Bark Yellows(バークイエロース)

学生時代に結成、今年50年目の4人組。American Folk SongのCoverをやってます。

Danny Boy

2021年05月07日 | Song(A・B・C・D・E)

Harry Belafonte

Joan Baez

「Danny Boy」は、アイルランドの民謡で、「ロンドンデリーの歌」として知られる旋律に歌詞を付けたものです。この旋律は「Danny Boy」のほかにも数多くの歌詞で歌われるこの歌詞はイングランド弁護士Frederick Weatherly(フレデリック・ウェザリー)の作で,元々は別の曲のために1910年に作られた詞です。米国にいる義理の姉妹から1912年に「ロンドンデリーの歌」の楽譜を送られると、彼は翌1913年にその詞をこのメロディーに合うように修正し発表しました。中学生の時、Harry Belafonteを聞き初めて覚えた英語の歌です。

なお、Harry Belafonte‎‎は1959年,アルバム”Belafonte At Carnegie Hall: The Complete Concert‎”、Andy Williams は1962年,アルバム”Danny Boy" And Other Songs I Love To Sing”、Joan Baez は1975年,アルバム”Diamonds & Rust”、The King's Singers 1979年,アルバム”Atlantic Bridge”、アイルランド出身の女性で構成される4人組、Celtic Woman (‎ケルティック・ウーマン)は2008年,アルバム”The Greatest Journey Essential Collection”に収録しています。

The King's Singers

Danny Boy

O Danny boy, the pipes, the pipes are calling
From glen to glen and down the mountainside
The summer's gone and all the roses falling
'Tis you, 'tis you must go and I must bide.

But come ye back when summer's in the meadow
Or when the valley's hushed and white with snow
'Tis I'll be here in sunshine or in shadow
O Danny boy, O Danny boy, I love you so.

But if ye come and all the flowers are dying
If I am dead, as dead I well may be,
You'll come and find the place where I am lying
And kneel and say an Ave there for me.

And I shall hear, though soft, your tread above me
And all my grave shall warmer, sweeter be
For you will bend and tell me that you love me
And I will sleep in peace until you come to me.

ああ私のダニーよ バグパイプもみんな枯れ落ちる中
あなたは あなたは行ってしまう

戻ってきて 夏の草原の中
谷が雪で静かに白く染まるときでもいい
日の光の中、日陰の中、私は居ます
ああ私のダニーよ、あなたを心から愛しています

すべての花が枯れ落ちる中、あなたが帰ってきて
もし私が既に亡くなっていても
あなたは私が眠る場所を探して
ひざまづき、お別れの言葉をかけるのです

私の上を静かにそっと歩いても私には聞こえる
あなたが愛してるといってくれたとき
私は暖かく心地よい空気に包まれるでしょう
私は安らかに眠り続けます
あなたが帰って来てくれるその時まで

Andy Williams

Celtic Woman 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

Never My Love

2021年04月30日 | Song(K・L・M・N・O)

The Association (1967)

Andy Williams(1970)

 

「Never My Love」は、Addrisi Brothers (アドリシ・ブラザーズ Don& Dick・Addrisi)が作詞・作曲した曲で自身は1977年、アルバム"Slow Dancin'”に収録しています。1966年、ジャニーズが渡米時にプロデューサーのBarry De Vorzon(バリー・デ・ヴォーゾン)と出会い提供してもらった曲で、実際にジャニーズによるレコーディングも行われたがスケジュールの都合でレコード化されませんでした。メンバーであったあおい輝彦は1977年、アルバム”あおい輝彦 オンステージ”に収録しています。1967年にはThe Association (アソシエイション)がカバーし、大ヒット、Cash Boxで最高1位、Billboard Hot 100で最高2位を記録しました。1967年、The Lennon Sisters は‎アルバム” On The Groovy Side”、1970年、Andy Williams はアルバム” ”The Andy Williams Show”、1973年、The Sandpipersはアルバム” Portrait Of The Sandpipersに収録、1971年、The 5th Dimensionは(フィフス・ディメンションョン) はシングルをリリースしました。

Addrisi Brothers

あおい輝彦 (1977年)


Never my love

You ask me if there'll come a time when I grow tired of you
Never my love
Never my love

You wonder if this heart of mine will lose its desire for you
Never my love
Never my love

What makes you think love will end
When you know that my whole life depends on you (on you)
Never my love
Never my love

You say you fear I'll change my mind
And I won't require you
Never my love
Never my love

How can you think love will end
When I've asked you to spend your whole life with me (with me, with me)

