アマスポホームページ http://www.amsp.1583.com

アマスポは大阪堺市の町のスポーツのベンチャー的活動です。スポーツ経験のない人や楽しみでスポーツしたい人も参加できます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アマスポ活動の縮小と拡大の悩み

2007年04月17日 07時45分41秒 | Weblog
お気づきの方もあるかと思いますが、いま主に夜のバスケやバレーの練習会を月3回にしています。つまり練習のない週があるということです。これまでも体育館の予約ができなくて月3回ということはありましたが、いまは意図的にそうしています。理由は簡単でアマスポ行事が増えすぎて、主に事務所(といっても我が家ですが)での仕事、つまり記録の整理・入力、お金の計算、シンブン作り、などをする時間がなくなってしまっていることです。
バレーの大会が終わった後、スコアブックの集計に丸一日かかります。それをパソコンに入力するのに約一日、そしてシンブン調に仕上げるのに半日強。バレーの大会1回でこれだけの仕事があります。それが卓球の大会、練習会、バドミントンもみんな同じように参加者とその成績、お金の計算をするのですから正直「こんなことでつづけていけるか?」と不安なのです。
ですからいろいろ迷った結果「月に3,4日は何も行事のない日を作ってみよう」と試みています。
しかしこれは「決まった曜日、決まった場所で、決まった時間でのスポーツ活動」というアマスポの活動方針に反します。事実、練習のない日に体育館に来てみてガッカリという声が受話器の奥に聞こえ、本当に心が痛みます。だから時間や体に無理しながらでもこれまでどおり続けられるまでやってみるか(つぶれたときでおしまい)、セイブしながらでも長く続けるか、ということなのです。
最近はおカネの心配は昔ほどしなくてもいいようになりました。ありがたいことです。しかしそれとて人件費までも大丈夫かといわれるとやはり世間的にはまだ半人前です。だからパートさん一人でも雇うとなる、楽になる面とそれによって増える仕事との兼ね合いが難しい気がします。
バレーのコーチ経験を生かしてサービスすると、そのなかからアマスポ活動を手伝ってくれる人も現れるのではないか、そんな甘い考えもありましたがムリなようです。バレーをする人は自分のレクレーションとしてされるのですから、そのことで今より厳しい毎日になったらなんにもならないから当たり前です。アマスポ活動を手伝わないから、といって責めたり攻められた利の問題ではなく、もっと根本的な解決の道に向かうべきことなのです。
こんな活動が仕事になるならやってみたい人たちは多いはずです。事実かつて体育館が閉館で仕事を失う女性の人たちからは真剣に相談されたこともありました。つまり奉仕活動、求道的なスポーツ活動のイメージが強かったこれまでのアマスポ活動をNPOのような非営利活動へと発展させる必要に迫られているのだと思います。
私個人は自慢ではなく勉強のできない子でしたから経営や経理や営業といった知識も経験もありません。だからやれることは限られていますが、これから給料ぐらいは支払われる活動に育ててみようと思っています。せいぜい応援をお願いいたします。

いまアスタッフチームは・・・

2007年04月12日 07時38分45秒 | Weblog
バレーのアマスポ大会の中では強いチームにチャレンジできるレベルまできたように思う。今は勝てない強いチームに勝てるようになるには、これからコートの練習に加えてメンタル面の練習が不可欠です。コートでいくらいいプレーができても苦しいゲームの中では緊張して逃げたくなったりするので、その面の練習が必要なのです。つまり苦手なこと、やりたくないこと、避けておきたいこと、などに逃げないでチャレンジする人がチームには必要なのです。「まだ下手だから…」は理由になりません。下手でも弱くても試合はあるのですから…。
昨年7月にこのような「メンタル面の練習をしたいか?」と問うたら「やります」ということだったので、まず「少なくとも月1回はミーティングしよう」といったけど10ヶ月ほどの間に3回ほどしかしてません。理由は「みんながそろわれる日がない」、つまり鬼コーチの難しい話など聞きたくないということで体よく避けているのです。この鬼コーチこそコートで対面する強いチームと考えたらいいのです。このコーチと対等にやり合えるようになり、それを負かすぐらいになって、初めて強いチームに向かっていけます。
いまなんだかんだともっともらしい理由をつけてオレを避けているメンバーも、勇気を出してそばにきたらいい。一人では怖いなら何人かで束になってきたらいい。このままではコートの上でまたまた惨めな思いをするだけです。いまはその負けるための練習をしているようなものですから。
せっかくここまで練習してきたのだからホンモノになったらいい。バレーボールという遊びは強くなったら本当に楽しいんだから。

何日ぶりかのブログです

2007年04月07日 08時08分36秒 | Weblog
ブログをサボっていた間はアマスポ活動、とりわけバスケやバレーの夜の練習会の継続の是か非かを考えていました。過去形ではなくて今でも迷っています。体育館費用すらペイできないほどの赤字なですが、この程度の赤字期間はアマスポ活動では常ですからガマンできないわけではないのですが、迷うのはその必要性です。
今の時代は昔の学校のクラブ活動のように「練習日にはサボらない」という考え方ではなく、その日に自分の都合がつけば参加する、という考え方です。ということは逆から言えば参加があるかどうか分からないまま体育館などを予約して、その日に行って待って、ガッカリして帰って、という世話係がいてるわけです。体育館のスポーツ教室のように一括払いさえしておけば、あとは休む休まない、は自分の自由、というわけです。仕方ない面もあることは理解しても、このような希薄な人間関係の活動をアマスポ活動の中で助長するようなことをしていていいのだろうか?と迷うのです。比較的練習には熱心に参加している人でも、ただそれだけでやはりスポーツ教室的です。
これからも活動をつづけるならもっと熱い燃えるような活動に出来ないか。コーチする人もコーチ料を貰うようなセコイことしなくて、その活動からもっと大きな次の活動が生れるような、そんな活動にしたいなあ、と考えます。もっと迷ってみます。