アマスポホームページ http://www.amsp.1583.com

アマスポは大阪堺市の町のスポーツのベンチャー的活動です。スポーツ経験のない人や楽しみでスポーツしたい人も参加できます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

きのうシンブン発送しました(2009.12.31木/記)

2009年12月31日 07時42分01秒 | Weblog
きのうは一昨日に続いてシンブンの発送準備と卓球とバレーチームに新年度の登録案内の封筒詰め。昼前に大方片付いて近くの郵便局へ。シンブンは差し出し局が指定されているので昼過ぎに泉北郵便局へ。ケースが空っぽになって、久しぶりに明日香へでも…とまたムシが起こってその足で走りました。渋滞や事故とかで市街地は大変ですが明日香の山すそは広々と穏やかです。といってもついたのはいつもながらもう薄暮の時間、ゆっくりはできません。ふと見上げると工事中だった多武峰への道路標識が新しくなっている。通り抜けできません、の文字がなくなっている。さては開通したか!。次回より今確かめてみよう。
多武峰への山越え道を迂回するようにきれいな道路が上へ上へと登っていき、そして下って談山神社へ。便利になったのだ。神社付近にはだれもいない。一台のクルマにも出会わない。はずれたところで「明日香への道」の案内があり少し歩いてみようと登ったらきれいに開けたところに出た。そこにぐるぐるぐると回るように犬が10匹ほど。野犬か!と身構えたら吠え掛かりはするけど毛並みのいいポインター、さては飼い主が近くにいると思っていると「すみませーん、甘えているんですよ」と若い人が来た。犬たちもこちらを犬好きと見て取ってさわがなくなった。ふと下を見るとさっきの立派な道路がはしってる、深い山に入り込んだつもりだったのに…とちょっとがっかり。犬も去り、われも去ることにしました。春になるとにぎやかになることでしょう。そうなるとこちらはそこを避けなければ面白くないかもしれない。
ことしはアマスポ行事も楽しいことがいっぱいありました。準備や運営も工夫したのでしんどさも少なくなりました。一方で体育館の使用制限という新しい課題がはっきりしてきました。行事といえば大会、というこれまでのパターンが生活環境に合わなくなってきたということも聞きます。新しいアイデアが求められているのでしょうね。来年も思いつきアイデアを下さい。新年はお正月三日から臨海スポーツセンターで卓球です。

一ヶ月ぶりのブログです(2009.12.28月/記)

2009年12月28日 07時03分58秒 | Weblog
昨日のアマスポ卓球・クラス別大会で、大会としての今年の行事はおしまい、今日と明日の卓球練習会で今年の行事もすべて終わりです。いろいろなことが身辺に起こって(といってもすべてアマスポ活動がらみのことなんですが)1ヶ月間何にもしなかったという感じで過ごしました。この間「最近はブログの更新、してないなあ」と何度か叱咤されましたが、これでは自身がなまくらになってしまいそうでパソコンに向っています。
来年度の体育館の年間予約の季節だったのですが、家原大池体育館や初芝体育館からは使用回数の制限を宣告され「いよいよそういうことになってきたか」という感覚で受け止めています。といっても最低限の活動は維持できる見込みで「捨てる神あれば助ける神もあり」ということで来年度も元気にスポーツ活動ができそうです。
公立のスポーツ施設も赤字垂れ流しが許される時代ではなくなり、そこを管理する指定管理団体を中心に市民スポーツもビジネス感覚が求められています。そんな時代にアマスポ活動のような「プロなのかアマなのか、得体の知れない活動」はどうあったらいいのか、来年はこんなテーマに取り組みながらの年になりそうです。
しかしアマスポ活動35年を振り返ってみたら、ピンチのときに何かが変化し新しい活動も生まれてきていますから、その意味では大いに楽しみな年になるのではないかと期待しています。
アマスポスタッフの周辺も、皮膚にたとえると古い角質がぽろぽろ剥がれ落ちて、まだ新しい皮膚はできてはいませんが完全脱皮も近いはず、という雰囲気です。
さてそろそろ臨海スポーツセンターに行ってきます。「へえ~!年末までやるの!」と言ってた人たちはどうされるのか楽しみです。