都市徘徊blog

徒然まちあるき日記

旧陸軍兵器補給廠の煉瓦塀

2023-02-06 | 北区   
旧陸軍兵器補給廠の煉瓦塀
所在地:北区 西が丘3-3
構造 :煉瓦
解体年:2002〜03(平成14〜15)
備考 :西が丘住宅への建て替えに際して撤去
Photo 2002.9.29

 環七の姥ヶ橋陸橋・交差点の少し西北側にあった煉瓦塀。撮影時は知らなかったのだが、調べてみたら旧陸軍の兵器補給廠を囲んでいたものだった。この場所は明治19年に東京鎮台の武器庫が置かれた場所。その後、名称は変わったりしたが終戦まで陸軍、戦後はGHQに接収され、いずれも武器庫・兵器庫として使われていた。

 接収が解除されて日本に返還された後、同所には国関連のオフィスが建てられたが、塀は部分的に残されていた。しかし最終的には西が丘住宅の建設に際して往時の記憶を残すこの塀は撤去された。
 この地区の移り変わりは以下。

 1886(明治19) 東京鎮台武器庫
 1906(明治39) 陸軍省板橋兵器庫
 1928(昭和3) 東京陸軍兵器支廠(岩淵町全図1931でも同様の表記)
 1945(昭和20) 終戦時は東京陸軍兵器補給廠
 戦後 GHQに接収され、TOD第1地区となる。
 1958(昭和33) 日本に返還
 1965(昭和40) 住居表示が西が丘になる
 住宅地図 1973(昭和48)版 東京地方検察庁第二庁舎
 住宅地図 2001(平成13)版 東京入国管理局第二庁舎
 住宅地図 2003(平成15)版 空白
 2004(平成16) 4月、西が丘住宅竣工

Tokyo Lost Architecture  
#失われた建物 北区  #公共施設  #倉庫・蔵   ブログ内タグ一覧
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

旧 陸上自衛隊十条駐屯地 赤羽分屯地

2023-02-03 | 北区   
旧 陸上自衛隊十条駐屯地 赤羽分屯地(赤羽駐屯地)
所在地:北区 赤羽西5-2
建設年代:1917〜30(大正6〜昭和5)
解体年代:2002〜03(平成14〜15)
パノラマ画像:左右にスクロール可能です。
Photo 2002.9.29

 十数年前にナショナルトレーニングセンター陸上トレーニング場と北区の赤羽スポーツの森公園に転用された場所。1995年までは陸上自衛隊の十条駐屯地赤羽分屯地でどうやら兵器庫だったらしいが、廃止された後は数年間使われていなかったようだ。

 写真は解体の直前に西側の都営アパートから撮影したもの。左奥の方に見えるのは1999年に開園した赤羽自然観察公園の緑。

 この場所は戦前は旧陸軍の兵器庫だったが、それがいつ頃建設されたのか詳細は未把握。以下は手もとの地図や航空写真、その他の情報による把握状況。大正時代後半から昭和初期の時期に建設されたものではないかと思われる。
 「陸地測量部 25,000地形図」(1917〜28年測図・修正)にはまだ記載がない。
 「岩淵町全図」1931年発行では、陸軍兵器庫。
 終戦時には陸軍東京兵器補給廠。
 戦後、GHQに接収されてTOD第2地区となる。一部(おそらく自然観察園の側)は米軍戦車練習場。
 1958年、日本に返還され、陸上自衛隊十条駐屯地赤羽地区となる。
 1970年代〜90年代前半の住宅地図では、陸上自衛隊十条駐屯地赤羽分屯地。
 1995年 陸上自衛隊の当該地の機能が茨城県土浦市に移転。
 2001年の住宅地図では、施設名の記載なし。建物外形の記載はあり。
 2003年の住宅地図では、敷地全体が空白になり、建物も解体済み。
 2008年1月21日 ナショナルトレーニングセンターの陸上トレーニング場が開設。
 2010年4月1日 赤羽スポーツの森公園競技場が開園。

 2003年には住宅地図でも建物の記載がなくなり解体済みになっているので、この写真の少し後には解体作業が始まったようだ。

 敷地内西南側にある建物が分屯地で最大のものだったようだ。外観上は2階建て(中央部は3階建て相当)で、東西の長さが100m近い大きな倉庫だった。


 南側中ほどの門から

 自衛隊が使用していた頃は撮影できなかったのではないかと思うが、この時は既に移転した後だったので門の前で撮ることもできた。


 西が丘サッカー場交差点の歩道橋から

 かつては同施設西南端の西が丘サッカー場交差点に歩道橋が架かっていた。この写真はその歩道橋上から撮ったもの。塀で囲まれた場所で内部の様子はあまり分からなかったが、周辺にはある程度の高さの場所があり、覗き込めないわけでもなかったのでした。

