都市徘徊blog

徒然まちあるき日記

天徳湯

2018-01-04 | 杉並区  
天徳湯
所在地:杉並区西荻北4-24
創業年:1928(昭和3)
構造 :木造
備考 :2017.7.30営業終了、その後、建物は解体。
Photo 2002.1.14

 寺院風の姿をした典型的な東京型の銭湯。宮造りによくある大型の入母屋屋根ではなかったが、銭湯らしい外観をしていた。

Tokyo Lost Architecture
#失われた建物 杉並区  #銭湯  タグ一覧
コメント

高円寺南

2014-08-12 | 杉並区  

 中野にはよく行くのに高円寺はかなり久しぶり。

高円寺パル商店街
所在地:杉並区高円寺南3丁目   Google Map
Photo 2014.5.13

 アーケードが建て替えられたのは2003年だそうだが、新しくなったアーケードの写真を撮るのは今回が初めて。

 中央部を高くしてアーケード天井の高さを昔より高くし、空間の広がりを増している。

西村屋書店
所在地:杉並区高円寺南3-35   Google Map
Photo 2014.5.13

 アーケード商店街を抜けてしばらく行くと、かなり凝った銅板張りの看板建築がある。  10年ぶりぐらいに訪れたが、まだ残っていた。こういう張り出した部分って、銅板の内側はどんなことになってるんだろう・・。

フヂヤ薬局
所在地:杉並区高円寺南3-22   Google Map
Photo 2014.5.13

 更に南へ行くと、交差点の角に洋風とんがり屋根の薬局が健在だった。緑色の看板で見えなくなっている一階の庇部分がどんなことになっているのかちょっと気になる。

フヂヤ薬局・2F部分
Photo 2014.5.13

 石造建築のように目地を入れたり、上げ下げ窓の上下にモルタルで窓台と庇状の装飾が付けられているのも良い。壁に縦長の痕跡があるが、これは昔、クスリの木製看板が付いていた跡。

 ガラスが割れてるのは昔(17年前の写真と比較)と変わらず。あまり使っていないのか、内側に板か何かを立て掛けて閉じている。

#古い建物 杉並区  #商業系  #看板建築 
コメント

公団阿佐ヶ谷住宅 4

2006-03-12 | 杉並区  

 最後に団地全体の様子を少し。

住宅地内にある団地マップ

 道路や建物配置、広場の取り方など、団地全体のレイアウトがよく考えられていたことがこの地図からもわかる。団地内にはループ状の道路が入り、これを軸にして住棟は東南~西南向きに少しずつ向きを変えて建てられている。

 →阿佐ヶ谷住宅日記というHPの中には、阿佐ヶ谷住宅のマップが掲載されていて、団地の住棟配置の詳細などがよくわかります。

中層棟と中央広場

 3階もしくは4階建ての中層棟は、方々の団地でよく見られるタイプのもので、団地の真ん中あたりに7棟が建っている。手前は団地のほぼ中央にある広場。特に利用目的を限定しないこのような広場があることで、豊かな住宅地環境が得られている。

傾斜屋根テラスハウス棟の一群の中にある広場空間

 西側と北側の街区の中央には紡錘形の広場があり、そこは自動車が入ってこない完全な歩行者空間になっている。また建物群に囲まれることで、部外者が入りにくく、プライベート性が高くなり、子供を安心して遊ばせることができる場所が十分に確保されている。

住棟間の歩行者用通路
住棟間の歩行者用通路

 上記の広場に至る歩行者用の通路は、樹木の間などを抜ける細道。敢えて、飛び石などを使った小さな道とすることで、部外者があまり入らない空間を街区内に確保する配慮がされている。

 阿佐ヶ谷住宅は、前川國男設計の傾斜屋根低層テラスハウスが確かに特徴的だが、それだけではなく、街区内広場やループ状の道路など、全体の配置計画がよく考えられていることが特徴であろう。再開発では大半が中層棟になるようだが、このゆったりした外部空間環境を残しながら、建て替えが行われることが期待される。

公団阿佐ヶ谷住宅 1  公団阿佐ヶ谷住宅 2  公団阿佐ヶ谷住宅 3  公団阿佐ヶ谷住宅 4
Tokyo Lost Architecture

#失われた建物 杉並区  #住宅系  #広場 
コメント (2)

公団阿佐ヶ谷住宅 3

2006-03-11 | 杉並区  

 阿佐ヶ谷住宅をもう少し。

 公団設計による陸屋根の2階建てテラスハウスは、団地の北の方の一角に9棟ある。

陸屋根のテラスハウス  Photo 2006.2.17

 前川國男設計の傾斜屋根テラスハウスの印象が強くて、ちょっと目立たないのだが、意外にこちらもモダンできれい。横長の箱型のスタイルで、床や軒が相対的に薄く見え、スマートなプロポーションだ。

