Bark Yellows(バークイエロース)

学生時代に結成、今年50年目の4人組。American Folk SongのCoverをやってます。

Moon River

2019年12月13日 | Song(K・L・M・N・O)

Andy Williams

The Lettermen

Breakfast at Tiffany’s(ティファニーで朝食を』は、Audrey Hepburn(オードリー・ヘプバーン)主演で1961年に制作されたパラマウント映画の作品で米国のTruman Capote(トルーマン・カポーティ)による中編小説が、映画化されました。ニューヨークを舞台に、自由奔放に生きる女性主人公を描かれました。Truman Capoteは、Marilyn Monroe(マリリン・モンロー)を主役にすえることを条件に、映画化を了承しましたが、出演オファーを受けたMonroeは、娼婦役を演じることが女優としてのキャリアにマイナスになると考え、出演を断りました。セックスシンボルと呼ばれることに強い抵抗を感じていたMonroeは、これ以上、イメージが固定化することを嫌ったとされています。こうして、まったく個性の異なるHepburnが主演を務めることになりました。「そして、Moon River」は、Hepburnが劇中で歌うためJohnny Mercerジョニー・マーサー)作詞・Henry Mancini(ヘンリー・マンシーニ)作曲で、声域が1オクターブと1音しかない彼女ののために書かれました。映画とともにこの曲も大人気となり、彼女の声の入っていない曲が同年にシングルで発売され、全米最高位11位、1961年のアカデミー歌曲賞を受賞しています。また、グラミー賞では最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀編曲賞の3部門を受賞しました。なお、詞題の「Moon River(月の河)」とは、架空の河の名ですが Moon Riverを擬人化して、「私の一番大切な相棒と見做し」、また、Rainbow’s end(虹の終わり)」も分かりにくい表現ですが、古来欧米では虹の端には宝物があると信じられており、「幸福になる」とか「夢が叶う」とかの意で使われる慣用句です。1962年、Andy Williamsが曲を収録したアルバム”Moon River And Other Great Movie Themes”が大ヒット、彼の代表曲となりました。1992年にこの曲から命名した、2054席を擁する「ムーン・リバー・シアター」をミズーリ州ブランソンに自ら設立し、この劇場を本拠地として、2011年までライブ・パフォーマンスを続けました。

1963年、Pat Booneはアルバム”Pat Boone Sings Days Of Wine And Roses”、1965年、The Anita Kerr Quartet(アニタ・カー・クァルテット)はアルバム”We Dig Mancini”、1966年、The Lettermenはアルバム”A New Song For Young Love”に曲を収めています。

Henry Mancini

映画『Breakfast at Tiffanys』  歌;Audrey Hepburn 

Moon River
Moon River,
Wider than a mile:
I’m crossin’ you in style
Some day.
Old dream maker,
You heart breaker,
Wherever your goin’,
I’m goin’ your way:

Two drifters,
Off to see the world,
There’s such a lot of world
To see.
We’re after the same
Rainbow’s end
Waitin’ round the bend,
My huckleberry friend,
Moon River
 and me.

ムーン・リバー、
1マイルより広いけど
私はあなたを立派に渡ってみせる
いつの日か。
夢をくれたり、
心を打ち砕いたり、
どこへあなたが行こうと、
私は一緒に行く

ふたりの流れ者が、
世界を探しに出かける
こんなに、たくさんあるから、
見なきゃいけない世界が、
我々は同じ虹の端を追い、
あの曲がり角あたりで待っている、
私の一番大切な相棒
ムーン・リバー
と私
Pat Boone

The Anita Kerr Quartet


コメント

Black Girl (In The Pines )

2019年12月06日 | Song(A・B・C・D・E)

The Travelers3

Joan Baez

「 Black Girl 」は、「 In the Pines 」「 Where Did You Sleep Night Last? 」とも呼ばれています。「In the Pines」と「The Longest Train」の2曲が由来で1870年代に生まれました。著者は不明で、テネシー州東部とケンタッキー州、 ノースカロライナ州西部とジョージア州北部の隣接するアパラチア地方のトラディショナル・フォーク・ソングです。歌のバージョンは多くのジャンルの様々なミュジシャンによって録音されています。1944年のLeadbelly(レッドベリー)によるフォーク・バージョン1952年Bill Monroe And The Bluegrass Boysによるブルーグラス・バージョンの非常に異なるバージョンが収録され、その後の曲のルーツとなっています。
‎そして、1956年、The Kossoy Sisters(コソイ・シスターズ)はアルバム”Bowling Green And Other Folk Songs From The Southern Mountains”、‎ 1961年、The Journeymenはアルバム”The Journeymen”、‎1963年、The Travelers 3はアルバム”Open House”The New Worldはアルバム”The New World
‎1982年、Joan Baezはアルバム”Very Early Joan”に曲を収録しています。

Leadbelly
Bill Monroe And The Bluegrass Boys

Black girl-The travelers3
Black girl, black girl
Don't you lie to me
Tell me where did you sleep last night

In the pines, in the pines
Where the sun never shines
And I shivered the whole night through

My husband was a railroad man
Killed mile and half from town

His body was found 'neath the driving wheel
And his head got we never been found

He calls me to weep and he calls to me to mourn
He calls me to weep my home

But the very last words I heard and say
Was he sing the one more song

Black girl, black girl
Tell me where will you go
And gone where the golden stone

In the pines, in the pines
Where the sun never shines
And I shivered the whole night through

黒人の女の子、黒人の女の子
あなたは私に嘘をつかないで欲しい
昨夜どこで寝たの?

の中、松の中
太陽が輝かない場所で
そして、一晩中、震えていた

私の夫は鉄道職員だった
町から1マイル半の所で殺された

彼の体は「駆動輪の近くで発見された
そして、わたし達は彼の頭を見つけられなかった

彼は私に泣くように叫び、彼は私に嘆くように叫ぶ
彼は私の家で私に泣くように叫ぶ

しかし、最後の言葉を私が聞いた、そして、言った
彼はもう一つの歌を歌っていましたか

黒人の女の子、黒人の女の子
どこに行くのか教えて欲しい
そして、黄金の石はどこに行ったのか

松林の中、松林の中
太陽が輝かない場所で
そして、一晩中、震えていた

The Kossoy Sisters
The Journeymen
The New World








コメント

The Boxer

2019年11月29日 | Song(P・Q・R・S・T)

Joan Baez

The King's Singers

「The Boxer」は、Simon & Garfunkelサイモン&ガーファンクル)が1969年に発表したシングルで、5月のビルボードHot 100で7位を記録し、1970年、アルバム“Bridge Over Troubled Waters.明日に架ける橋”に収録されました。動画は1981年のセントラル・パーク・コンサートでものですが、スタジオ・バージョンのみ含まれていない「失われた歌詞」と呼ばれるパートが存在します。これは、作詞の段階でもともとあった部分だと考えられ、該当箇所は歌詞「太字」のところとなります。

Bob Dylanは、1970年、アルバム”Self Portrait”、Joan Baezは、‎1980年、アルバム”Europa Tournee”、The King's Singers は、 ‎1992年、アルバム”Good Vibrations”に曲を収録しています。最後の動画は2007年の〔「Paul Simon and Friends Concert」での女性フィドル奏者、Alison Kraussアリソン・クラウス)とブルーグラス/カントリーの分野で活動しているシンガー・ソングライター、Shawn Colvinショーン・コルヴィン)とのLive映像です。
Simon & Garfunkel
The Boxer
I am just a poor boy
Though my story's seldom told
I have squandered my resistance
For a pocket full of mumbles
Such are promises 

All lies and jests
Still a man hears what he wants to hear
And disregards the rest 

When I left my home and my family
I was no more than a boy
In the company of strangers
In the quiet of the railway station
running scared 

Laying low,
seeking out the poorer quarters
Where the ragged people go
Looking for the places only they would know 
Lie la lie ...

Asking only workman's wages
I come looking for a job
But I get no offers,
Just a come-on from the whores
on Seventh Avenue 

I do declare,
there were times
when I was so lonesome
I took some comfort there 
Lie la lie ... 

Now the years are rolling by me 
They are rocking evenly
 
I am older than I once was
But younger than I'll be
That's not unusual
No, it isn't strange
After changes upon changes
We are more or less the same
After changes
we are more or less the same
Lie la lie ... 

Then I'm laying out my winter clothes
And wishing I was gone
Going home 

Where the New York City winters
aren't bleeding me
Leeding me, going home 

In the clearing stands a boxer
And a fighter by his trade
And he carries the reminders
of ev'ry glove
That layed him down or cut him 

Till he cried out
in his anger and his shame
"I am leaving, I am leaving"
But the fighter still remains
Lie la lie ...

僕はただの貧しい少年
身の上話はめったにしないけど
ポケット一杯つぶやくために
抵抗するのも無駄だよね
そうなるのがお決まりのことだよ

たくさんの嘘や冗談話
人って自分の聞きたいことだけ聞いて
あとの話は聞き流すものなんだ

家や家族にさよならしたとき
僕はまだほんの子供だった
見知らぬ人達の仲間になり
駅舎の静けさの中で
怖くて走り回っていたよ

地べたに寝転んで
貧民街を探しまわったよ
ラララ…ラララ…

日雇い労働でも稼がなきゃと
仕事を探したんだ
でも何もいい話はなかった
7番街の娼婦達が声かけてくれるだけ

正直に言っちゃうと
ものすごく淋しいときには
そこの7番街で
安らぎを得ていたんだよ
ラララ…ラララ…

僕のまわりで月日は流れ
四季は規則正しくやってくる

僕は前より年をとったけど
これからは年を取るより
きっと、若造のままだよ
それって普通のことだろ
おかしくなんかないよね
物事は変わっていくけど
多かれ少なかれ
僕らは変わらない
物事は変わっても
僕らは本質は変わらない
ラララ…ラララ…

