都市徘徊blog

徒然まちあるき日記

2019年5月 記事一覧

2019-05-31 | 記事一覧 

05/02 スカラ座
05/04 山楽ホテル
05/06 帆足邸
05/08 新宿東映
05/10 東京メトロ東西線・高田馬場駅
05/12 国立栄養研究所
05/14 朋来居
05/16 運輸省早稲田寮
05/18 防衛庁20号館(旧歩兵第一連隊本部)
05/20 外務省狸穴通信分館
05/22 芝浦の検番(芝浦協働会館)
05/24 沖電気芝浦事務所
05/26 北里研究所本館・医学館
05/28 三越湯

タグ一覧

コメント

三越湯

2019-05-28 | 港区   
三越湯
所在地:港区白金5−12
建設年:1928(昭和3)
構造・階数:木造・2F
備考 :解体
Photo 1995.2.23

 白金の街を東西に走る道沿いの商店街の一角に建っていた洋風の銭湯。屋根の様子は、和風の銭湯建物のように見えるのだが、玄関上の欄間はアーチ状になっていて、ステンドグラスが嵌っている。道路際にそびえる目隠し用ブロック塀が全景を見えなくさせていて、無粋で邪魔くさく、建物の印象を損なっていた気もする。

Tokyo Lost Architecture
#失われた建物 港区  #商業系 
2007.2.26
コメント

北里研究所本館・医学館

2019-05-26 | 港区   
北里研究所本館・医学館
所在地:港区白金5-9
建設年:1915(大正4)
構造・階数:木・2F
備考 :1979(昭和54)に明治村へ移築
Photo 1990.3.20 写真は移築後、明治村での様子
博物館 明治村北里研究所本館・医学館

Tokyo Lost Architecture
#失われた建物 港区  #大学 
コメント

沖電気芝浦事務所

2019-05-24 | 港区   
沖電気芝浦事務所
所在地:港区芝浦 4-10
建設年:1934(昭和9)
構造・階数:RC・5F
備考 :解体(2004年?)
Photo 2003.5.8

 JR田町駅から海の方へ行った先の、芝浦の埋め立て地に沖電気の建物はあった。電気・情報・通信系の会社は、移り変わりが極めて速く、古い建物や工場がどんどん建て替えられても不思議ではないのだが、この建物は70年近く使われていた。比較的モダンな箱形の建物だったから、あまり古びることがなかったのだろうか。南側の端にある、時計台は、簡素なデザインだが、印象深いものだった。肝心の時計だかシンボルマークが、多分取り外されてしまっていて、ちょっと間抜けな感じになってしまっていたが。

 その後、このビルは取り壊され、工場敷地も売却され、超高層マンションが建てられた。

 2005年秋に現地を再訪した時点では、建物は解体され、暫定利用されている状態だった。

廃景録沖電気
Tokyo Lost Architecture
#失われた建物 港区  #オフィス 
コメント

芝浦の検番(芝浦協働会館)

2019-05-22 | 港区   
芝浦の検番(芝浦協働会館)
所在地:港区芝浦 1-11
建設年:1936(昭和11)
構造・階数:木・2F
Photo 1994.11.11

 旧芝浦三業地の中に位置する。検番は芸者の管理組合の建物のことだそうだ。近隣の芸者置屋に所属している芸妓さんを登録して、料理屋・待合からお呼びが掛かると派遣する、といった仲介業務をしていたという。詳しいことは「体験していない」ので残念ながらよく判らない。

 この近辺一帯は芝浦三業地だったと言われるが、今では当時の面影はほとんどない。芝浦協働会館として近年まで使用されていた検番の一棟のみが残り、隣接地に並ぶ料理屋等は解体された。検番の建物については保存運動が行われ、保存・活用されるという。


 Photo 1994.11.11

 中央の大きめの建物が検番(芝浦協働会館)、両脇は芸者置屋だったという。
 このような形で一揃いが残っていた場所は、この頃の東京には他にはもうなかった。


 Photo 2003.5.8

 1994年の時点では、検番を含めて5棟が残っていたが、現在残るのは検番の建物のみ。最も規模の大きな建物が残っているのだが、他の建物と一緒になって、群となって街並み景観を創っていただけに寂しい感じがする。

旧協働会館保存・利活用のための整備計画
Tokyo Lost Architecture
#失われた建物 港区  #古い建物 港区  #商業系 
2007.2.26
コメント