私がいつかあなたに飽きてしまう日が来るのではないかと、そう訊きたいんだ
決してそうはならない
決してそうはならない

どうして私の愛が終わるって思うの?
私の人生 あなたに頼りっきりだったのに
決してそうはならない
決してそうはならない

私の気持ちがあなたに対する情熱を失ってしまうか心配なんだ
決してそうはならない
決してそうはならない


どうして私の愛が終わるって思う?
私の人生 あなたに頼りっきりだったノラ・に
決してそうはならない
決してそうはならない

あなたは私の気が変わってしまうんじゃないか私いって言ったね
そして私があなたを必要としなくなってしまうんじゃないかと
決してそうはならないよ
決してそうはならない

どうして愛が終わってしまうなんて思うの
一生私と一緒にいてくれないかって頼んでいるのに

The 5th Dimension(1971)

The Lennon Sisters

The Sandpipers

 

 

 

コメント

April Love

2021年04月23日 | Song(A・B・C・D・E)

Connie Francis

Nat King Cole

April Love」は、Sammy Fain(サミー・フェイン)の作曲、Paul Francis Webster(ポール・フランシス・ウェブスター)の作詞の曲です。Pat Boone(パット・ブーン)とShirleyJones(シャーリー・ジョーンズ)主演の同名映画の1957年の映画のテーマ曲で同年シングルガリリースされました。曲は映画の公開に助けられ、1958年、米国のBillboad Hot100チャートでNo1を6週間、チャートイン26週間のヒットとなりました。

1961年、Connie Francis (コニー・フランシス‎)はアルバム”Sings Never On Sunday And Other Title Songs From Motion Pictures”、Nat King Cole(‎ナット・キング・コール)はアルバム”Nat King Cole Sings / George Shearing Plays”、Jane Morgan (ジェーン・モーガン)はアルバム”Jane Morgan Sings The Great Golden Hits”、1964年、Johnny Mathis (ジョニー・マティス1)はアルバム”Morgan Sings The Great Golden HitsTender Is The Night”に曲を収録しています。

Pat Boone

April Love
April love is for the very young
Every star's a wishing star that shines for you
April love is all the seven wonders
One little kiss can tell you this is true
 
Sometimes an April day will suddenly bring showers
Rain to grow the flowers for her first bouquet
But April love can slip right through your fingers
So if she's the one, don't let her run away
 
Sometimes an April day will suddenly bring showers
Rain to grow the flowers for her first bouquet
But April love can slip right through your fingers
So if she's the one, don't let her run away
 
四月の恋は未熟な恋
どの星もあなたのために祈りながら輝いている
四月の恋は世界の七不思議のすべて
たった一度のキスでそれが真実だとわかるはず
 
ときどき春の日は雨を降らせる
その雨が花を育てて彼女にとって最初の花束ができあがる
だけど四月の恋は指からすり抜けてしまうこともある
だから彼女に運命を感じたら 逃がしちゃダメ
 

ときどき春の日は雨を降らせるその雨が花を育てて彼女にとって最初の花束ができあがる
だけど四月の恋は指からすり抜けてしまうこともある
だから彼女に運命を感じたら 逃がしちゃダメ

Johnny Mathis 

Jane Morgan

コメント

You Don't Have To Worry(守ってあげたい )

2021年04月16日 | Song(U・V・W・X・Y・Z)
The Brothers Four
 
「守ってあげたい」は、松任谷由実(ユーミン) の17枚目のシングル。1981年6月21日に東芝EMIからリリースされました。The Lovin' Spoonful(ラヴィン・スプーンフル)の"You Didn't Have to Be So Nice(邦題:うれしいあの娘)"のAstrud Gilberto '(アストラッド-ジルベルト)のカバー・バージョンに触発されて書かれました。 オリコンチャートの登場週数は29週、チャート最高順位は週間2位、累計69.5万枚のセールスを記録しました。
また、曲には英詩"You Don't Have To Worry"がつけられ、The Brothers Four ‎は1990年アルハム、“Flowers & Green”に1976年リリースの「あの日にかえりたい」に次ぐ彼女の2曲目の曲として取り上げました。そして、Essenceは1996年、シングルをR&B/ソウルシンガーのLeNora Jaye(レノラ・ジェイ)は2009年はアルバム" Ma Cherie -Graduation Photo"に収録しています。
 
 
Astrud Gilberto ー”You Didn't Have To Be So Nice”
松任谷由実
 
You Don't Have To Worry   The Brothers Four
You don’t have to worry,worry
Forget about what's  on your mind
Loves are burn in find each other
Last love was never far behind
 
There's danger in the darkest part at the night
Just before the light of dawn dragons and demons drive 
They try to tur your mind around
But now you never need to let there be
If you can realize i'll be right beside you
Any time you call me
 
