荒川三歩

東京下町を自転車で散策しています。

のうぜんかずらの咲く風景

2017年06月30日 | 散文
梅雨空の元鮮やかに咲いています。


お寺の屋根と、大きな桜と更に大きな楠木と、その向こうにマンションがあります。

上野桜木の風景です。
コメント

鳩の街商店街/星に願いを。

2017年06月30日 | 散文
旧青線があった街です。
多くの文豪が愛した街です。
知らない間に入り口のスーパーが閉店したようです。


誰も手入れをしなくなった時計は止まったまんまです。


訪れる度に寂しくなるような気がします。








この商店街の「キラキラセール」の幟が出ていて、願い事が書かれています。
お父さんの願い事です。


子供の願い事です。
「ぐるぐる」とは鉄棒の事でしょうか?

商店会会長は何を願うのでしょうか?
私の願いはこの商店街の繁栄です。
コメント

神谷町の住宅

2017年06月29日 | 散文
神谷町の駅から愛宕山下に至る道に在るこの民家が好きです。


特にこの季節が好いです。


適度に野生化した玄関先の草花が好いです。




コメント (2)

お台場へ行くー3

2017年06月29日 | 散文
第三台場はこんな施設です。


第三台場の底へ下りて行きます。


草を分けて行きます。


花が終わった菖蒲にも風が渡ります。


林には紫陽花が咲いていました。


柘榴の花が盛りです。


遺跡を廻ります。


中心部にある陣屋跡です。




弾薬庫跡です。


かまど跡です。


弾薬庫跡が続きます。




かまど跡を振り返ります。


ここにも弾薬庫跡があります。


各地に弾薬庫を配していました。


もう一度陣屋跡を振り返ります。

・・・また来ます。
コメント

お台場へ行くー2

2017年06月28日 | 散文
第三台場の土手を歩いています。


風か心地好いです。






水上バスがやって来ました。
天望デッキがあります。ホタルナです。

デッキは乗客が満載です。
気持ち良さそうです。

他の水上バスもやって来ました。


水上バス乗り場前が賑わいます。


第六台場前に航跡が残ります。


レインボーブリッジ下をヒミコがやって来ました。


この天気もあって、水上バスが随分頻繁に運航しているようです。








土手を歩きます。
湿度が低く風が爽やかに流れます。


午後の散策が気持ち良いです。

コメント

お台場へ行くー1

2017年06月28日 | 散文
梅雨の晴れ間です。
のぞみばし(地図表記は平がな)からレインボーブリッジと都心方面を見ます。




お台場海浜公園にやって来ました。








ビーチの喫茶店も盛況です。


これはもう、夏ですね。




コメント

梅雨の時期のカヤック散策

2017年06月27日 | 散文
カヤックは基本水遊びなので、少々の雨でも出掛けます。
とは言うものの、会員の参加率は低いです。

雨に降られて震えながら漕ぐのも嫌なので、今日は近場へ行きます。

水面に映るスカイツリーを揺らせながら休憩です。


親水緑地の家族連れに手を振りながら、旧中川を行きます。


平井橋を過ぎて墨田区立花と江戸川区平井の間を行く旧中川は、大きく蛇行しています。
マンションの間に見えた墨田清掃工場の煙突の位置が大きく変化します。




景色の変化を楽しみます。




橋を潜ります。




煙突を見上げます。


今日はここまでです。
墨田区のクラブに手を振ってUターンします。


帰りは、煙突とスカイツリーの変化を楽しみます。






コメント

乱歩の蔦がヘン。

2017年06月27日 | 散文
三崎坂の有名店「乱歩」です。


私はコーヒーを飲まないので入った事はありませんが、谷中散策女子に人気の店です。


月曜日は休みです。


ですが、違和感ありまくりです。


店の上部が茶色です!?


蔦が枯れています。




看板の所の蔦の根本へ行ってみます。


蔦が切られています!?


こちらの蔦も・・・。

何て事を!
というか、何があったの?
コメント (2)

洲崎球場跡発見!!

