~いと呼んでも返事がない・・・・」の部分しか知りませんでしたが
ここを歩いて再び読み返しました。
天気がよければ普賢岳が見えたのですが雨に煙る金峰山もいいですね。
天水みかんは、食べられましたか?
そうそうてんすいの湯では俳優の笠智衆さんの
コーナーもあったでしょう。実家がお寺さんだそうで「男はつらいよ」ではうってつけの役でしたね。


草枕の道 (ひろし爺1840のGooブログ)
2013-11-08 10:15:46
!(*^_^*)!ぼくちゃん&相棒さん、お早うございます!
秋の日のツルベ落としの様に一週間の経つのは早く明日からは週末ですね~!
各地の観光地も賑わうのでしょがお互、大いに紅葉の秋を楽しみましょ~!

居乍らにして画像とDBで「九州ウオーキング・草枕の道」をご一緒させて頂きました。
ブログやDBは行った気分にさせてくれて素敵ですね。

('_')今朝は島根県であった「紅ソバ花見会」の様子を撮影しアップしましたので御付き合い頂ければ幸せます!
!(^^)!閲覧感想のコメントをお待ちしてま~す!バイ・バ~ィ!
思い出しながら観ました。 (hobashira)
2013-11-08 17:53:30
今晩は~!
このコース、今年最高に良かったです。
それに、思ったよりは、そんなにキツくなかったです。
鏡が池、見落としていた。 
「草枕」では神秘的な表現で、実物を見たかったんですが。
「デジブック」、綺麗に撮れてますね。 思い出しながら観ました。
小太郎さんへ (ぼくちゃん 相棒)
2013-11-08 18:33:58
こんばんわ 

天水みかん 食べましたよ
少し小ぶりの分でしたが、とても甘かったです
温泉からの眺望も晴れていたら素晴らしいだろうなぁと思いながら、露天風呂につかっていました   

歩いた後の、温泉は最高でした  

来年も歩きたいなぁ  そして、晴れ だったら良いなぁと思ってます
(その前に、草枕を読破しないといけないかな
ひろし爺さまへ (ぼくちゃん 相棒)
2013-11-08 18:44:06
こんばんわ 

曇り時々小雨の一日でしたが、本当に素晴らしい秋の一日を過ごすことができました 
このウォーキングコースを歩いた方は、皆さんお奨めだといわれているところなんですよ 

お天気であれば、普賢岳を望むことが出来るそうです
それをお見せできないのがとっても残念です 
hobashiraさんへ (ぼくちゃん 相棒)
2013-11-08 18:51:26
こんばんわ 

本当に皆さんがお奨めされていたのが、良くわかりました  
お天気はいまひとつだったけど、これで快晴だったら、高いところからの眺望も素晴らしかったと思います

鏡が池は残念でしたね
普段は個人の家なので、見ることは出来ないそうです。
丁度、前田家別邸に到着したときに、係りの方が案内してくれたんですよ 
でも、草枕を読んでいたら、また違った違った印象で歩けるんだろうなぁ 

草枕の旅 (MIZUKI)
2013-11-08 20:13:40
こんばんは

草枕の舞台となった・・・
漱石は29歳、熊本県の第五高等学校講師時代に前田邸に・・・
それから10年して草枕が発表されたんですね 
実際にその場にいかれて・・・そうなんだ~
・・・て、感じですか?
またまた 良い旅でしたね
見せて頂き有難うございました
筋肉痛 (もりちゃん)
2013-11-08 22:40:07
 改めてデジブックを拝見すると、色々な秋がありましたね。来年も歩いてみたいと思います。青空の下を。
 久々に翌日少し筋肉痛がありました。
熊本駅までのシャトルバスでは、爆睡でした。
MIZUKIさんへ (ぼくちゃん 相棒)
2013-11-10 20:53:04
こんばんわ 

残念ながら、草枕は読んだことは無いのですが(漱石で読んだことが有るのは「吾輩・・・」「ぼっちゃん」だけ)、この機会に読んでみたいなと 

熊本の方のお奨めのウォーキングコースで、言って本当に良かったです  
もりちゃんさんへ (ぼくちゃん 相棒)
2013-11-10 20:55:57
こんばんわ 

色々な秋の風景が有ったので、DBにしてみたんです。これで青空だったらもっと素敵だったでしょうね・・・  

お風呂に入って、バスですもんね
私達も「爆睡」でした 

コメントを投稿

イベント」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事