アマスポホームページ http://www.amsp.1583.com

アマスポは大阪堺市の町のスポーツのベンチャー的活動です。スポーツ経験のない人や楽しみでスポーツしたい人も参加できます。

びわの木が枯れてしまって…

2012年11月26日 06時07分17秒 | Weblog
去年の夏、びわの木を大きく選定しました。葉陰が大きくなりすぎて下の植木が迷惑がっていると思ったからです。ビワなんていくら伐ってもまたすぐ大きくなるよ、と聞いていたのです。案の定てっぺんの切り口から沢山の芽が出てきたから来年はまた実をつけてくれる、と安易に考えていました。
ところが今年、夏の終わりごろから葉の色が悪くなりとうとう木、全体が枯れてしまいました。それどころか下に植わっていた椿のわびすけも春先から葉が丸まってきてビワより先に枯れてしまいました。さらにまた日当たりがよくなれば咲くだろうと思っていたネムの鉢植えには今年も花の気配はありませんでした。ハナミョウガも蕾の中は空っぽでダメ。ビワの根本の雪ノ下も勢いがなくなってしまい、梅雨時にもナメクジの群れは出てこなかったようです。びわは幹に日が当りすぎたのだろうということです。葉かげがなくなって庭が乾きすぎて殺風景になってしまいました。
びわの木は種から芽が出たもので中学生の頃には腰ぐらいの高さだったように記憶していますからもう?十年の家族のような存在でした。申し訳ないことしてしまいました。庭にはそのビワの二世たちが数本小さいままで待機しています。こちらは日当たりがよくなったので大きくなってきそうな気配ですが、もうびわはいらない、という意見もあって、それでも迷いながら今度はあまり大きくなり過ぎないように、そっとその二世にはさみを入れています。
近く遠くに90歳を超える人たちの訃報があり、ビワの木のそれとが心の中で入り混じり複雑です。長くそこにあったものに対しては畏れの心を忘れてはいけない、ということでしょう。
滅入りそうな心境のこのごろだったのですが、きのうの美原BG体育館での4人バレーの大会はにぎやかで、若い人たちのなかに混じって「いま、リハビリ中!」とにっこり女性もあったりで少し元気をもらいました。庭の木もスポーツ活動も「つぎの何か」を求めて出発です。きのうから金曜日まで連続のアマスポ活動、楽しんでがんばります。