 この写真も同じく歩道橋上から撮ったもの。外から2階へ上がる階段や、2階へ直接物資を搬入する台など、独特な設備も印象的だった。

Tokyo Lost Architecture  
#失われた建物 北区  #公共施設  #倉庫・蔵  ブログ内タグ一覧
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2023年1月 記事一覧

2023-01-31 | 記事一覧 

01/06 東京都住宅供給公社 中野駅前住宅
01/09 中野センター・中野光座
01/12 石森ビル(中野センター・中野ヘルスクラブ)
01/15 笹周
01/18 キャバレー日の丸
01/21 上邸
01/24 ひかり町
01/27 料亭丸染
01/30 旧 稲付郵便局

ブログ内記事のタグ一覧   Tokyo Lost Architecture

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

旧 稲付郵便局

2023-01-30 | 北区   
旧 稲付郵便局
所在地:北区 赤羽西2−3
構造・階数:木・1
建築年:1930(昭和5)?
解体年:2008〜09(平成18〜21)
備考 :道路拡幅に伴い解体
Photo 2002.9.23

 赤羽駅南方の岩槻街道沿いにあった郵便局。訪れた時は既に郵便局としては使われておらず、倉庫のようになっていた。
 昔は郵便局だったとする情報をネット上でかなり前に見たのだが、現在はその情報が見当たらず、本当に郵便局だったのか、もしそうならなんという名の局だったのか分からずにいた。最近になって昔の地図をあたったところ、ようやく局名などを含めて分かった次第。どうやら特定郵便局と呼ばれた小さな局で、地域の名士や大地主が土地や建物を無償で提供して設置したものだったようだ。

 ドイツ破風とか半切妻屋根などと呼ばれる切妻屋根の頂部妻面に小さな屋根を付けた姿が印象的。妻面上部にはかつては灯りが付けられていたようだ。下部は煉瓦もしくは煉瓦風タイル張り。屋根は洋瓦(平板)。入口が閉じられたままで長い時間が経過していたようで、老朽化して屋根には雑草が生えていたが、洋風の小さな建物は旧街道沿いでは目立っていた。

 岩淵町全図(1931年発行、注1)や東京都全住宅案内図帳(1962年?発行、注2)には「稲付〒」と記されており、かつては稲付郵便局と呼ばれていたようだ。一方、下記サイトには郵便局の経緯が記されていて、正式には王子稲付郵便局として開設されたものらしい。

 王子稲付郵便局は1930(昭和5)年に開設。従って建物もこの時に建てられたものだったのではないかと思う。1961(昭和36)年12月に北稲付郵便局に改称。1972(昭和48)年10月1日以降は赤羽西二郵便局。

 1973(昭和48)年発行のゼンリンの住宅地図では郵便局は少し南の道路沿い(赤羽西2−2)に移転済み。正確な移転時期ははっきりしないが、上記のどちらかの改称時などに移転もしたのではないかと思われる。従ってこの建物はそれまでの30〜40年の間利用されていたもののようだ。

 2008年までは住宅地図には掲載されていたが、岩槻街道の道路拡幅に伴い解体された。

注1:『番地界入東京府豊島郡岩淵町全図』1/6,000 1931(昭和6).9.10発行 著作・発行 小林又七 発行所 東京日日新聞赤羽出張所
注2:『東京都全住宅案内図帳』1962(昭和37)年? 住宅協会 発行

ちきページ【古よりの地名最後の砦】郵便局データベース赤羽西二郵便局

Tokyo Lost Architecture  
#失われた建物 北区  #倉庫・蔵  #公共施設 
ブログ内タグ一覧
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

料亭丸染

2023-01-27 | 豊島区  
料亭丸染
所在地:豊島区 南大塚1-43
構造・階数:木・2
建設年:?
解体年:2008〜10(平成20〜22)
Photo 2003.10.15

 大塚三業地にあった料亭。JR大塚駅前から東南へ向かう小石川の谷地沿いに大塚三業通りはあり、かつてはその周辺に料亭が多くあった。丸染は三業通りから北側へ坂を少し上った場所のL字型の路地沿いにあったもの。

 規模はあまり大きくなく庭も小さかったようだが、建物が黒板塀で囲まれ、普通より凝った門があるようすはやはり料亭ならでは。かつてはこの店も賑わっていたのだろう。

 最後の頃、建物の外観は老朽化していてあまり魅力的とはいえなかったが、内部はきれいだったのだろうか。入ったことがないので営業していた頃の実際の様子は不明。

 建物は2008年頃まで残っていたが、いつ頃まで営業していたかは未把握。

Tokyo Lost Architecture  
#失われた建物 豊島区  #遊興施設   タグ一覧
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする