都市徘徊blog
徒然まちあるき日記
 



 前川國男建築設計事務所の設計による、傾斜屋根のテラスハウス群は、基本的にはみな同じデザインなのだが、南側は増築されたりしていて、少し様子が異なるものもある。

阿佐ヶ谷住宅 Photo 2006.2.17

 端部の部屋は、増築されていない基本形。1階の窓にはちゃんと庇が付けられている。2階の手摺は木製。一方、右側の部屋は増築されて、2階には物干し台が作られている。この増築も、木造のものとブロック造のものがあるようだ。部屋の増築はやらなかったが、木造の庇を付けて半屋外を造った建物もある。

タイルで作られた棟番号の文字

 棟によってタイルの色が異なり、緑や赤の番号が書かれた棟もある。

低層棟の玄関部分

 玄関部分が少し凹むことによって、雨に濡れない玄関先が確保されている。木製の扉が渋い。

公団阿佐ヶ谷住宅 1  公団阿佐ヶ谷住宅 3  公団阿佐ヶ谷住宅 4
Tokyo Lost Architecture

#失われた建物 杉並区


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 公団阿佐ヶ谷... 公団阿佐ヶ谷... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。