冬服を広げたときに
帰ってしまいたいって思った
故郷に帰りたいと

故郷ならニューヨークの冬みたいに
僕からお金を絞り取ることもない
故郷へ…僕を導くんだ

空き地のリンクに立つ男
闘うボクサーが彼の職業
彼には傷跡があり
その傷跡は彼に
殴り倒し切り刻む
ボクシンググローブを思い出させる

怒りと恥辱にまみれ彼は叫び続ける
「もういやだ」
「もう辞めて故郷に帰るんだ」
でもボクサーはいまだ
闘い続けているんだ…
ラララ…ラララ… 

Bob Dylan-Recorded in Antioch 1999
Alison Krauss & Shawn Colvin
コメント (1)

We're All Alone

2019年11月22日 | Song(U・V・W・X・Y・Z)
Rita Coolidge                                                                              
日産 Sunny RZ1 CM 
We're All Alone」は、Boz Scaggsボズ・スキャッグス)の作品で1976年、アルバム"Silk Degrees"に収録.翌年にシングル・カットされました。曲名のWe're All Alone 日本語は「二人きり」と「しょせん一人ぼっち」という意味の両方の解釈が可能とされいますが、本人は「この曲のタイトルを個人的な話と普遍的なテーマを両立させるものとしたが、両者の意味が同時に成立するような歌詞にするのに苦労した」と語っており、上記のような複数の解釈が可能なように最初から歌詞が設定されています。
Rita Coolidgeリタ・クーリッジ)は1977年のアルバム”Anytime... Anywhere”にてカバーし、同年、シングル・カットされました。この盤はビルボードHot 100チャート7位、カントリー・チャート68位、アダルト・コンテンポラリー・チャート1位)を記録し、ゴールド・シングルに認定されました。また、ビルボード誌1977年年間ランキングですは第66位を記録しました。そして、1986年新発売の日産 Sunny RZ1のCMソングとしても使われました。なお、The Walker Brothersは1976年、アルバム”Lines”、The Three Degreesは1977年、アルバム”Standing Up For Love”に曲を収録しました。
Boz Scaggs
We're All Alone
Outside the rain begins
And it may never end
So cry no more on the shore
A dream will take us out to sea
Forevermore, forevermore

Close your eyes, Amie
And you can be with me
Neath the waves, through the caves of ours
Long forgotten now
We're all alone, we're all alone

Close the window
Calm the light
And it will be all right
No need to bother now
Let it out let it all begin
Learn how to pretend

Once a story's told
It can't help but grow old
Roses do lovers too so cast
Your seasons to the wind
And hold me dear
Oh hold me dear

Close the window
Calm the light
And it will be all right
No need to bother now
Let it out let it all begin
ll's forgotten now
We're all alone
All alone

Close the window
Calm the light
And it will be alright
No need to bother now
Let it out let it all begin
Throw it to the wind my love
Hold me dear

All's forgotten now my love
We're all alone....

外では雨が降り始めた
雨はあなたの涙の様に止む様子も無い
もう、浜辺で泣くのはよそう
海の波が私たちを引き離す 一つの夢みたいに
永遠に、ずっと永遠に

目を閉じてごらん、愛する人
ほら 私の存在を感じるだろう
さざ波の下 私たちの洞窟を通り抜ける
ずっと、忘れてたけど
私たちは二人きり、 二人きり

窓を閉じて
明かりを落とす。
そうすればいい
今はもう何も悩まなくていい
すべてを始めよう。
仮面をつけて生きることを学おう。

むかし、物語で聞かされたことがある。
年をとるのはどうしようもないことだ。
バラもそうだし、恋人たちだってそうだ。
だから、あなたの季節は風の中へ
そして、抱きしめて欲しい、愛しいひと。
抱きしめて欲しい。

窓を閉じて
明かりを落とす。
そうすればいい
今はもう何も悩まなくていい
すべてを始めよう。
忘れ去られてしまった。
しょせん一人ぼっち。
一人ぼっち。

窓を閉じて
明かりを落とす。
そうすればいい
今はもう何も悩まなくていい
すべてを始めよう。
私の愛を風の中に放り投げてしまえ。
抱きしめてほしい、愛しい人。

私の愛はすべては忘れ去られてしまった。。
しょせん一人ぼっち。…

The Walker Brothers
The Three Degrees
コメント

Lyin' Eyes (いつわりの瞳)