Angels in the sky love a happy ending
And maybe it's all coming true
So let your worries go,roll away stone 
And look,can you see, all the angels are dancing
 
So you don’t have to worry,worry
Forget about what's  on your mind
Loves are burn in find each other
And love was never far behind,cause I love you
I love you
 
So even if the winds are blowing cold
Thunder and rain and snow 
lovers  can always find each other
Some fire in the morning 
So open up eyes in time to see
All of the past is gone and all we need is you and me 
To worry out tomorrow
 
Angels in the sky love a happy ending
And maybe it's all coming true
So let your worries go,roll away stone 
And look,can you see, all the angels are dancing
 
So you don’t have to worry,worry
Forget about what's your mind
Loves are burn in find each other
And love was never far behind,cause I love you
 
心配する必要はない、必要はない。
何を考えているか忘れる
愛はお互い燃え尽きる
最後の恋は決して遅れることはなかった

夜の一番暗いところに危険がある
夜明けの龍と悪魔の光が走り出そうとする直前に
彼らはあなたの心を揺さぶろうとする
しかし、、今、あなたはそこにいるようにする必要はない
もし、気づいたらすぐそばにいるから
いつでも電話してほしい

空の天使はハッピーエンドを愛している
そしておそらくそれはすべて実現している
だからあなたの心配事を手放して、石を転がして
そして、見てください、すべての天使が踊っている

だから心配する必要はありません。
何を考えているか忘れる
愛は燃えあう
そして、私はあなたを愛しているから
わたしは、あなたを愛しています

だから、雷と雨と雪
冷たい風が吹いても
恋人たちは朝の火事の中、いつでもお互いを見つけることができます
だから、見る時間に目を開けて
過去のすべてがなくなって、私たちに必要なのはあなたと私だけです
明日考え抜く
 
空の天使はハッピーエンドを愛する
そしておそらくそれはすべて実現している
だからあなたの心配事を手放して、石を転がして
そして、見てください、すべての天使が踊っています

だから心配する必要はありません。
あなたの心を忘れて
愛は燃えあう
そして、私はあなたを愛しているから

Essence
LeNora Jaye
コメント (1)

Andy Williams: In Concert at Branson

2021年04月09日 | Live/Concert

Andy Williams: In Concert at Branson

1994年、ミズーリ州ブランソンにあるムーンリバーシアターで開催されたアンディ・ウィリアムズコンサートです。

 

Live from The Moon River Theatre, 1994.
1. Opening Medley
 a. "L-O-V-E"
  (Bert Kaempfert, Milt Gabler)
 b. "Love Is Here to Stay"
  (George Gershwin,Ira Gershwin)
2. Movie Medley a. "You Ought
 a. Be in Pictures (instrumental)"
  (Edward Heyman, Dana Suesse)
 b. "Call Me Irresponsible" 
  (Sammy Cahn, Jimmy Van Husen)
 c. "Days of Wine and Roses"
  (Henry Mancini, Johnny Mercer)
 d. "Charade"
  (Henry Mancini, Johnny Mercer)
 e. "(Where Do I Begin) Love Story" 
  (Francis Lai, Carl Sigman)
 f. "Speak Softly Love
  (Love Theme from 'The Godfather')"
  (Larry Kusik, Nino Rota)
3. "He's Got the Whole World in His Hands"
4. "Oh, Happy Day"
5. "Day by Day"
6. "Go Tell It on the Mountain"
7. "You'll Never Walk Alone"
8. "Words"
  (Based on Beethoven's Ode to Joy) -
9. "American Trilogy"
10. "Chattanooga Choo-Choo"
11. "Cocktails for Two"
12. "Boogie Woogie Bugle Boy"
  From Company B -
13. "I'll Never Smile Again"
14. "MacArthur Park"
  (Jimmy Webb)
15. "Born Free"
  (John Barry, Don Black)
16. 50s Medley
 a. "Butterfly"
  (Bernie Lowe, Kal Mann)
 b. "Are You Sincere"
  (Wayne Walker)
 c. "I Like Your Kind of Love"
  (Melvin Endsley)
 d. "Lonely Street"
  (Carl Belew, Kenny Sowder, W.S. Stevenson)
 e. "(In the Summertime) You Don't Want My   Love"
  (Roger Miller)
17. "Canadian Sunset"
  (Norman Gimbel, Eddie Heywood)
18. "Hawaiian Wedding Song"
  (Al Hoffman, Charles E. King, Dick Manning)
19. "Can't Get Used to Losing You"
  (Jerome "Doc" Pomus, Mort Shuman)
20. "Moon River"
  (Henry Mancini, Mercer) 
21. "May Each Day"
  (Mort Green, George Wyle)
 
 

 

 

 

コメント