2017年06月26日 | 散文
先日の火災現場に来ています。


最初、白いデザインが何か分かりませんでした。
近づき過ぎていたのでしょう。


「洲崎球場跡」の文字が目に飛び込んで来ました。


先ず驚きました。
野球好きを自認する身として、何度かこの球場を探しに家を出たけど見つかりませんでした。
全く見当違いの場所を探していたようです。


プロ野球の歴史的球場です。
その説明が書かれています。

僅か3年の使用に過ぎなかったのですね。

満ち潮になると外野に海水が入って来たとのエピソードがありますが、現在は綺麗なオフィス街です。


そこまで海だったのですね。


グランドは現在オフィスです。


ライト方向もオフィスビルです。

「隔世の感がある」とはこの事です。
兵どもが夢の跡です。
コメント

先日の火事の現場を見に行く。

2017年06月26日 | 散文
全国ニュースで放映されたのでご存知の方もいると思います。


急に日が陰って暗くなりました。
消防車のサイレンと共に、ヘリコプターが数台飛来して騒がしいです。


火は見えないけど煙が激しくて、太陽が霞んでいました。
こんなタイミングでTVニュースがあって、現場と交互に見ていました。
風向きが逆だったので、煙りの被害はありませんでした。


梅雨の晴れ間の散策です。


新興オフィス街に来ています。


先日の火事の現場を望む所に来ました。


奥の建物のようです。




ビルの裏側へ回ります。


近くへ行ってみます。




熱で溶けて飛び散ったプラスチックが路上で固まっています。


火災現場の裏に来ました。


風がこちら向きです。
焼けたプラスチックの臭いが激しく流れて来ます。

こんな場所でした。
コメント

千日詣りで賑わう愛宕神社の裏側

2017年06月25日 | 散文
千日詣りで賑わう愛宕神社です。


横からの参道を行ってみました。


参道脇は工事中です。
高層マンションと高層オフィスでしょうか?


更に行くと料亭があります。






こちら側から覗いた事がなかったけど、ちょっと好いです。


参道の崖下のこの墓地には、新井白石の墓があります。


愛宕神社の裏と言えば、ここの景色は外せません。






さて、帰り道はいつもの裏参道です。








振り返ります。
コメント

愛宕神社の千日詣り

2017年06月24日 | 散文
梅雨の晴れ間の愛宕下通りに大幟が出ました。


幟を潜ると、目の前にそそり立つ「出世の石段」です。




今日は体調が良いので一気に登ってみました。


・・・、止せば良かった。
息が切れる以上に、脚がガクガクつりそうです。


朱色の門に、刈り立ての茅の緑が鮮やかです。


ここの「茅の輪潜り」は、他より1週間早いです。
千日詣りに合わせています。


ここのホウズキ市も、有名な浅草より20日くらい早いです。
千日詣りに合わせています。






元々ホウズキ市はここ愛宕神社が発祥です。


東京の茅の輪は「真円」を追求しています。


故意に真円でないのはここ愛宕神社と、鳥居一杯に茅の輪を作る乃木神社だけです。
真円の輪は美しさと凛々しさを醸します。
神への崇敬や畏怖を誘います。


ここの茅の輪は真円でない上に、太く、野趣があります。


そして、朱と緑の色彩が華やかな自己主張の荒ぶる神を連想させます。


朝から多くの参拝者が来ています。


お参りが途切れません。



梅雨の晴れ間の祭りです。
コメント

「ほゝづき縁日」の紫陽花

2017年06月24日 | 散文
愛宕神社の「ほゝづき縁日」が盛況です。









ホウズキはまだ色付きが浅いです。


一方、賑わう社務所脇の紫陽花が盛りです。








この季節、紫陽花が好いです。









コメント

沖縄県民大会で

2017年06月23日 | 散文
スピーチした玉城愛さんに酷いメールを送った日本人が多く居る。
彼らは自分を支配者だと思っているのだろうか?
安部と同じように。

その志向は、いけない!
コメント

京成立石/仲見世再訪 2017年6月ー2

2017年06月23日 | 散文
京成立石駅前に居ます。


もう1本の仲見世を見上げています。
この街が好きです。


もう2時近くですが、立ち食いの寿司屋にはまだ行列の名残があります。


その奥では、開店したばかりのもつ焼き屋に行列ができています。


2本ある仲見世が交わる場所です。
この界隈の景色が好きです。








例のもつ焼き屋を遠望する景色です。


店の裏表に行列があります。
仲見世で1番の繁盛店です。


そして、踏み切りを渡って「呑んべ横丁」へ向かいます。

駅の左手にある黄色い「立石停車?」の立札は何ですかね。
ここは快速が停まりません。
運転手が勘違いして各停が通り過ぎたり快速が停まったりしないよう、注意を促しているのですかね?

コメント