2019年11月15日 | Song(K・L・M・N・O)

Ray Conniff And The Singers

曲は、The Eagles(イーグルス)メンバーのDon Henley(ドン・ヘンリー)とGlenn Frey (グレンフライ)が作詞、作曲、リード・ボーカルはGlenn Freyが担当しました。1975年にアルバム”One Of These Nights”をリリース、曲を収録、後にシングル・カットされました。 そして、Billboard Hot 100で2位、イージー・リスニング・チャートでは3位を記録、グラミー賞ベスト・ポップ・ボーカル賞も獲得しました。

なお、米国の バンドリーダー兼アレンジャーであるRay Conniff (レイ・ニコフ)は翌年の1976年、アルバム "I Write The Songs”に米国のポピュラー歌手、Jack Jones は1986年、アルバム ”Unforgettable (Golden Classics)”に 米国南部のカントリーロックバンド、The Outlawsは 2012年、アルバム ”The Best Part of the Day Is the Night'に曲を収録しました。

The Eagles - ( Live) 

Lyin' Eyes
City girls just seem to find out early
How to open doors with just a smile
A rich old man
And she won't have to worry
She'll dress up all in lace and go in style

Late at night a big old house gets lonely
I guess ev'ry form of refuge has its price
And it breaks her heart to think her love is
Only given to a man with hands as cold as ice

So she tells him she must go out for the evening
To comfort an old friend who's feelin' down
But he knows where she's goin' as she's leavin'
She is headed for the cheatin' side of town
Chorus
You can't hide your lyin' eyes
And your smile is a thin disguise
I thought by now you'd realize
There ain't no way to hide your lyin eyes

On the other side of town a boy is waiting
With fiery eyes and dreams no one could steal
She drives on through the nice anticipating
'Cause he makes her feel the way she used to feel

She rushes to his arms,
They fall together
She whispers that it's only for awhile
She swears that soon she'll be comin' back forever
She pulls away and leaves him with a smile
Chorus
 
She gets up and pours herself a strong one
And stares out at the stars up in the sky
Another night, it's gonna be a long one
She draws the shade and hangs her head to cry

She wonders how it ever got this crazy
She thinks about a boy she knew in school
Did she get tired or did she just get lazy?
She's so far gone she feels just like a fool

My, oh my, you sure know how to arrange things
You set it up so well, so carefully
Ain't it funny how your new life didn't change things
You're still the same old girl you used to be
《Chorus》
There ain't no way to hide your lyin' eyes
Honey, you can't hide your lyin' eyes

都会の女の子達は早くからわかってしまう
微笑み一つでドアをあける方法を
金持ちの年寄りと何をしたって
彼女達は何も気にしない
レースのドレスを着飾って
流行を身に着けるのが大切なこと

夜も更けてくると年寄りの大きな家は淋しくなる
隠れ家ってのはどんな形であれ代償を払う
でも、そのことで彼女は心を痛めている
氷のように冷たい手を持った男だけに
彼女の愛を捧げる

彼女は年寄りに今晩は出かけなきゃって言う
落ち込んでる友達を慰めに行くと
でも、老人は知っていた
彼女が家を出たらすぐにどこに行くかと
町はずれに浮気をしに出かけていることを
 《コーラス
いつわりの瞳は隠すことはできない
笑顔を見せたって、薄っぺらい、ごまかし
きみも、もう気づく頃だ
いつわりの瞳を隠すことはできない
 
町の向こうにはボーイフレンドが待っている
燃えるような瞳と若さゆえの夢を持った若者
わくわく、期待して彼女は車を走らせる
だって、彼は彼女のかつての想いを
思い出させてくれる相手だから

彼女は彼の腕に飛び込んで
二人は一緒に抱き合う
彼女はあまり時間がないと耳元でささやく
すぐに戻ってくるからと彼に誓ったら
彼から離れて微笑みながら出ていく
 《コーラス
 
彼女は起きると強い酒をグラスに注ぐ
そして夜空の星たちをじっと見る
いつもの夜、眠れない夜が続く
きみはブラインドを下ろして
頭を抱えて泣き崩れてしまう

どうしてこんな風になっちゃったのか
彼女は悩み学生時代の彼のことを考える
疲れたのか、それとも、怠惰になってしまったのか
彼女は酔って我を忘れて
自分が愚か者のように思えてくる

ああ 何てことだ
きみは物事の処理方法を知ってたはず
上手に そうとう慎重にしてきたはず
おかしいよね、君の新しい素敵な生活は
何も物事を変えてこなかったのか
きみはこれまで通りの少女のまま
 《コーラス
いつわりの瞳を隠す方法はない
わかるかい、 瞳は真実を語るんだと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント