Bark Yellows(バークイエロース)

学生時代に結成、今年50年目の4人組。American Folk SongのCoverをやってます。

Christmas Eve クリスマス・イヴ

2015年11月27日 | Song(A・B・C・D・E)

MFQ 

あと一カ月足らずでクリスマスがやってきます。毎年、この時期になるとこの曲が街に流れてきますね。MFQは1995年、過去に関わってきた友人達のヒット曲のカバーアルバム"Highway70(ハイウェイ70)"をリリースしました。山下達郎も1965年には彼らのロック転向後のヒット曲"This Could Be The Night" を完全コピーするほどのファンで、深い親交もあります。そして、"Christmas Eve"はこのアルバムのサービス・トラックとして収録されました。また、1988-92年のJR東海 X'MAS EXPRESSのCMにも使われ有名です。
この曲はカノンコード進行によって構成されています。これはバロック時代のドイツの作曲家ヨハン・パッヘルベルが1680年頃に作曲した"カノン"に用いた様式です。基本的にはコード進行は、初めの8小節の進行が最後まで 同じ形で継続します。 "カノン"のコード進行はニ長調(D)ですが、ハ 長調(C)で書くと(C‐G‐Am‐Em‐F‐C‐F‐G)となります。日本人に非常に好まれるコード進行で数々のヒット曲に用いられています。

 【CM 1988-92】JR東海 X'MAS EXPRESS 

カノン進行メドレー

Christmas Eve

All alone I watch the quiet rain
Wonder if it's gonna snow again
Silent night, Holy night
 
I was praying you'd be here with me
But Christmas Eve ain't what it used to be
Silent night, Holy night
 
If you were beside me
Then I could hear angels
And I'd give you rainbows
For Christmas 
 
Somewhere far away the sleighbells ring
I remember when we used to sing
Silent night, Holy night
 
I keep you inside me
Oh the truth is unspoken
So my heart won't be broken
On Christmas 
 
They lit the trees along the avenue
Twinkling silver with a touch of blue
Silent night, Holy night
 
All alone I watch the quiet rain
Wonder if it's gonna snow again
Silent night, Holy night
 
静かに降る雨を一人きりで見てた
また雪にならないか心配なのさ
サイレント・ナイト ホーリー・ナイト
きみがそばにいてほしいと祈ってた
でもイヴはこれまでとは違うんだ
サイレント・ナイト ホーリー・ナイト
もしきみがそばにいてくれてたら
天使たちの歌が聞こえてきて
僕はきみへのクリスマスプレゼントに
虹を贈るよ
どこか遠くからソリの鈴の音が聞こえる
僕らは一緒に歌ったね
サイレント・ナイト ホーリー・ナイト
きみへの想いをしまったまま
本当のことを言わないまま
だから僕の心はクリスマスだって
傷つかないままなんだ
通りの並木にクリスマスの灯りがともる
銀色の輝きのなかにちょっとのブルー
サイレント・ナイト ホーリー・ナイト
静かに降る雨を一人きりで見てた
また雪にならないか心配なのさ
サイレント・ナイト ホーリー・ナイト
 
ヨハン・パッヘルベル"カノン”

 

 

 

 

コメント

The John B Sails

2015年11月20日 | Song(P・Q・R・S・T)

The Beach Boys

The John B Sailsは、ナッソーからのバハマのフォークソングです。The Kingston Trioは1958年 "The Wreck of the John B"(ジョンB号の難破)、 The Brothers Fourは1963年"The John B. Sails"(ジョン号の帆)をリリースしました。そしてThe Beach Boysは1966年にアルバム "Pet Sounds"(ペット・サウンズ〉”Sloop Jhon B"(帆船ジョンB号)を収録し、シングル盤は、全米3位の販を記録しました。なお、歌詞のSloopは1本マストの帆船、grits(グリッツ)は穀物のひき割りで米国南部ではオートミール風にして朝食にします。

The Brothers Four

The John B Sails 

We come on the sloop John B
My grandfather and me
'Round Nassau town we did roam
Drinking all night
Got into a fight
Well, I feel so brake up
I want to go home.

So hoist up the John B'Sail
See how the mainsail sets
Send for the Captain ashore
Let me go home, let me go home
I wanna go home,
Well, I feel so brake up
I wanna go home.

Well, the first mate he got drunk
And broke in the people's trunk
The constable had to come and take him away
Sheriff John Stone
Won't you leave me alone,
Well, this thing I work with
Since I've been born.

So hoist up the John B's sail
See how the mainsail sets
Send for the Captain ashore
Let me go home, let me go home
I wanna go home,
Well, I feel so brake up
I wanna go home.

Well, the poor cook he caught the fits
And threw away all my grits
Then he took and he ate up all of my corn
Where is John Stone
Why don't you leave me alone
Well, I feel so brake up
I wanna go home.

So hoist up the John B's sail
See how the mainsail sets
Send for the Captain ashore
Let me go home, let me go home
I wanna go home,
Well, I feel so brake up
I wanna go home.

Well, I feel so brake up
I wanna go home...
 
ジョンB号に乗り込んだ
おじいちゃんとふたりで
ナッソーの街を歩き回って
一晩を飲み明かして
喧嘩に巻き込まれて
すっかり打ちひしがれてしまった
家に帰りたいよ
ジョンB号の帆を上げて
メインセールの様子を眺めながら
岸に待つキャプテンを呼び寄せた
家に帰らせてください
家に帰らせてください
家に帰りたいよ
すっかり打ちひしがれてしまって
家に帰りたいよ
初めてできた友人は酔っ払って
人々のトランクに手をつけた
すぐに巡査がやってきて、彼は連れて行かれた
ジョン・ストーン保安官
僕のことは放っておいてくれ
すっかり打ちひしがれてしまって
家に帰りたくてたまらない
ジョンB号の帆を上げて
メインセールの様子を眺めながら
岸に待つキャプテンを呼び寄せた
家に帰らせてください
家に帰らせてください
家に帰りたいよ
すっかり打ちひしがれてしまって
家に帰りたいよ
下劣なコックは気まぐれを起こして
僕のグリッツをみんな海に捨てて
僕のトウモロコシをみんな盗んで食べてしまった
ジョン・ストーン保安官はどこにいるんだ
どうして帰らせてくれない?
すっかり打ちひしがれてしまって
家に帰りたいよ
 
ジョンB号の帆を上げて
メインセールの様子を眺めながら
岸に待つキャプテンを呼び寄せた
家に帰らせてください
家に帰らせてください
家に帰りたいよ
すっかり打ちひしがれてしまって
家に帰りたいよ
すっかり打ちひしがれてしまって
家に帰りたいよ

The Kingston Trio

 

 

コメント

Bark Yellows  Live  2015.10.30

2015年11月13日 | バンド活動

Bark Yellows  

 

バンド活動の近況を報告します。

先日(10月30日)、名古屋今池「ボトムライン」にてAnemoi(アネモイ)40周年記念Liveに出演しました。Anemoih名古屋で活動しているPPMのガーバンドです。メンバーは我々が学生時代に属していた愛知大学フォークソング研究会の後輩たちです。ほかにも2バンドが出演盛大に開催されました。

Bark Ýellowsは取り合えず3人で活動しています。歌っている曲は、Turn  Around、The Travelers 3のカバーです。

 

 

コメント

House of the Rising Sun'(朝日のあたる家)

2015年11月06日 | Song(F・G・H・I・J)

Joan Baez

The Brothers Four

最初のビデオは2015年7月に、英国で開催されたCambridge(ケンブリッジ)Folk Festival の模様です。歌っているのはあのフォークの女王、Joan Baezです、黒髪にロングヘアーであった彼女もシルバーにショトカットと昔のイメージはありません。74歳ですが美しく年を重ねていますね。曲名は代表曲のHouse of the Rising Sun(朝日のあたる家)で1960年にレコ-ディングしました。

この曲はトラディショナル・フォークソングで作者は不詳、歌詞もミュージシャンによって様々なバージョンがあります。曲調も、もともと長調であったものをJosh Whiteジョシュ・ホワイト)が短調に変え現在の様なメロディーになったといわれています。1941年にWoody Guthrie(ウディ・ガスリー)は原曲(長調)に近い形でレコーディングしました。The Animals(アニマルズ)は、1964年にシングルをリリース、同年9月にビルボード誌のヒットチャートで3週連続1位になりました。そして、1965年には The Brothers fourが ”The Honey Wind Biow”に収録、マイクさんの12弦ギターの際立った、リズミカルな曲となっています。

Woody Guthrie

Josh White

House of the Rising Sun(The Brothers Fou バージョン)

There is a house in New Orleans
They call the Rising Sun
The downfall of so many young girls,
My sweetheart she was one.

oh I was young and foolish,
At home I could not stay
But my sweetheart left with a gamblin’man
Who led her heart astray

When I was through with ramblin' 
Then home I quickly run
Her mother cried you’ll find my girl
In the House of the Rising Sun

And when I saw my sweetheart
It gave my heart such pain
She said to me in misery
I could never go home again

Now go and tell my baby sister
Not to do what I have done
But spend your life as an honest man’s wife
Turn your back on the Rising Sun
Turn your back on the Rising Sun  

 

館が、ニューオリンズにある。
人々は、「朝日楼」と呼ぶ。
それほど多くの少女の没落。
私の恋人、彼女はそんな一人です。

ああ、私は若くて、愚かだった。
自宅で、私はいることができなかった。
しかし、私の恋人は賭博人と共にもに去った、
誰が、誤った道に彼女の心を導いたのだろうか。

私が放浪するのを終えたとき、
そして私は急いで家へ駆けつけた。
彼女の母は、「あなたは私の恋人を
「朝日楼」で見つける」と叫んだ。

そして、私が恋人に会ったとき、
それは、私の心にこんな痛みを与えた。
彼女は、惨めさで私に言った。
「私は、二度と決して帰ることができなかった。

すぐに立ち去って、あなた、姉妹に告げてください。
私がしたことをしてはいけない。、
そして、正直な男の妻としてあなたの人生を送るように。
「朝日楼」に背を向けてください。
「朝日楼」に背を向けてください。」

The Animals

 

 

コメント