玄関のある北側

 こちらも玄関部分が凹んでいて雨よけになっている。また玄関脇にコンクリートのボックスがあり、そこにガスメーターが収められている。

南側から

 窓のサッシなどは取り替えられているので新しい。梁は鉄筋コンクリートで造られているようだ。床や仕切壁が相対的に薄いためか、古い割にモダンな感じ。プレハブなので当然高級感はないのだが、安っぽいわけではなく、良心的に造られた印象がある。

公団阿佐ヶ谷住宅 1  公団阿佐ヶ谷住宅 2  公団阿佐ヶ谷住宅 4
Tokyo Lost Architecture

#失われた建物 杉並区  #住宅系 
コメント

公団阿佐ヶ谷住宅 2

2006-03-10 | 杉並区  

 前川國男建築設計事務所の設計による、傾斜屋根のテラスハウス群は、基本的にはみな同じデザインなのだが、南側は増築されたりしていて、少し様子が異なるものもある。

阿佐ヶ谷住宅 Photo 2006.2.17

 端部の部屋は、増築されていない基本形。1階の窓にはちゃんと庇が付けられている。2階の手摺は木製。一方、右側の部屋は増築されて、2階には物干し台が作られている。この増築も、木造のものとブロック造のものがあるようだ。部屋の増築はやらなかったが、木造の庇を付けて半屋外を造った建物もある。

タイルで作られた棟番号の文字

 棟によってタイルの色が異なり、緑や赤の番号が書かれた棟もある。

低層棟の玄関部分

 玄関部分が少し凹むことによって、雨に濡れない玄関先が確保されている。木製の扉が渋い。

公団阿佐ヶ谷住宅 1  公団阿佐ヶ谷住宅 3  公団阿佐ヶ谷住宅 4
Tokyo Lost Architecture

#失われた建物 杉並区  #住宅系 
コメント

公団阿佐ヶ谷住宅 1

2006-03-08 | 杉並区  

 JR阿佐ヶ谷駅南口からアーケード商店街を抜け、青梅街道を渡り、善福寺川へ向かって緩やかな坂を下っていくと、低層の長屋状の住宅群が見えてくる。

阿佐ヶ谷住宅
所在地:杉並区成田東4-3
Photo 2006.2.17

 公団阿佐ヶ谷住宅は1958年に建設された、総数350戸の団地。2F建てテラスハウス(低層長屋)232戸と、3~4F鉄筋コンクリート造の中層棟118戸からなるという。全体の設計は日本住宅公団。テラスハウスのうち、傾斜屋根型の174戸の設計は前川國男建築設計事務所だそうだ。

テラスハウス棟(南側から)

 阿佐ヶ谷住宅を特徴づけているのは、やはり傾斜屋根のテラスハウス群だ。このテラスハウスは、大小合わせて36棟あり、各棟は4~6軒が一続きの長屋状になっている。ブロック造トタン屋根で、南側から見ると2階建てに見えるのだが、北側から見ると平屋。南側には各戸に小さな庭がついている。

テラスハウス棟(北側・玄関側から)

 各棟の北側にアプローチ通路があり、各戸は北側に玄関を持つ。

傾斜屋根のテラスハウス棟

 切妻の片側を長くしたような屋根はシンプルだが、バランスが取れていてなかなか魅力的だ。

 杉並あたりで、このようにゆったりとした団地が今まで残されてきたこと自体、かなり幸運だったように思う。各戸の庭は比較的よく手入れされており、建設から50年弱が経過してはいるが、団地は全体的にはきれいに使われ続けている。

 しかし、この阿佐ヶ谷住宅をNetで検索してみると、老朽化による建て替えが既に決定されており、今年度中にも解体が始められるとあった。そんなわけで住民の立ち退きが済み無人化した棟もちらほら見られる。

阿佐ヶ谷住宅日記
(阿佐ヶ谷住宅にお住まいの方によるHP、団地全体のMAP、住戸平面図、再開発計画の進行状況など、いろいろ詳しい情報が載っています。)
建設業界ニュース(阿佐ヶ谷住宅建て替えについて)
T.F.Blog(日本住宅公団:阿佐ヶ谷住宅)
Design Passage
CHIBOLOG・裏和田通信
Tokyo Lost Architecture

#失われた建物 杉並区  #住宅系 
コメント